【アビスパ福岡を分析するブログ 】初勝利は喜ばしいが、なぜ前半と後半で全く違うチームになるのか。レノファ山口戦からその原因を考えてみる

スポンサーリンク

とりあえず、アビスパ福岡、今季初勝利ということでひと安心

アウェーでのレノファ山口戦に1-2で勝利。

開幕戦の負け方が良くなかっただけに開幕2連敗ではさすがに目も当てられない状況も想定されるだけに、まずはひと安心。

とはいえ、レノファ山口戦、前半の出来とと後半で全く違う展開になってしまいました。

大分戦も前半はボールキープできていたのに、後半全然できなくなってしまいました。

後半突如として、機能しなくなるアビスパ福岡。

さて、井原監督は何をしたかったんでしょうか(多分カウンターなのだろうけど…)。

なぜ前半、後半でここまでチームが調子が変わってしまうのか。

その原因がどのへんにあるのかを考えてみたいと思います。

アビスパ福岡のフォーメーション

アビスパ福岡のフォーメンションは前回とほぼ同じ。

違うのは、センターハーフにダニルソンが復帰。

前節センターハーフだった冨安がそのままセンタバーバックへ下がる形に。

おそらくですが、レノファ山口の快速FW岸田対策なのかなと思ったり。

前節2点とってますし、裏への飛び出しは怖い存在です。

また、変わったところで言うと、ビルドアップ。

この日はビルドアップにおいて石津を経由することをほとんど諦めた?アビスパ福岡。

大分戦ではやや意固地(というか、それ以外に選択肢がなかった?)になってしまった感もあるビルドアップ。

ここは、石津にこだわることなく、長いパスでウェリントンに当てるという戦術に変えてきました。

まあ、ビルドアップしながら点を取れたらそれはそれで良いのですが、前節大分戦でまったく得点の予感がしませんでしたからね。

残念ながら?ロングボールのほうがシックリ来てしまうアビスパ福岡。

前線に当てて、亀川、石津といったところが前に出ていった方がプレースタイルに合っているんじゃないでしょうか。

アビスパ福岡の強みはセットプレー

個人的に昨年アビスパがJ1で勝てなかった理由の1つにセットプレーが弱体化したからだと思っています。

正直、J1昇格前のJ2でもセットプレーで拾った試合も多々ありました。

現状メンバーもだいぶ入れ替わりましたが、それでも「ビルドアップで相手を崩して」点を取れるチームだと思っていません。

アビスパが今季J1昇格を決めるなら、セットプレーからの得点の復活は非常に重要だと思います。

そう考えていたので、この日の2得点がセットプレーから生まれたことは非常に喜ばしいかなと。

1得点目はウェリントンのヘディング。

2得点目は亀川のロングスローが起点からのゴール。

プレシーズンからロングスローをあまりみなくなったので、もうロングスローしないのかなと思っていたんですが、ロングスローは賛成派です。

今回は、このセットプレーがだいぶ整理されていた気がします。

それは個人的にはすごく好印象でした。

それはセットプレーの守備も同じ。

前節の大分戦でもその前のプレーシーズンマッチでもセットプレーの失点が多いアビスパ福岡。

前々から、アビスパのマンツーマンに疑問を呈していた身としては、ようやくマンツーマンからゾーンに戻したことも「やっとか」と思うほど。

昨シーズンからずーっと謎だったセットプレーのマンツーマン守備。

マンツーマンにしてからセットプレーの守備がとにかく安定しない(ウェリントンが不在の時期など上背ある選手がいなくなった等の理由はあったと思います)。

大分戦でもセットプレーから失点しましたけど、マンツーマンよりゾーンの方がアビスパはあってると思うんですけどね。

それはウェリントンのプレースタイルに寄るところが大きいと分析しているんですが…。

その他セットプレーに関してはちょっと思うところが多々あり。

この記事のなかで書いてしまうと、すごく長くなりそうなので、今回は割愛します。

次節、京都サンガ戦までには…。書くと思います。

それより今回はなぜ、あんなに前半と後半で違うチームになるのか。

という点を中心に考えてみたいと思います。

アビスパ福岡は前半と後半であんなに違うチームになってしまうのか

個人的に大きな原因の1つと感じているのは、ディフェンスラインの高さ。

前半と、後半では完全にディフェンスラインの高さが全然違う。

これは、おそらく戦術の問題。

後半0-2になって、井原監督が狙っていたのは、点を取りに来たレノファ山口に対してトドメのカウンターで0-3として勝利を決定づけること。

そのために、あえてDFラインを下げたと思われます。

試合開始の際のDFライン(相手がボールを最終ラインで保持した場合)の設定は、およそこのくらい。

前半10分くらいのレノファがCKキックをクリアされてから、再びGKからビルドアップしたシーンからの推測です。

ほぼ、センターサークルの近くまで最終ラインをあげています。

レノファのビルドアップのやり方は前半と後半でやり方はそう変わっていなかったと思います(狙いなどは変わっていたかもしれませんが)。

基本的に最終ライン2枚にと、そこにボランチが降りてきてボール交換する形。

アビスパは前半、このビルドアップに対して最終ラインを押し上げて全体をコンパクトにしていたので前線からプレスができていました。

ただ、それを剥がされてしまうと、カウンターに。

ここは大分戦でもそうでしたが、前でプレスかけるのは良いですが、簡単にプレスを剥がされると、即カウンターに。

序盤、アビスパ福岡がカウンターを立て続けに食らっていたのは、そうした「前からのプレスを剥がされた&高いライン設定」が原因だと見ています。

あとは細かくパスを繋ぐレノファ山口のボール回しが想像以上に早かったというのもあったと思います。

そして岸田に「ヨーイドン」で仕掛けられ、カウンターを食らう展開。

おそらく井原監督はこの形を後半もレノファに続けられることを良しとする気はなかったんでしょう。

ラインを下げて、レノファのカウンターのスペースを消しつつ、相手のビルドアップを跳ね返して、カウンターからトドメの1点を取るというプランがあったと思われます。

しかし、後半はラインを下げた結果、相手に自由にボールを回されてしまいます。

後半のライン設定と、アビスパ福岡のゾーンプレスの拙さ

後半ラインを下げたことにより、前線でのプレスがかからなくなります。

後半のライン設定。50分ぐらいの状況。

最終ラインは距離にして、10数メートル下がっているんですが、前線の位置はさほど変わらず。

中盤も下がって、結局間延びした状態に。

もちろん、DFラインと中盤の間にスペースが空くんですが、レノファはここに人は入らず、サイドのスペースへボールを入れてきました。

ここでちょっと気になるのが、山瀬の守備。

前半の守備位置の画像でも同じなのですが。レノファ山口のビルドアップのタイミングで、山瀬は内側に絞った場所にポジションをとることが多かったように思います。

そもそもアビスパ福岡のサイドハーフは、守備時にタッチライン際に広がった相手に対して優先的に対応するような動きはあまり見せません。

外にパスが出て、初めて対応するケースが多い。

とはいえ、山瀬の外へ広がった相手への対応はイマイチだったかなと。

FWの間に入ったボランチにボールがでると、ダニルソンが飛び出してチェックをかけに行くこともあり。

その際4-4-2の中盤「4」に穴が出来ます。そのスペースを山瀬が埋めていた?のかもしれません。

とはいえ、そこ埋めるのは、山瀬ではなく三門で良かったんじゃないかなと。

どうも、山瀬のポジショニングは内側の選手に気を取られすぎて中途半端だったような。

どっちつかずで、どちらにボールが入っても、チェックが遅く守備に行ってもタイミングが遅いのでかわされる。

ここをしっかりポジション取れていたら、あそこまでサイドで好きにやられなかったんじゃないかなと。

ダニルソンが前でボール奪いに行こうとしていたので、ダニルソンのスペースは気になったとは思うんですが。

この辺はダニルソンとの約束事があったかもしれませんが。

井原監督が試合後のインタビューで言っていたようにレノファから見た左サイド、アビスパの右サイドには最終的に守備の強化として城後が投入されるわけです。

もともと城後の投入はプランどおりなのかもしれませんが、山瀬が守備としての貢献度が高かったかというと、ちょっとそうは言い難い。

失点のシーンは、サイドで3人かけてボールを取れないことが問題だけど

アビスパが失点したシーンですが、問題は2点。

まず、サイドで3対2を作っておきながら、ボールを取りきれなかったことがそもそも問題。

ウェリントン、山瀬、三門で囲んでボールが奪えず。

三門がボールサイドに入った分、ダニルソンは三門のスペースを埋めつつ、密集地から一歩引いた場所で構えていました。

三門、ダニルソンがボールサイドに寄ったのですが、その後のスペースを誰も消していない。

この辺が、アビスパの4-4-2のゾーンプレスで時々起きる穴。

人がずれた時にスペースが空きやすい。

この配置で言うと、4-4-2 のセオリー(スペースをスライドして埋めるという考え)的には、石津が詰めるべきだったのかもしれません。

後半の始めは、こんな感じでサイドで起点をつくられると、それに合わせてボールサイドに人がスライド。しかし、そのスライドが逆サイドまで連動しない。

その結果、サイドから中央に折り返されると、フリーの選手(相手のボランチ)に仕事をされてしまう。

ここはフォーメーションというか戦術の不徹底があるような気がしています。

もちろん、ボールサイドとは逆のサイドのサイドハーフはボールを奪ってからのカウンターの起点としての役割もあります。

井原監督はこのカウンターを狙っていたフシもあり。

石津の役割としては、攻撃の起点という意識も強かったのかもしれませんが…。

ちなみにですが、サイドで起点をつくられてパス交換されてしまうと、中央でスペースが開きやすくなるというのは、アビスパ的な問題もあれば、4-4-2の構造的な弱点とも言えるかもしれません。

特にサイドチェンジで揺さぶられると、スライドが間に合わず穴が空いてしまうという事態は起きやすいわけですが。

同じような4-4-2のフォーメーションで名を挙げたシメオネ監督率いるアトレティコ・マドリーなどはこのケースではFWが戻ることが多いようです。

実際、アビスパも城後とポッピを投入後、動きに変化が。

城後と、ポッピが投入された後すぐまたサイドにボールが入って攻めの起点を作られているシーンなのですが。

このスペースをポッピが埋めに帰ってきている。

中央への折り返しのパスに対して、ポッピがチェック。

山瀬はこの守備で中央を気にしていたように思います。その結果、対応が遅くなり不利な形での守備に終止してしまった感も。

しかし、城後がはいることで、城後はちゃんとサイドを見にいくようなります。

スペースは空いてしまいますが、そこをFWが下がって埋める。

ちょうど65分くらいの状況ですが、個人的にこれで少しは守備が落ち着いたのではと感じました(とはいえ危ういことに違いはありませんでしたが…)。

このあと、坂田が投入されますが、坂田もこの位置に戻っていました。この辺は井原監督の指示があったのでしょう。

とはいえ、レノファ山口を押し戻す形には至らなかった…。

少なくとも同点にならなかったのは、この守備を修正できたことが大きかったのかな?と、見ています。

なぜ、守備をテコ入れしながら押し戻せなかったのか

とはいえ、得点にならなくてもレノファの背筋が凍るくらいのカウンターを見せてくれよ。と、言いたくなるのがサポーターとしての気持ち。

守備をテコ入れしたものの、押し戻すに至らなかったのはなぜか。

ひとつは単純にレノファが前線にかける人数を増やしていたこと。

そういった意味ではレノファが人数で押し込んでいた状況を跳ね返し、失点しなかったのは良かったと思います。

しかし、カウンターを見舞えなかったのは「攻守の切り替えを潰されたままだったから」というのもあったかと。

まず、攻撃の手段としてウェリントンに当てるという選択肢は試合開始からずっとあったんですが、後半はウェリントンに当ててもボールが取れませんでした。

DFラインが完全に下がっていたので、そこからロングボールを蹴ってもなかなか人数をかけられないというのがその原因だと考えられます。

DFラインが下がったままでは中盤も下がるしかなく、ウェリントンが競ってボールに触った後もせいぜい、ポッピが追いかけるくらい。

そして、もうひとつはビルドアップができなかったたこと。

この試合の間、ずっと石津をレノファの6番、前がずっとマークしていました。

マンマークとまではいかないですが、石津がボールを触ろうとすると、前が潰しにきました。

前半で石津がDFライン手前で触ろうと下がったシーンがあったのですが、そこでも前は付いてきていました。大分戦を見れば、誰だって石津を抑えておけばとりあえずアビスパの攻撃は防げると思いますよね…。

アビスパがこの状況を打破する方法として、中盤をカットして前線にボールを当てる作戦は有効でした。

後半レノファの守備を凌ぎ切ってからカウンターを仕掛けるには、石津が相手のマークを「打開できるか」にもかかっていたのかもしれませんが、前に潰されましたね…。

大分戦でもそうですが、石津からのビルドアップは完全にマークされています。

ここをどうにかしないと、アビスパ福岡の攻撃は活性化しないですが…。

少なくともアビスパのビルドアップは現状、石津を潰しておけばOKです。

前半はウェリントンが低い位置でボールに触ったりと、石津以外の起点の選手へパスを出そうとする動きがありましたが。ウェリントンもそう足元が上手い方ではないし、パスもそこまで正確ではない。

後半出てきたポッピ、坂田あたりがうまく下がって守備から攻撃の切り替えを助けてあげないと、カウンターは成立しないのかなと。

ビルドアップできるFWがいるとだいぶ違いそうですが、ウェリントン、城後、松田、坂田、ポッピだと、期待できるのは、ポッピくらいでしょうか。

ポッピもこの試合では時間が短いためか、そうした動きを要求されていないのか、まだアビスパのやり方にマッチできていないのか。

イマイチ攻撃の起点にはなりきれていませんでしたね…。

石津自身試合後のインタビューでも「もっと出来ることがあった」という旨の発言をしていましたが、点はとったものの、仕事をさせてもらえなかったという思いは強いでしょう。

インタビューを受けている表情も硬かったですしね。

もっと展開力のある中盤の選手が他にいると石津の負担も減るとは思うのですが…。

アビスパの中盤で、ボールを動かせる選手といったら、「邦本」でしょうか。

邦本にはこの辺期待したいんですが…。守備も、攻撃もムラが多いからなぁ…。

アビスパの課題を整理すると

  • 石津を経由しない場合のビルドアップの模索
  • カウンターを仕掛けるための組織的な守備(穴の少ない)の構築

以上大きく分けて、2つが挙げられそうです。

石津を経由しないビルドアップのアイディアとしては、試合の後半にダニルソンから亀川に長い縦パスが通るシーンがあったんですが。

中盤でボールが停滞した時に逆サイドに寄せてから、亀川に長いパスを入れるというのはありだと思います。

昨年のクラシコ、バルサvsレアル・マドリードでもレアルがカウンター勝負を挑んでいましたが、C.ロナウドが良い形で前を向けなければ、中盤でボールを回して右サイドへ。

その後左サイドへ長い縦パス一本でサイドを取るという戦術は多用していました(レアルが堅守速攻をしてくるというのがそもそもエグい気もしますが、ジダン監督だからこそできるのか…)。

亀川の前への出足とスピード&ダニルソンの精度の高いロングパスがハマったシーンだったと思いますが、ビルドアップのオプションとしてもっと使うシーンが増えても良いんじゃないかと思います。

右サイドという点でいくと山瀬がもう少し右サイドで頑張ってくれると、面白いんですが…。攻守で存在感薄い気がします。

そうなるとジウシーニョ待望論というのもあるかもしれませんが…。いつごろ出てくるのでしょう…。

と、なにはともあれ、勝ったことは喜ばしいのですが、イマイチ「ピース」がハマりきれていない感も強いアビスパ福岡。

次節、京都サンガ戦では井原監督の理想形、ぜひ見せてほしいところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク