2nd ステージに向けて井原監督の勝算は?17節鹿島アントラーズ戦にみるアビスパの目指す勝ち方とは?

スポンサーリンク

2nd ステージに向けて、アビスパ福岡の課題とは?

結果的にこの 1st ステージ最後の 2 試合は鹿島アントラーズの優勝をしっかりサポートした形となってしまったアビスパ福岡。

優勝した鹿島アントラーズと真逆の最下位で終わってしまいました。

昌子にカイオといった主力が不在の鹿島。

一泡吹かせてやりたいところでしたが・・・。

2 – 0 と完敗。

負けるにしても、前節の川崎フロンターレ戦くらい粘りを見せて欲しかったですが・・・。

そんな 1st ステージ最終節鹿島アントラーズ戦を振り返ってみたいと思います。

昌子、カイオ不在の鹿島に対して・・・

アビスパは、亀川が出場停止で不在。

代わりにケガで戦線離脱していた古部が久しぶりに先発。

實藤も欠場しているわけですが、井原監督は右サイドのファーストチョイスは實藤なのか、中村北斗なのか。

このへんは微妙ですが、ほぼベストメンバーとなったアビスパ福岡。

GK イ・ボムヨン

最終ラインは左から 古部、堤、キム・ヒョヌン、中村北斗。

中盤は左から、金森、ダニルソン、末吉、城後。

前線が邦本、ウェリントンという形です。

鹿島は最終ラインの主力、昌子と攻撃の要、カイオが不在。

そんなアントラーズから、1 点は取ってくれるんじゃないかなと思っていたんですが。

試合の入り方は悪くなかったアビスパ福岡

結果的に負けてしまったんですが、アビスパ福岡の試合開始直後は狙った攻撃ができていたように思います。

攻撃としては、ウェリントン、城後といったところに当てて邦本、金森が落としたボールを拾うというシンプルな形。

攻撃の形としては大きな違いがあるわけではないですが、この日はサイドで基点を作っていました。

前節川崎フロンターレ戦では中央でウェリントンが競る形多かったですが。

この日の試合ではまずサイドに流れて基点を作っていました。

試合開始開始直後のシーン。

avispa-point_optimized

ウェリントンが、サイドで落としたところに邦本。

ドリブルで抜けて、クロスを送るところまで行けました(最終的にダニルソンが明後日の方向へ宇宙開発・・・)。

一連の流れとしては、非常に良かったように思います。

試合の流れにもよりますが、金森、城後が右サイドに張ればウェリントンは、逆サイド遠いサイドで構える。

といった感じで、流動的な動きで相手のチェックを外せていました。

金森からウェリントンへのクロスはそうした動きから生まれた絶好のチャンスだったんですが。

鹿島からすれば、昌子が不在の影響と言えそうな場面。

welli-shoot_0-116_optimized

これゴールできてたら、全然違うゲーム展開になったと思うんですが・・・・。

ウェリントンはこのあと笑ってましたが・・・。誰かもっと詰めて欲しいなあ。と、思ったり。

リラックスしているというよりは、緩いんじゃないかなあ。

前線からの守備も

川崎戦でもその傾向はあったんですが、前線からの守備もだいぶ機能していると思います。

press

前線の 4 人が連動して守備をしているシーン。

金森と、邦本がパスコースを潰して城後がチェック。ウェリントンはフォロー。

という感じで、高い位置からプレス。

実際、このあと城後がボールにチャージして、金森のところでこぼれ球を奪取。

最終的に邦本のドリブル突破からチャンスを作りました。

前半 20分過ぎまでは首位のチームと、最下位のチームのゲームには見えなかったですが・・・。

徐々に攻撃が単調に

20分を過ぎ始めると徐々にビルドアップができなくなってきます。

原因としては、シンプルにサイドに裏をねらってくる鹿島の攻撃に対して、ボール奪取位置がかなり自陣深いところに。

こうなってくると、金森、城後が守備に走ることになります。

結果、アビスパはボールを奪ってもボールを前に運べなくなります。

ロングボールを入れるのですが、ウェリントンが競り勝ってボールを落としても、ボールを拾えず。

というより、金森、城後が近くでプレーできなくなるので、ハイボールの競り合いに怖さがなくなります。

ウェリントンが当てても、近くに人は少ないので。

そうなると、アビスパ福岡は自分たちのペースを失います。

相手の狙い所を見て、さっとやり方をかえられる鹿島の大人な面が際立ちましたかね。

粘るまもなく、CK から失点。

avispa-lost_0-90_optimized

ゾーンで守っていたアビスパに対して、一番外で構えていた山本を誰も捕まえていませんでした。

アビスパはゴール前に人数かけていましたが・・・。

結果論ですけど、エリアの外にもう少し気を配りたかったですね。

鹿島としては、点が取れずに焦れ始めることが一番いやなはずだった思うんですが。
 
アビスパとしては、最悪と言ってもよいシナリオです。

もう前に出るしか無いんですが。

前に出ようとした結果、カウンターから立て続けに失点。

仕掛けようとした矢先に今度は出鼻をくじかれるという事態に。

失点前のシーン。

積極的にボールを保持して展開しようとしたんですが。
 
ん?鹿島のディフェンスはワンマークっぽい感じですかね。

kashima-oneto

パスの出しどころがありません。

邦本が下がってボールを引き出そうとしますが、しっかりチェックされます。

金森が相手を剥がしてフリーになろうとしましたが、すぐに潰されたり。

こぼれ球を拾われても、

kashima-press

パスの出しどころを囲んであっという間にボール奪取。

このへんはさすがというしかありません。

ただ、このあとボールの奪い合いになります。

ダニルソンが奪ったように見えたんですが・・・。

judge_80-191_optimized

ダニルソンがボールを奪ったあと、相手ボールのない足にタックル入っているように見えなくもないのですが。

その後、引っ掛けられた感もありましたが・・・。

これがノーファール。

あっという間にカウンターから、波状攻撃を受け失点。

鹿島アントラーズ相手に 2 点先制されてしまっては、かなり厳しい。

前からプレスできない守備

前半開始すぐはハマっていたんですが。

後半 20 分過ぎてから、できなくなった前からのプレス。

試合中も井原監督からもっと前からいけ!という指示はあったようですが。

後半に入って何か変わるかなと思ったんですが・・・。

前線から最終ラインまでの距離は、相変わらず広いまま。

1 試合中ずーっとプレスし続けろ!

というわけではないんですが、前半開始直後は最終ラインを非常に高く保っていたアビスパ福岡。

ほとんど、中盤で鹿島にキープさせなかったんですが。

ボールが落ち着かなかったので、静止画が無いのですが。

鹿島が裏へボールを蹴った時のシーンです。

dfline-bfh

前半最初のうちはこのくらいの距離感でプレーしていました。

センターラインと比較しても最終ラインから前線までがだいぶ近い位置でプレーしています。

これが時間がたつにつれ、リトリートが優先的になってくると、特に DF と MF の間が空いていきます。

4 – 4 – 2 のゾーンプレスはボールの位置によって、自分のポジションが決まると言いますが、このとき鹿島がボールを下げてもアビスパの最終ラインはほぼ動きません。

dfline-afh

前線と中盤がポジションをあげようとするものの、最終ラインがあまりついてこない印象です。

確かに精度の高いキックがある小笠原がほぼノープレッシャーでボールを持っているのでむやみにラインを上げると、裏が怖いですが・・・。

とはいえ、中盤は前に出るし、FW も積極的にチェックするわけでもなし。

このあと、ボールを左右に展開されるのですが、最終ライン上記の位置からあまり動かず。

最終的には空いたバイタルを使われて、ワンツー。

vital-erea-df

簡単に前を向かれて、サイド攻撃を仕掛けられてしまいました・・・。

こうなると、プレスどころか、相手からしたら攻めるスペースがいくらでも見つかります。

なんだかチグハグな感じです。

現状見ている限りだと、アビスパは・・・。

  • 積極的に全員で前に行ける時はプレスができる
  • 積極的に全員でブロック(リトリート)するならある程度守備が構築できる
  • バランスを見ながら、ボールの奪いどころを見極めてプレスができない

ように見えます。

いつまでもハイプレスし続けるのも難しいですし。

いつまでもゴール前に張り付いてもジリ貧ですし。

中盤でバランスをとって勝負することが非常に苦手に見えてしまいます。

いつプレスをかけるのか?

アビスパの過去の試合を見る限り、奪いどころ自陣やや侵入されたところの「サイド」のように思います。

しかし、現状 J1 で 4 – 4 – 2 を敷いているチーム相手にやすやすとサイドに追い詰められてボールを比較的自陣で近いところでボールをうしなってくれるチームはさすがにいません。

浦和のように自分たちのプレースタイルにこだわるチームならまだしも、ロングボール戦略だろうが、ワンツーマンだろうが勝つために方法は厭わない。

そんな戦略をとる鹿島のような現実路線を追求してくるチームにはそう簡単にいきません。

じゃあ、アビスパはいつプレスを仕掛けたらいいのか?

と、考えるとやはり相手陣地深いところなんでしょうか。

最終ラインないし、ボランチがボールを持ったところを狙いたいわけですが。

そのためには、もっと高い位置に最終ラインを設定する必要があります。

陣形をコンパクトにしないことには密集地帯、作れないですからね・・・。

ボールロスト後、即時奪回?

しかし、ただ単純に相手がボールを保持している状態で突っ込むのも無謀です。

かわされてパスを入れられてしまいます。

がむしゃらに相手を追いかけても体力が持ちません。

じゃあ、一体いつアビスパは前線でプレスをかけたら良いのでしょう?

個人的には「ボールロスト」後の即時奪回ではないかと考えています。

この鹿島戦の前半も、ウェリントンに当ててポイントが作れれば、人を密集させることはできました。

相手陣地に入り込んで、ボールを取られても、即時奪回のためにプレスする。

かわされたら、すぐさま自陣でリトリート。

というこの数年欧州ではやりの戦術ですね。

クロップ政権下のドルトムントでいえば、ゲーゲンプレスというやつです。

バルセロナ、バイエルンもペップ政権下では、ボールロスト時の再優先事項は、即時奪回のためのプレス。

それに近いやり方をしていかないと、なかなか前線でプレスはかけられないのではないでしょうか?

鹿島戦、それっぽいシーンもありました。

ただ、ウェリントンが抑えられてしまったり、自陣まで攻めこまれてしまい金森、城後が守備に回ってしまうとそもそも敵陣ボールすら運べない。

といった高い位置でのボールの即時奪回以前の問題、高い位置まで到達する「ビルドアップの課題」も出てきます。

三門はそれを埋めるピースなのか?

上記は完全に私の推測ですが、横浜 F マリノスから完全移籍で獲得した三門はこうした問題の解決のための「キーマン」なんでしょうか?

個人的には、「ビルドアップ」でのキーマンだと思います。

三門自身、豊富な運動量を誇るボランチです。攻守で存在感を出してくれそうです。

その時の役割は体を張ったボール奪取というよりは、ボールを奪ってからの展開だと思っています。

前目でボールを受けてくれたり、前線にボールを供給することができれば「ビルドアップ」の問題はそれなりの解決を見るのではないでしょうか。

鹿島線でも、ボランチからのパスミスというのもありましたが、ビルドアップの途中でミスも多い・・・。

そこで三門が安定感を与えてくれるなら、アビスパのビルドアップもだいぶ変わってくるでしょう。

相手陣地に入れば、金森、邦本、ウェリントン、城後であればそれなりの攻撃が期待できます。

前線に安定してボールが入ってキープできるなら、最終ラインも上げやすいでしょう。

三門の加入だけでこれらの問題が綺麗さっぱり解決するとも思えませんが、今のアビスパの改善策の一手が「ボランチ」というなら、そういうことなんじゃないだろうか?

というのが、この日の試合を見ながら感じたことでした。

井原監督の意図だとは思いますが、アビスパは昨年からずっとボランチの補強を行っています。

J2 でボランチのモイゼスをシーズン途中でレンタル獲得。

レンタル獲得した割に、リーグ戦でほとんど出場機会がなく、なんでとったの?

というのは、今でも疑問です。

J1 参戦となり、今シーズンはダニルソンを獲得。

そして、三門の獲得。

と、ボランチをずっと探し求めている井原監督。

このポジションには、末吉、鈴木惇、中原が昨シーズンからいたわけですが、井原監督が求める働きはできていない。

ということなんですよね。おそらく。

さて、1st ステージが終了して、次は 2nd ステージ。

開幕戦から浦和レッズ戦です。

現状、降格圏を脱出するためにはライバルたちと勝点差が 6 あります。

正直冷静にみて、ほぼアビスパ福岡の降格の確率は最も高いでしょう。

贔屓目に見てるつもりでうが、他チームと比べてチームの組み立てが甘いです。

一言でいうと、弱い。

ただ、それは十分にわかっていることで。

そこを埋めるためにすでにシーズン半分戦ってきたわけです。

自分たちに何が足らないのか、もう十分わかってきたと思います。

この 1st/2nd ステージ制というのは、賛成ではありません。

今回の鹿島の優勝の価値を突き詰めて考えていくと、敢えて区切りをつけて「優勝」とするものなだろうか?

という疑問がどうしても拭い去れないので。

とはいえ、2nd ステージということで、もう一度「仕切り直せる」というのは、成績が芳しくないチームにとっては良いのかな?

といっても、普通に来週からまた試合があるので「仕切り直し」というには、あまりにも時間なさすぎですが。

前節、浦和戦はただただ、差を見せつけられた試合でしたが・・・。

一回くらい、上位陣にけたぐりかますくらいやっておかないと、残留は厳しいんじゃないでしょうか。

毎試合良い所はあると思うんですが・・・。

結果に結び付かないのは、そろそろ終わりにしましょう。

2nd ステージの巻き返しに期待したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク