【アビスパ福岡を分析するブログ 】公式戦連敗脱出のアビスパ福岡に復調の兆しはあったのか?第23節ザスパクサツ群馬vsアビスパ福岡戦から読み解いてみる

スポンサーリンク

公式戦2連敗ということで

前節、ホームでツエーゲン金沢に敗戦。

その後、天皇杯でも筑波大学に敗戦(今季は天皇杯のレビューはなしです…。)というとことで、公式戦2連敗。

暑い時期に入ってきているというのもあるでしょうか。チームといて苦しい時期に入ってるのかなと思われるアビスパ福岡。

シーズン通してこういった時期はどうしても出てくるので、ここをどう乗り切るかというのも自動昇格目指す上では重要な時期だと思います。

注目としては、この数試合攻撃陣が機能していないので、ウェリントンとその他の誰か(できれば、松田やポッピあたり)にゴールがあるとこの後の試合展開もだいぶ変わって来ると考えています。

対戦相手は前半戦にて、1-3で敗戦してしまったザスパクサツ群馬。

アウェーになりますが、何故かアビスパ福岡は明らかにホームを苦手にしているので、アウェーで勝点3取って、後半戦の弾みにしたいところ。

1-3で勝利という事で、ひとまずは連敗ストップという事で一安心ですが…。

そんな第23節ザスパクサツ群馬vsアビスパ福岡を振り返ってみたいと思います。

アビスパ福岡のフォーメーション

この日のスタートもいつもの3-4-2-1(3-4-3)でスタートのアビスパ福岡。

ちょっと意外だったのは、實藤の不在

天皇杯の筑波戦でベンチ入りしてないようだったので、ザスパクサツ群馬戦は出てくるかなと思っていたのですが、この日もベンチ入りせず。

コンディション的なものなのか、なにかトラブルがあったのか。

ちょっと心配な点です。

代わりに3バックの左に堤を配置し、右に冨安を配置。

戦術的な理由で實藤を外したという可能性もあるのかなと考えてみましたが。

そうなると、最終ラインからのビルドアップに井原監督は不満があったのかな?と推測されますが、この辺は試合の中で見ていきたいかなと思います。

前線は松田、ウェリントン、ジウシーニョ。

前回のツエーゲン金沢戦で不発だったポッピ。ジウシーニョが再び先発ということは、前節は及第点には及ばすということでしょうか。

単純に高い位置でプレスしてくるツエーゲン金沢の裏を狙うための限定的な人選だったか。

どちらにせよ、アピールポイントはあまり無かったからですね…。

ジウシーニョが入って、前節と攻撃がどう変わって来るかというのも期待してみたいところではあります。

黒子?ウェリントンを基点からの攻め

アビスパ福岡の攻めの中心はウェリントンですが、ビルドアップの「基点」としての機能も重要な役割です。

ゴールキックのボールを競ったり、最終ラインからのフィードを落としたり。

この試合でも前線でウェリントンは前へ後ろへ走り回ります。

空中戦だけでなく、地上戦でも縦パスを受けるターゲットとしての役割があります。

個人的にはウェリントンは「点取屋」タイプの選手ではないと思っています。

微妙なところではあるのですが、イングランド代表で活躍したポストプレーヤー、エミール・ヘスキーのような雰囲気もあるなと思っています。

ヘスキーのプレースタイルについて憚らない言い方をすると「点を取らないポストプレーヤー」の代名詞のような方です。

マイケル・オーウェンとのコンビが個人的に印象的なんですが、「点取屋」とコンビを組んでポストプレーで活かす。そして守備をするといういわゆる黒子タイプ。

ウェリントンもややこの気質があるのかなと。

この日のザスパクサツ群馬戦は特に、黒子に徹していたようにも見えたので、余計そう感じたのかもしれません。

ウェリントンとしては、ポストプレーや守備をしつつ、点も取れるというのが理想で、トータルで活躍したいタイプだと思っています。

とはいっても、さすがにスーパーマンじゃないので。

ウェリントンが点を取るためには、周りが活躍してウェリントンへの「相手の圧力」を軽減してあげるとウェリントンももっと活きるだろうなと見ています。

湘南でのシーズン20得点というのがウェリントンのキャリアハイですが、この数値はウェリントンのキャリア上は異常値と言ってもよいくらい突出した数値です。

海外での戦績になりますが、それまでは、ほとんどシーズン1桁得点です(アビスパ福岡でも過去のシーズンは5点、7点)。

日本と、海外ではチーム事情も異なれば、ウェリントンへ求められる役割も変わって来るとは思いますが。

湘南時代得点を量産できたポイントは「岡田翔平」がシャドーストライカーとして得点を量産(14得点)していたことも大きいかなと思います。

まあ、その年の湘南は年間86得点と攻撃が爆発的にすさまじかったわけですが。

岡田は小柄ながらスピードのある選手で、裏への飛び出しが武器の選手でしたが。

って、その岡田は現在対戦相手のザスパクサツ群馬にいたりするんですけどね。群馬の1点は岡田でした。

当時の湘南の真似をする必要はないと思うのですが、ウェリントンの負担を減らす意味でも「シャドーストライカー」であるポッピや松田、ジウシーニョが得点を取り始めると湘南のような状況になるんじゃないかなと思ったり。

そんなことを思っていたら、ジウシーニョのミドルで先制

相手にボールが渡った瞬間、山瀬が相手を突っかけてボール奪取。

ショートカウンターの形に持ち込んだところから、ジウシーニョの華麗なミドルで先制。

山瀬が相手のビルドアップを高い位置で奪ったことが大きかった思います。

この日のアビスパの守備は試合開始直後から高めの設定。

前半先制してからも、このくらいの位置から積極的のプレスを行っていました。

前半はセンターサークルからだいぶ高い位置からのプレスを行っていましたが、これが先制点に結びつきました(15〜16分くらいにはボールをもたせるような気配もありましたが)。

ジウシーニョがショートカウンターの流れから、ココしか無い位置にミドルを蹴りこみました。

先制点はアビスパ福岡の勝率を一気に高める要因。幸先の良いスタートではあるんですが。

しかし、あえてここ数試合の拙攻を考えるともうちょっと詰めたいなと思う点も。

山瀬がボールを奪ってからなのですが。

守備で低い位置にいた松田と、相手にプレッシャーをかけに戻っていた三門はこの速攻に追いつくのはちょっと難しい状況でした

攻撃参加できたのはボールをダッシュして前を向いていた山瀬と前線に残っていたジウシーニョと、ウェリントン。

ジウシーニョはやや外に流れると見せつつ、内側に切れ込む。

山瀬は、ジウシーニョと被り気味に外に流れてDFを一瞬引きつけました。

ただ、ウェリントンは真っ直ぐ、それも軽く走っただけで、あまり効果的なポジションとも思えず。

このタイミングでジウシーニョの横にいて仮にパスを受けたとしてもあまり意味はないかなと。

ダッシュしてスペースに入って、パスを受けられる位置にポジショニングしてくれたらと思いつつも、この辺がウェリントンに頼りすぎてしまうことの限界なのかなとも。

このシーンはジウシーニョがこれ以上ないプレーでゴールを奪いましたが、ミドルのコースを抑えられていたらゴール出来ていたか…。

ショートカウンターの絶好のチャンスなので、もっとゴール前に入ってプレッシャーかけて欲しかったなと。

せっかくのゴールシーンですが、ちょっと気になったところではありました。

やっぱり中央攻撃を…

中央を突破する必要はないと思うのですが。

前半20分に差し掛かるシーン。

サイドでウェリントンが基点を作って、ジウシーニョ、駒野が絡んだサイドから攻撃ですが。

ここで、5バックになっていたザスパクサツ群馬の守備陣は特にアビスパが攻撃の圧力をかけているわけじゃないのですが、ズルズルラインを下げて行きます。

松田もジョグしているくらいで、サイドも守備を崩されているわけでもない。

それほど危機的な状況ではないのですが。ザスパクサツ群馬の守備陣は簡単にラインを下げていきます。

この辺が連敗を喫してしまっているところなのかなと感じた部分でもありますが、ザスパクサツのDF陣としてはそれだけアビスパ福岡のサイドアタックを警戒していたのかなと。

駒野、ジウシーニョからのクロスに対して、自分達のゴールに向かって守備はしたくない。

そんな意識があったため、クロスを警戒して必要以上にラインを下げてしまったのだと思われます。

その結果、中盤と距離ができて、中央ががら空きに。

このスペースで基点を作られて前を向かれると一気に最終ラインを崩すチャンスが出来たようにも思えたのですが…。

とはいえ、現状のアビスパ福岡はこのスペースが使えません。

サイドアタックが悪いわけじゃないんですけど、こちらのストロングポイントに対して相手が必要以上に警戒しているのなら、別の攻め手で揺さぶるというのは攻めとしては王道じゃないかなと。

昔の話ですが、マンチェスターユナイテッドがトレブルを達成したシーズンは両サイドにベッカムとライアン・ギグスというタイプの全く違う選手がいました。

クロスの代名詞、ベッカム。黒ヒョウと呼ばれたスピードある突破が持ち味のギグス。

ただ、このサイド攻撃に加えて、中央にはミドルシュートの天才ポール・スコールズがいました。

もちろん、ベッカムやギグスも中央で攻める事はありました。

何が言いたいかというと、サイド一辺倒じゃなかったよという事です。

現状のアビスパ福岡でいえば、石津が前を向いてこのスペースでボール扱えたらなと…。

前半終わりくらいに、サイドから山瀬へパスが回ってミドルなんてシーンもあったんですが。

中央で揺さぶれると、サイド攻撃がもうちょっと活きると思うんですが。

後半開始すぐ、コーナーキックから失点

攻撃のバリエーション(中央)がもっとあれば…。

そんな形を期待していた後半。アビスパ福岡はコーナーキックから失点してしまいます。

失点シーン、アビスパ福岡の守備は「ゾーン」。

コーナーキックでのゾーン守備のセオリー通り、ニアサイドに最も強い選手ウェリントンを配置。

その周囲も人を配置して、まずはニアを固めます。

そこから、冨安、岩下と高さで競れる選手を中央に配置。

ファーサイドはやや薄めです。

ザスパクサツ群馬もニアにカン・スイル。人数もニアに寄っていたんですが。

本命はファーのパク・ゴン。

ここで山瀬も堤も、パク・ゴンに気がついて寄せていましたが、それで勝てなかったことが結果的に失点に繋がりました。

山瀬はパク・ゴンに体を寄せてはいましたが、ジャンプしてれば結果は違ったかもしれません…。

堤ももうワンテンポ早く、対応したかったところですが。

アトレティコ・マドリードのコーナーキックでは、DFゴディンがこういう形で入ってきますが、ゴディン級にパク・ゴンが強かったですね。

最終的にゴールを決めた岡田がゴール前でフリーですが、まあゾーンだし…。

ただ、ファーで競ったあともうちょっと岡田を警戒していれば良かったかなとは思いますが…。

岡田の今シーズンの得点シーンを見てみましたが、15節の讃岐戦でもコーナーキックの混戦で上手くフリーでポジショニングしてゴール。

小柄なだけに、岡田なりの工夫だったように思います。狙っていた形だったかもしれません。

とはいえ、コーナーキックでヤラれるときはこんなもの。かもしれません…。

ちなみに、先発堤の出来というところでは、ビルドアップで堤の影響があったかというと…。

確かに一旦攻めてから、攻め直しで後ろに戻した時に堤がいるというのは、ボールを捌くという面で安心感あります。

また、冨安が前に行くという意味では、前に出がちな實藤のパーソナリティと比べるとバランスをとりやすいという傾向はあるように思えました。

アビスパがボールキープできる時間が長い試合と予測できたので、そのための堤だったのかもしれません。

ただ、失点の競り合いの場面を考えると、その辺は實藤かなと。

この試合を見る限りだと、上位陣との戦いはトラブルがない限り實藤がファーストチョイスかなという印象です…。

ロングスロー、ウェリントンの落としから勝ち越し

このまま相手の流れのまま押し込まれて、失点ないし、点が奪えない状況が続くとこの数試合と似た流れで厳しいなと感じていたのですが。

60分に坂田と2枚替えで投入された石津が、流れを変えました。

勝ち越しゴールのシーンは石津が上手くボールタッチで相手を外してゴール。

突っ込んでくる阿部巧を上手くかわしました。

阿部としてもかつてのチームメイト相手にやられるわけには行かないという思いもあったかもしれません。

しかし、勢い余って、ちょっと突っ込みすぎたかも。

セットプレーから得点が決まったのはなんだか久しぶりなきもしますが。

アビスパ福岡にとって、セットプレーが得点源の一つであることは確か。

これまでの自分たちの形で点を取れたというのは良かったかなと思います。

相手に傾きかけていた流れを断ち切れたので。

こういう時、頼りになる武器があるということを再認識できたように思います。

また、この日黒子に徹していたと思われるウェリントンが形を作れたというのも、もしかしたら収穫材料だったかもしれません。

ウェリントンがフィニッシャーじゃない攻撃パターンも必要と思われるので…。

とはいえ、それってシーズン比較的早い時期から想定していたような気もしますが。

この後のフリーを決めていればよかったんですが…。

石津はこのプレーの後決定的なシーンがあったんですが。

残念ながら、そのシーンは公式ハイライトには無いのですが…。

坂田が競ってこぼれたボールに、ウェリントンが拾って、パス。

完全にフリー持ち込めた状況で右ポストに当ててしまいました。

外した後、石津自身が信じられないとい顔をしていましたが、見ているこちらも同様に信じられなかったシーン。

ウェリントンがボール持って、相手ウェリントンに引き付けられたところだったので、決まっていれば「黒子ウェリントン」の形が結果としてよりはっきりした気も。

かつての湘南の岡田的存在はジウシーニョと石津?

また、この試合を見る限りだと、アビスパ福岡におけるウェリントンの裏の存在。「セカンドストライカー」はジウシーニョと石津なのかもしれません。

石津がどちらかと言うと、中央より。ジウシーニョはサイドよりにプレースポットがあるので、併用してもいいんじゃない?

と思わなくも無いのですが、守備のバランスなのか。はたまた別の問題があるのか。

同時期用というのは、あまりないです。

どちらかと言うと、ジウシーニョと石津で一人。というイメージの使い方なのかなと。

石津が先発しているときも、石津に代えてジウシーニョが多かったですし。

この2人で試合の局面で入れ替わりながら、形を作るのがベストというのが井原監督の判断なのかもしれません。

結局、試合はその後相手に退場者がでて完全にアビスパペースになった時点で得点差は1でしたが、勝負は決していたのかもしれませんが…。

とはいえ、もうちょっと点を取れた気もします。

最終的には、アビスパが圧倒的に押し込み始めたとろで、コーナーキックのこぼれ球を岩下が押し込んで3点目でダメ押しだったわけですが。

公式戦の連敗を止めることが最優先

この試合、個人的には「新しい得点パターン」を構築するということに関してどれくらい「可能性」を見せてくれるかな。

という点に期待していました。

そういった点ではこの試合のアビスパ福岡は、確かにウェリントンが黒子になることで、ウェリントン以外の選手のゴールを目指していたように思われました。

そういった意味では、石津のゴールなどはその結果だったのかなと。

ただ、ロングスローからウェリントンが落として、シュートというのは第3節山瀬のゴールでも見られた形です。

以前から選択肢としてはあった選択肢だったと思います。

ただ、それが、いつの間にかウェリントンのフィニッシュワークに頼り切ってしまったというのが、直近の反省なのか。

そういった面があると考えてみると、この試合の印象としては「もう一度、自分たちの出来ることを再確認して挑んだ」といった印象があります。

いわゆる「仕切り直し」の試合だったかなと。

新しい攻め手というよりは、公式戦で2連敗していただけに、もう一度自分たちのやり方を見直して、確実に勝点を取りに行った試合だったように思います。

もちろん、勝てたことは喜ばしいですし、ウェリントン以外で3点取ったことはそれはそれでよかったのだと思うのですが。

個人的には新しい一面を期待していたところもあるので、3得点といえどもどこか物足りない感が(贅沢…?)。

特に最初にあげた、中央を活かした攻めはもっと改良の余地があると思っています。

まだまだ、攻めに関しては良くなると思うのですが…。

確かにウェリントンがフィニッシュワークからやや離れたところは、この数試合のゲーム展開と違うところでもあったんですが。

大枠のゲームの運び方としては拙攻を続けた数試合と変わらない内容だったように思います。

最初に指摘したように、この試合に関してはサイドにボールを入れてしまえば相手がラインを下げてくれたので、アビスパ福岡は比較的攻めやすかったと思います。

逆にツエーゲン金沢戦のように相手がハイプレスで、サイドに展開する前からしっかりプレッシャーをかけてきた場合、今日のようなサイドアタックの数は減らされてしまうのが実情。

その場合、前からプレスしてくる分、相手の高いラインの裏へボールを入れる形が考えられますが。

それ、すなわちポッピなのですが。ツエーゲン金沢戦では上手くいかなかったですしね…。

この日もアビスパが最終ラインへボールを下げると、群馬のラインはこの時ばかりは前に出てくるのですが、裏を取るという動きはあまり出て来ませんでした。

坂田の投入で裏を狙うケースも出てくるかなと思いましたが、そこから追加点に退場者がでて、試合展開としてその形はなかったですね…。

相手の裏のスペースをとったり、縦に早く攻め込むという攻撃に関してもまだ伸びしろはあるのかなと思っています。

というか、この形においては頑張れポッピ。というのが切実な思いです。

セットプレーでなんとか相手を押し切ることができればよいですが、愛媛戦、岐阜戦のように相手に守られてしまったり。

金沢戦のように先制点を奪われ、相手のペースで試合を展開されたとき。アビスパ福岡としては苦しい展開を続けることになるのかなと。

そうならない為にも、「攻め手の成熟」というのはやはり、最重要課題なんじゃないかなと思います。

相手が前から来るなら、裏(背後)。

相手がサイドを警戒するなら、中央。

言うだけなら、「相手の逆を付け!」って話なんですが。もちろん、そう簡単にできるなら苦労はしないわ!って話ですね。

ここは井原監督のオーガナイゼーションに期待したい!

と、もっともらしい横文字を使って次節徳島ヴォルティス戦に期待したいと思います。

こちらも、前半戦で敗戦した相手かつ、現状4位と調子が良い。

しかし、ここで会ったが100年目。しっかり徳島ヴォルティスに借りを返して上位対決を制し、湘南を追走、そして追い越していきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク