町田ゼルビア戦に見る「前節からの改善点」。J2屈指の戦力ながら贅沢にも「山瀬の代わり」が欲しいアビスパ福岡?

スポンサーリンク

1−3の敗戦をリベンジ。町田ゼルビア戦

前回の対戦では試合終了間際に大逆転劇を許した町田ゼルビア戦。

アウェーではありますが、ホームの敗戦をきっちり返しておきたい相手です。

試合結果は0-1で勝利。

町田ゼルビアの監督である相馬監督。現役時代すごく好きな選手でした。

スピードがズバ抜けて速いわけではないのですが、サイドのスペースを突く動きは当時でも世界でも通用する日本屈指のサイドアタッカーでした。

当時海外への移籍もなんて話もあったんですが、海外の記者に「サイドを突く動きはすばらしいけど、クロスが話にならない」とバッサリ切られていたのには私も涙してしまいました。

そんな相馬さんも歳とったなーと思いつつ。

第26節町田ゼルビアvsアビスパ福岡戦を振り返ってみたいと思います。

アビスパ福岡フォーメーション

前節、左サイドに山瀬を置いたことで左サイドでも攻撃の基点が作れるようになったアビスパ福岡。

守備の面でちょっとバランスを崩すこともありましたが、おそらくこの形は継続してくるだろうなと予想していました。

前回と同じく4-4-2のフォーメーション。

ウォンドゥジェが前節に引き続き先発。

前節のモンテディオ山形戦ではまだ不慣れなところはあるようでしたが、ポテンシャルの高さは感じさせてくれました。

町田ゼルビア戦ではどれくらい修正されているかが個人的な注目ポイントでしょうか。

あと細かいですが、いつも2トップだと右が多いウェリントンでしたが、今日は左が多かったようなということで、松田とウェリンとの左右を逆にしています。

ポジションチェンジも多いのでどっちがどっちと決めにくいところもありますが。

中盤で競ってくれるウォンドゥジェ

ウォンドゥジェの加入で大きいなと感じるのは、「中盤で競って、高さで勝ってくれること」。

これは、見ていて非常に頼もしいです。

ちょっと前の話ですが、バルセロナBが来日し、アビスパ福岡と親善試合をしたことがありましたが。

バルセロナB vs アビスパ福岡 5失点に感じた「現在」と「未来」
「2軍に5失点って、アビスパ超弱くない!?」 と、レベルファイブスタジアムの帰りの道で似たような発言を何度も聞ききました・・・。 ...

そのとき、アビスパ福岡のロングボールに対してDFラインのまえでボランチのセルジ・サンペールがことごとく競って処理をしていました。

バルサの場合、ボランチが競ってDFが拾ってパスを繋いでいくまでがあまりにもスムーズで「美しさ」すら感じてしまいましたが。

さすがにバルサほどの美しさは無いですが、DFラインの誰かが出て競るとなるとどうしてもポジションが移動してしまうのでドタバタしやすい。

しかし、ウォンドゥジェが入ると、ゴールキックも含め前でウォンドゥジェがDFライン前で競ってくれます。

この時最終ラインはこぼれ球とFWの対処に専念できるので、ロングボールに対する守備が以前よりが安定しているように見えます。

寄せて逆サイド

この日のアビスパ福岡の攻撃の狙いは「逆サイドと裏のスペース」。

まず、ボールサイドにウェリントンが寄せてターゲットになります。

そこから山瀬や、ジウシーニョ、もしくは三門、ウォンドゥジェといったところに落として、展開。

非常に狭いエリアでプレスをかけてくる町田ゼルビアの「逆サイドとラインの裏側」を狙っています。

最終的に山瀬から松田へのパスはDFにかかってしまったシーンですが。

最終ラインで亀川にボールが入ってから。

まずは山瀬がサイドに開きつつ、ウェリントンはポストプレーできるポジションを取り、そこへパスを入れる。

この時松田は既に最終ラインでいつパスが出てきても良い位置でスタンバイ。

ウェリントンに当てたボールを山瀬が拾って「裏を狙う松田へ(もしくは逆サイドのジウシーニョ)」。

と言った展開。

非常にシンプルですが、密集して守備をしてくる町田に対してはシンプルにパスを出して素早く展開したほうが有効そうです。

カウンターの時もこの傾向が強く出ていまして。

前半13分頃。ウェリントンが、左サイドを抜けたシーン。

完全にアビスパ福岡の左サイドに守備を寄せていた町田ゼルビアの逆サイドにはこ広大なスペースが開いています。

アビスパ福岡が狙いはこれでした。

密集して守備をしてくる町田ですが、このプレスを剥がせていたので、これはゴールは近いのではと思っていましたが…。

今日も徹底してチェックされるウェリントン

こちら岩下のロングスローのシーンですが。

ウェリントンに2枚びっちりマークが付いています。

フリーキックじゃないですが、町田ゼルビアはフィールドプレーヤー全員が戻って守備。

これはもうどこもそうですが、アビスパ福岡には徹底して対応してきます。

しかし、スローインとはいえほとんどフリーキック並の対応です。

簡単にクロスは上げるな?

あと、この試合結構ボールを持つことを意識していたのか、それとも過去のとにかくウェリントンへクロスを放り込むという攻撃を自粛したのか。

アビスパ福岡はあまりロングレンジからのクロスを上げなくなった印象がこの数試合あります。

というより、ウェリントンが何がなんでもゴール前に入って中央でデーンと構えるというケースが減っています。

前線でジウシーニョが落として、フリーの駒野がボールを拾おうとしているシーン。

アビスパファンだと「クロス!!」と思ってしまうと思うのですが、このシーンで駒野はクロスを上げません。

クロスをあげずに、ジウシーニョとウォンドゥジェとボールを回してキープします。

おそおらく、このタイミングでウェリントンがファーに居たためだとは思うのですが。

以前よりクロスに関してはやや自重している感もあるのかなと。

また、この直後ジウシーニョのクロスにウェリントンが逸らして山瀬がシュートに持ち込むシーンがありました。

このときもウェリントンはゴールエリアに入るか入らないかの位置でポジショニング。

ゴールには松田が向かう形です。

「黒子ウェリントン」というのは、どうやら徹底されているようです。

マークすべきウェリントンが下がり目にいることで、相手のDFを釣りだしたり、ウェリントン自身がフリーになるという目論見もあると思われます。

概念的にはやや「偽の9番」に近いのかもしれません。

左サイド山瀬効果も継続的に

この試合でも左サイド山瀬の効果継続中でした。

ちょうど上のウェリントンのヘディングの反らしから。走りこんだ山瀬がシュート。

左サイドで石津が先発しないとなると、左サイドでパス、シュート、ドリブル、といった攻撃面で勝負できる選手がいない(なんだかんだ坂田は走って貢献するタイプ)アビスパ福岡。

左サイド山瀬というのは攻撃バリエーションを増やす意味では現状に置いては非常に良い形だと思われます。

フィニッシュワークだけでなく、中盤で基点を作れるというのも大きいと思われます。

町田は手数をかけずに前線へ

町田は吉田眞紀人のスピードで勝負するイメージでしょうか。

ボールを持つと結構アバウトに前線にボールを放り込んで来るシーンも。

吉田眞紀人は水戸ホーリーホック時代が個人的には印象に残ってまして。

【第19節】アビスパ福岡 vs 水戸ホーリーホック戦の分析と結果
チームの調子はよし。あとはこの好調をどう続けるか? この日は、「水戸市の日」ということで。 なんと、水戸市に住む方、在学の方は入...

もうだいぶ前ですが、アビスパ福岡線でスパーンと裏を取って点を決めたシーンが非常に印象に残っています。

個人的にそのイメージが強いので、吉田にこうしたボールが出るとちょっと怖い。

前半で点が取れそうな予感がありましたが…

相手のプレスをかわして逆サイドのスペースを取るシーンも多く、シュートまで持っていくこともできていました。

早い時間帯で得点が取れると良かったのですが、スコアレスドローのまま後半戦へ。

点を決めるときに決めておかないとという事もありますが。

前半で気になったところでいうと、岩下がクリアミス(自分の足元に収まったので良かったですが)や縦パスをミスしたりと立て続けに精度の悪いプレーが続くシーンも。

ミスや、中途半端なプレーで失点というケースは避けたいわけですが。

そんなことが起きそうな予感がちょっとあったんですが…。

後半いきなり町田ゼルビアに良い形を作られる

ちょっと嫌な雰囲気あるなと思っていたんですが。

後半開始早々、嫌な展開がアビスパ側に起こります。

町田ゼルビアの吉田に基点を作られて、シュートに持ち込まれたシーンの直前。

シュートは兼田がセーブしましたが、こぼれ球の飛ぶ位置に寄っては、相手に詰められてゴールを許していたかもしれない展開でした。

その状況を呼び込んでしまったシーンですが。

互いにロングボールの蹴り合いから中盤での競り合い。

三門が相手と競って、そこにウォンドゥジェも競ったところ。最終ラインとセンターハーフの間にスペースが空いて3人がフリーに。

そこに、ボールがこぼれて町田ゼルビアのチャンスになります。

ロングボールの蹴り合いになっていたので、縦の関係性のバランスを取るのは難しかったと思います。

これは誰が悪いということはないと思うのですが、エアポケット的に出来たスペースにボールがでました。

最初に「ウォンドゥジェが中盤で競ってくれると安定する」と書きましたが、そのシーンでは三門は後方で構えています。

しかし、ウォンドゥジェと三門が両方がボールに対して行ってしまうとこういうケースもあり得ると。

後半のゲームの入り方において、後町田ゼルビアは明らかにギアをあげていたように見えました。

アビスパ福岡は前半と同じような意識で「攻め」にいったところを前目になったという感じでしょうか。

後半のスタートをちょっと失敗したようにも思えたので、流れの悪さが気になるところでしたが。

ウェリントンの先制ゴール

前半終了間際、後半の入りと嫌な流れになりつつあるなと感じていたのですが。

後半56分。右にポジションを変えたジウシーニョがボールを持ってカットインしながら、巻いたシュートを狙ったボールが弾かれてタッチへ。

相手陣地深い位置での亀川のロングスローからのリスタート。

相変わらず、ウェリントンには2枚のDFがぴったり。自陣10人で守備を展開する町田ゼルビア。

亀川のロングスローはクリアされるのですが。

岩下が拾ってもう一度亀川へ。町田ゼルビアは守備に人数をかけているのですが、亀川にチェックにDFが動いたところにスペースができました。

そこを山瀬がしっかり見ていました。

山瀬のボールはクリアされますが、松田が拾ってウェリントンへ落とす。

そこから狙いすましてゴール右へ蹴りこんで先制点。

ちょっと試合の流れがアビスパ福岡に取っては怪しかったので、この先制点は大きかったです。

「黒子ウェリントン」とこの数試合書いていますが、ウェリントンが完全にフィニッシュワークから外れているわけではないようです。

松田、ジウシーニョで撹乱した後に相手のマークのかからない遠い位置からウェリントンが顔を出すというのは山形戦でもそうでしたが、現状有効な攻めになっているようです。

先制してからの展開

先制して直後の後半60分に仲川を投入した井原監督。

合流して間もないですが、2試合続けて途中出場。

町田の最終ラインが空いているということでスピードのある仲川ということだと思いますが。

こうなると、ポッピは厳しいですかね…。

実際、この日もベンチ入りもしていません…。

仲川はカウンターのタイミングで良い形でボールがでて、単独で持ち込んでシュートまで持っていけました。

スピードで持っていけるのでアビスパのロングカウンターにハマると面白い存在になりそうです。

ゴールには繋がりませんでしたが、石津と狭い距離でのボール交換も可能性がありそうです。

ウォンドゥジェのフィット感は

ポテンシャルの高さは疑いようのないウォンドゥジェ。

あとは、コミュニケーションとチームに馴染むことができれば非常に大きな存在になりそうな予感もあります。

この試合でも強烈なミドルを枠内に打ち込みましたが、スケールの大きさはピカイチです。

とはいえ、コミュニケーションの点は一朝一夕でいけるものでもないので、徐々に慣れていくしかないと思いますが。

前節のモンテディオ山形戦ではプレスのタイミングがまだまだ周りと連携できていないのかなという印象でした。

町田ゼルビア戦でどれくらい修正できているのか楽しみだったんですが。

この日守備で「おや?」と思うようなシーンはなかったと思います。

ただ、町田ゼルビアはモンテディオ山形と違って、攻める形にウォンドゥジェの頭を越えるボールが多かった。

また、中盤で競り合ったこぼれ球から攻め上がったりするので、ウォンドゥジェのプレスというタイミングはあまりありませんでした。

モンテディオ山形の佐藤のようにDFの間でボールを受けてプレーするタイプの選手もいなかったので、この辺はどの程度修正されているかは判りませんでした…。

練習は重ねているとは思いますが、実戦でないと出てこない問題点もあると思います。今後は試合を重ねることに良くなってくるんじゃないでしょうか。

贅沢をいわば、山瀬の代わりを

先制点をとった後も、極端にリトリートすることもなく、主導権を握りながら試合展開できたアビスパ福岡。

ラスト5分からアディショナルタイムではだいぶ押し込まれましたが…。

モンテディオ山形戦からの反省は活かされた試合だったと思います。

追加点を取れていれば、良かったんですけど。

試合の運び方、チームバランスにおいては2点をとったモンテディオ山形戦より相対的ではあるものの、良い点がつくんじゃないかなと思います。

押し込まれたことはもちろん、反省の余地はあると思いますが。

メンバー的にはJ2でも屈指のメンバーを揃えるアビスパ福岡。

贅沢を言うなら山瀬の交代が欲しい。

攻守に献身的に走りバランスをとる意味では欠かせない選手ではあるのですが。

後半84分頃、町田の吉田にクロスからあわやラインの裏を取られそうになるシーンがありました。

クロス直前のシーン。

アビスパ福岡の最終ラインは町田の4人に対して、4人と人数を揃えられています。

ファーで吉田があまりそうだったんですが、山瀬がちゃんと付いている…。と、思ったんですが。

クロスが上がった瞬間、山瀬が吉田を離してしまいます。

というか、最初から見ているようで見ていなかったのかなと。

吉田がボールをコントロールしきれていなかったので、なんとかなりましたが。

それから、コーナーキックからこぼれ球をサイドからクロスで入れなおされたシーン。

相手DFにフリーでヘディングされてしまうあわやのシーンがありましたが。

これを「山瀬がダメで引き起こされた」と言う気はないのですが…。

コーナーキックの守備はゾーンで守っているわけですが、そこから仕切り直しして山瀬は周囲を確認して町田のDF藤井がいることを把握していたように見えます。

クロスが入るシーンですが、藤井のコースを切る位置にいる山瀬がいるのですが…。

しかし、山瀬はジャンプせずそのまま目の前で競り合う岩下や冨安に任せるようにポジションを下げてしまいます。

その結果、藤井にヘディングをフリーでたたきつけられてしまいます。

惜しいというか、しっかり守備をしようとしている山瀬がいるのですが。

そもそも守備の選手ではないですし、この時間帯だいぶ動きが重くなっているようにも見えます。

疲れから判断が遅くなったり、正しい選択が出来ない事もあるでしょう。

この直後に井原監督は三門に変えて、坂田を投入。

三門も動きが重くなっていたので動ける坂田を入れたのもわかります。

また山瀬を引っ込めてしまうとマイボールにする際に最終ラインからボールを引き出す選手がいなくなります。

石津もシーズン序盤にその役割を任されていましたが、石津がそれをやってしまうと攻撃の推進力が落ちますし、結構相手に捕まっちゃうんですよね。

この試合では山形戦の反省もあるでしょうから、中盤の構成力を落とすような交代はしたくなかったはずというのもわかります。

本来であれば、シンプルに山瀬に交代を出せるといいのですが…。

城後を入れてしまうと、高さの面ではメリット出ますが、構成力の部分でかなり山瀬と差がでてしまいますからね…。

結果は、最後町田ゼルビアの攻めをなんとか凌いで0-1で勝利。

なんとか相手の反撃を跳ね返しましたが、一歩間違えると危ういことには代わりないかなと。

首位の湘南も勝利したので順位に変動はありませんが、徳島、横浜といったところが敗れたため3位との差が広がって勝点8差。

首位になることも大切ですが、そろそろ後ろとの差も開けておきたいところです。

次節アウェーにて京都サンガ戦が控えています。

前回の対戦は闘莉王が怪我でいない中での勝利でした。今回は闘莉王も復帰しています。前ほど簡単には勝たせてくれなさそう。

先制したとしても、気迫で押し込んでくる闘莉王を相手に今日の守備で抑えきれるのか。

ちょっと不安もあります。

またセットプレーでウェリントンとマッチアップすると思いますが、激しくなりそうです…。

その次が好調現在3位のV・ファーレン長崎戦。

そして、いつの間にか8位に後退したものの、強敵名古屋グランパス戦が控えています。

暑さがより厳しくなってくる時期に難しい試合が続きますが、勝点をしっかり取って自動昇格権を確保したいところです。

来年の昇格システムはなんかややこしいことになりそうですし…。

まずは京都戦。圧倒的な推進力で押し込んでくる闘莉王をガツンを押し返して、勝利して欲しいとことです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク