2017年J2リーグ アビスパ福岡の超個人的な選手評価をしてみる【MF編】

スポンサーリンク

2017年のアビスパ福岡の選手を個人的に評価してみる

前回GK・DF陣の超個人的な評価をしてみたのですが、今回は「MF編」です。

前回記事同様に

ポジティブな評価をしている点は【P】。

ネガティブな評価をしている点は【N】としています。

MF編

7 三門 雄大

【P】豊富な運動量と、キャプテンシー。
【N】豊富な運動量ながら、無駄なチェイシングや、飛び込み、ポジション放棄と案外やらかしている。

高いキャプテンシーでチームを引っ張る姿が非常に頼もしい三門。豊富な運動量で、守備だけでなく攻撃でもサイドを駆け上がったり、中央へ飛び込んだり。その貢献度は高いと思います。

個人的にはアビスパ福岡(現役)で好きな選手を上げてと言われたら確実にTOP3に入る選手です。

だからこそ厳しく見てしまうのですが…。

個人的に不満なのは、「無駄なチェイシング」が少なからずあること。

前線からも積極的に相手の最終ラインへプレスを仕掛ける三門。チームの役割としてもそうした役割を担っているんだと思います。

しかし、周囲と連動できていないときでもボールを持って前を向いたDFに執拗なくらい食らいつくことも…。

相手は完全に前を向いているので、簡単にかわされたり、簡単にパスを回されたり。最悪な場合は三門が前に出すぎて、後ろでは守備陣形のバランスが崩れていることも。猪突猛進なところがあるのか、「とにかく突っ込め!」と走っていってしまうのが気になるところです。

前に行くだけでなく、自陣ゴール前の危ないシーンで積極的に守備に走るのはよいのですが。ボールがこぼれて次の展開となったときに、案外ボールウォッチャーです。目の前のフリーの選手を放置することもあります。

確かに非常に走る選手なのですが、メリハリがないというか。勢い任せな感もあるのかなと。

どことなく現役時代の柱谷哲二氏を彷彿とします…。当時は柱谷さんのチェイシングが絶賛されていましたが、今考えるとびっくりするくらい無謀なことも多かったよなと…。

こちら、Youtubeで見つけた柱谷さんのゴールですが…。

これ見ると、Jリーグもレベルも確実に上がってますよね…。守備がひどい。

15 末吉 隼也

【P】-
【N】-

残念ながらほとんど、今季はプレーを見ていないので、割愛すべきか悩みましたがこれまでの貢献度を考えると、書かないわけには行かない選手だよなと。

プレースタイルとしては攻守ともにバランスの良さが売りの選手だと思います。キック精度の高さも売りだとは思うのですが、個人的に末吉のプレーで好きなのは「危険なポイントをいち早く抑えるプレー」です。末吉は危険察知能力が高く特に相手のカウンターを潰しに行くのが非常に巧い選手だと思います。

【2016年 J1 ジュビロ磐田戦】

【アビスパ福岡を分析するブログ 】第4節 J1 未だ勝利なしのアビスパ福岡。ジュビロ磐田戦で見えた、「良くなっていること」と「不安要素」を整理してみる
現在も試行錯誤?ジュビロ戦に見た光と影 J2 昇格組の対戦となったジュビロ磐田 vs アビスパ福岡戦。 2 - 2 の引き分けと...

アダイウトンの独走を体を寄せて防いだシーンは個人的に末吉の良さが凝縮されていた気がして、今でもよく覚えています。

しかし、今シーズンは出場機会が得ることが出来ませんでした。三門が来季チームに残るかは判りませんが、仮に三門が出るとしてもそうなると中盤の補強はアビスパにとっては(三門が残留しても)至上命題だと思っています…。新しい補強が行われた場合末吉はどうしてもベンチスタート。もしくは、ベンチ外というのが常になってしまいまそうです。

酷な言い方かもしれませんが、三門、山瀬と比べるとトータルで見た時にプレースケールが小さいのは否めないかなと。

来季以降のことを考えると、環境を変えてプレーするのが末吉にとっても一番の選択なのかもしれません。サッカー選手は試合に出てこそだと思うので。

チームを去ってしまうことは残念ですが、新しいチームで「チームを救うプレー」を見せてほしいなと思います。

29 ジウシーニョ

【P】独特のポジショニングと気が利いたスペースを埋める動き
【N】年齢的な衰え?

ちょっと不思議な動きをすることもあるジウシーニョ。しかし、守備時にスペースへ戻る動き(特にディアゴナーレの動きはアビスパで一番ちゃんとしている)。というのが個人的な見方です。

元々FWのジウシーニョがサイドバック(Jリーグ限定?)でもプレーできたのは守備のディアゴナーレの動きがしっかりしていたからじゃないかなと、プレーを見ながら思ったり。

そういった意味では右に入ってる時は安心出来る選手でした。

年齢をネガティブポイントで上げてしまうのはズルいのかもしれませんが、ジウシーニョの場合はシーズン通してプレーできるコンディションが維持できるのかなというのも心配なところです。

シーズンの始まりと終わりで離脱しましたし、あとは1試合でもフルで走り通すスタミナも無いように思います…。

この原因は何かと言われると、やはり年齢的な影響があるのかなと感じています。33歳なのでまだ老け込む年齢じゃないんですが…。ジュビロ時代のプレースタイルが記憶にある分、年齢的な影響を感じることもしばしば。

とはいえ、日本でのキャリアも豊富な選手です。攻撃時は不思議なポジショニングを試みることもありますが、小柄ながらヘディングを合わせるのも巧く、独特の得点感覚はアビスパ福岡でも見せてくれました。こういったセンスは日本人FWにはなかなか無いだけに、お手本になる選手なのかなと思ったり。

仲川や松田は盗めるところが多いプレーヤーじゃないかなと思っていたのですが…。

チームに居てくれたら頼もしい存在ではありますが、残念がら契約満了となりました…。ブラジルに戻るのか、まだ日本でプレーするのか判りませんが…。案外指導者なんて道を考えてそうだなと思っているのは、完全に個人的なカンです。

33 山瀬功治

【P】2000年からずっとゴールを取り続けている「攻撃力」はさすが。
【N】守備(元々守備の人じゃないだけに酷ですが)

移籍が決まった時に「どこで使うんだろ?」と個人的には起用法が思い浮かばなかった山瀬ですが、左右のサイド、センターハーフ、ボランチと中盤の殆どの役割でプレーした
適応力はポテンシャルの高さなんだろうなと思います。

マリノス時代のイメージが非常に強いので、キャンプ中にボランチで起用されているのを見たときには「本当に大丈夫?」と思ってしまいましたが、そこは杞憂でした。

ただ、守備面に関してはやはり期待するのは酷なきがします。確かに慣れないポジションをこなしたことは評価したいのですが、安易なスライディングや、足を引っ掛ける守備は往々にして「余計なフリーキック」を与えるきっかけを作っていたかなと。サイドでもボールホルダーに詰めきれない事も多く、来季も山瀬をセンターハーフやボランチで起用するのはあまり賛成はできないというのが個人的な評価です。

おそらく、ベストポジションは4-2-3-1の「3」のどれかだと思います。個人的には左サイドで起用するのが一番良かった印象なのですが…。

2000年のコンサドーレ札幌時代から続いている連続ゴール(点を取らなかったシーズンが無い)を来季もぜひ継続してほしいところです。

39 三島 勇太

【P】-
【N】-

三島においてもほとんどプレーを見ていないのですが…。チームを去るということで評価を書いてみたいと思います。三島はサイドとしての攻撃センスはずば抜けたものを持っていると思います。

三島の印象的なプレーといえば、ルヴァンカップのFC東京戦でのゴールでしょうか。

【ルヴァンカップ FC東京戦】

【アビスパ福岡を分析するブログ 】ルヴァンカップ アビスパ福岡 vs FC 東京戦 2 試合にみるアビスパ福岡のステップアップ
ルヴァンカップ FC 東京戦から次に活かせるものとは? アビスパ福岡のクラブ史上初めてのカップ戦「ノックアウトステージ」進出。 ...

相手を2度のシザースで置き去りして、左足で外巻きにかけたボールはGKが一歩も動けないままゴールへ。

このセンスはアビスパ福岡の中で誰も真似出来ない領域にあったと思います。J1でもこのレベルのセンスをもった選手はそうそう居ないと思います。

ただ、それだけでは通用しないということなんですよね…。

バルサBチームとの親善試合でも三島のサイドからのカットインは十分に通用していたように思います。

【バルセロナB 親善試合】

アビスパ福岡を分析するブログ  バルセロナB vs アビスパ福岡 5失点に感じた「現在」と「未来」
「2軍に5失点って、アビスパ超弱くない!?」 と、レベルファイブスタジアムの帰りの道で似たような発言を何度も聞ききました・・・。 ...

この能力をアビスパで十分に発揮してほしかったですが…。今季で契約満了。トライアウトに参加していましたが、良い連絡が届くことを祈っています。

三島の攻撃センスを必要としているチームはきっとあるはず。

中盤の補強は必須

改めてアビスパ福岡の選手をみると、MF登録の選手がほとんどいないんですよね…。実際ポジション登録と出場するポジションは一致する必要はないので、ポジション登録自体意味のあることではないのかもしれませんが。

上記のメンバーからすでに3人が契約満了で退団。去就の分からない三門と山瀬だけです。松田や城後などFW登録ながら中盤での起用もある選手もいますが、「本職」の選手が不在。特にセンターハーフ・ボランチは手薄だよなと感じています。

冨安の移籍話などもありますが、それと同じレベルで中盤の軸となれる選手の補強が必要なのでは?と、個人的には見ています。

ダニルソン級の選手の補強が必要なんじゃなかと思っていますが…。

無理とわかって候補をあげますが、鹿島のレオ シルバとか。以前大分トリニータにいたダニエルのような守備、攻撃において中心となれる中盤が欲しい。

ここはカルロスの「ブラジル・コネクション」を期待するしか無いのかもと思っています…。日本人にはなかなか居ないタイプなだけに。

ポジティブ・チェンジに優れた中盤を

今季、個人的にアビスパ福岡の攻め方の中で足りないと感じているのは、「カウンター」です。

J1昇格年度のチーム得点王は鈴木淳でした。これはフリーキックからの得点もありましたが、カウンターから鈴木淳が押し込む形があったからこそだと思います。

2017年シーズンはカウンターから決まる得点が少なかったように思います。これは攻撃パターンの少なさにつながっていると思うのですが…。

カウンターが少なかった理由は、そもそも前線で張るウェリントンがスピードがあるわけでも動くタイプでもないというのもあったかと思います。

それに加え、中盤から「守備→攻撃の切り替え」いわゆるポジティブ・チェンジで仕事が出来る選手がいなかったのも大きいかなと。

三門にしても、山瀬にしても、ウォンドゥジェにしても展開力に関して期待をするのは酷な気もします。

そういった意味では、噂レベル?ですが獲得調査に乗り出しているというガンバ大阪を退団する「遠藤保仁」はポジティブ・チェンジを任せる上でこれ以上にない適任者の可能性もあります(また平均年齢あがっちゃいますが)。

個人的にはスピードと守備の面でやや疑問ではありますが…。戦術眼と技術、経験はそれを補うに十分すぎるかもしれません。

本当に来てくれる可能性があるのかすら判りませんが…。

DFの補強は篠原が岡山からやってきました(2017年12月21日現在)。これが本当に冨安に代わっての補強だったのかは来季のシーズン始まってみないと判りませんが…。

個人的には冨安の代わりを探す以上に「中盤の補強」は重要なポイントだと思っています。

スケール感のあるプレーができる外国人選手を期待しているところもありますが…。果たしてどうなるやら。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク