【アビスパ福岡を分析するブログ】敗戦したジェフユナイテッド市原・千葉戦からアビスパ福岡の攻撃の何がダメかを考えてみる。

スポンサーリンク

心配していたカウンターで勝負あり

この数試合、良くない形でカウンターを受ける傾向にあったアビスパ福岡。

松本山雅戦でロングボールからチャンスをつくっていたジェフユナイテッド市原・千葉のカウンターは怖いなと思っていたのですが。

攻守の切り替えのところで数試合落とす気がしていましたが、あっさりそうなるとは…。

【大分戦の分析】

【アビスパ福岡を分析するブログ 】大分トリニータと引き分け、井原監督はいかなる結果でも来季解任もあり?昇格争い真っ只中で仲川と心中?
井原監督の解任も見えてきているのか…。納得とは言えない大分トリニータ戦のポテンシャル 今シーズンはいわゆる「正念場」の試合で勝てるケー...

【ジェフ戦の予想】

【アビスパ福岡を分析するブログ】10月22日第38節ジェフユナイテッド千葉戦を予想してみる
プレーオフ圏内を狙うチームとの対戦 プレーオフ圏内を狙うチームとの連戦が続くアビスパ福岡ですが、次節はホームで現在10位のジェフユナイ...

カウンターから嫌な形を作られていたので嫌な予感しかありませんでした。

最悪な形でその予感が現実のものとなってしまいました。

得意のホーム敗戦。

J1昇格が全く見えない試合内容に「これはダメかも…」と感じている方も多いかもしれません。

1-3で勝利した横浜FC戦も内容が良かったとは言えないですし、大分戦も低調。千葉戦に至っても改善の傾向がみられないとなると正直しんどいですが…。

4-4-2のフォーメーションは受け身?

個人的にはこの試合4-2-3-1を予測していました。

なぜなら、ジェフに対しては、前から仕掛けていかないとチャンスが作れないと思ったからです。

この予想は外れてしまいましたが。

この日のアビスパ福岡は4-4-2を採用。

自分の予想は外れましたが、これはこれで安心した点と、不安な点が1点ずつあって。

1つはウェリントンがあまり4-4-2を得意としていないのではないかということ。

これは個人的にシーズン前からシーズン序盤までの試合を見てきた印象です。

私のブログを最初から読んでいただいている奇特な方にはご記憶いただいている方もいらっしゃると思います。

ウェリントンの場合、ワントップに入って少し下がり目でボールをもらったほうがチーム全体としてもボールが回る気がしています。

これは大分戦の後半でもウェリントンがワントップに入ってから流れがよくなったところにも出ていたのではないかと思っています。

安心した点は仲川ワントップの4-1-4-1を採用しなかったこと。

これは、ジェフの思う壺になると予想していたので、これは安心した点でした。

4-1-4-1はどうしても「ブロック形成」を重視しているような気がしており、どうも受け身になりやすい戦術かなと。無理に前に出ると、スペース作られてますし。

4-4-2もアビスパ福岡におていはブロック形成を優先した形とも言えなくないので、あまり受け身にはやってほしくないとは思ったんですが。

ただ、試合では前から積極的にプレスしているシーンもあったので、完全に受け身だったわけじゃないんですが。

昨年J1時の湘南戦の印象が強いせいか、もう一度三門のトップ下からプレスはやる価値あると思ってるんですが…。なんかユベントス時代のポグバみたいでかっこいいし(ミーハー)。

もっと前から狙ってほしかったという思いもあったり。

とはいえ、アビスパ福岡の最終ラインは前線がプレスに出ると、動きが重い傾向にあるので、4-4-2のほうがまとまりが良いのかもしれません。

やはり攻撃に関して「違い」が作り出せないアビスパ福岡

この日、アビスパ福岡の攻撃に全くゴールの予感がしなかったという方も多いと思います。攻撃はそれなりにしてるんですが…。

なぜゴールの予感がしないのかを自分なりに考えてみたいと思います。

これは、試合開始早々の場面ですが。

キックオフ直後に右サイドで駒野がヘディングしたボールを仲川が中央で拾って、逆サイドの亀川へパスをしたシーン。

最初の疑問が、どうしてここで亀川がボールを持って待つのか。

前方に完全にスペースが空いているのだから、ボールがきたら前に運んだほうがジェフとしては嫌なはず。

中央へのパスの意識があったようですが、そこで待っていても守備陣形が整うだけで、あまりメリットは感じられず。

次に疑問だったのが同じ方向へ走りこむ松田と仲川。

松田は裏へ飛び出しを狙ったとしても、その後ろを仲川が追いかける必要があったのか。

仲川は亀川のパスコースをつくる動きをするべきなのではないかと。

亀川はもたもたしている間に縦を切られます。

松田は斜めに走りこみますがあまり有効な動きとは言えず。

仲川に至ってはなぜ、相手を背負ってゴールへ直進する軌道へ。

亀川の前のスペースに最初から向かって入れば、そこでパスの基点ができたはず。そうすれば、後ろから走ろこんでいた三門へパスを出せば中央のスペースが狙えたはず。

結果的に亀川は追いついた相手に対して縦の勝負を挑むんですが、その先は松田がスペースを潰しています。

更にそこへ仲川が入ってきます。

どう好意的に解釈してもここで、味方同士がダブつく意味が判りません。

仲川はパスの選択肢を考えたポジションをとろうとしたように見えましたが、タイミングが遅すぎ、亀川の意識はもうゴール側にしかありません。

ポジションを取りなおした松田へスルーパスを試みますが、苦し紛れ。

もし、仲川が縦に走らず、早めにスペースに入って、三門にパスを折り返せる形を取れていたら…。

またウェリントンも遠くで待っていましたが。目の前にできたスペースは松田が開けたといえば、開けたスペースです。

三門にパスが出ること前提ですが、ここに入っても良かった。

イタリアのインテル・ミラノやイタリア代表で活躍したビエリという選手がいましたが、アダ名は「重戦車」。

DFが構えていようがお構いなしに強靭なフィジカルで前進していく姿からそう呼ばれていましたが…。そんなことができれば話は別かもしれませんが。

DFもろとも引きずってシュートなイメージありましたが、今見るとビエリでもある程度ちゃんとスペースにポジションとってますわな…。

サッカーに限らず、ラグビーでも、バスケットでもそうかもしれませんが。

ボールを運んで相手ゴールへ攻め入る競技において、相手のいないところへ移動してパスを受け、相手を動かさないことには相手の守備陣形は崩せません。

相手が居るところに走ってもなかなかチャンスはできない(もちろん、相手の逆をつくためにあえてそうする戦術もあると思いますが)。

このアビスパ福岡の攻撃のシーンを見る限り、この攻撃に相手を崩すという狙いの設計図が見えない。

人が動けばスペースができる

これは、ラグビーで得た体験的な知識ですが、それはサッカーでも同じだと思うのですが。そういったスペースを自分たちのが動いて創りだす。

そして、突く。という狙いがチームから全く見えない。

個人が勝手に動いてる感が強いのです。

おそらくこれが終始試合中垣間見えてしまうので、ゴールの予感がしないのだと思います。

とはいえ、ジェフのハイプレス・ハイラインに対してはチームとして対策はしていたと思うのですが

とはいえ、井原監督が全く無策だったわけじゃないとは思います。

自陣でボールを持った時に、岩下のロングボールをちらつかせつつ、ショートパス。

プレスに来たラリベイをかわしつつ、ボランチへパスし、ビルドアップ。

そこから縦パスを入れて、中盤の受け手が叩く。

このとき、ウェリントンと仲川が前線で構え、裏へのパスを狙います。実際のプレーでも叩いたパスを亀川が縦パス一本。

抜けだした仲川がゴール前に運んでクロス。触ればゴールというシーンに持ち込みました。

上記のシーンでウェリントンが仲川のすぐ横に居るのはちょっと謎ですが(中央で構えてたほうが囮になったような…)。

とはいえ、ウェリントンはパスを受けるために下がるような動きをしていたので、仲川の飛び出しを助けたかったんだと思います(多分)。

個人的にはこれを4-2-3-1でやって、2列目からやられた方がジェフとしては対応しにくいと考えたんですが…。

サイドを任せるには仲川の守備はちょっと不安でしょうか…。

とはいえ、この攻撃の形にはチームとしての意図を感じました。個々が連動したように思います。これは、井原監督が全く何もしなかったわけではないひとつの証明だとは思うんですが。

ただ、こうした意図的なシーンがあまり作れなかったのが、もしかしたら敗因のひとつなのかもしれません。

最後のフィニッシュが物量作戦?

アビスパ福岡の攻撃には設計図があるところと、ないところがあります。その結果、攻撃の設計図がないところでアビスパ福岡がとっている攻撃の作戦は「物量作戦」です。

残念ながら、特に致命的なのが最後の最後。フィニッシュワークに設計図がない。

その結果、、攻撃時に人数をかけるという物量作戦にでている感が否めない。

そして、この戦法は横浜戦、大分戦と個人的に懸念していた「危ういカウンターを喰らう」という結果を招いていると見ています。

前半5分ですが、すでにカウンターで嫌な形を作られています。

攻撃において人数をかけたらいいってものではないとは思いますが…。

前線に8人も人数をかけて攻撃していますが、全員がここから誰も動かず、ボールを待つだけなのがアビスパの攻撃です。

そこへボールを入れても相手との混戦になるだけ。

相手に跳ね返されれば、8人で攻撃しているわけですから、後ろは2人。

2対2のカウンターを仕掛けられます。

正直このシーンで失点してもおかしくはなかったわけで。

最終的に中央に走りこんだ選手をDF陣は捕まえきれていません。

ジェフのクロスが合わなかったので、事なきを得ただけ。

この最後のフィニッシュワークのところで、アビスパ福岡は設計図を引く必要があると思うのですが…。

名古屋などはこの設計図があるんですよね。ボールを動かし、選手間で狙いがあることが見える。つまり風間監督の狙いがあるのですが…。

前回も紹介しましたが、アビスパは「チャンス構築率」はリーグでもずば抜けているんです。

とはいえ、最後の決めるところで決めきれない。

それが名古屋との「ゴール決定率」大きな大きな差となっていますが、これは正直監督の差がモロに出ていると思っています。

ウェリントンのPK失敗からの失点も全く同じ

PK失敗という形からがちょっと特殊ではありますが、前に人をかけた結果、カウンターを食らって失点というのは上記のパターンと同じです。

セットプレーの時も結構人数かけてましたからね…。

PK失敗の後という非常によろしくないタイミングで失点してしまっただけで、常にカウンターから点を取られそうな状況だったと思います。

カウンターでラリベイの動きを掴めなかったですからね

逆にいえばよく1失点で凌いだなと思います。

あとは攻撃に関してノーアイディアではないものの、大事なところで個人任せ、人数任せなので点が取れないという状況にずっと陥っているのかなと。

人数かけて、あわよくば点を取れたらいいですが…。

ウェリントンが2度もPK外して退場しましたが…。

この点に関してはもう触れないでおこうかと思ったんですが。

触れないのも不自然なので触れておきますと。まあ、この選手にずっと攻撃を頼っていんだなと。

正直、チームの中心選手としての自覚があるのか疑ってしまいます。PK2度外すのはそれもまたサッカーと思いますが、退場する意味はあったんでしょうか。

気持ちはわかりますけど、相手のほうが優位形で頭でせっているところに足を振り上げればどうなるかくらい判っていたと思いますが…。

気性の荒さというか、不安定さは以前から見せていましたが。

PK外したのも、退場したのも自分の責任。そこで座り込んでどうすんだよと。確かに目安の5分は来てましたけど。審判もすぐ笛吹きましたけど。

プレーは続いてるし、シーズンもまだ続くのに自分で棒に振るような真似しておいて、何だよそれと。

20代前半の選手ならまだわかりますが(それでもどうかと思いますが)、もう30代ですよ。ファンとしてかなり、相当、すごくがっかりしました。

本当にファンとしてがっかりですが、あの態度、プレーはプロとして、戦う姿勢として疑問を抱かざる得ないと見ています。

もちろん、ウェリントンで戦ってきたチームであるのは間違いないわけで。だからこそウェリントンにはプロとしてチームの中心選手として堂々として欲しいのですが…。

ただ、座り込むウェリントンに誰もアビスパの選手が声をかけに行かなかったのは気になりますが…。

もうこの状況だとロクな推測にならないのでやめておきます。

残り数試合、井原監督の博打に付き合うしかない

もうシーズンも佳境、待ったなしの状況です。

このシーズン終盤戦に至るまで攻撃の形を作れなかった井原監督に攻撃の形を短期間で構築することを望むのは酷でしょう。

頼みの綱のウェリントンも次節は不在かつ、使っていいのか?あの状態でという疑問もあります。

おそらく、残り試合もこのカウンター覚悟の捨て身の攻撃を続けるしか手段はなさそうです…。

それならアビスパファンとしては井原監督の博打に付き合うしかないのかなと。

伸るか反るかわかりませんが、もうここまできたら、運命を天に任せてやれることをするしかないですよね…。

次節は、冨安もいなければ、ジウシーニョもいない。さて、どうなることやら。

この最悪な流れを跳ね返せる力があるかどうか。見せてほしいものです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク