【アビスパ福岡を分析するブログ 】スコアレスドローで終えたジェフユナイテッド市原・千葉戦から次節ウェリントン不在の名古屋戦の戦い方を考えてみる。

スポンサーリンク

スコアレスドローも基本的にチームは徐々に出来上がってきているはず。あとは「イレギュラー」をどう乗り越えるか…

アウェーでのジェフユナイテッド市原・千葉戦。

ジェフは今季ホームで負けなしということで、アビスパ福岡が初黒星をつけてやる!と息巻いた方も多かったと思うのですが…。

残念ながら、勝利ならず。結果はスコアレスドロー。

次の名古屋戦へ弾みをつける上でも「ジンクス」を打ち破って勝ちたかったところですが。

とはいえ、今日の試合展開を考えると、アウェーで勝点1を取れたのは最低限といっても良いかもしれません。

とはいえ、アビスパ福岡はチームとしてだいぶ形になってきたなという実感はありますが…。

ウェリントンが累積警告で次節出場停止。

上位同士の対戦となる19節の名古屋グランパス戦は欠場です。

攻守に渡って大黒柱であるウェリントンを欠くことは非常に痛いわけですが…。

シーズンに少なくとも1回か2回は訪れるであろう「ウェリントン不在」をどうするか。

チームは徐々に形になっていますが、こうした「イレギュラー」な事態をどう乗り越えるのか。

次節の名古屋戦を意識しつつ、第18節ジェフユナイテッド市原・千葉 vs アビスパ福岡を振り返ってみたいと思います。

柔軟性を見せたアビスパ福岡のフォーメーション

この日のスタートは、最近定番となっていた3-4-2-1(3-4-3)。

ジウシーニョが累積警告で不在のため、右にはポッピが入りました。

また、杉山は前節の負傷の影響でしょうか。杉山に代わり、兼田が先発。

試合を重ねるごとに安定感を増していた杉山だけに、欠場は残念。

逆に兼田にとっては、アピールのチャンスではあったのですが…。試合終了間際のクロスの対応がもったいなかった。

失点しなかったのは不幸中の幸いでしたが。亀川との「被り」をもっと判断良く対応(そもそも回避)できていれば及第点だったと思うのですが…。

あと、キックの精度を欠くところもあり…。兼田としても反省する点は多かったと思われます。

ジェフの超前がかり戦術とアビスパのフォーメーションがアンマッチ?

この日のアビスパはジェフの出方を伺っていたのか、試合中にフォーメーションを変更しました。

ジェフは攻めるにしても、守るにしても最終ラインを高く設定し、「前から」勝負を仕掛けてくるチーム。

ハイライン・ハイプレスのチームです。

フォーメーションとしては、DAZNでは4-1-4-1と事前に予想されていましたが。

清武や、山本のポジショニングをみていると、4-3-3の方が近いのかなと。

前線の指宿、船山、清武はもちろん、インサイドハーフの町田、高橋もすきあらば高い位置で最終ラインの間に入ってきます。

このジェフの戦術とフォーメーションに対して、序盤のアビスパ福岡はアンマッチを起こしてしまったようです。

アビスパの最終ラインがほぼ5バック状態で相手を待ち構えていたのですが、その前のセンターハーフの位置が2枚に。

ブロックを引いた守備では、いつも5-4-1ですが、この日の守備時はポッピと坂田がやや高め?

5-2-3の陣形だったでしょうか。

もしかしたら、ある程度前方でパスコースをフィルタリングする狙いがあったのでしょうか。

高い位置からプレスしている様子はなかったですが、結果としてこの形では中盤を自由にされてしまいました。

相手のインサイドハーフとワンボランチの佐藤のジェフの3枚、特にインサイドハーフの位置で数的優位かつ、基点を作られてしまいました。

前線から中盤にかけてパスコースにフィルタリングが上手くかからないので、簡単に前線に縦パスを入れられてしまう事態に。

さらにサイドバックまで上がってくると、中盤での優位性はほとんどなくなってしまいました。

この結果、試合の立ち上がりからジェフに良い形を作られる流れに。

井原監督のフォーメーション変更は「予定通り」?

井原監督は事前にジェフの出方を伺いつつ戦う方針だったのかもしれません。前半20分ぐらいに3バックから4バックへ切り替え。

冨安をボランチに配置し、山瀬を右サイドへ。センターバックを實藤と岩下、サイドバックを右駒野、左亀川の形に変更しました。

一方、今季からジェフの指揮をとるのはフアン・エスナイデル。

サッカーのスタイルには非常に強いこだわりかつ特徴のある監督のようですが、過去の試合を見ても4バックと、3バックを使い分けてきます。

先発するメンバーもポジションも入れ替えてくるなど「変化」をつけてくる監督です。

実際過去のフォーメーション、先発メンバーを見てみても、様々なケースを試しています。

井原監督はこうしたジェフの多様な形に対応するために、予め3バックと4バックの切り替えは事前に準備していたのかもしれません。

そして押し込まれているとみるや、アビスパ福岡は3バックから4バックへ切り替えました。

ジェフの11番船山と、8番清武はポジションが逆だったかも…。

この結果、中盤の厚みが増して、ジェフに自由にさせることはなくなりました。

この辺はDAZNの解説の戸田さんもご指摘されていました(関係ないですが、現役時代の気持ちを全面に出して戦うスタイルや、日韓ワールドカップの赤モヒカン時代からは想像できない知的な解説好きです)。

中盤の人数を増やしたため、サイドの上がりに山瀬が対応出来るようになると、駒野が開いたインサイドハーフへ迷いなくつける(またその逆も)。

センターハーフも、相手のボランチ、インサイドハーフにプレスが出来る。

センターバックもインサイドハーフの侵入に振り回されず指宿を見れる。

と、守備のやり方が整理されたように個人的には見えました。

守備が整備されると、徐々にアビスパ福岡も盛り返したのですが…。

アビスパ福岡の攻撃の狙いは「裏のスペース」&クロス

アビスパ福岡の狙いは高いラインをとってくるジェフDF陣の裏のスペース。

前半からポッピや坂田がそのスペースを狙っていました。

2列目以降からは山瀬が積極的に狙うシーンもありましたが、ゴールには繋がりませんでした。

試合中にジェフもキム・ボムヨンが投入された当たりから、フォーメーションを3バックに変更したようでしたが。

それでもアビスパ福岡は一貫して「裏狙い」でした。

試合開始直後のプレーですが。

亀川が自陣からクリア気味のロングボールを蹴ります。

こうしたケースで多いのは前線で構えているウェリントンがターゲットになる形ですが。

ボールは相手のDFラインを越えて、ポッピが走り込んでいきました。

アビスパの狙いは終始この形だったとは思うんですが…。

実際、山瀬が抜けて決定的なシーンを迎えそうにもなったんですが。

とはいえ、ハイライトを見ても判るようにアビスパ福岡の決定機は「サイドアタック」が多い。

三門が決定的なシュート2本どちらか決めていれば…。と、思わなくもないですが。

決定的なシーンはジェフも多かったので、この日の試合展開としては、両チーム「シュート一本決まっていれば…」というのは同じ気持ちかもしれません。

ジェフからすれば、ゴールライン上の際どい判定もありましたし…。

ボールの「引き出し役」だったウェリントン

カウンターにしても、ゴールキックや自陣からのフリーキックなど。

確実に収めて、パスを捌いてしまうウェリントン。

この日は、カウンター気味の時はサイドで構えていました。

自陣からのロングフィードの場合は中央で。

頭で勝つのはもちろんですが、相手を背負った状況でも「胸」でボールを落としてしまうウェリントン。

高い確率で味方に落としてくれます。

ゴールキックから一発で前を向いて、ポッピや坂田へ縦のボールが供給されるというパターンは最近のアビスパ福岡でよく見る形ですが、その最初の一手を担っているのが、ウェリントン。

上記の画像は兼田からのフィードでウェリントンが競ろうとしている状況ですがこれは、グラウンダーのパスでも同じような展開をします。

ウェリントンに当てて、山瀬、三門が前を向いてボールを受ける。

そこからサイドのスペースに入ったポッピ(ジウシーニョ)、坂田にボールが供給。

サイドを抜ければ、そのまま山瀬、三門もゴール前に侵入。さらに後ろで構えていた亀川、駒野が駆け上がってくるといった形です。

サイド攻撃の基点がウェリントンというのは結構多いように思います。

仮にボールをウェリントンで収められなかったり山瀬、三門のところで潰されることがあっても、5バックで壁をつくって対応。

主にサイドバックの駒野、亀川がファーストディフェンダーとして飛び出して対応。

そこへボランチ、もしくはウェリントンがボールホルダーを挟み込んで再度ボールを奪う。

というのが、アビスパ福岡が思い描いている攻守の一連の流れなのでは?と見ています。

しかし、次節名古屋戦でウェリントンは累積警告で出場停止です。

フィニッシャーとしても非常に頼りになるウェリントンなのですが。

石津がスタメンから外れてから特に「ビルドアップ」面でも非常に大きな貢献をしていたウェリントン。

ウェリントン不在となるとアビスパ福岡は攻撃方法そのものを失いかねないのですが…。

ちなみにですが、ウェリントンへの警告は確かに一回のプレーだけで見れば、厳しい面もあるのかなと思うんですが。

相手が抜ければ独走状態ということなら、イエロー確実だったとは思うのですが。亀川が前方を守っていたので…。

ただ、ウェリントンはこのプレーのちょっと前、ジェフのゴール前で相手の肩を後ろから抑えて倒しています(もちろんファール)。

で、イエローをもらったシーンでも一瞬相手の肩(腕?)に手をかけてます。

後ろから相手の肩に手をかけるのは、厳しくみられる傾向にありますが、前のプレーと合わせ技一本だったのかなとも。

【2017シーズンの競技規則スタンダード】

ここでも腕の不正利用というのは指摘されているので…。

前のプレーで注意を受けていたかは判らないのですが。

単独のプレーだけでなく、その他のプレーで審判からよく見られないプレーをしていた可能性もあるのかなと。

亀川も戻っていたので、無理に負わずに内側のコースを切るだでも良かったんじゃないかなと…。悔やまれます。

ウェリントン不在でどうするか

さて、ウェリントン不在という事態は今季初。

どう攻撃を組み立てるかが問題になってくるのですが。それを考える上でまず、相手となる名古屋の状況を見てみます。

今季、2012年途中から2016年までのおよそ5シーズン川崎フロンターレを率いていた風間監督を招聘。

ちなみにですが、アビスパ福岡GKの杉山、DFの實藤は2012年〜14年まで。山瀬は2012年だけですが川崎フロンターレで風間監督の元プレーしています。

アビスパに福岡にも縁のある選手が多い風間監督ですが、「理論派」として名高い監督です。

個人的には非常に攻撃的なサッカーを標榜する監督だと見ています。また、独自の論理でチームをまとめ上げてくる印象です。

正直、サッカーの監督としてかなりファンだったりするのですが。

書籍やインタビューなどをみると、

どうしたら主導権を握り、自分たちが最も勝てる方法を選択できるか

ということを追求している監督です。

そういうこともあってか、名古屋はシーズン始めからフォーメーションや先発メンバーををちょこちょこ変えてくるチームです。

3バックもあれば、4バックもあり。この数試合は4バックが続いているようですが、どれも「勝つために最もベストな方法」を追求した結果なのかもしれません。

ただ、それがまだ名古屋で浸透しているかというと、まだまだのようです。

名古屋で果たして風間イズムが浸透するかというのは名古屋ファンだけでなく、サッカーファンとして見どころかもしれません。

とりあえず、風間政権一年目の名古屋の戦いぶりはまだ安定しているとはいえなさそうです。

今節でいうと、東京ヴェルディに逆転負けを喫しているわけですが…。

実際2012年のフロンターレでは前半3得点しながら後半4失点して敗戦するという試合があったりと、シーズン51得点、50失点。

翌年の13年も65得点(リーグ2位)の得点を奪いながら、失点51。と、事例としては過去のフロンターレしかないのですが、風間監督のチーム初期の特徴は得点することに長けるものの、失点も多い?傾向にあるようです。

時折大量失点してしまうのも今季の名古屋と似ているといえば似ているかも。

今季名古屋の得点31点(18節終了時点)はもちろんJ2で1位です。しかし、失点25点は岐阜と並んで6番目に多い数字です。

この得点も多いが、失点も多いという点が「攻撃的」と見える一因かもしれません

東京ヴェルディ戦のハイライトを見る限り、攻撃面に関しては非常に多彩。東京ヴェルディよりよい形でゲームを進めていたよに思われます。

シモヴィッチの高さも怖いですが、その周りでボールを受ける杉森がこの日は非常に良い動きをしていたようです。

攻めの形としては、

シンプルにシモヴィッチに放り込む。

シモヴィッチのポスト。

シモヴィッチと見せかけてスルー。

サイドからのドリブル突破。

ゴール中央へのスルーパス。

などなど、今季9得点をあげているシモヴィッチを中心に様々な攻撃を仕掛けてくると思われます。

シモヴィッチ自身も高さだけでなく、足元でボール受けて振り向きざまのシュートは得意そうです。足元に入っても怖いタイプです。

また、名古屋の先発メンバーはその試合毎に入れ替わってきます。

佐藤、玉田といった実績のあるベテラン勢。

途中出場が多いながら今季4得点を上げているフェリペ ガルシア。

今季5得点をあげているスピードのある永井。

永井は以前、大分にC大阪からレンタルで所属している時にアビスパと対戦しています。

【2015年J2第7節大分トリニータ戦】

アビスパ福岡を分析するブログ 【第7節】アビスパ福岡 勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし?
第7節 今季 2 度目のバトルオブ九州 大分トリニータ戦 前回のバトルオブ九州では熊本相手に勝利したアビスパ福岡。 今回は、アウ...

この時も濱田が永井のスピードに手を焼いていたのをよく覚えています。

豊富な選手層から、多様な形をチョイスできる名古屋の攻撃陣の充実度はアビスパ以上でしょう。

ただ、弱点はどうしても失点してしまう守備。といったところでしょうか。

結局、ヴェルディにも2得点され逆転されてしますからね…。

風間監督曰く、「サッカーは攻撃と、守備を分けられない。攻守一体のもの」ということなのですが、現状名古屋というチームを外野から見ている限り守備が上手く行ってない分、「攻撃に重きのあるチーム」に見えてしまいます。

守備に弱点があるとしても…。とはいえ、この攻撃力は脅威です。

もともとブロックを作って守ることがベースにあるアビスパとしては、攻撃することで主導権を握ろうとする名古屋の攻撃陣に対して「受け」に回ることが多くなると思われます。

展開としては、東京ヴェルディと同じような形をアビスパ福岡が狙う形になりそうです。

その場合、攻めてのポイントとなるのはカウンター、特に東京ヴェルディも狙っていた裏をいかに攻略するかが鍵になってくるとは思うのですが。

過去名古屋のゲームを見てみると。

ツエーゲン金沢戦ではミスで自滅した感も強いのですが、決勝点となった3点目は簡単に裏を取られて失点しています。

大分戦でも、2点目は完全にラインの裏をとられて失点。

東京ヴェルディにしても、2失点目は裏を取られて失点しています。

攻撃的に出ようとするあまり、守備への切り替えがスムーズにできないのか、攻守の切り替えに問題を抱えているようにも見えます。

また、クロスボールに対してあっさり失点するケースも。

レノファ山口に0-2で敗戦した試合。

レノファ山口の1失点目は、サイドバックのオーバーラップからのクロスにあっさり失点。

こちらもう一例はまた東京ヴェルディ戦ですが、1点目はクロスから。DFとGKの上を越えてノーマークでヘディングされてしまいます。

大分戦ではクロスに対してマークが追いつかず後ろから引っ掛けて、PKを献上しています。

クロスに対して、相手を見失うパターンが多いのかもしれません。

また、レノファ山口戦、ツエーゲン金沢戦、大分トリニータ戦の共通項として「ハイプレス」に引っかかって苦戦するという傾向もあるようです。

以上の傾向から考えられる名古屋対策は

  • ハイプレスからのショートカウンター
  • サイドからのクロス
  • DFラインの裏への飛び出し

となりそうです。

上記対策を踏まえてアビスパ福岡はどうするのか

まず、「ハイプレス」に関してですが。

アビスパ福岡が名古屋相手にハイプレスを仕掛けるという戦術をとるのか。

直近の試合アビスパはあまり積極的にハイプレスを仕掛けることはないように思います。

ゲームの展開のなかで時折前目からプレスを仕掛けることはありますが、積極的にそれを主体とした試合運びはしていません。

名古屋グランパス戦でどう出るか判りませんが、ハイプレスで勝負を仕掛ける可能性はそんなに高くないような気もします。

仮に高い位置からプレスのするのであれば…。ハイプレスのかかり具合で行けば、FWは2より、3のほうが良いように思います。

次に「サイドからのクロス」という点でいくと。

ジウシーニョ、山瀬、駒野といった右サイドからの攻撃は形ができているように思います。

名古屋戦で活路を見出すなら、このサイドアタックには期待できるかもしれません。

とはいえ、クロスでウェリトンが居ると居ないでは大きな違いがあるよな…。

最後に「裏のスペースへの飛び出し」という点でいくと。

今節のジェフ戦のようにポッピや坂田が裏に抜けたり、山瀬が2列目から飛び出すなど、今日のような戦い方ができればチャンスは訪れるのではないかと思います。

裏への飛び出しはゴール前だけでなく、サイドへ抜ける形もあります。ポッピが抜けてクロス。

という形は何度か作れそうですが、あとはだれが飛び込むのか。

松田、坂田あたりが走りこんだ後ろのスペースで三門、山瀬が詰められれば、勝機は十分にあるようにも思います。

と、見ていくとなんだかジェフ戦の戦い方を引き続きやっていくのがベスト?のようにも思えてきますが…。

ビルドアップをどうするか

先程も書きましたが、ウェリントン不在で考えなくてはならないのは、ビルドアップだと個人的には見ています。

現在はウェリントンの圧倒的な強さのおかげで、ゴールキックなどからあっさり前を向いて攻撃につなげるアビスパ福岡。

これがなくなることが、個人的にはウェリントン不在で一番困る点だと思っています。

このおかげでアビスパ福岡は後ろからのビルドアップの負担をかなり軽減できています。

しかし、ウェリントンがいない以上、ロングボールを簡単にマイボールにできるケースはかなり減ります。

ウェリントンは、マイボールにするどころか「良い形」で前を向ける形まで作ってしまいますからね…。

この形が失われるのは大きい…。

この点を打開するためにはしっかり「ビルドアップ」する形を考えないとならないのですが。

1つ考えられるのは、「ジウシーニョ&山瀬&駒野」で構築する方法。

ジウシーニョが出場するようになってから、アビスパ福岡は右サイドから良い形を作れるケースが増えたのですが。

ジウシーニョ、山瀬、駒野の関係性で攻撃を考えるという形は考えられます。

それと、もうひとつ個人的にウェリントン不在で思いついたのは、「石津のスタメン復帰

というのもありなのかなと。最終ラインからボールを引き出すという役割はジウシーニョが務める可能性もあるのですが。

とはいえ、ボールの引き出し方に関しては石津の上手さがあります。

また、右サイドを活かすという意味では、左で基点を作ってサイドチェンジという形も石津なら作れます。

石津自身フィニッシュに絡むものの、精度が伴わなかった面もありますが。ウェリントンがいないとなれば、石津のゴールへのドリブルでの侵入からシュートはアビスパの攻撃を活性化してくれる可能性もあるかと。

と、以上の状況を踏まえ勝手に次節の先発メンバー予想です。

偏見と妄想の名古屋戦スターティングメンバー

ジェフ戦にて良い形で裏を狙えていたポッピと、時間は短かったものの、裏への推進力を見せた松田に名古屋戦の裏攻略を託したいと思います。

フォーメーションは4-4-2です。

そもそもワントップがウェリントンありきのスタイルだと思うので、ウェリントン不在なら2トップだろうと見ています。

石津押しと見せかけて、石津先発じゃないんかーい!と突っ込まれそうですが、石津先発、坂田サブより、坂田先発、石津サブの方が後々手が打ちやすいのでは?という考えが強く出てしまいました。結果、石津はジョーカーという扱いでしょうか。

また、裏を取るという意味では、坂田の走力は魅力です。クロスでのポジショニングの上手さもあります。

ビルドアップでも中盤に下がってビルドアップに絡むのも積極的にこなすのが坂田です。守備でも最後尾まで下がって対応します。

現状、総合的に見て坂田がファーストチョイスかなと。

プレシーズンマッチのV・ファーレン長崎戦で松田とコンビを組んだ際、松田と連携の相性が良いイメージもあるので、そこを買って坂田となりました。

ウェリントン不在で、城後の先発も考えたのですが、ちょっとタイプが違うので、ウェリントンの代役を城後というのはないかなと。

城後は、中盤、サイド、FWのマルチ交代要員としてベンチ入りしてもらった方が良いのではと思います。

DFでいうと、シモヴィッチに冨安をぶつけてみたいという考えです。

合わせて、このシモヴィッチの周りを動くFWを岩下がフォローしていくというのが良いのではないかと。

4枚にしているのは、FWを2トップにしていることからの逆算です。チーム状況は違いますが、昨シーズンウェリントン不在のタイミングでもアビスパ福岡は4-4-2を採用してたというのもあります。

上記布陣で心配なのはアビスパのFWを総動員した布陣であるということです。

ベンチのFWとしては、城後、と石津になるわけですが、この2人は坂田、ジウシーニョ、もしくは山瀬との交代が考えられます。

そう考えると、FW2人はフル出場?もう一枚くらいFWの選択肢が欲しいよな。と、なってくるのですが…。

為田ではちょっと心配ですし、崎村はまだまだでしょう。

そう考えると、場合によっては…。

6月11日のトレーニングマッチでは中原貴之がプレーしていますが、もしかしたら名古屋戦ベンチ入りする可能性はあるかも…。

場合によっては、先発もあるのか…?

井原監督は思いの外、大一番で新しいことを試してくることがありますが…。

中原の復帰戦を名古屋戦に当ててくるなんてことがあるのでしょうか…。

もし、中原がここまで途中出場でもタイトに試合に出ていれば、中原をウェリントンの代役に立てる。という考えは普通にあったのかもしれませんが…。

果たして井原監督が思い描く「名古屋グランパスに勝つための最善の策」がどういったものなのか。

井原監督の解答を早くみたいところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク