【アビスパ福岡を分析するブログ】2017年J2リーグアビスパ福岡ホーム最終戦を終えて思うこと/第41節 松本山雅FC戦

スポンサーリンク

松本山雅FC戦を振り返りつつ、ホーム最終戦に思うこと

残念ながら今回は予想記事が書けなかったので振り返り記事のみとなりますが。

ホーム最終戦なので、予想まで書いておきたかったですが…。

今シーズンは忙ししくて記事書けなことも多かったので、個人的には悔しさの残るシーズンとなりそうです。

アビスパ福岡は松本山雅FCに引き分け、長崎に自動昇格を決められてしまいました。

井原監督の掲げた目標の1つ「自動昇格」を逃してしまたわけですが…。

この辺については、ホーム最終戦ということで記事の最後に思いの部分は書かせていただくとして。

松本山雅FC戦を振り返るにあたって、個人的には松本山雅FC戦は「さっさとボールをウェリントンに入れてしまうに限る

と、考えていました。

理由は2つ。

松本山雅FCがジェフと対戦した際に、ロングボールを蹴り込まれることに対して、非常に脆い対応を見せていたこと。

前節のアビスパ福岡の縦へに早い展開はチームとして機能していたと思ったから。

ざっくり上記2点が実践できれば、ロングパスだろうが、グラウンダーだろうがボール持ったら縦。という意識で松本のDFにプレッシャーかけられるんじゃないかなーと思っていました。

後出しな予想ではあるものの、そういった観点からの第41節アビスパ福岡vs松本山雅FC戦を振り返ってみたいと思います。

アビスパ福岡フォーメーション

最近なんで3バックを使わないのだろうとは思っていたんですが。

改めて振り返ってみると、第24節の徳島ヴォルティス戦からずーっと3バックを使っていないアビスパ福岡。

徳島ヴォルティス戦では左に堤、中央に岩下、右に冨安という布陣で臨んでいます(結果は0-1の敗戦)。

そこからずっと3バックは封印状態。井原監督の理想は「4バックと3バックの併用」だと思うのですが。

3バックを使わなくなった理由は何か。この試合以降、何か大きく変わったことがあるはずと思って見てみると…。

ひとつ思い当たるのが、實藤の離脱。

22節のツエーゲン金沢戦を最後に實藤はベンチにも入っていません。

10月に肩の亜脱臼の手術が発表されていましたが…。離脱はその影響だったのかもしれません。

實藤不在の後、3バックの左に堤を起用して敗戦した(徳島ヴォルティス戦0-1で敗戦)以降3バックを使っていないアビスパ福岡。

3バックが機能するためには實藤が必要不可欠だったのかもしれません。

この頃からアビスパ福岡の苦戦が始まってます。


[参照]さっかりん チーム別勝ち点推移 アビスパ福岡

實藤がチームを去ったタイミングを境に完全にアビスパは勝てない時期に突入します。

もちろん、これが實藤不在だけで起こったとは思いません。

単純にタイミングの一致だけをみると、もしかしたら3バックを使えなくなったことがアビスパ福岡の今季最大の誤算だったのかもしれないという見方もできるのではないかと。

実際井原監督が何を思って3バックを選択していないのかは判りません…。

個人的には實藤の離脱をさほど大きく捉えていなかったのですが、実は非常に大きな影響をアビスパ福岡に与えていたのかも…しれません。

この試合も4バックのアビスパ福岡

実際、攻撃に関しては4-4-2より、3バックで状況に合わせ冨安、實藤がオーバラップしてサイドで数滴優位を活かす攻撃は安定感がありました。

攻撃における安定感というのは表現として正しいのか判りませんが、少なくとも相手が「対応しづらい」という状況をある程度作っていたように思います。

石津は決めきれませんでしたが、シーズン前半ドリブルカットインから石津がシュートに行けたのもこの形があったおかげもあると思います。

實藤が何かのインタビューでこの形に手応えを感じている事に触れていた記事を見たような?記憶もあります(おぼろげ)。

そういった意味では攻撃の形は3バックのときが4バックに比べて、完成度は高かったように思います。

4バックとの併用が基本路線とはいえ、3バックが今のアビスパ福岡には比較的合っていたのかもしれません。

メンバーは前節の湘南戦と同じメンバーです。

湘南戦では縦に素早くボールを繋ぐ意識が強く、縦に入ったボールを素早くサイドに展開することで湘南のDF陣を揺さぶれたことが得点に繋がったと見ています。

この攻撃ができれば、ジェフ戦における松本山雅FCの状況を見る限りアビスパは優位に試合を運べると見たんですが…。

アビスパ福岡の「後ろが重い」症状?

アビスパ福岡のDFライン、もしくは中盤の押上が非常に鈍くなることがあると感じています。

前がプレスに出るのに後ろがついてこないので、コンパクトに陣形を保てず相手にスペースを与えてしまうケースです。

どういった条件で発動するのかイマイチ見極められていなかったので「これ!」と、言い難かったのですが。

シーズンこの時期になって今更ではあるのですがようやく判った気がします。

まず、下記のシーン。

サイドで松本にボールを持たれますが、パスカット。

一瞬マイボールで前に運べるか?

とも思えた瞬間だったのですが、松本の守備が素早く詰めてきた結果、クリアボールが相手に当たってボールは再び松本へ。

状況としては、松本がボールを下げた状態なのでアビスパはここでゾーンプレスのセオリーからすれば、ラインを上げる必要があります。

この状況判断が良いのは堤です。

ぶっちゃけて言うとラインの押上げが遅い原因の1つは岩下だと思っているくらいなので、それに比べたら堤は早い。

冨安とCBでコンビを組んでいますが、このタイミングでは堤のほうが一瞬早く動き出してそれに冨安が合わせるように動きます。

このセンターバックコンビは今シーズンほとんど試されてこなかった形ですが、思った以上に良いコンビに思えます。湘南戦でも動き良かったので。

このシーンでも、状況的に松本がボールを下げたので堤はラインを上げます。

しかし、この時遅いのが中盤の動きです。

このあと、松本はボールを下げて、松本の31番、3バックの一角である橋内までボールを下げます。

ウェリントンが戻って、チェックをかけますが、ワンタッチで橋内は前方へパス。

この間、アビスパの中盤がぼんやりしてしまいます。確かに混戦のこぼれ球なのですが、ぼんやり見ている暇はないでしょうと。

状況としてはボールを相手が下げたんだから、中盤もある程度押し上げて、相手にプレッシャーをかけるべきだと個人的には思います。

このタイミングですでに、ウォンは周囲を見ていて、山瀬も対岸の火事のような感じでボールの行方を見ています。

三門も直ぐ目の前にフリーの選手がいる割に、なぜかジョグ。松田も一瞬動き出そうとするもジョグ。

目の前に明らかにフリーの選手がいる三門はもっと走るべきだと思いますが、クリアボールのこぼれ球に気を抜いたのか?距離を詰めません。

この間に最終ラインは押し上げているのですが、中盤がなんだかぼやっとしているので、プレッシャーがかからない。

橋内のパスがフリーの選手に渡るタイミングでようやく三門が走り出します。

DFラインが押上をしているんですが、中盤の三門、ウォン、山瀬はほぼその位置で止まっています。

ここから松本は再びボールを下げます。

そこへ、三門とウェリントンがプレスに走っていくのですが…。

この時もウォン、山瀬もまだジョグレベルで反対サイドを走っています。

また、松田も走り出しが遅い(というより一旦止まってしまったので、スピードに乗れない)。

松田も最初の動き出したタイミングでしっかり押し上げていれば、枚数のかかったプレスになったと思うのですが。

ボールを下げた松本は中央にボールを送るのですが、山瀬の始動も遅いのでプレスが間に合いません。

ほぼ相手の足元に入ってから、走りだしているので間に合うはずもなく。

確かにアビスパのプレスはグラウディオラや、ドルトムント時代のクロップのような高い位置からのプレスを積極的に繰り出す方法ではありません。

どちらかと言うと、シメオネやチェルシー時代のモウリーニョのような自陣前にガッチリブロックを作って対応する形です。

とはいえ、プレスに行くのが前だろうが後ろだろうが「どのタイミングでプレスに入るのか」は徹底して組織化されています。

世界のトップと比較するのは現実的ではないのかもしれませんが、アビスパ福岡のプレスに組織的なタイミングを見出す機会はなかなかない。

松本の戦術として、FWの高崎に長めのボールを当ててくるというのはある程度わかっている戦術だと思うのですが。

そのロングボールを簡単に蹴らせていては松本のやりたいプレーを自由にやらせてしまうだけです。

ここでもほとんどプレッシャーをかけられないまま、前方にボールを入れられてしまいます。

松本がボールが後方に下げたタイミングで中盤も、最終ラインの押上に合わせてもっと前に出ていれば…。

グラウディオラがプレスにいくタイミングで「6秒ルール」というのを言っていたことがあります。

ひとり目が、2.5秒以内。二人目が5.5秒以内。2人目が相手にプレスをかけるまでに6秒以内というわけですが…。

アビスパ福岡のプレスが即時奪還を目指した形じゃないので、この基準で見るのはフェアじゃないのですが、この「2人目」が連動してプレスに行くのがあまりない。

下がってブロックして、結果的に囲むということは多々あるんですが。そもそもプレスということに対して本当に積極的でない可能性もあるんですが…。

総じてこれが、アビパの「後ろが重い」と個人的に感じるシーンの一例です。

序盤はブロックをつくって様子見

というゲームプランがあったのかもしれませんが…。

「相手がこぼれ球を拾ってボールを実質下げた状況で、ボールばかり見てポジションを押し上げず、受け身な形で守備に入る」

の形が「アビスパ福岡の後ろが重い」という状況と言えそうです。

これが序盤、松本山雅にペースを握られた要因だったようにも思います。

DAZNの放送では松田の「前からプレスをかけて行きたい」というこの松本戦へ向けたコメントがこのシーンの直後に紹介されていましたが…。

この意識はチームとしてどれほど共有されていたのかなと…。

まあ、そもそも松田自身そうした動きしてたっけ?というのもあるんですが…。そこにチームコンセプトがすけて見えればよいのですが、いまいち見出しにくい気もしています。

遅攻では打開策はなく

この日アビスパは中央でウェリントンか仲川にボールをいれて、そこから攻撃を展開しようとしていましたが…。

ウェリントン中心かと思っていたのですが、思いの外仲川がパスのターゲットになっていたような。

これは、仲川の動き出しが良かったからなのか、それともチームとして考えていた形なのか。

どちらかというと前者がその理由に思えますが。

とはいえ、仲川とウェリントンでボールで中央でボールを持ってもまったくゴールのイメージが出来ないのは私だけでしょうか。

ウェリントンがワンタッチで落として仲川が抜け出して勝負。という形ならまだ可能性がある気もしたのですが…。

仲川にボールが入ってしまうと、ボールキープというか、パスが出てくる状況に仲川自身が体勢を整えるのにえらく時間がかかります。

仲川に上記シーンのようにポストプレーの形でボールが入ってもワンタッチ、ツータッチでボールが出てくるイメージがありません。

また、松本のDFの戻りも早い。

中央でもたついてから、外に展開しても8人が戻ってゴール前を固めてくる松本の守備を崩すのは至難の業です。

上記シーンでも全員が中央に向かって走りこむのですが、湘南戦の「外ー中ー外」の動きはどこへ行ったのかと…。

【湘南戦レビュー】

【アビスパ福岡を分析するブログ】2-1で首位撃破もアビスパ福岡の良い所も悪いところも出た湘南ベルマーレ戦を振り返ってみる
湘南戦はアビスパ福岡の良い所、悪い所両方がでた試合だった アビスパ福岡のスターティングメンバー 今回もしっかり予想をはずしたスタ...

この1つの傾向にハマって、同じような形を繰り返す感じは、アビスパ福岡の今季の良くない傾向だよなと見ていたんですが…。

アビスパ福岡の先制点はウェリントンのファインプレー

このなかなか攻撃テンポが上がらないアビスパ福岡において、唯一と言ってもいいかもしれない松本の守備に先んじて攻撃。

それは、先制点のシーンぐらいだったんじゃないでしょうか。

スローインのタイミングで普段はボールを入れることのないウェリントンがさっとボールを拾って、縦に走った亀川にパス。

山瀬もよく走ったと思いますが、戻るDFに対して、一度縦に入ってDFの後方の視界に体を入れてからのボレー。

ガッチリ人数かけて守ってくる松本でしたが、その守備体勢を敷かれる前に勝負出来た結果、ゴールまで繋ぐことが出来たとおもいます。

特にウェリントンの判断が光ったシーンだったのではないかと。

とはいえ、遅攻(相手が守備ブロックをつくって)からのクロスでは…

正直有効な打開策があるわけでもなく、ジリ貧としか言えないかな…。

ほとんど有効な攻撃の形は作れなかった試合でした。

DAZNの中で反町監督のアビスパ福岡評がありましたが、個のチカラで押し込んでくるチーム云々(またもうろ覚え)というコメントがありました。

まったくもってそのとおりかと。

今シーズンは結果的に守備にしても、攻めに置いても組織的なオーガナイズがなかなか見えてこない個に頼る傾向の強いチームになったと思います。

ホーム最終戦、組織的な攻撃の形を見せないまま、ただサイドに展開して放り込むだけの攻撃に終止して勝てないというのは今シーズンを象徴する内容だったと思います。

別に個に頼ることが悪いとは思いません。

監督の仕事はそのチームが最も勝てるだろう戦術を選択して、チームを勝利に導くのが仕事だと思うので。

井原監督は今のチームなら、個で押し切るのがもっとも勝率が高いと考えたのかもしれませんし。

プレーオフがまだ残っていますが。

とはいえ、果たして本当にこの戦いでプレーオフを勝ち上がれるのでしょうか。今更戦い方を変えるわけにも行かないでしょうけど…。

というより、これがシーズン初めに掲げた「J1に通じるチーム」の姿なのでしょうか。

仮にJ1上がれなかったとしても

個人的には結果的にアビスパ福岡がJ1昇格できなかったとしても、昇格できなかったことより「J1に通用するチーム」を目指した結果が現状ということのほうが正直ショックです。

井原監督のチームづくりにおいて今季どんな「不測の事態」が起きたのかわかりません。

とはいえ、シーズン当初の目標にいろいろ届いてないわけですが、一番届かなかった目標が「J1に通用するチーム造り」だったんじゃないかなと。

昇格する、しないで言えば、どんな形であれJ1へ行ったほうが良いんでしょう。多分。

ただ、それってこの状況で達成したとして、ほんとに嬉しいことなのかなと。

若手を育てながら、チームをきっちり仕上げ結果を残す湘南ベルマーレの曺監督。

独自の理論で「大敗」してしまうこともあるけど、風間イズムを注入され始めた名古屋グランパス。

スペイン人監督リカルド ロドリゲスを招聘し、非常にロジカルなサッカーを展開する徳島ヴォルティス。

これまたスペイン人監督ミゲル・アンヘル・ロティーナを招聘し、伝統的な「攻撃スタイル」に守備の意識を取り入れた東京ヴェルディ。

上位争いは出来なかったけど、挑戦的なサッカーを展開した岐阜FC。

最後に1つでも上に行ったチームが強いチームなんだと思うんですが。

アビスパ福岡の井原監督のサッカーを今シーズン誰か面白いと言ってくれたかなと。

そして、J1で戦うアビスパ福岡の姿を自分たちに想像させてくれたかなと思うと、それは嘘でも「イエス」と言えないです。

前回の昇格時は今のチームと比べても、かなり「荒い」チームだったと思います。

でも、井原監督らしいチームだったと思います。

無骨なまでに守備から入るスタイルは、泥臭くもありましたが、それはそれで魅力的だったと思います。

結局J1で通用しなかったのですが。

「失点しそうでしない、南米のようなチーム」

と、以前のニューイヤーカップの解説で都並さんが言ってくれたことが個人的にはすごく誇らしかったです。

なぜなら、「守備」という特徴を足がかりに、自分の応援するチームが他チームに誇れる「伝統」をこの先手に入れようとしているんじゃないか。

そう思えたからです。

ですが、今のアビスパ福岡はシーズン前に期待していた「J1で通用するチーム」の姿なんだろうかと。

別に守備的じゃなくていいし、攻撃的じゃなくてもいいです。どんなスタイルでもいい。

もちろん、強いことに越したことはないんでしょうが。

勝つ以上の結果は無いのですが…。

でも、個人的に見たかったことは「そんなこと」じゃなかったんだよなと改めて思っています。

もちろん、勝って欲しい思いもありますが、その根底には

これがアビスパ福岡のサッカーだ。

これが井原正巳のサッカーだ。

そんな哲学がなかなか見えてこなかったことがとても残念で仕方がないのです。

アビスパ福岡は20年の歴史がありますが、正直混迷の20年だったと思います。

しかし、今ようやく「歴史を積み重ねる土台」ができつつあると思っています。

そんなときに井原監督というサッカー黎明期を支えた名選手が監督としてきてくれたことは僥倖としか言えないと思います。

名選手、名監督にあらずとはよくいったものですが。

そういったこととは無関係に日本のサッカー界の一時代を築いた井原監督だからこそ出来ることってあると思うんですね。

だからこそ、

井原さん、あなたの思い描く理想のサッカーってこんなもんじゃないだろ!?

あえて、そういいたいのです。

とはいえ、今季の結果は関係なく、来季井原監督でない可能性も高いと思っています。

すべての失敗を受けいれ、そのことを糧にまた井原監督と歩む選択肢があるのか。

経営陣がどう判断するのか判りませんが、井原監督自身もこの状況で続投を望むかは…ちょっと考えにくい気もします。

もしかしたら、井原監督のアビスパ福岡における挑戦は終わりを迎えるかもしれませんが、井原監督がアビスパ福岡にもたらしたものは間違いなく大きかったと思います。

監督が変わろうが、仮に経営陣がまた変わろうが、アビスパ福岡がサッカークラブである以上目指す先に変わりはないはずです。

何があっても、その目指す先に向かって歩くしかありません。その節目に井原監督がアビスパ福岡にいてくれたことに感謝したいと思っています。

(何度も書いていますが、日産時代からの井原ファンです。本当なら監督としてアビスパ福岡で成功してほしいですが…。)

まだシーズンは終わっていませんし、プレーオフだってあります。

もちろん、戦う以上、狙うは昇格のみです。

今できることを総動員して戦うしかありません。その経験はきっと来季へ繋がるはずです。

今季の内容には納得できていない部分も多いです。

それでも、アビスパ福岡は前に進んでいるという想いはあります。

現在をよりよくすることが、最善の未来への準備になる

井原監督が理想だと言ったチーム「アトレティコ・マドリード」の監督ディエゴ・シメオネの言葉です。

今、目の前にあることに最善を尽くさなくて、最善の未来がくるわけがない。

次節、アウェー岡山戦がリーグ最終戦となりますが。

プレーオフ、そして来季、そしてその先へ希望を抱ける今シーズンベストな試合を期待したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク