スコア的には理想的な2-0で勝利のモンテディオ山形戦。後半まで見てみたけどやっぱり課題は多かった…。モンテディオ山形戦の後半にみるアビスパ福岡の課題

スポンサーリンク

モンテディオ山形戦の後半のレビューとなります。

J2第25節モンテディオ山形戦は井原監督がこれまでとやり方を変えてきた試合でした。

そのため、確認したいことも多く記事が長くなったので、試合の前後半に合わせて記事を分割しました。

【前半の記事はこちらから】

スコア的には理想的な2-0で勝利のモンテディオ山形戦。まずは前半からこれまでのアビスパ福岡との違いを見てみる。
今回の記事は前後半に別れてしまいました。まずは前半戦から振り返ります。 後半戦に入ってイマイチ波に乗り切れないでいるアビスパ福岡。 ...

簡単に前半を総括すると。

  • 攻撃は山瀬を左に置くことでバリエーションが増えた
  • 3−4−2-1で顕在化した「ボランチのスペース」は消したものの、潜在的に揺さぶられると弱い
  • 期待の新星ウォンドゥジェはデビュー戦ながらに堂々とプレー。縦パスを相手真正面に蹴ったり、ポジショニングの面でやや「?」なこともあったけどポテンシャルの高さは垣間見れた
  • リトリートせず積極的に前から仕掛けられた

と言った感じです。

ゴールを割ることは出来ませんでしたが、愛媛戦や岐阜戦の展開に比べるとゴールの予感はあるのかなという印象でした。

そんな第25節モンテディオ山形戦の後半を振り返ってみたいと思います。

後半開始から石津を投入

前半の試合展開は理想的とは言わないものの、まずまずの出来だったアビスパ福岡。

しかし、後半頭から松田に変わって石津を投入。

ジウシーニョに惜しいスルーパスを通した際に足を痛めた様子だった松田。

その後プレーを続行したものの足を気にしている感もあったのでその影響の交代だったでしょうか?

松田と変わった石津ですが、ポジションは左サイド。

左だった山瀬が右サイド。そしてジウシーニョがFWに入りました。

ちなみにですが、DAZNの解説ではアビスパのフォーメーションをしきりに「4-2-3-1」でトップ下を置く形といっていましたが、個人的には4-4-2だと思います。

前半戦の内容はこれまでの試合と比較して「中央」への意識が強かったと思われるアビスパ福岡。

中央での攻めとなると、活きてくるのが石津だと個人的には考えているのですが、その予感が的中。

後半開始すぐ。

石津のパスカットからショートカウンターの場面。

ジウシーニョが前線からしつこくボールを追って、相手のパスを読んだ石津のカットも良かったんですが。

そこから石津が中央をドリブル。そのままウェリントンへパスを出して、さらに中央を駆け上がります。

アビスパの攻撃陣は豊富なメンツが揃っているとは言われますが、中央この形で勝負できるのは石津だけじゃないでしょうか。

石津の中央への切り込みにモンテディオ山形のDFは2人でなんとか対応。

石津がボールを収めることは出来ませんでしたが、ショートカウンターで慌てた山形の守備陣形はバランスを崩します。

この後、パスミスからウェリントンがボールを奪って、サイドへボールを展開。山形の守備陣は一瞬前向きになったものの、再び後ろ向きになります。

中央でバランスを崩し、そこからパスミス。サイドにボールが入ったため、山形のセンターバックの一枚が完全にサイドにつり出されています。

通常の守備ではなかなかこの形にはならないと思われますが、こうした状況を作り出せるのがショートカウンターかつ、中央攻撃&連続攻撃です。

逆サイドではサイドバックの20番茂木が慌てて戻ってきますが、ジウシーニョを捕まえるには至らず。

ジウシーニョが上手かったのは、はじめは中央に向かって進んでいたのをスッと外に流れて茂木のマークを完全に外します。

この動きがあったので、三門のクロスを相手のマークを受けることなく折り返せたと思います。

残ったセンターバックも石津を捉えるのが精一杯。

10番の鈴木が戻ってきたのですが、クロスに振られてウェリントンのマークを外してくれたことも幸いしました。

マークが外れてしまうのも、完全に相手を揺さぶって相手に余裕がない状況で攻めているからこそかもしれません。

その結果、前半からややファーで構えていたウェリントンが空いてしまいます。

ボレーシュートがズドン。

久しぶりのウェリントンのゴールでアビスパ福岡が先制ます。

やはり中央でいい攻撃ができると相手の守備陣は慌てます。さらにミスが重なれば、冷静に状況が把握できず、必ず隙が生まれます。

石津のショートカウンターから中央ー右サイドー逆サイドに振って最後中央。

と、これまでのアビスパ福岡の攻撃ではなかなかみられなかったワイドな展開からのゴール。

これは非常に良い形でのゴールだったと思います。

こういう攻めが出来ると得点の確率ももっと上がると思うのですが…。

石津の2点目

1得点してからややリトリート気味になったアビスパ福岡。

逆にモンテディオ山形は左サイドの汰木のスピードを活かした攻撃を選択。

サイドで佐藤が基点を作ると。

タメを作って汰木の上がる時間を稼いだら、あとは駒野とヨーイドンに持ち込みます。

この形でクロスへつないでチャンスを2本立て続けに作りました。

ここで気になったのがウォンドゥジェのポジショニングというか、相手の捕まえ方。

駒野と汰木のヨーイドンに持ち込まれる直前。

モンテディオ山形の佐藤が目の前に居るのですが、ウォンドゥジェはやや距離をおいて、みているだけで捕まえに行けませんでした。

この結果、駒野が佐藤と汰木と対峙するような形になります。

佐藤はプレスが弱いので難なくタメを作って駒野の後ろに汰木が飛び出すタイミングを見計らって、縦パスを入れることができました。

駒野としては正面の相手を見ながら、ボールがでたら振り返って走る。では、スピードのある汰木には勝てません。

そうならないためにも、ここはウォンドゥジェがもうちょっと佐藤へ厳しく行って欲しいところ。

ウォンドゥジェが佐藤に詰めてくれれば、駒野としても汰木へ注意を向けることが出来たと思います。

ウォンドゥジェはポテンシャルの高さは確かに感じるのですが、守備のポジショニングにおいてちょっいちょい危ういところがあったように思います。

井原監督も試合後のコメントで不慣れな点があるのは判った上での起用といったコメントを残しているのである程度は覚悟の上の起用だとは思いますが…。

この辺の連携を高めていくのがウォンドゥジェの今後の課題でしょうか。

とはいえ、この後も汰木にカットインのドリブルからシュートを許すなど全体として守備によける「緩さ」が気になり始めていたのですが。

このタイミングで石津のカウンターからの一撃が決まります。

岩下のクリアを拾って、ジウシーニョ、山瀬と繋いで石津が完全に1対1に。

ボールを受けたのはほぼピッチの中央でした。

しかし、目の前にDFは1人。こういったシーンで勝負を仕掛けられるのも石津の魅力だと思います。

中央の切り返しを警戒しつつ石津の進行方向を限定しようとしたモンテディオのDFでしたが、石津が絶妙なタッチでボールを縦にだすと、そこからGKの股を抜いてゴール。

前がかりの相手にカウンターからの追加点というのは理想的ですが、アビスパの守備がどうも緩くなっていた時間帯。

アビスパ福岡にとっては、数字以上に貴重な追加点だったと思います。

2-0とリードしたとはいえ、ゆるいアビスパ福岡の守備

追加点を奪ったのは良いのですが、どうもアビスパ福岡の守備の緩さに喝が入りません。

山瀬がカウンターを狙って前線に走るも、ボールが入らずGKにクリアされるというシーンがあったのですが。

アビスパ福岡の攻撃陣(FW2枚に、左右のサイドハーフ)は完全に前目に飛び出してきています。

まあ、カウンターチャンスだったのでそれもわからなくはないのですが…。

こうなると、後方にはボランチ2枚と最終ラインが残るわけですが…。

ウェリントンとジウシーニョのプレスも功をなさず、山形にボールを運ばれ前を向かれてしまいます。

その後ろに構えていたのは、ウォンドゥジェと亀川。逆サイドにフリーの選手が居るのも気になります。

とはいえ、ウォンドゥジェがだいぶ左寄りに居るなと。

そして、ここから逆サイドに展開されるのですが、あれ?ウォンドゥジェが左サイドに来ているかつ、山瀬も上がったきり。

右サイドの山瀬と、その内側のウォンドゥジェがいないということは逆サイドに誰も居ないのでは?という言う状況に。

そして三門はどこいった?さらに付け加えるなら最終ラインも押し上げが足らない気が…。

しかしここで、気が利いているのがジウシーニョ。

反対サイドに誰もいないことに気がついて、真っ先に走っています。とはいえ、前線から最終ラインは間延びしきっているし、ウォンドゥジェと三門のプレー位置はどうなっているの?

と、思っていたらひょっこり最終ラインの手前を走っている三門。どこに行っていたんだ…。

このプレーの直前に三門は、左サイドのペナルティエリア前でディフェンスをしていたのですが。

もしかして、ここから前線にボールが運ばれ、戻ってくるまでこのサイドに居たのでしょうか。

DAZNの画面ではその間、三門が何をしていたのか映っていないので不明ですが…。

その結果、前半同様またもポッカリスペースをあけてしまうアビスパ福岡。

自らカウンターを仕掛けておきながら自分たちが体勢を崩していたら世話ない状況に陥ります。

逆サイドから状況を察知して走ってきたジウシーニョだけが救いです。

時間帯は後半の66分。

これまでと違い、前半で積極的に勝負した「ツケ」でしょうか。アビスパ福岡の運動量が落ちてきた時間帯だったのかもしれません。

このシーンは最終的に太田にスルーパスを通されてしまいます。間一髪亀川が足を入れて難を逃れましたが…。

失点してもおかしくないシーンを招く事になりました。

追加点直後に仲川を投入

追加点を奪ったアビスパ福岡はその直後に仲川を投入します。

個人的には合流したばかりの仲川を見れるとは思っていなかったので、意外な展開かつ、その分期待した部分もあるのですが…。

ジウシーニョと交代か…。

これだけ後方がガタガタな状況で気の利くジウシーニョを変えるのは、ちょっと怖いなと。

直前のプレーを見る限り、ウォンドゥジェか三門を替えたほうが良いのではないかと思ったのですが…。

そんな状況での仲川投入直後のウォンドゥジェですが…。

サイドでボールキープしている汰木と微妙な距離を置いてしまいます。その結果、山瀬が汰木を見ることに。本来ならウォンドゥジェが詰めて、山瀬さらに外のプレーヤーをチェックする形だと思うのですが。

ウォンドゥジェ自身、結構走って広い範囲で顔を出すんですが、どうもプレッシャーをかけるタイミングが周りと合いません。近くまでは行くのですが、微妙な距離を置くことがあって有効なプレスをかけれないシーンがしばしば。

結果、相手に自由にパスを出されてしまいます。

結局、この時もノーマークのサイドへパスを通されてしまいクロスまで持って行かれてしまいます。

その後はなんとか持ち直した感もありましたが…

2点を取りながら、守備のバランスを崩しているように見えたアビスパ福岡ですが、徐々にはなんとかバランスを持ち直したように見えました。

ところがアディショナルタイムでまたもスペースを使われてしまいます。

山形の最終ラインからの縦パス一本。

アビスパの最終ラインの前で収まります。

岩下がもうちょっと太田との距離を詰めていれば違う対応できたと思うのですが。

この直前にDAZNの画面がピッチを縦にとらえた表示になったのですが。この時すでに岩下からするすると離れていく太田の姿が。

このタイミングから太田のポジショニングが始まっていたのかなと。そこから数回のパスを経て、フリーの太田の足元に縦パスが入ります。

この試合での太田のポジショニングには際どいスルーパスを引きだされたり、オフサイドギリギリの飛び出しをされたりと自由にヤラれた感が強いです。

このポジショニングの上手さは太田を褒めるべきかもしれません。

この縦パス一本からサイドの茂木にパスが渡って、危ないシーンになりましたが兼田のセーブでなんとしのぎました。

序盤やや精細を欠くシーンもあった杉山が徐々に安定感を感じるまでになった矢先の怪我での離脱。

正直兼田で大丈夫かという思いもあったんですが、これまで堂々とした守りを披露。この日も危ないシーンで安定したセービングをみせてくれました。

後半いまいち流れの良くないアビスパ福岡ですが、兼田が安定したプレーをしていなかったらと考えるとちょっとゾッとします。

際どいプレーに絡むウォンドゥジェ

アディショナルタイムに入ってからですが。

巧なポジショニングでアビスパのゴール前に侵入してくる太田にクロスからボレーを打たれてしまうシーンがあったんですが。

ここでもちょっと、ウォンドゥジェが周りとの連動ができていないのかも?な動きをします。

山瀬に代わって入った城後がサイドのボールホルダーへチェック。

その後ろでパスを受けに下がるサイドハーフに駒野が付きます。

その内側では佐藤が待っているわけですが、ここはウォンドゥジェが抑えてくれていれば…。

と、思いきやウォンドゥジェはスルスルーっと下がっていきます。

当然のごとくフリーになった佐藤にボールが入ります。

ええええっ!なんで下がるのウォンドゥジェ!と思ったんですが。

すると、駒野の後ろにもう1人選手がいました。どうやらこの選手をケアに行ったようなのですが…。

確かに駒野とセンターバックの間のスペースに侵入されていたのですが。

しかし、せっかくそちらの守備に向かった割に、ウォンドゥジェは簡単に距離を取られてしまいまたも相手を捕まえきれず、佐藤からボールを入れられてしまいます。

せっかくフリーの選手を作ってまでケアに行ったのであればもっと体寄せて欲しかったところですが。

結局この選手からクロスをゴール前に入れられて太田のボレーシュートに繋がります。

シュートは兼田の頭上を越えてクロスバーも大きく越えたため失点にはなりませんでしたが。

ウォンドゥジェがイマイチ周りと連携した守備ができてないのかなというシーンでした。

なんとかしのいで2-0で勝利しましたが…。

ここまで前半、後半の2回に分けてモンテディオ山形戦を振り返ってみてきたのですが…。

前半は新しい試みも多く、内容的にもまずまずだったんですが。

後半は守備が非常に心配な内容となってしまいました。

特にウォンドゥジェ。

高さもある。足元の技術も高い。広範囲に走れる。と、能力の高さは非凡なものがありました。期待の若手であることに代わりはありません。

ただ、ちょっとコミュニケーションというか周りとの連動にかなり難があったように思われます。

ここは井原監督も試合後のコメントである程度覚悟していたようなので、今後もある程度我慢して使っていくのかなと思うのですが。

確かに能力的には非常に優れていますし、使いたくなるのも十分わかります。

ただ、試合中話をして調整するにも、この日のピッチ上にウォンドゥジェと細かなコミュニケーションが取れる選手はいなかったのでは…。

この日のアビスパのピンチのいくつかはウォンドゥジェのところから起きています。

もうちょっと周りとの連携が取れるようにならないと今のままでは厳しくないか?と言う気がしています。

とはいえ、攻撃面に置いて山瀬を左サイドで使うことのメリットがこの試合の大きな収穫でもあります。

その実現にはウォンドゥジェに頑張ってボランチを張って欲しいところですが。

次節先発するかは判りませんが、連携の部分はしっかり確認できれば改善できるポイントだと思います。

素質の良さは十分に伝わってきただけに。コミュニケーションに関してはヒョヌンが居てくれたらだいぶ違っただろうな。

と、思わずにはいられません…。

また4-4-2もかなり粗い部分があるなと思われます。

途中4-4のブロックがほとんど形成されていないシーンがありました。これはゾーンプレス云々以前の問題だとは思うのですが。

その結果、スペースを作ってしまいそこを相手に使われてピンチを招いてしまいましたが、これでは形が変わっただけで3-4-2-1の問題が解消できたとは言い難い。

おそらく一番の問題はこの「スペースを作ってしまう」ことだと思われます。慣れないウォンドゥジェが入っていたとしてもちょっと崩れすぎだったと思われます。

また、後半足が止まっていると思われるシーンも。

前半から積極的に勝負を仕掛けたことは良かったと思うのですが、やはり夏場の試合は後半に響いてきます。

三門がどっかいなかったり、最終ラインがなかなか押し上げられなかったり。

夏場で厳しい時期ですが、DFラインの前にスペースを作ってしまうと致命傷になりやすいのはアビスパ福岡に限った話ではないと思われます。

相手に走り負けない為にも、試合の中でのペース配分はもう一度考えなおす必要があるように思われます。

攻撃面はこれまでと違うアプローチで良い形を作れていたと思います。

ウェリントンのゴールで見せた中央への攻撃とそこからのサイドへの揺さぶり。

石津のカウンター(サイドに逃げずゴールに向かって勝負が出来た)。

こうした点は継続して行きたいところです。

最後に仲川について

仲川に関しては、決定的なシーンはありませんでしたが、スピードに関しては一目見ただけで他の選手とは違っていました。

特にトップスピードに入るまでにかかる時間がかなり短いように感じました。

本当にサビオラを思い出しました。

パサータイプが少ないアビスパでは確度の高いスルーパスを出してくれるのは石津くらいかもしれませんが…。

岩下のフィードに合わせるのも面白い形が作れるかもしれません。

駒野もおもしろいグランダーを合わせてくれるかも…。

と、仲川のスピードで相手のDFライン裏を突く攻撃に期待が膨らみます。

こちらもまだ合流して間もないということもあるので、今後連携を構築していくと思われます。

ウォンドゥジェにしても、仲川にしても非常に楽しみな選手が来てくれたと思います。

これをきっかけにチーム全体が波に乗って行きたいところですが。モンテディオ山形戦は勝利出来たものの、まだまだな点も多いと感じました。

本当の意味で波に乗るためにはもうちょっとテコ入れが必要そうです。

次節町田ゼルビア戦でどこまで修正できるのか。

流れが良くない後半戦の序盤でしたが、良い流れが来そうな予感のする勝利にはなったと思います。

願わくばもっと安定感のある4-4-2を見せてくれると嬉しいのですが…。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. アツ より:

    4バックにして攻撃枚数4人に増やして山瀬左サイドに置いて攻撃パターン増えて良かったですね
    中央へPA内に入っていく攻撃も増えそうで良いですね
    仲川は中央でPA内でスピードがあって勝負できる素晴らしい選手だと思うのでそこに出すボールが増えてくれば面白いですね
    ウォンドゥジェがしっかりプレスに行けてない所がありましたか
    デビュー戦にしてはよくやっていたと思っています
    まだまだこれからですから試合の映像を見てドゥジェは守備の修正をしていって欲しいです
    今日の相手町田は前回の対戦で残り5分から数的有利で3失点でショックな負け方をした相手
    ハットトリックを決められた中島には何もやらせないようしっかりマーク。パスの出し手吉濱にも注意が必要
    絶対にリベンジしなければならない相手です、しっかり町田には勝って欲しい

    • ざかしんく より:

      アツさん
      コメントありがとうございます。ご返信遅くなってすいません。町田戦勝ちきりましたね。試合終了間際は危うかったですが、山形戦より安定感は合ったと思います。次の試合に繋がる試合だったと思います。
      京都戦も連勝したいですね!