それでもアビスパ福岡に希望はあるのか?柏レイソル戦でみえた希望と課題を考えなおしてみる

スポンサーリンク

やはりアビスパ福岡はダメなのか?

リーグ戦では前節湘南に勝利し、ようやくホーム初勝利を挙げたアビスパ福岡。

しかし、続くナビスコカップでは横浜 F マリノスに逆転負け。

後半のオープンな展開の中で、個の差を見せつけられた試合となりました・・・。

この試合では、金森のプレーや平井とのコンビネーションでビルドアップっと流れからの攻撃においてポジティブな面が見れました。

高い位置での守備もできました。

ただ、疲れがでてくると、自力の差が出てしまいました。

相手の不調もありましたが、良い形ができていただけにもったいない敗戦。

そこから 中 3 日の柏レイソル戦。

マリノス戦から、この連戦中ずっと関東での遠征となっているアビスパ福岡。

疲労との戦いもあると思います。

また、この短期間でマリノス戦の課題をどれだけ修正できたのか。

注目したいところでしたが・・・。

結果的は 3 – 2 の逆転負け。

点をとっても勝ち切れないアビスパ福岡に希望はあるのか?

考えてみたいと思います。

3 – 4 – 2 – 1 から再び 4 – 4 – 2 へ

ナビスコカップ 横浜マリノス戦では 3 – 4 – 2 – 1 で試合に望んだアビスパ福岡。

しかし、この試合では 4 – 4 – 2 を復活。

最終ラインに、左から 阿部、堤、ヒョヌン、中村北斗。

中盤には、坂田、田村、末吉、城後。

トップには、邦本と、ウェリントンという形に。

邦本が、徐々にレギュラー食い込んできましたね。

ナビスコカップでのベガルタ仙台戦で見せた邦本のプレーに

「アビスパの攻撃に新しい形をもたらしてくれるかもしれない・・・。」

と、思っていました。

個人的希望も強かったので、妄想の範囲かと思ってましたがそんなこともなかったみたいです。

若い力に新しい希望あり。とはいえ、目の前の課題は大きく。3試合連続無得点のチームの起爆剤は?
若い力にアビスパの攻撃の未来あり? なかなか勝ち切れない試合が続いているアビスパ福岡。 震災の影響でリーグ戦を 1 試合中止とし...

アビスパの攻撃を牽引して欲しいところです。

あと、湘南戦でも先発していた坂田が再び先発。

金森、為田の出場もあるかなと思っていたんですが。

4 – 4 – 2 の左と考えた時、坂田の場合ポジショニングに安定感があるんですよね・・・。

avispa-counter-patern_0-111_optimized

守備から攻撃に移るとき。特にカウンター時に非常に良いバランスを取っていることが多い気がしています。

また、逆サイドのスローインで顔を出すのが上手いです。

これは、もう以前からよく見るプレーですね。

sakata-posi

こうした点は非常に頼もしい坂田。

この日もチームに貢献してくれるだろうと思っていたら・・・。

試合の入りがとにかく悪かったアビスパ福岡

この日の試合は驚くほど受け身で入ってしまいました・・・。

試合途中で疲労から集中力が途切れるというならまだ判るんですが・・・。

試合開始から、球際全然行けないですし、右サイドでは伊藤に好き放題やられまくり。

前線でもディエゴ・オリベイラがやりたい放題。

これは、ひどい!

と、頭を抱えてしまう展開。

ボムヨンのファインセーブがなければどうなったことやら・・・。

bom-save_28-86_optimized

とにかく、まったく相手の攻撃に対して対応できないアビスパ福岡・・・。

試合開始早々にまったく相手をチェックできないまま、視点。

「これは何点取られるかわからんぞ・・・」。

と、この日ばかりは最悪の展開を想像してしまいました。

できれば検討して欲しい。アビスパにメンタルトレーナーを入れませんか?

疲労が相当濃いのか?と思わせたんですが・・・。

後半、このひどい状況が一気に改善します。

まったくレイソルの攻めに対応できなかった前半とはうってかわって、相手がボールを持った瞬間にぶつかっていけました。

劇的な改善の裏には、ハーフタイムでの井原監督の激が効いたのかもしれません。

しかし、それなら最初からできなかったの?

と、思ってしまううんですが。

マリノス戦で嫌な負け方をしたり、ホーム初勝利を収めたとはいえそれまで負けが続いていた状態。

精神的に厳しい状況であるのは素人でも想像がつきます。

肉体的な疲労なら、休んだりストレッチしたり、物理的な対処法がありそうです。

しかし、そうした厳しい結果を突きつけられる中、肉体的な疲労もある上でさらにメンタルのコンディショニングを整えるって、すごく難しいと思うのです。

プロスポーツでかかるストレスがどの程度のものなのか想像も付きません。

しかし普通にお仕事してても、結構自分のメンタルってコントロールするの難しいですよね。

仕事でミスしたり、うまく行かなかったりなんてことが続くとなかなかポジティブな考えってできないですよね。

アビスパの選手はプロである以上、負けが続ければ生活が脅かされかねないわけですから。

プレッシャーあるはずです。

わかっているけど、思ったようにプレーできない。

そういう状況に陥ることもあると思います。

井原監督の激で蘇ることもあるかもしれませんが、そうしたメンタル面をもっとしっかりとケアできないものなのか?

J2 時代でもそうでしたが、アビスパはメンタル的に他のクラブと比べて弱い面があるチームだと思ってます。

プシュニク監督との関係性もあったかもしれませんが、井原監督就任前はメンタル的な弱さを感じることは多かったです。

J2 を勝ち上がる中で、そうした「ひ弱さ」はなりを潜めていましたが、今徐々にまたその傾向がでている気がしています。

名将と呼ばれるサッカーの監督には選手の「モチベーション」を高めることに長けた監督も多いです。

来季からマンチェスター・ユナイテッドの監督に就任すると言われているモウリーニョはイブラヒモビッチをして「彼のためなら死ねると思える監督だ」。

と言わしめています。

それは、近年名将と言われる監督に共通した素質でもあると思います。

それくらい、選手のモチベーションは試合の結果を左右するものだと思います。

井原監督が「選手のモチベーション」を高めることが下手だとは思いません。

ただ、メンタル面をもっとフォローしてあげると、アビスパは強くなる気がするんですよね。

サッカーはフィジカルも含めてですが、メンタルと合わせてその良し悪しに結果を左右されることが多いスポーツだと思います。

ラグビー日本代表もメンタルコーチをつけてから変わったと言われてますし・・・。

どうでしょう?川森社長。検討して見る価値無いですかね?

井原監督の激で復活した後半

ということで、後半から劇的に動きが良くなります。

前半を 1 点で凌げたことが大きかったと思います。

サイドにボールが入ったタイミングで、しっかりプレスがかかり始めます。

avispa-press_30-94_optimized

伊藤にボールが入るとどうしようもなかった前半と違って、ボールを受けた瞬間にチェック。

自由にさせません。

前半でも坂田がなんとか前線から盛り返そうとプレッシャーはかけていたんですが、単発。

30分すぎくらいから他のメンバーも徐々になんとかしようとしていたようには見えたんですが。

結局、持ち直すにはハーフタイム挟むしかなかったですね。

まだ、試合中に持ち直せればまだアビスパの成長を感じれたのですが・・・。

最初からこのプレーできたでしょ・・・・。

と、やっぱり言いたくなるくらいレイソルの攻撃を潰します。

アリゴ・サッキの考案した 4 – 4 – 2 のゾーンプレスは「相手の攻撃を潰す」ことが真髄だったといいますからね。

マリノス戦の教訓は?

前半の課題のほとんどはプレスなんですが。

ビルドアップでまったくリズムを作れなかたことも課題。

いつもの、サイドバック(ウィングバック)にボールが入っても、そこで詰まる。

そこを解消したのが金森のポジショニング(と、周りの連動)。

この日その動きをすべきなのは、邦本だと思っていたんですが前半は前線で裏への動き出しが多かったです。

しかし、後半からは、下がり目でポジショニング。

やや極端な例ですが、最終ラインに田村が入ってビルドアップを開始したタイミングで、この位置まで邦本が降りてきます。

kuni-position

そこで、パスコースを作り、パスの受け手になります。

ビルドアップの時は、末吉とバランスを取りながらポジショニングを見ていた感じです。

このビルドアップに関しては、マリノス戦から非常に良くなっていると感じています。

しかし、その良くなったビルドアップに罠があったんですよね・・・。

邦本のゴールはパスをさばいたからこそ?

後半、守備のプレスがかかり始め、邦本がビルドアップでボールを触るようになるとアビスパが息を吹き返します。

そして生まれた邦本のアビスパ初ゴール。

kuni-goal_0-72_optimized

ミドル一閃素晴らしいゴールでしたが、この時レイソルの DF は「パス」を意識したんじゃないでしょうか。

ウェリントンや城後が走ってくれたこともあるんですが、それまでパスでリズムを作っていた邦本に対してシュートがくる意識は薄かったように思います。

また邦本も、その辺の駆け引きができるセンスがあると思うんですよね。

逆転の2点目も邦本のパスから

アビスパの 2点目も邦本から。

左に開いたところで坂田へクロス。

坂田の動きを完全に捉えながら、タイミングを合わせてクロス。

こぼれたところで、城後が押し込んで逆転。

kuni-cross_0-121_optimized

ここぞに走りこんでいた城後は流石だったんですが、ゴールしたあと坂田が邦本のところへ。

邦本に抱きついていましたが、坂田へのクロス秀逸でしたね。

sakata-kuni

単純に、邦本の活躍を喜んでくれたと思うんですが、坂田自身自分の動きをしっかり見極めてくれた邦本への感謝があったんではなかろうかと。

タメを作って、坂田のタイミングに完璧に合わせるセンスというのもいいものを持ってると思います。

ただ、課題はスタミナですかね・・・。

邦本が下がってからアビスパは逆転されてしまうんですが。

逆転される前に金森と、平井の投入

この形は、マリノス戦でもうまく機能しました。

平井は、金森がボールを持つと近くでプレーしてくれるので、金森としてもプレーの選択肢が広がります。

また、平井もロングボールを入れられるよりは、足元でパスの交換ができる選手の方が活きます。

そういう意味では、邦本とも相性が良いと思うんですが。

この日も、平井と金森のコンビネーションで決定的な場面を作りました。

平井が決めていれば、結果は全く違ったかもしれません。

kanamori-hirai_27-149_optimized

ちなみにですが、この日のウェリントンは前節のナビスコカップをスキップしたとはいえ、かなり体が重そうでした。

フル出場がつづいてますしね。

足?膝?をかばうような歩き方をしていたので、ちょっと心配ですが・・・。

問題の失点シーン

ここからが問題のシーンなんですが。

レイソルの伊藤にパスコースを読まれ、自陣でボールを失ったシーン。

堤のパスミスにも思えたんですが、結果的にはちょっとしたことだったと思うんですよね。

特にビルドアップが上手く行き始めていた分、遠くの為田にも通せると思ったのかもしれません。

ただ、個人的に「あっ」と思ったのはこのちょっと前のシーン。

田村がボールキープして、堤に下げるんですが。

敵が前がかかりになっていたところにマイナスボールを入れてしまった。

というのも良くなかったかもしれません。

末吉が、ボールキープできた瞬間にパスコース作ってたんですよね。

backpass

より安全なプレーを選択した結果、後ろへボールを下げたんだと思うんですが。ちょっと消極的な判断だったかと。

堤と阿部がオリベイラと、伊藤のプレッシャーをまともに受けながらのプレーになりました。

また、この時前目にポジションを移動した末吉ですが、ボールが下がったあと止まってしまいました。

遠目の為田にパスを指示していますが、遠くの為田に任せるよりも、ちょっと走って近い位置で堤のパスコースを作ってあげも・・・。

と、思ったり。

sue-position

この日も、チャンスと見れば前線まで上がったり、チェックをかけたりと積極的に動いていた末吉。

決して怠慢なプレーをしたというわけじゃないと思います。

誰が悪いというわけじゃなく、相手のプレッシャーに焦ったり、消極的な判断だったり、安易な判断が招いた失点だったんじゃないかなと。

ちょっとした「良くないこと」の積み重ねが失点に繋がる。

J1 でずーっとアビスパが苦しめられているところですよね。

アビスパの狙いは相手のビルドアップを上手く潰すことが目的だと思うんですが、相手の狙いも同じ。

特に自陣近くで失うことは失点に繋がるわけで。

またもアビスパは大きな授業料を払ったと言えるかもしれません。

堤だけが責任を感じるのではなく、チームとして反省して次へ活かして欲しいところです。

逆転した試合を再逆転して落とすというダメージの大きな敗戦。

いよいよもって、これはダメかもしれない。という思いがよぎらなくもないです。

ただ、確実に良くなっている部分はあるわけです。

そこは、まだ十分に期待できるものだと個人的には思いたい。

あともう少し、チームとして「厳しくプレー」することができればだいぶ違うと思うんですよね。

それは、フィジカル、メンタル含めですね。

まったく希望はないとは思いません。

これまで払い続けた高い授業料をどこまで活かせるかが鍵になりそうです。

とはいえ、それはまずい。中村北斗の守備

3 点目の失点ですが。

残念ながら、ここはもう希望がないかもしれません。

中村北斗が逆サイドからのクロスに、外側から入ってくる選手を見失いました。

hokuto-d_150-221_optimized

ゴールエリアに入って、一瞬外をみて、確認はしてるんですけど・・・。

マリノス戦でも失点につながりませんでしたが、同じプレーをやっていました。

この数試合だけでなく、中村北斗がこういった形でやられてしまうのは多い気が・・・。

3 バックで中に人が多い時はまだよいですが、4 バックのサイドバックとしてはちょっと厳しいかもしれません。

中村北斗の怪我もあったとは思いますが、序列的にここは實藤になっていた理由がわかったような。

阿部も簡単にクロスを上げさてしまってますし・・・。

4 バックのサイドはこの 2 人では荷が重いかもしれません。

今季サイドには、古部、實藤を補強したわけですが。

とはいえ、古部も怪我で長期離脱。實藤もマリノス戦でボールを顔面に受け脳震盪。

レイソル戦は大事を取って欠場ということでしたが、頭だけに心配なところです。

現状サイドバックは非常に手薄と言わざる得ない状況です。

シーズン途中の補強するなら、やはりサイドバックの選手だよなと。

タイトな日程が続きますが、次の鳥栖戦で仕切り直しを

とはいえ、ビルドアップの面ではプレシーズンマッチの頃から比べると劇的に良くなりました。

全くポジティブな要素が無いわけではありません。

スケジュール的には、厳しいですがナビスコカップで迎え撃つのはサガン鳥栖。

リーグ開幕戦で敗戦した相手です。

ここは開幕戦での借りをしっかり返して、アビスパ福岡として仕切り直しの一戦にしたいところです。

徐々に試合数も減ってきました。

悠長なことは言ってられなくなってきただけに。

何としてでも目に見える結果が欲しいところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク