【アビスパ福岡を分析するブログ 】徳島ヴォルティス戦最大の謎。ボランチ城後を読み解く

スポンサーリンク

ヴェルディ戦の成果を持ち込んだものの

前節首位だった東京ヴェルディに勝利し、その勢いで勝利したかった徳島ヴォルティス戦ですが。

ヴェルディ戦での「形」を持ち込んだものの、良い結果とはなりませんでした。

2-1で敗戦。

試合内容的には勝てる要素も多々あったので、非常に残念な結果ではありますが…。

そんな第11節徳島ヴォルティス vs アビスパ福岡の試合を振り返ってみたいと思います。

アビスパ福岡のフォーメーション

フォーメーションは、3-4-3。

実際は、3-4-1-2やら、3-4-2-1 の間のような感じなのかなと思っているんですが。

まあ、それって3-4-3っていうんじゃないのと。

特に守備のタイミングでは3-4-3な感じですし。また、前線の3というのが、守備時はポイントになっていると思うので。

石津のポジション取りやポッピ、ウェリントンとのポジションの入れ替えを見ているとザクッとしてるけど、3-4-3だなと。

前線が「3」だから効いているプレス

アビスパ福岡が前線を「3」にすることによって顕著なのが、前線からのプレスがハマるようになりました。

単純に前線から人数をかけられるというのがひとつ。

あとは、その後ろからついてくる、攻撃時に高めに位置を取る三門の存在とウィングバックです。

例えば、左サイドで石津、下坂、三門という3人でプレスがかけられます。

常に3人でプレスできるわけじゃないですが、ボールホルダーに対して、少なくとも2人で囲めるという状況を作れる。

徳島線では、さらに末吉が詰めてパスカットを狙っていたり。

カウンターを受けるリスクもあって、諸刃の剣な面もあるのですが。

これがハマっているうちは東京ヴェルディ戦、徳島ヴォルティス戦とアビスパは攻撃の主導権を握れることを見せています。

相手にボールを奪われても即時奪回。人数をかけられているので、相手に主導権を渡さずに試合を展開できています。

逆説的「シュートが入らない理由」

しかし、いかんせんシュートが入らない。

石津、外しすぎ。

というのはアビスパファンの総意だとは思いますが…。

ふと、この日の試合を見ていて思ったのですが。

もしかして、アビスパ福岡は「シュートを決めなくて良い」という考え方があるのじゃないだろうかと。

そんな考え方するサッカー選手(クラブ)がいるか。という話なんですが。

ただ、ロジックとしてありそうなのが。

「シュートは積極的に打とう。仮に決まらなくてもコーナーキックになれば、アビスパの得意な形に持ち込める。チャンスあれば打っていこう」

というロジックと

「前線から人数かけてプレスしているから、積極的にシュートで終わろう。相手のカウンターに注意しよう」

という指示は飛んでそうな気がしています。

彼らのシュートにはコーナーキックと、ハイプレスのリスク管理というエスクキューズ(いいわけ)があるんじゃないかなと。

アビスパは枠内シュート率はかなり良いらしいですが。

なんだか、お行儀の良さだけが際立ったシュートにはそんな裏が隠れていそうで…。

イヤイヤイヤ、そんなの考えすぎでしょ。という話なのですが…。

そもそも石津を含めポッピにしてもウェリントンにしても「独力」でゴールをねじ込めるタイプではないです。

そんなところからゴールにしちゃいますか

というプレーを毎試合期待するわけにもいきません。圧倒的なフィジカルのあるウェリントンでさえ、ある程精度のあるクロスが来ないことには決められないわけで。

ある程度コンビネーションを使って「相手を崩す」発想がないとゴールは厳しい様に思います。

しかし、そういった「工夫」もないまま、何試合もただ打つだけが繰り返されているのには何か裏がある気がしてならない。

シンプルにシュートを打ちに行くのは間違いなく狙っているはずです。

そしてそれはチーム内でもある程度「承認」されている。だから何試合続けても許されている。

だとすれば、承認には「ゴール以外」の何かがあるような気がしているんですが…。

その結果、枠内シュート率の高さだけが結果として残っている…。

ちょっと、考えすぎですかね…。そうであればよいのですが。

ゴールのアプローチに対して工夫を

ゴール前もうちょっとコンビネーションあっても良いと思うんですが…。

石津はゴール前でドリブルとかで突っかけていくだけでも、違うと思うんですけどね。

シュートの意識が強すぎるんでしょうか。

ポッピにしても、石津にしても、ウェリントンにしても器用じゃないんですよね。多分…。

まあ、だからといって中村俊輔のや中村憲剛のような選手がいると劇的に風通しが良くなったりするのかは謎ですが。

アビスパ福岡がピッチ上でプレスできるのは60分

東京ヴェルディ戦でも、徳島ヴォルティス戦でもアビスパが前線のプレスで主導権を握れたのは多く見ても後半の60分まで。

前半と後半でアビスパが違うチームになってしまった一因はここにあると見ています。

これをすぎると、アビスパ福岡のカラータイマーが鳴り始めます。

徳島ヴォルティス戦の後半60分で2枚替えを試みようとしていましたが、井原監督もその時間は把握して策を練っているのでしょう。

ただ、この時最初は坂田とジウシーニョを投入しようとしていましたが、急遽城後へ切り替え。

ボランチの末吉と代えて、投入しました。

城後投入の意図とは

城後を投入した理由は、徳島ヴォルティスに最終ラインとボランチにできるスペースを使われていたこと。

具体的にどこかというと。

この試合は三門は積極的に前に出ていましたし、末吉も前に出て相手の自陣パスをカットしたり、プレスしたりと結構前目。

その結果、ハイプレスがはまらないと末吉、三門の戻りが遅くなることも。

実際守備に戻っていても相手が右によっていると、スペースが空いていました。

ここを封じることが城後投入の狙いだったと見ています。

そもそも最初の失点がこのスペースでドリブルしていた相手をDFが誰も詰めに行かなかったのがまずかった。

ここはおそらく徳島が最初から狙っていたスペースだと思われます。そういう意味ではアビスパ福岡の3バックの弱点を付かれたと言っていいかもしれません。

逆転のゴール後は同点にしようという意識が強いためか、ここが余計空き気味に。

ちなみに逆転ゴールのまずかった点は

自陣で亀川がパスを焦ったのか、相手に取られたことが最初の原因。

あとは、實藤が亀川にパスを入れた後亀川の状況を確認しないうちに、ポジションを上げてしまったこと。

「亀川何やってんだよー!」

という方も多いとは思います。まあ、パスミスしてますし。

ただ、實藤がちゃんとフォローしていれば、ゴール前侵入されなかったと思われます。

パス出したら、あっさり相手DF挟んだ向こう側へ上がっていくのはどうかと…。

動画でも、フラーっと上がっていくシーンが確認できます。

相手の後ろに上がっても、パスできないし。ちょっと、迂闊すぎじゃないかと。

城後の投入に話を戻しますが。

おそらく、城後の役割はこのスペースを埋めるためのバランサーだったと思われます。

末吉でも指示で修正出来たのでは?とも考えてみましたが、前半からここは使われていたわけで。

指示はあったはずですが、改善されないとなると代えるというのも手段の一つだったのかと。

実際、試合中攻撃に上がるのは三門のほうが優先的に上がっっていたようなので、蓋をするのは末吉の役割だったのかもしれません。

失点後立て続けに「ボランチがあけてしまうスペース」を付かれたのを見て、井原監督としても見過ごせなくなった結果、交代の順番を変えたのではなかろうかと。

FW城後としての途中出場はない?

個人的に城後の途中出場でのFWは無いと感じていました。なぜなら、そもそも論的にFWで使う気があればとっくの昔に起用しているはず。

という過去の起用法からの推測が大きいのですが。

もし、城後をFWで使うなら、先発で城後が活きる攻めでゲームを進めるプランが無いと使わないと思います。

そう推測する理由は、端的に言うと城後は石津、ウェリントン、ポッピに輪をかけて不器用だからではないだろうかと。

現状のアビスパのハイプレスが決まっているのは、前線に3人置いたことにあります。

あと、もう一つ前線に3人置いた事によって、改善しているのが「ビルドアップ」です。

この試合でもポッピ、石津、ウェリントンの誰かが一枚下がって最終ライン、ボランチからボールを受ける形を取っていました。

状況とポジショニングによって、誰かが下がってくるわけです。それによって相手にビルドアップのマークを絞らせない狙いもあるのかと。

ウェリントンは強いフィジカルで。

石津とポッピは、テクニックやポジショニングでボールを収めます。

個人的に城後はこれが出来ないと思っています。

城後は「消える」ことが多い選手ですが、その理由の1つに「ボールをもらいに行く」というプレーをしないからだと思っています。

ボールを下がって、相手に背を向けてボールを受けてキープ。

分が悪ければ、叩いてポジショニングを取り直して、もう一度ボールを受ける。

というプレーが苦手なのか判りませんが、あんまり見たとこがありません。足元もお世辞にも上手い方にも見えません。

そう考えると、実は得意なんてこともなさそう。

そのプレーを期待するなら、坂田のほうがよほど器用にこなします。坂田が重宝されるのはこの点だと思っています。

城後の場合は足元は収まりづらいので、前線で裏へ抜けるぐらいしか出来ません。

プシュニクにしても、井原監督にしてもこれだけ前線で使わないわけですから、それなりの理由があるはずだとは思います。

実際、上記事情を考えると、石津→城後はまずありえない交代です。

ポッピ、ウェリントンに比べ石津はこの2人以上に後方まで下がりボールを最終ラインから引き出す役割と、サイドで起点になる役割もこなします。

これを城後に託すのは難しい。

かと言って、ウェリントンと代えるほど城後にインパクトはありません。意外性はあるかもしれませんが。

場合によっては、前線の攻め手を放棄するに近い。

となると、ポッピとの交代がありそうなのですが…。それだったら、坂田でよくないかと。

実際、坂田はポッピと交代しています。

城後を途中出場で使う可能性としては、一番可能性のあるのはポッピだとは思いますが。

ある程度パスをつなごうとする今のアビスパのサッカーにおいて城後は使い勝手が悪いのじゃないでしょうか。

後半坂田がドリブルでゴール前にボールを運ぶシーンがありましたが、そういうシーンを城後では想像しにくいわけです。

リザーブでボランチ起用を想定できるのは城後だけ

この試合はそもそも、ベンチメンバーでボランチのプレーヤーとして考えられるのは城後だけです。

井原監督の頭にはFW起用はゼロではないかもしれないですが、ボランチのリザーブだった可能性も高い。

城後をFWで出す気があれば、怪我明けの松田がどの程度プレーできるかは謎ですが、ベンチに入れる必要があったのかと。

そう考えると、城後の起用はボランチのリザーブという可能性は最初から高かったと。

冨安をボランチへ上げるという手はなかったのか

これも可能性としてなかったのかなと考えたのですが。

個人的には、やはりなしかなと。

なぜなら、アビスパは4バックにすると、バランスが悪くなるからです。

ヴェルディ戦でもそうですが、前線からの3枚プレスがアビスパのポイントです。

最終ラインを4にした場合、4-3-3もありますが、4-3-3ではFWの後方からのプレスが足らない可能性が高い。

また、4-4-2では、最終ラインからのビルドアップに難を抱える可能性も高い。どうしてもサイドバックとセンターバック、センターハーフの距離感が悪い印象です。

攻撃面において、ヴェルディ戦での成功のひとつは「左右のセンターバックのオーバーラップ」にあったと見ています。

特に後半の体力が落ちてきたタイミングでは後ろから人数をかけてあげないと相手の守備を剥がしきれない。

冨安はそのオーバーラップに必要だったと個人的には見ています。

2点目を奪われる直前、冨安が左サイドをなんどかオーバーラップしていますが、この動きはヴェルディ戦を見る限りアビスパのサイドアタックには必要不可欠だったと見ています。

この武器を使うためには、4バックにしてしまうと具合が悪い。

仮に3バックを維持するために冨安をボランチにいれて末吉の代わりにセンターバックを投入することも出来ましたが、点を取らないとならない場面でDFを投入するのもどうかと。

リザーブのDFは前回先発でやらかした濱田のみでしたし。

そう考えていくと、ゴール前の状況によっては攻撃力に期待できる城後をボランチに入れつつ「守備のバランス」を取るためにはベターだったのではないなと。

そう思うわけです。

ただ、結果としてそれが正しかったのかというと、微妙なところではありますが。

とはいえ、油断なのかなと

あと最後に敗因を付け加えるなら「油断」があったんじゃないかなと。

ボールボーイ問題でバタついている徳島相手に先制点を奪って、行けると思ったんじゃないですかねー。

徳島もミスは結構あったので、ミスを点に繋げた徳島が勝ち、相手のミスにほとんど付け入ることがなかったアビスパが負けてしまったと。

それは何って、油断としか言えないんじゃないでしょうか…。

やっぱり、アビスパにはメンタルコーチを置くべきだと思うんですが…。

岩下が来てから「言い合える雰囲気ができた」とはいいますが。果たしてそれって良いことなんでしょうか。

会社にズバズバものをいう実績のある人が転職してきました。さてどうなるか。

普通に考えて私は組織がバランスを崩すことを心配します。言い合うだけでなくそこから建設的な議論ができるかどうかが鍵だとは思うのですが。

それってなかなか実社会でも難しいですよね。岩下が来ただけで解決するならそう苦労はいらないと思いますが。

アビスパの選手の問題は、人とのかかわり合いの問題の前に各個人が自分のメンタリティをちゃんとコントロールすることが先じゃないかと感じています。

川森社長。ぜひご検討いただけないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク