【アビスパ福岡を分析するブログ 】ツエーゲン金沢戦は新しい攻めの試みだった?今必要なことは「ウェリントン以外」の攻め手を構築すること?第22節アビスパ福岡vsツエーゲン金沢戦

スポンサーリンク

完全に相手ペースに嵌められた敗戦?

ようやく、ツエーゲン金沢戦までレビューが追いついたわけですが。天皇杯では井原監督の母校筑波大学に敗戦…。

0-2で敗戦してしまったツエーゲン金沢戦に続いて公式戦2連敗となってしまいました。

暑い時期に入ってちょっとチームとして全体的にテンションが落ちてるかなと心配しつつ、ようやく先週の試合ツエーゲン金沢戦のレビューです。

ツエーゲン金沢戦を見ていて思い出したのは今季開幕の大分トリニータ戦での敗戦。

【開幕戦大分トリニータ戦レビュー】

【アビスパ福岡を分析するブログ 】勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。2017年J2開幕戦アビスパ福岡は「準備」段階ですでに負けていたのでは?
2017年シーズン開幕 2017年シーズンがついに開幕しました。 アビスパ福岡にとっては「1年でJ1復帰」というある意味、非常に...

大分トリニータ戦では去年までの「リトリート戦法」から一転、ボールを保持して攻め込んだのですが。

しかし、むしろカウンターを狙った相手の術中にハマった感もありました。

フリーキックから先制されるという展開も似ていたように思います。

また、その他これまでの試合を見てきた印象として、アビスパ福岡が「ボールポゼッションを高める」のは個人的にはあまりよい印象を持っていません。

ボールを持つと、案外失点してしまう印象があります。

また愛媛戦、岐阜戦でも「決めきれない」ことへの不安というのはありましたが、粘ってなんとか勝利につなげることができましたが、ツエーゲン金沢戦では先制点を奪われたことが全てを狂わされてしまったか…。

決定力不足」といってしまえばそれまでですが。

決定力の問題もあるとは思いますが、その前に相手を崩しきれない場面も多く攻めに関する「引き出しの少なさ」というのは課題なのかなと感じます。

奇しくもシーズン折り返しの初戦。

就任以来とにかく開幕戦に勝てない井原監督ですが、後半戦スタートの試合で開幕戦と同じような展開で敗戦するというのもこれまた、井原監督のジンクスなのか。

ただ、個人的には、井原監督は「攻めの形を変えようとした」試合だったとも見えなくもないかなと。

それって実は、開幕戦でも考えていたことだったりするのかなと。

もちろん、井原監督の真意は判りませんが…。

どのみち、アビスパサポーターにはストレスフルな展開となった第22節アビスパ福岡vsツエーゲン金沢戦を振り返ってみたいと思います。

アビスパ福岡のフォーメーション

この試合のスタートはおなじみの3-4-2-1(3-4-3)。

しかし、スターティングメンバーの常連となっていたジウシーニョに代わってこの日はポッピが先発。

ジウシーニョはターンオーバーでお休み?とも思ったんですが、後半出てきました。まあ、本当にお休みなのであればベンチにも入らないとは思いますが。

これまでのジウシーニョではなく、あえてポッピ先発というチョイスをしたのは攻撃の起爆剤としての役割を期待したのかな…。

ではその心は?というと、井原監督としては「縦への攻撃」を更に推し進めるものだったんじゃなかろうかと。

縦の攻めでポッピのスピードを活かして欲しいという狙いもあったのかなと。

引いた相手にボールを保持するのは苦手?

これまでのアビスパ福岡の攻撃の特徴は、ボールを奪ったらとにかく前にボールを運ぶことです。

アビスパ福岡のこれまで攻撃の特徴はボールを持ったらすぐに「前へ」運ぶことです。

もちろん最終ラインでボールを回してというケースもありますが、岩下から前線へフィードというケースも多い。

ビルドアップには気を使っていると思いますが、ボールを回して保持するという意識はあまり無い気がします。

中盤を飛ばしてむしろウェリントンに当ててしまったほうが攻撃として成り立つことも多いので。

それはそれで、その狙いはそんなに間違いではないように思います。それで攻撃の形が作れわけですから。

ビルドアップからウィングバックへ入れた場合も、ボールを戻す選択はあまりなく。

ボランチに預けてワンツーや、前線の選手にあずけてワンツーなど、手数をかけず前にボールを運びます。

ビルドアップする形もありますが、両サイドに開いたウィングバックの亀川、駒野へ入れて、前線の坂田、ジウシーニョとのパス交換、またはフォローに来た山瀬や3バックの一角とパスを交換。

少ないタッチでクロスまで持っていく。というのが主な攻撃です。

この特徴はFootball labさんのデータにも特徴として出ています。

ボールを動かすことを攻撃の核に置いている名古屋と比較してみると、こんな感じ。

【アビスパ福岡のパス方向】

【名古屋グランパスのパス方向】

左右へのパス意識というのは、名古屋に比べてあまり高くないのが判ります。

ただ「前方向」とはいえ、カウンターで一気にゴールという形を狙っているかというとそうでもない。

どちらかといえば、サイドに展開しつつ、中央に早いタイミングで放り込むというのが狙いのように思います。

カウンターの形については、愛媛戦でも触れております。

【アビスパ福岡を分析するブログ 】今更だけど第20節愛媛FCvsアビスパ福岡戦を振り返り。試合から見える井原監督の充実度?
アビスパ福岡、祝前半戦首位ターン この記事を書いているタイミングで、すでに岐阜戦まで完了しております。 ちょっと、仕事が立て込ん...

ジウシーニョになくてポッピにあるものと言ったらやはりスピード。

カウンターないし、中央への切り込みを期待されているのかなというのが始めの印象でした。

0-5で勝利した前半戦のツエーゲン金沢戦でみせたポッピが中央に切り込んで、石津に落とす。

といった動きなどが出てくると、アビスパの攻撃の確度は上がってくると思うのですが。

確かに試合を見る限り、「縦」への狙いは感じました。

前半始まってすぐ、駒野がワンタッチでポッピへ縦に早いパスを入れるシーンがありました。

ポッピを投入したことの狙いはこういった形だったんじゃないかなと。

最終ラインからボールを出した實藤がインナーラップしながら、駒野のパスコースを作りつつ、駒野は前線で動き出していたポッピへワンタッチで縦パス。

この形を強く意識していたように思います。

また、このシーンは金沢の守備もわかりやすいのですが。

3バックの最終ラインがアビスパの前線3枚に対してほぼワンツーマンに近い形で密着しつつ、さらにボランチが下がってウェリントンへのパスをケアするという徹底ぶり。

5−0で敗戦した試合のボール際で競ることが出来なかった金沢とは全く別のチームになっていました。

結果的にアビスパはこの徹底した守備に手を焼くこととなります。

また、ウェリントンをこうも徹底的にマークしても他のプレーヤーでゴールを奪えないというのは厳しい…。

愛媛戦、岐阜戦とウェリントンで点が取れないとなかなかゴールの形が見えない状況は井原監督もなんとかしたいと思っていると思います。

そこから考えだされたのが、ポッピの先発だったと思うのですが。

ただ、結果に結びつきませんでした。

ポッピとしてもチャンスだったと思うんですが。

裏をとれるわけでもなく、相手の守備を崩すこともなく。

確かに縦に突っかけてコーナー取るというメリットはあったように思いますが、それってポッピじゃなくても出来るのでは…。

という印象です。

今回のツエーゲン金沢に限らず、この数試合のウェリントンへのマークというのはより厳しくなっている印象ですが、アビスパ福岡としてはウェリントンじゃないフィニッシュの形がみえないと今後の試合も厳しい展開が多くなるような気もします。

サイドから形は作ることができるのだけど

ウェリントン主体の攻めである以上必然なのかもしれませんが、アビスパの基本攻撃はサイドからのクロスです。

ただ、前半はこの攻撃もツエーゲン金沢に対策されていた感はあります。

サイドでアビスパが基点を作ろうとした場面。

ちなみにですが、松田がロングボールに対して相手に競り勝っていたのはちょっと意外でした。

これは冨安のフィードを松田が競って、落とすシーン(落として自分で拾ってました)。まるでウェリントンみたいなプレーでしたが。

ポッピも裏ばかりではなく、頭で競るシーンもありましたが、それなりに競ることができます。

坂田、ジウシーニョだとこの辺はグラウンダーのパスでないと期待できないのですが。

ウェリントン程ではないにしろ、前線でロングボールを3枚の選手がある程度競ることができるのは、松田、ポッピを起用する上での強みかもしれません。

サイドの基点の話に戻りますが。

アビスパがサイドアタックを仕掛ける場合、先ほど實藤の上がりについて少し触れましたが、3バックの一角が積極的に上がってくるのがひとつの特徴です。

人数をかけることで、攻撃に厚みを出しているのですが。

この試合ではツエーゲン金沢の守備陣がサイドに5枚つけてくるシーンも。

ここではアビスパが亀川、松田、三門、ポッピが近い位置でプレーするのですが(ポッピが中央、ウェリントンが外という形がこの試合では多かったように思います)。

これに対してツエーゲン金沢は5人、もしくはもう1人突っ込んできて6人で対応してきます。

ツエーゲン金沢としてはこのサイド攻撃の起点を潰すことを狙っていたように思います。アビスパの攻撃、とくに石津がいない場合はこの位置で基点を作ることが攻めのベースになります。

そこでボールを奪ってしまえば、アビスパの攻撃を封じることができると言う目論見だったのではないかと。

前半はその狙いがハマっていたと思います。

さらに、3バックの一角が上がってきているので、後ろにスペースをカウンターで突いて攻撃しようという狙いもワンセット。

上記写真の状況からボールを奪われてしまうのですが、そこからスピードのあるツエーゲン金沢の宮崎に冨安の裏を付かれてしまいます。

前半アビスパの攻撃がいまいち良い形を取れなかった要因の1つかと思われます。

サイドに限らずですが、ツエーゲンはハイプレスも仕掛けつつ、ゴール前の守備に出常時8人が戻ってくるツエーゲン金沢の運動量はかなりのものがあったと思います。

大分トリニータ戦では4バックだったのでその違いもありますが、その試合ではサイドバックの裏を取られるとこが多かったんですが。

そこから試合を重ねるうちに4バックでも3バックでもこの位置を付かれることはだいぶ少なくなっていたように思うのですが。

アビスパのスペースを確実に狙ってくるのを見ると、ツエーゲン金沢はアビスパ福岡を研究してきたように思います。

アビスパ福岡としては、守備時に相手がサイドに寄せるのであれば、「中央」の攻撃で形が作れたら強いのですが…。

石津抜きでは中央攻撃がなかなか構築できないのがアビスパの弱点といえば弱点です。

この守備に手を焼いているうちに、ツエーゲン金沢のフリーキックが決まってしうわけで。

アビスパとしては完全に相手の思惑にハマってしまった感じでしょうか。

ツエーゲン金沢としては勝利する上では先制点は是が非でも欲しかったはず。これ以上ない理想の展開だと思います。

アビスパ福岡としては、中央への攻撃がまったくないわけじゃないのですが。

例えば、前半8分くらいに山瀬がポッピを基点に中央にカットインするんですが、山瀬単独ではキツイかなと。

ポッピとワンツーで入り込んだのですが、完全に読まれており、DF2人に付かれてしまっています。

もう一人ゴール前に入り込んでいたら、また違ったのですが…。三門も後ろから走ってきていますが、さすがにボランチの位置にいる山瀬、三門の二人の走り込みに期待するのもどうかと。

この時松田は後ろで見ていましたが、ゴール前に山瀬が入るタイミングで一緒に走り出せていたら、DFも迷ったのかなとも思うのですが…。

難しかったでしょうか…。

前線に3枚攻撃の選手がいるのであれば、この3人が中央で絡む形もあって良いのかなと。

後半石津投入で、攻撃を活性化

ツエーゲン金沢がきっちりアビスパの攻撃を封じていたので、井原監督も同じ課題を感じたのかは判りませんが危機感は間違いなく感じていたのでしょう。

實藤を下げ、後半頭から石津を投入してきます。

實藤と代わっての投入なので、ここからアビスパは4バックへと切り替わります。

石津が中央で基点をつくれるので、ここからアビスパの攻撃はサイドだけでなく、「中央」という選択肢が増えます。

後半アビスパが押し込めたのは、サイド一辺倒ではなく中央でも基点をつくれるようになったためツエーゲン金沢としてもサイドで単純に人数をかけられるということがなくなりました。

もちろん、がっちりゴール前を固めてくる相手を崩すことはクリアできなかったのですが。ここで点が取り切れなかったのが、最大の敗因でした。

惜しいところまでは行くんですが、やはり相手を崩しきれていないことが、ゴールを割り切れなかった原因かなと思います。

「どフリー」という状況を何度もつくることは難しいかもしれませんが、もう少しDFを振りきらないとなかなか点にならないのかなと。

相手の守備陣を崩したという意味では、後半の52分。

岩下の長めの縦パスに石津が飛び出して、フリーになった場面。

ウェリントンが中央で下がりつつ、石津と松田が裏へ飛び出して完全に金沢の守備の逆をついたシーン。

石津のクロスにポッピが触れていれば、ほぼ1点でした。ポッピが決めきれず、流れたあとの三門のダイレクトボレーも惜しかったといえば、惜しかったんですが…。

攻めはしていたんですが、相手の逆を突いて振り切ったシーンは思いの外少なかったように思います。

中央でボールを持っても怖くない?

そのことを象徴しているようなシーンではあるのですが。

石津からポッピへのクロスであわやゴールという展開のすぐ直後。

ウェリントンが中央でボールを持ったシーンがありました。

ゴール前のパス回しで相手に当たったボールがウェリントンの足元に飛んできたのですが。

一瞬、石津を見ただけでこの距離でもうウェリントンには「シュート」しか選択肢はなかったようでボールしか見ていませんでした。

右サイドを三門が駆け上がっていたのですが…。

さすがに背を向けている亀川の上がりには気がつけないにしても、三門は見てて欲しかったなーというのはあります。

ウェリントンにそこまで求めるのも酷なのかもしれませんが…。

むしろ迷って奪われるより、ミドルを打つだけまだ良いのかもしれません。

ただ、いまのアビスパ福岡の場合、「ゴールエリア手前だし、ミドルシュート」というやや短絡的な判断におちいっていることも多い気もします。

もうすこし相手を崩すためにチャレンジする余地があると思うんですけど、いまいちアイディアが共有されていないというか。

人の動きをボールホルダーが予測できていないというか、タイミングが合っていないというか。

ここで、「違い」を出せるのは石津なのですが、石津もシュートありきなことが多いんですよね…。

この辺はやっぱり課題だよなと感じます。ゴール前のチャンスであと一手「アイディア」を入れられるとゴール見えてくると思うんですけどね…。

まあ、崩す崩さない関係なくウェリントンが高さで制してくれたらいいんですけど。

この数試合、ウェリントンは徹底さらに対策されてきているように思われるので…。

ツエーゲン金沢のフリーキック対策

そのウェリントン対策のひとつでもあるんですが。

この日のツエーゲン金沢はアビスパのフリーキックに対して「とにかく人数」で対策してきます。

このシーンはDAZNの解説にて中払さんも指摘していましたが。

ゴール前近いところなのでセオリーでは2枚で対応する壁を、1枚で対応してきます。

その分、ゴール前に人数をかけてきます。

さらにそのなかでもニアサイドに上背のあるFW佐藤をフリーで配置。他の選手はマンツーマンで守備。

このニアの佐藤はファーにボールが飛ばない限りとにかくどんなボールにでも競ってきます。

その結果、基本マンツーマンで対応する守備と合わせて、ウェリントンが飛ぶと結果「2人」競ってきます。

ツエーゲン金沢としては人数かけてウェリントンをとにかく自由にさせないという意識が強かったと思います。

これに関しては、アビスパも途中からセットプレーのターゲットを冨安に代えて対応するシーンもあったんですが。

多少偏りを作ってでも良いからウェリントンを徹底的に抑えるという割り切りが功を奏した作戦だったのかなと。

自分たちでボールを持つリスク

結果的に攻撃を封じられてしまったアビスパ福岡。後半の時間が過ぎるにつれ、どんどんまえがかりになっていくのですが。

その結果、2失点目をくらってしまいます。

1失点目は誰か触ってくれというクロスがゴールに流れ込んでしまいました。

むしろ相手が触ってくれたほうが実は入らなかったんじゃないかという…。

2失点目は前がかりになったところに岩下の縦パスをカットされからのカウンターで失点。

動画では、岩下のパスがカットされるシーンは出てきませんが、その後の守備も足が止まってたように見えます。

とはいえ、これは点を取りに攻め込もうとしての結果なので、ある意味仕方ない面もあるのかもしれません…。

ただ、アビスパ福岡はこうして自分たちでボールを保持すると弱い印象を個人的には感じています。

どうもボールを持ち始めると、失点する気がしていたのですが…。

こちら、またFootball Labさんの数字からですが。

気になったので調べてみると、どうやら数字的にもそういう傾向はあるのかなと。

今季アビスパ福岡は18失点しているわけですが。

そのうち自分たちがボールを保持している時間帯に失点する傾向があるのかなーと。

調べた基準は

・ボールを保持している時間(ポゼッション50%以上)。
・ボールを保持していない時間(ポゼッション49%以下)。

というくくりで調べています。ちょっと括りがざっくりではあるんですが。

こういった感じになります。

個人的な印象はそう間違っていない…。のかもしれません。ボールを保持しようとするとカウンターを受けやすい傾向にある印象があります。

この日、ツエーゲン金沢はかなり前から守備を仕掛けてきました。アビスパはこの高い位置からのプレスにパスがかかることもしばしば。

ショートカウンターで危ういシーンは幾度かありました。兼田のファインセーブもあったんですが…。

自分たちがボールを持つことで、相手の狙いをかわしていくというより、逆に相手の狙いにハマったかなと。

ここもツエーゲン金沢の思惑にハマってしまった一面だったかなと。

この形で似ているのは今シーズンで言うとロアッソ熊本戦、レノファ山口戦でしょうか。

【第2節レノファ山口戦】

【アビスパ福岡を分析するブログ 】初勝利は喜ばしいが、なぜ前半と後半で全く違うチームになるのか。レノファ山口戦からその原因を考えてみる
とりあえず、アビスパ福岡、今季初勝利ということでひと安心 アウェーでのレノファ山口戦に1-2で勝利。 開幕戦の負け方が良くなかっ...

【第4節ロアッソ熊本戦】

【アビスパ福岡を分析するブログ 】ポゼッション率最下位のアビスパ福岡はポゼッションサッカーを考えているのか?「ダニルソンの穴」問題と合わせて考えてみる。
「ダニルソンの穴」問題 そういえばマルコヴィッチの穴って映画があったなーと。 そう思って調べたら1999年の映画でした。 ...

上記2試合はなんとか勝利したものの、ハイプレスしてくる相手に押し込まれがちなアビスパ福岡。

ただ、上記の2試合に比べると、相手のハイプレスをパスでかわして前を向いて攻めるということはできていました。

ビルドアップの面は開幕当初から比較すると段違いに良くなっていると言っていいかもしれません。

とはいえ、後半のウェリントンのヘディングはファインセーブされ、城後のヘディングがGK正面と、とにかく「アビスパ福岡の日じゃなかった」という感もあります。

一言でいえば、不運。

そう言っても良い展開だったようにも思います。

ただ、運に左右される確率を下げていくことも安定して勝つためには必要かと。

そういった意味では「相手を崩しきる攻め」が必要になる。

ポッピにその役割を期待したようにもみえましたが、この試合では結果に結びつきませんでした。

この数試合再三ご紹介していますが、「ポイント・D・ポケット」のエリアでいう「Dのエリア」。

この蓋をこじ開けることができれば、間違いなく中央からの攻めとサイドからの攻撃もさらに確率が上がってくるはずです。

相手を崩すためには、揺さぶるしかないので。

それができれば「ケチャップは出てくる」と思うのですが。

ポッピ先発は少なくとも「攻撃バリエーションを増やす」意図があったんじゃないかなと思っています。

この試合では結果に結びつきませんでしたが、個人的にはこの形は継続しても良いんじゃないかなと思っています。

なにはともあれ、ウェリントンを徹底対策されてしまうと攻撃の決め手が他にないままでは、今後勝ち続けることも難しくなるでしょうから。

次節はザスパクサツ群馬戦、前回対戦で敗戦している相手です。

勝利ももちろんですが、新しい攻めの形が見れることを期待したいなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク