攻撃面の課題を克服しなくてはジリ貧?アビスパ福岡井原監督に次の一手はあるのか?第24節アビスパ福岡vs徳島ヴォルティス戦

スポンサーリンク

攻撃面で改善が見えないとそろそろ厳しいのではないか

ホームで上位対戦となった徳島ヴォルティス戦。

湘南ベルマーレが土曜の試合で敗戦しているだけに再び首位を伺う絶好のチャンスだったんですが。

残念ながら徳島ヴォルティスに0-1で敗戦。

再び首位」というチャンスを逃した事もそうですが、2位と4位の上位チーム同士の対戦。

今後リーグ戦を優位に進めるためにも、勝っておきたい試合でしたが…。

徳島ヴォルティスとの勝ち点差も縮まり、再びJ2の上位戦線は混戦模様に。

ようやくJ2の混戦から抜け出せそうな感じだっただけに最近の低調さは現在の混戦模様を戦い抜く上では不安なところです。

上位争いするチームとしてはホームで負けすぎる体質も不安要素ですが、やはり攻撃面での改善がなかなか見えないなといよいよ厳しいのではないかと。

ザスパクサツ群馬戦ではウェリントンを黒子にすることで、攻撃に変化をつけたようにも見えましたが…。

徳島ヴォルティス戦を見る限り、このままではジリ貧だなというのが個人的な印象です。

これは重要な試合で負けたからというわけではなく、愛媛戦辺りから感じている攻撃における攻め手の少なさがそう感じさせているわけですが。

負けたのも残念ですが、「J1で通用するチーム作り」という意味でもまだまだ道半ばではあるものの、こんなことで大丈夫か?と物足りなさを感じるところも。

さて、井原監督にこの攻撃に漂う閉塞感を打開する策はあるんでしょうか。

そんなアビスパ福岡に足らないピースってなんだろうと考えていると、やってきた移籍情報。

否が応でも期待が膨らみますが。

そんな第24節アビスパ福岡 vs 徳島ヴォルティス戦を振り返ってみたいと思います。

フォーメーションは4-4-2じゃないのか

個人的には、ジェフユナイテッド市原・千葉戦、名古屋グランパス戦の傾向からポゼッションを重視してくるチームには「4-4-2」が最適解だと見ていました。

このチームと比較するとややその傾向は弱まるものの、徳島ヴォルティス中盤でのパスを回してくるチーム。

前節の対戦では「ボールボーイ騒動」の直後ということもあってか。はたまたチームとしてそこまで完成されていなかったか。

アビスパ福岡としてはそこまでポゼッションされたイメージはなかったんですが。

Football lab チャンスビルディングポイント(パス)】

Football lab ポゼッション

Football Labさんの数値から見ても、全体的にはパスを繋いでポゼッション率を高める攻めを見せてきます。

岐阜は「ゼロトップ」とも思える世界でもそう多くない特殊なシステムを採用しているので「似ている」としてしまうのはやや語弊がある気もしますが。

徳島ヴォルティスの傾向は、岐阜FC、名古屋グランパス、ジェフユナイテッド市原・千葉にと似た「ボールを支配してゲームを作るチーム」に分類されます。

そう考えると、名古屋グランパス戦、ジェフユナイテッド市原・千葉戦でみせた「4-4-2」という選択肢もあったんじゃないかなと思ったのですが。

スタートは3-4-2-1

井原監督が選択したのは3-4-2-1。

ザスパクサツ群馬戦と同じフォーメーションとスターティングメンバーを選択。

またも實藤が不在ですが、ザスパクサツ群馬戦時に体調不良という情報を見たのですが…。いまだ芳しくない状況でしょうか…。

ある程度相手にボールを持たれることを想定しているなら、守備面で行くと堤より實藤が適任かなとも思ったんですが。

カウンター狙いのアビスパ福岡

アビスパ福岡は相手チームのスタイルによって「前線のどの位置から守備するか」を明確に切り替えてくる特徴があります。

もちろん、試合展開によっても細かく切り替えるのですが。

この日は、試合の最初からアビスパ福岡は完全にリトリート。

前半8分くらいのシーンですが、相手の最終ラインがほぼ中央に上がってきていますが、アビスパの守備は自陣からスタートします。

完全に自陣に引きこもっているというよりは、チャンスあれば高い位置からプレスをかけようと言う狙いはあったようです。

比較的前から守備に行く時は、センターサークルの頂点くらいから守備に動き出すんですが。

徳島のパス回しを警戒してだと思いますが、積極的に高い位置からは守備を仕掛けません。

この時点でいつも以上にアビスパ福岡の攻めは「カウンター」が主な攻めの狙いなのだなという印象。

「上位陣」と戦うときのアビスパ福岡の傾向と言っても良いかもしれません。

もともと、高い位置から守備をする際はカウンターというよりはどちらかというと、「ポゼッション」を狙っている感が強い様に見ています。

ショートカウンターというよりは、サイドに素早く展開する形が重視されているように思います。

名古屋、千葉戦と同じ展開

試合展開は、名古屋や千葉戦と同じような展開で進みます。

同じ展開というよりは、過去に対戦したボールをポゼッションするチーム同様に「スペース」を狙われてしまいます。

後方でボールを持って、縦にボールを入れては戻し左右にボールを展開する徳島ヴォルティスのパス回し。

アビスパ福岡の守備はその結果左右に振られるのですが。その中でどうしても「山瀬-三門」のサイドに大きなスペースが空きます。

一度最終ラインまで上がった選手が、スペースに下がりボランチからのボールを受ける。ほぼフリーで受けた後、さらに外で待っているサイドバックに展開。

前半徳島ヴォルティスの右サイド、馬渡が高い位置を取ってきましたが、これだけスペースが空いているわけですから高い位置は取りやすいはずですし、チームとしてもこのスペースは狙っていたと思われます。

ボールポゼッション出来るチームが全く同じような攻めをしてきているわけですが。

アビスパ福岡は左右に揺さぶればボランチのところにスペースができるのでそこにボールを入れれば比較的簡単に展開できるというのは共通認識じゃないかなと思います。

ただ、アビスパがこの点に関してまったく対応していないわけじゃありません。

名古屋、千葉戦と比較しても松田、ジウシーニョの前線の2人が大きく守備に時間を割いて、このサイドのエリアをケアしていました。

名古屋、千葉戦ほどこのスペースをイイように使われて、攻撃されるというケースは少なかったと思います。

また以前は松田(坂田)のほうが守備へ戻る機会が多かったんですが。

この試合では、ジウシーニョの守備時間が圧倒的に増えているように感じました。

おそらく、松田がカウンター時の攻撃の軸だったのではないかなと思われます。

カウンター狙いでウェリントン一枚残しても良いんですが。正直しんどいと思われます。

残念ながら、ウェリントンのカウンターの動きはあまり期待できないですから…。

その役割を松田に担わせることでカウンター攻撃の軸にしたかったのではないかと。

ジウシーニョはカウンター時は真っ先に先頭を切るのではなく、多少遅れても「外」に流れて、サイド攻撃の基点を作るのが役割だったように思われます。

2シャドーが守備を意識していたので、その分いつも以上にカウンターへの意識は強かったように思います。

とはいえ、想定以上に?2人が守備にだいぶ時間を割かれたようにも思います。カウンター時の前への推進力を削かれた感は否めず。

もうちょっと前から守備をして、突っかけられたらなとも思ったんですが。

ただ、狙いとしては前半戦は「きっちり守って0-0でも構わない」くらいのゲームプランだったのかもしれません。

カウンターの形は練られていたと思う

この試合アビスパがいつも以上に「カウンター狙い」に寄せているのではと感じたのは、今まであまりないカウンターの形を見せた点にもありました。

これは前節のザスパクサツ群馬戦で見られた、ウェリントンをフィニッシュワークから外して黒子(基点づくり)にして攻める。

という形の延長線上なのかもしれませんが、そもそもカウンターと言ってもアビスパ福岡のカウンターはゴール前に一気に侵入してゴールを狙う形ではありません。

ボールを奪ったら素早く展開して、相手の守備陣形が整わないうちにクロスを入れてウェリントン勝負へ持ち込むのが「アビスパ福岡の形」です。

なので、サイドまでの展開は「カウンター」だけど、サイドで時間がかかれば、そこからは普通のサイドアタックになるケースも多々。

しかし、この日は今までと少し違う狙いがありました。

ウェリントンが左サイドでカウンター攻撃に追いつけずにいる状況。

先に中央でポジショニングした松田がそのまま中央へ突進。

そこへグランダーのパスを駒野が入れるシーンがありました。クロスのボールに松田が触ったように見えましたが、惜しくもGKに引っかかってしまいました。

ちょっと前なら、このシーン右サイドフリーのジウシーニョでタメを作ってウェリントンの上がりを待つという選択が多かったわけですが。

松田もどちらかというともっとニアに走ってウェリントンの「スペース」を作るような動きが多かったように思います。

このゴールに直進した動きは即興と言うよりは、ある程度練習段階から松田と駒野の間で認識をすりあわせていた動きだったように思います。

おそらく攻撃の形として、ウェリントンだけでなく松田にフィニッシュワークを任せるという形が練られていたのではないでしょうか。

行き当たりばったりの中央攻撃

私のブログを見ていただいている方ならもうしつこいくらいかもしれませんが、この数試合中央で有効な攻めがなくては活路が開けないと言い続けております。

まあ、素人がいうことなのですが。

毎度使っている、ポイント、D、ポケットエリアの話です。

アビスパはこの「ポイント」はある程度使ってきます。クロス前提なところはありますが、ここで基点をつくって攻めるケースは過去の試合でもありました。

特にこのエリアの使い方が巧いのは三門。

この試合でも、後ろからこのエリアに飛び込んで基点を作っていました。

ここから上手くポケットのエリアに流れてゴールという形もあります。

しかし、こと「D」に関してアビスパは攻め手を持っていません。

この試合でもゴール前中央に向かったパスがお互いの認識が合わずにパスミスになるというケースがいくつかありました。

松田が中央でクロスを胸で落としたのに、ウェリントンが全然反応できない…。なんてシーンもありました。

こぼれ球を拾ってミドルという動きはあるんですが…。

おそらくですが、中央の攻撃は基本的に選手同士に任せであり、「決まり事がない」のでは?

という印象です。

ゴール前の攻めに「型」がある湘南と徳島

この中央攻撃に関していえば、かなり緻密に決まり事があるのが湘南ベルマーレだと思っています。

湘南は攻撃時に3人ワンセットの動きが徹底されているように見えるのですが。

例えば、こういった形。

前線の選手がDFラインに対して「斜め」に走りこみます。

ボールホルダーはその選手にパスを出すのですが、スルーパスを狙っているのではなく、逆からクロスする形で走りこむ選手へ落とすのが本命です。

この時の湘南の動きはかなり統率されていて、このケースが狙える形になるとほぼ同時にこの3人が動き出します。

おそらく、パスを落とすタイミングはかなり練習から徹底されているはずです。試合中ほぼノールックかつヒールで正確に落とすこともあるので即興でやっているとはとても思えません。

選手同士がどう動くかインプットされているから出来る動きだと見ています。

また、動きが設定されているからこそ、後ろの選手も思い切って上がっていけるのだと思います。

湘南の後ろからどんどん選手が出てきて攻め込んでくるスタイルはこうした「約束事」がしっかりと設定しているからこそ可能だと思います。こうした攻撃におけるオーガナイズはJ2では群を抜いて巧いと思います。

湘南とまでとは行かないかもしれませんが、徳島ヴォルティスもこの傾向に近い攻撃における「オーガナイゼーション」は行われていると思われます。

例えばですがアビスパ福岡のDFにあたって渡がシュートまで持ち込み、冨安が体を投げ出してシュートブロックしたシーン。

渡にボールが転がってくる直前の徳島の動きですが。

松田のスライディングをかわしてフリーになった杉本が前を向くと、23番前川がゴールに対して斜めに走り始めます。

その時、先に前線に上がっていた、11番島屋は動きを止めて、最終ライン上で待ちます。

走りだした前川にパスが出ると見るや、内側に走り始めます。

この時、山瀬がパスに触ったために渡にボールが転がりますが、島屋は明らかに前川が上がってくることを想定し、クロスする形で内側に入る動きを見せます。

湘南ほどの緻密さがあるようにはみえなかったですが、こうしたゴール前の「連動した動き」は随所に意識されていたように思われます。

選手感で共有されているある程度決まった「型」があるのではないかと。

こういった攻めを見ていると、アビスパの中央攻撃にはどうしても「行き当たりばったり感」を感じてしまいます。

選手が連動して動くというより、個々の判断で行われているプレーであり、予め準備されている「型」は少ないと思われます。

もちろん、攻め方にもチームのストロングポイントを活かした形があるので湘南、徳島の「型」をなんとしてでも真似すべきというつもりも無いのですが…。

とはいえ、徳島は馬渡のサイドアタックなど、有効なサイドの攻めも持っています。

その上で中央での攻撃における型を持っているチームと比較すると、アビスパ福岡の攻撃バリエーションの数において、差は大きいようなと改めて感じさせられました。

試合展開としては、おそらくアビスパ福岡の狙い通り

敗戦したとはいえ、この試合はある程度アビスパ福岡が想定したゲームプランで進んだように思います。

前半をリトリートして耐えて、後半一気に勝負を仕掛ける。

試合の流れもあったかもしれませんが、後半からアビスパ福岡の守備のテンションは前半と比べ、高くなりました。

前半ほど密集した形でボールを回せなくなっていた徳島相手に前から守備のフィルタがかかるようになっていたので、チャンス来るかなと思っていたんですが…。

60分にシャードー2枚を坂田、石津へ一気に変えたのも前半守備と攻撃に大車輪で動いたジウシーニョと松田を変えることで、一気にギアを入れて点を取りに行く狙いが合ったと思われます。

これはゲームプランとして予定されていた交代に思えました。

しかし、ゴール前のゴタゴタから失点。

完全に崩されたわけでもないので、非常にもったいないシーンだったんですが。

もっとシンプルにクリアできなかったかなと思うものの…。

不運というか、ボールのこぼれ方がアビスパ福岡にとってアンラッキーな面はあったかなと。

先制点を取れるといいのですが、こうして相手に先制されてしまうとアビスパ福岡は非常に弱い傾向はあると思います。

最近のサッカーの試合展開自体先制点を許してしまうと苦しくなる傾向にはあるとは思いますが。

金沢戦でも相手のフリーキックから先制されてしまうと、決定的な攻めが構築できないまま、相手のプレスにパスがかかってカウンターから2失点という形で敗戦しました。

攻撃面の改善(上積み)がなかなか見えてこない

井原監督の優れている点を挙げろと言われたら、個人的には課題に対して常に「対応策」を打ち出してくるところだと思っています。

すべてが上手く行くわけじゃないですが、前節の試合でダメだったことはある程度次節には「改善」を感じさせるものを用意してくる監督です。

J1でもほとんど上手く行きませんでしたが、試合ごとにやり方を考えてきました。

それは試合をレビューしていながら強く感じていた点です。

しかし、現状のアビスパの「攻め手の乏しさ」に関しては手を焼いている印象です。

これまで得点源だったウェリントンに対して、相手も対策していますし、徳島のヴァシリェビッチのように「当たり負けしないDF」がいると、なかなかこじ開けられません。

ウェリントン自身もここにきて調子を落としている時期かもしれません。

それに対して井原監督も、ポッピを試したり、ウェリントンを黒子にしてみたりと攻撃の形を模索しているようですが。

あと一歩「得点を取る確率」を上げていかないと厳しいかなと。

徳島ヴォルティス戦では、「カウンター狙い」なところもあるのかなと感じたんですが、決めきれませんでした。

相手が攻めてくれるうちに、先に先制点を取らないとなかなか勝ち切れない今のチーム状況を考えればカウンターという選択は自然な気もしますが。

ロングカウンターではなかなかゴールまで届きません…。

一方、サイドからのクロス、スルーパス、ドリブル突破と多様な攻撃で仕掛けた徳島に得点チャンスが生まれたのはある程度必然だったかなと思います。

攻撃において可能性があったのは徳島だったと思います。

かつてのイングランド代表を見ているような

最近のアビスパ福岡の試合を見ていると、ちょうど日韓ワールドカップ頃のイングランド代表を思い出します。

基本リアクションサッカーが主体で、前線には点を取らないポストプレーヤーのヘスキーとスピードと絶妙の飛び出しでカウンターを狙うマイケル・オーウェンが攻撃のメイン。

それ以外は、右からのベッカムの高精度クロスとセットプレーが主な攻撃スタイル。

中央にはスコールズと、スティーブン・ジェラードというビッグネームがいたんですが、あまり活用しきれていたようには思えず(日韓W杯のときジェラードは怪我で来日せず)。

格下の相手には個の力でなんとか押し切れるけど、相手が強くなってくると攻め手が構築できずに勝ち切れない。

先制点を取れれば良いが、リードを許してしまうと何もできなくなる。

というのは今のアビスパ福岡にどことなく似ている気もしています。

温故知新じゃないですが、当時イングランド代表がよく言われていたことは

  • 左サイドにワールドクラスの選手がいない

ということでした。

この点は当時マンチェスター・ユナイテッドで活躍したライアン・ギグスが「ウェールズ代表」を選択したことが長年惜しまれていました。

学生時代にイングランド代表としてプレーしたこともあるギグスがウェールズ代表じゃなく、イングランド代表になっていれば…。

というのは、大きな国際大会がある度にイングランドから聞こえてくる嘆き節だったわけですが。

この時のイングランド代表への指摘としてはやはり攻撃のバリエーションが少なすぎるといったものだったと記憶しています。

では、アビスパ福岡における「ライアン・ギグス」って誰なのか?

攻撃において新しい「型」を作れる選手がいるのか。

と、思い悩んでいたところに移籍のニュースがやってきました。

小柄で俊敏性が武器かつ、関東大学リーグで屈指のFWと言われた仲川がマリノスからレンタル移籍のニュースが飛び込んできました。

シーズン開幕から、ヒョヌンが去り、ダニルソンが去り、為田がレンタルで去り、邦本が去った状態で補強が有望株ながら若手DF1人って物足りないなと思っていましたが…。

ついに攻撃陣での補強がきました。

この小柄なFWに井原監督が何を期待しているのかまだ判りません。

とはいえ、ポッピ、坂田、松田、城後とFWの選手(場合によっては石津、ジウシーニョ)がいる中で更に小柄な俊敏性とテクニックのあるFWを取った意味というのは、それなりの理由があるはず…。

昨年町田ゼルビアで12試合に出場しているのですが、横浜FMでの出場数は少なく、どういったプレーをするのか情報が少なく正直把握できていませんが。

個人的には、三門以外にゴールエリアの近いところで「基点をつくれる」選手として迎え入れようとしているんじゃないかなと見ています。

これは、松田、ポッピ、坂田、城後からはあまり見えてこないプレーです。

期待するとしたらそこじゃないかなと…。

アビスパ福岡は「ボールを受けたい」選手が多く、「ボールを出す側」の選手が少ないと前に言った記憶があるのですが、仲川は「ボールを出す側」として呼ばれたんじゃないかなと…。

今の攻撃陣に変化をつけるとしたら、「ボールを出す側」の選手が圧倒的に足りていない気もします。

それとも、かつてのバルセロナの攻撃を担ったクライファートとサビオラのような2トップをウェリントンと組むのも面白そうと思ってしまいますが、さすがにちょっと現実味は無いかなと。

何かと期待は広がりますが、仲川の加入がアビスパ福岡にどういった変化を及ぼすのか非常に楽しみです。

そして、この混戦模様のJ2をアビスパ福岡がどう戦い抜くのか。

チームとして苦しい時期を迎えていますが、まだ先は長いです。

次のステップアップを期待して次節モンテディオ山形戦を待ちたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク