勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。2017年J2開幕戦アビスパ福岡は「準備」段階ですでに負けていたのでは?

スポンサーリンク

2017年シーズン開幕

2017年シーズンがついに開幕しました。

アビスパ福岡にとっては「1年でJ1復帰」というある意味、非常に難題なミッションがついに開始されたわけです。

今シーズンは補強メンバーも充実。

特に誰がスタメンになるのか全く予想できない状況。

その分期待も大きかったはずなんですが…。

1試合平均失点1以下のはずが、1-2でJ3から帰ってきた大分トリニータに敗戦。

開幕戦を落とす井原ジンクスは健在ということで。

ジンクスは抜きにしても、正直負けるべくして負けたなというのが感想です。

そんな2017年シーズンのアビスパ福岡の開幕戦を振り返ってみたいと思います。

元楽天ゴールデンイーグルス野村監督もとい、松浦静山曰く。「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし。」

以前もこんなタイトルの記事を書いたこともありますが…。

今回はもうひとつ野村監督の言葉を付け加えますと。

先入観は罪、偏見は悪

なんてことが当てはまるんじゃないかな…。

開幕スターティングメンバー

個人的には、プレシーズン中4-4-2のやり方にウェリントンがフィットしていないように見えていました。

また、コンディションの仕上がりもそう良いとは思えず。コンディションが上がってくれば、また違ってくるのかなと期待はありましたが、戦術にマッチするかしないかはまた別の問題でもあるのかなと。

そういう意味では城後と松田のコンビというのが妥当のかなと予想いていましたが…。

前線はウェリントンと松田というコンビ。

ウェリントンの先発も予想外ではありましたが、パートナーに松田というのも予想外。

どうしてもウェリントンを使うならむしろ、城後がスタメンだと思っていました。

それは、城後がプレシーズン中積極的な動きを見せていたということもあります。

また、4-4-2という形の守備に置いて、城後の守備の貢献度は高いように思いました。

個人的には城後に対して昨年まで「懐疑的な目」を向けていました。

それは攻撃の軸としての城後へ対する見方。

逆に今シーズンはこれだけ攻撃陣を補強したからこそ、城後の守備と運動量が活きるんじゃないか?

と、思い始めていたところもあるので、これはこれで予想外でした。

やり方は違うと思いますが、昨年優勝したレスターの岡崎くらいにキーマンになるのではと思っていたくらいです。

まあ、負けた後ならなんとでも言えますが、この予想外はこの日の最初の嫌な予感だったとも言えます。

前半は押し込めていたアビスパ福岡ですが

まずは、キックオフからの15分。

アビスパ福岡はJ1の頃からは想像できないくらいボールを保持。

大分トリニータ陣地でプレーする時間がが多かったわけですが。

アビスパの当初の狙いとしては、ボールを保持して押しこむというのがこの試合での狙いどころだったんだと思います。

そういう意味で言えば、最初の15分でアビスパ福岡が点を取りきれていれば、アビスパ福岡に流れが来ていたのかもしれません。

状況はだいぶ違ったでしょう。

ただ、それは大分側も事前にわかっていたことで。

ボールをキープしてくるアビスパに対して、大分は完全にカウンター狙い。

確かにボールを保持して押し込めていたアビスパ福岡とはいえ、狙ったカウンターから「オフサイド」にてノーゴールだったものの、攻撃の形をつくりきった大分が主導権を握っていました。

怖くないアビスパの中央攻撃

プレシーズンを観戦して心配だったのは「攻撃にバリエーションがない」こと。

ウェリントンめがけてクロスを上げるのも悪くないのですが。

3バック+ウィングバックの5バック気味で守っている大分に対して、ファーサイドにウェリントンが入っても相手は確実前後に2枚つけていました。

もちろん、石津、山瀬、松田も攻撃に参加しているわけですが。

数的に優位に立てないのなら、動いて守備を剥がすしかないわけですが、ウェリントンはファーで待つばかり。

ニアに入るときは、石津と入れ替わるワンタッチパスを出すのが、すぐにバレバレ。

もうちょっと変化をつけないとマズイのかなと。

松田は時折スルーを狙っていましたが、人が居た試しがなく…。

確かに攻めては居たんですけど、大分としてはそこまで怖くなかったんじゃないかなと。

ハイプレスしている間は良いのだけど

15分すぎから、アビスパは積極的なハイプレスを解除。

ややゲームを落ち着かせつつ、という感じだったんですが。

攻め込んだ後のカウンターは状況変わらず。このタイミングで変化をつけられれば良かったと思うのですが…。

イメージの配置図にはなりますが、カウンターをされる形はこんな感じ。

山瀬、石津が攻撃寄りになるとガッツリ、サイドが空きます。

まあ、サイドハーフがあがって、場合によってはサイドバックも上がってます。

左右で駒野と亀川はバランスをとっていたようにも思いますが…。

上の図は典型的な形です。

亀川が仮に下がっていたとしても、結局数的有利をつくられたり、サイドに振られてしまうとこのスペースがどうしても空いてしまいます。

そこで、ポイントをつくられてしまえば亀川ももちろん、ボランチ、最終ラインも後退。

中盤がほとんどなくなります。

石津も、山瀬も帰陣が早いといえばそうでもなく。

後半はこのスペースを気にして山瀬が抑え気味(スタミナ的な問題?)になったんですが、今度は石津だけでは攻撃がままならず。

更に石津はなんとか攻撃しようと中央寄りなので、スペースは空いたまま。

結局中盤で一枚足らないので、状況によっては、最終ラインから一枚飛び出して相手をチェックするも、ワンタッチで剥がされてしまうとあっという間にサイドに展開されてピンチ。

最後のところで凌いでいましたが、アビスパの守備に良い所は殆ど無かったんじゃないでしょうか。

攻め方は石津だけしかなかったのか?

後半アビスパの攻守のバランスが悪いためか、大分はボールを持ってプレー。

前半アビスパが狙っていた形を大分にやられたといった感じでしょうか。

その結果、今度はアビスパがカウンター狙いになった感もあります。

そこから何度か攻撃の形は作りましたが。

とはいえ、一辺倒な感が強かったように思います。

石津のところで潰せばなんとかなるというのが、大分の守備としての認識だったんじゃないでしょうか。

この形として、問題の解決を考えるとするなら、プレシーズンマッチの長崎戦。

長崎戦のFWは坂田と松田。

その時、坂田は裏を狙うというプレーを積極的にやっていましたが。

それと同様にやっていたのが、ビルドアップの時に中盤まで下がってきて空いたスペースで後方からボールを引き出すプレー。

大分戦で言えば、石津が中央に寄るのであれば松田が空いたスペースに下がってボールをもらうというのもありだったんじゃないかと。

そうすると、ウェリントンが中央に入って、山瀬がもうちょっと前に出るとか。

ウェリントンと、山瀬がそうしたプレーをしてなかったわけじゃないんですが、守備が整っている状態では効果は薄く。

どうせ、石津が動くならそれに合わせてうまくスライドしつつ、相手を動かしつつスペースを使った方が効果的な攻撃が増えたようにも思います。

もしビルドアップの途中でボールロストしたら、松田はそのまま下がってそのままサイドでプレー。

石津はそのまま、流れて山瀬が出て行った穴を埋める。

その動きができれば守備の問題もある程度軽減できたんじゃないかなと。

ニューイヤーカップの前のテストマッチでは石津と邦本が左右で入れ替わりながら、そういう動きをしていたようにも見えたんですが…。

そういった柔軟性は出てこず。

松田も下がってボールを受けるというより、前線で相手のDFにプレスする時間が多かったように思います。

ポジショニングに関しても、一度攻撃のポイントに張ってしまうと、なかなか動かないウェリントンとの関係性を取るだけに終始してしまったようにも見えます。

後半に山瀬に変えて邦本、松田に変えて、坂田を入れたのはこの辺のビルドアップに変化を出したかったのでしょう。

ダニルソンがベンチにいながら城後をボランチに入れた意図として想像できるのは、ゴール前で仕事ができる選手を増やしたかったのだと思います。

4-4-2でFWが動きまわらいのはやはり辛いのでは?

ウェリントンが悪いー!と、言うつもりではないんですがやはり、レスターやアトレティコ・マドリードのような4-4-2で戦うならFWの運動量と守備への貢献度はかなりもとめられるのかなと。

松田も、ウェリントンも前線のプレスには走っていたんですが。それがアダになることも。

最終ラインにチェックに行くのは良いのですが、後ろと距離が空くことも。この辺はニューイヤーカップではウェリントンは後ろを振り返りつつ、だいぶ気を使っていたようだったんですが。

やはり実戦となると、違うんですかね。

プレスに関しても、FWだけだと3バックとしては、2トップにプレスされても一人余ります。後ろとの連動がないと下手にプレスしても回されるだけですが…。

さらに中盤にスペースがあるなら、さっさとボールを入れてしまったほうが早い。

FWのプレスが効かずにボールが出てしまえば、センターハーフ2人がつり出されます。センターハーフがつり出されるとサイドバックもそのスペースに気を取られます。

場合によっては、最終ラインが飛び出す必要もある。

もちろん、前線のプレスからマイボールにするシーンはあったんですが…。

とはいえ、リスキーなやり方になってしまっていなかったかなと。

城後ではウェリントンほど前線で存在感はないかもしれないのですが。

城後の守備力が特別秀でているとも思わないんです。

しかし、時折見せるFWとしてのゾーンプレス(パスコースを切りながらプレス)の動きには元アビスパ監督松田浩氏の教えを見る気がします。

今のやり方なら、城後の経験が活きるんじゃないかな…。

もちろんウェリントンの攻撃力との差し替えとなると悩むところなんですけどね。

失点はセットプレーから

ニューイヤーカップでもそうでしたが、またもセットプレーから2失点。

J1でもセットプレーからヤラれてしまうケースが多かったわけですが。

昨年からの課題が全く解決していない!

と言いたいところなのですが。

とはいったものの、なんとか最後のところで凌いでいたとは思います。その点は頑張っていたと思います。

しかし、あれだけオープンに攻められてしまっては、どこかで押し込まれてしまうのも無理もない気もします。

失点に関しては、気持ちの問題になるのかなと。

先入観は罪、偏見は悪

J3から復帰してきた大分相手にちょっと油断してなかったか?

というのは、試合から感じたシンプルな疑問です。

J2からJ3に降格して、再度復帰してきた大分トリニータは完全に「チャレンジャー」。

チームとしてもJ2開幕戦に臨む一体感を感じました。

アビスパ福岡に戦う気持ちがなかったとは言わないですが、大分から比べると劣っていた気もします。

一昨年、昨年の堅守速攻型の戦い方と比べると、非常に攻撃的に振舞っていたアビスパ福岡ですが。

どこか大分戦を新しいアビスパの戦い方における「試験運転」と捉えてなかったかなと。

大分側が堅守速攻を狙ってくることは予想できたと思うのですが、それに対して攻撃力でねじ伏せるというやり方に見えました。

それがうまく行かず、路線を変更したところは悪くないと思ったんですが、「準備」という段階で負けてたのかもしれません。

後手に回って、押しきれるほどアビスパは横綱ではないはず。

横綱相撲をやろうとした(やってしまった)ところに「J3あがりの大分トリニータ」という先入観はなかったでしょうか。

シュートブロックするときは、背を向けない

気持ちという面ということでいくと。

もうだいぶ前の話なので、記憶が曖昧ですが。

鹿島の選手が「シュートブロックで背を向けるとジーコからめちゃくちゃ怒られる」というエピソードをよく思い出します。

最初の失点は亀川が詰めてシュートブロックに行くのですが。この時、背を向けます(亀川が背を向けたらからゴールされたという意味ではありません)。

某漫画のように顔面で止めるというわけにもいかないですが。

背を向けたブロックは仮にボールが当たってもゴールへ飛びやすいというのが、ジーコの理屈だったように思います。

どこかの記事でドイツ人も真正面からブロックに行くと読んだ記憶があるんですが(うろ覚え)。

アビスパ福岡に限らず、日本人のシュートブロックは「行っている」というエクスキューズ込みなブロックな気がします。

近距離からシュートされるのはそら怖いですよ。本能的にも避けてしまう。

私もラグビーやっている時に相手のキッカーめがけてプレッシャーかけるの嫌でした。目の前でのパントキックは顔面に向かってボール飛んできますから。

すんごい怖いです。

自分が腰抜けなので、プロのサッカー選手に何か言える立場でもないんですが。

でも、そこで身体張るから戦えるわけで。

あえて言えば、そこで身体を投げ出せるか、出せないかの差が出てしまったのかなと。

この大分戦、気持ちの部分でのぶつかり合いという面も大きかった思うんですが。

そうした意味では開幕戦への準備の段階から、アビスパ福岡はやや受け身だったんじゃないかなと。

最初の失点は、その差を象徴していたシーンに感じました。

チームとして「ここぞ!」というタイミング

この日はチームとしても「ここぞ!」というタイミングを合わせられなかったように思います。

個人だけでなく、チームとしてのメンタルと言えることかもしれません。

その点でこの試合にて気になったのは、高い位置で前線がプレスしてからの大分が蹴りだしたロングボールへの対応。

アビスパ福岡のFWが前線から積極的にチェックをかける狙いは、

  • そのまま奪えたら、ショートカウンター
  • 相手のパスコースを塞いで精度の低いロングボールを蹴らせてマイボールに

だと思われます。

しかし、この日はせっかく前線が高い位置で相手を追い込んで精度の高くないロングボールを蹴らせたのに、その先の競り合いで「マイボールにする」という激しさを感じないシーンも。

競り合いだけでなく、マイボールにしてもその先の「狙い」が見えないことも「強い意思」を感じられなかった要因かもしれません。

横のキープするばかりで、プレスで高く張っている前線の選手へすぐさま縦パスを入れるというシーンは皆無。

岩下あたりがズバッと蹴りこまないかなと思っていんですが…(とはいえ、前線がどんどん前に出るばかりで、ロングボールをマイボールにしてもかなり前線と最終ラインに距離ありました)。

大分トリニータの守備に対応されたのかもしれませんが、せっかく前線が体力削って形をつくるわけですから、チームとして「ここぞ!」という場面で一体感に欠けた言っても良いかもしれません。

守備陣からすればもしかしたら、

「簡単にスペース空けすぎで、前線のフィルタリングないから揺さぶられてしゃーないわ!」

と、言われそうな展開だっただけに、攻守におけるチグハグ感は否めないのかなと。

前線がプレスするなら後ろはもうちょっと最終ラインを上げて良い気がするんですが、まあ、前の守備がゆるいと上げたくても上げられないですよね…。

この敗戦を無駄にしないためにも

シーズン前から、岩下が「アビスパ福岡は静かすぎる」と発言していましたが、この試合をみてもメンタルという面で脆さがあるのではないかなと感じます。

岩下が来たから判明したというより、ずっと前からそれは様々な形で指摘され、問題として露見していたはず。

J2で3位に入った時のように、乗ってくると強いというのも「状況に左右されやすいメンタル」の裏返しなのかもしれません。

もう少し、具体的に個人的な見解を言うと「準備」というのが下手なように思えます。

試合をするにあたって、そこに合わせてフィジカル的に調子を上げていくことも準備ですが、「気持ち」を持っていく準備が下手に思えます。

勝つために何をすべきなのかが、詰め切れていない。

これは、メンタルというより「理屈」なのかもしれませんが、明快な論理はメンタルの拠り所になるはずです。

そこが弱いからこそ、敗戦が続くと余計わからなくなる。

考えようにも考えきれないし、団体競技である以上、個人だけも解決しない問題も多い。

やがて「とりあえず指示されたことをやろう」というサラリーマン的な割り切りで思考に蓋をする。大なり小なりそうした傾向を選手が抱えてしまっているように感じます。

これも、私のアビスパ福岡へ対する「偏見」なのかもしれませんが。

この数年見ている限りこの問題はチームの中にしつこく根付いている気がします。

寄せ集めとは言いたくありませんが、今日の先発陣はJ1昇格年からみて、メンバーもだいぶ変わりました。

果たして、今のメンバーはどれほどアビスパ福岡に「誇り」を感じているでしょうか。

J3降格から、再びJ2へ帰ってきた大分トリニータの選手には「もう一度自分たちの力でJ2で戦うんだ」という気概がありました。

それから比べると、アビスパ福岡の今日の戦いは結果手として負けてしまったというのもあるとは思いますが、「1年でJ1昇格」の言葉とプレーにギャップがあったかなと。

なんか、毎年開幕戦で選手のメンタルにギャップを感じることが恒例化しつつありますが。

選手が変わっても3年も連続で同じような感想を抱くというのは、やはり井原監督のチームとしての問題点なのかもしれません。

まずは、「アビスパ福岡としての誇り」をどう構築するか。

それは勝つことで得られる要素がなのかもしれませんが、全てではないと思います。

ちゃんと試合に入っていける「準備」をする上でも、私はメンタルトレーナーをスタッフとして迎え入れることを提案したいと思います。

【強豪と戦うたびに痛感する「メンタルの差」アビスパ福岡が変わるためには、選手が変わるしかない】

強豪と戦うたびに痛感する「メンタルの差」アビスパ福岡が変わるためには、選手が変わるしかない
アビスパ福岡に足りないものはメンタルの強さ 2nd ステージ開幕戦。 J1 残留に向けて良い結果を期待していただけに非常にショッ...

それに関しては上記記事に書かせていただきました。

DAZNの放送でメインスタンド下で試合を見つめる川森社長の姿が一瞬映りました。

というか、DAZNのライブ配信は安定しないなあ…。

まあ、それは今後の改善を期待するとして、川森社長に今のアビスパがどう見えたのかは興味深いところです。

個人的には、「今シーズンの1敗」というよりは、「この数年の課題におけるこの先数年におけるチームづくりにも影響する1敗」だと見ています。

さて、次節レノファ山口戦。

個人的には、レノファ山口の上野展裕監督は非常に注目している存在です。

広島サンフレッチェ出身でモダンサッカーに精通する非常に野心的な監督だと思います。

レノファはつい数年前までJFLだったチーム。昨年はJ2で中位でした。

上野監督のもと、急速に力をつけカテゴリを上げてきているチーム。

とはいえ、まだJ2を制するほど地力のあるチームではない。

アビスパ福岡はそうした相手に今日のように「攻撃的」に攻めるのか。そして受け身にならず「チャレンジャー」としてのアグレッシブさを出せるのか。

早速ながら、その戦い方の出来によってはアビスパの今シーズンの戦い方を左右する試合になりそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. タカ派(野球) より:

    こんにちは。
    やっと2017シーズンが開幕しましたね。昨日は現地まで行ってきました。
    結果はご存知の通りでしたが……負けに不思議な負けなし、確かにその通りだともいます。しかし「なぜ?」という不思議な動きがあったのも事実。そういう敗因、あるいはそこまでいかずとも改善するべき点を少し挙げていきたいと思います。

    1.城後IN……えっ、ボランチ?
    この時、一気に2枚替えしたのですが(OUT駒野、山瀬⇒IN城後、邦本)、城後が駒野の右SBに入るのではなく、冨安をCBに下げて空いたボランチに城後を入れるという、ちょっといじった感じの交代になりました(邦本は右SHに)。試合後のインタビューでは井原監督は……

    Q:城後選手を途中からボランチで投入した意図は。
    井原監督:城後は今日、ベンチスタートになりましたが、ゲームの途中(出場)というプランはありましたし、1-1という状況のなか、中盤の攻撃の厚み、彼の展開力、ゴール前の絡み、セットプレーの脅威など攻撃的なところで流れをかえたいというところで城後、そして邦本を投入しました。

    なるほど、城後に中盤での展開力を求めての交代、と。しかし、これはちょっと無理あがあるように思うんですね。そもそも城後はそんなに展開力のある選手ではないと思うからです。もし、そういう目的で出すのであれば昨日のベンチを見れば末吉もいましたし、彼を出すのが妥当だと思います。
    また、結果論的になってしまうかもしれませんが、後半、大分はかなり中盤を省略した少し長めのボールを前線に供給する形で攻撃の形を作っていたように思います。そして、それがうまくいっていたために福岡がボールを保持する時間が短くなり、そしてピンチが連続するという状況が出来上がっていました。であるならば、中盤勝負ではなく、そもそもボールを刈り取れる選手を入れた方がゲーム展開的にはいいのではないかと思います。この場合ではダニルソンの投入がベストでしょう。(もっとも彼の場合はベンチにはいたが稼働できたかどうかの疑問が残りますが)城後の守備はSHとしては及第点があると思います。決して抜かれない、そしてサイドの狭い方へと誘導していく。しかし、これがボランチでは機能しませんでした。
    結局、この試合において攻撃面で城後が光ったのはゴール前に走りこんだ一瞬だけでした。

    2.むらっけのある邦本
    これは采配などではどうしようもない癖の様なものだと思いますが、邦本は試合中、たまに動きがなくなるシーンがあるんですよね。彼自身、決して走らない選手ではないですし、守備もそこそこやろうとしてくれる選手ではあるのですが。ゲームの中で選手が何を考えているのか、それは選手を経験したことのない私には実感ができませんが、もうちょっと動きながら考えるようにしてほしい、と。あと、フォローにも走るようにしてほしいですね。

    なんかとりとめがなくなりましたね。
    あとはこのまま続けてもこーしたら、あーしたら、の結果論ばかりになりますからそれなりに自重するとして(笑)、ここからは思い付きなのですが。
    セカンドトップに邦本、というのはどうかな、と思います。サイドでの守備やコンビネーションとか考えるより、もっと中ほどで、何も考えず味方が走りこむスペースにボールを蹴りこむ方が彼には合ってるのではないでしょうか。そういう方向であるならば右SH城後という方向もあながち間違いではなかったのかな、とも。ただ、城後が一番輝くのはやはり最前線だろう、とも思うのですが、なかなかポジションがままならないところですね。

    井原監督は実戦の中で最適解を見つけられる監督だと信じています。今年はそのためのピースは数多くあります。次節の山口戦、監督がどのような解答を提示するのか、大変楽しみにしています。

    • ざかしんく より:

      タカ派さん

      コメントありがとうございます。井原監督は開幕戦は毎年どこか実験的な気がします…。
      突然パク・ゴンをアンカーでつかった初年度などの采配は実験を通り越して博打だよなと。

      案外山師的なところがある監督なのかなと思ったりしています。

      ダニルソンはコンディション気になりますね。確かにあの場面はダニルソンでも良かったのかなと思ったんですが。
      とはいえ、あの状況で点が入るとしたらセットプレーしかないのかなと。
      ゴール前で人数かけようとおもったら、中盤は多少犠牲にして(とはいえ必要最小限の適正は欲しかった)ということで城後のほうがベターという判断だっかなと思います。

      そもそも井原監督の考える4-4-2がレスターやアトレティコに近いのであれば中盤にボール奪取能力の高いMFは必須だと思います。

      それで言うと、ダニルソンがファーストチョイスだと思うのですが、それをしなかったと考えるとそもそもダニルソンにトラブルがあったと思うのが自然かもですね…。