【第 10 節】今シーズン最も悔しい敗戦。この敗戦はアビスパ福岡の分岐点となりえるか?

スポンサーリンク

試合内容は決して悪くなかったはず

もう、大宮アルディージャは相性が悪いとしか言えない気がします。

大宮アルディージャに 1 – 2 の敗戦。

昨年 J2 でもチームとしては上手く行っているのに、大宮戦ではリズムを崩したり。

アビスパにとって「苦手なチーム」なのかもしれません。

できれば、リーグ初勝利から、ホーム初勝利。

そして初の連勝と波に乗りたかったところですが・・・。

その間に未勝利で最下位だった湘南は連勝して、アビスパより上位へ。

アビスパ福岡が単独最下位ということで、現実を思い知らされる結果となっているわけですが。

そういった中でも、チームは着実にステップアプしているように思います。

よって悲観する試合内容ではないと思います。

自分たちがやりたいカタチをしっかりと示すことができた試合でした。

だからこそ余計に敗戦という結果が悔しい・・・。

そんな J1 リーグ 第 10 節大宮アルディージャ戦を振り返ってみたいと思います。

試合への入りは上々でした

この日のフォーメーションは、4 – 4 – 2 。

FC 東京戦で手応えを感じたようですし、継続してくるだろうとは思っていましたが・・・。

予想外のキム・ヒョヌンが右サイド。

20160504-sec10-avispa-form

前節はキム・ヒョヌンが出場停止でした。

その前は 3 バックでしたので、田村、堤、キム・ヒョヌンが同時に出場できていたわけですが。

4 バックを採用するとして、田村、堤、キム・ヒョヌンのうち誰がセンターバックに入るの?

とは思っていたんですが。

右サイドでの出場は初ですが、どんなパフォーマンスを見せてくれるかなと思っていたら・・・。

なかなか高パフォーマンス。

城後との連動したプレスに、パスカット。

スピードのあるマテウスへの対応と、守備面に関しては想像以上にフィットしているように見えました。

攻撃参加も積極的にこなしていました。

ただ、攻撃面ではちょっと物足りなさも・・・。

前半 25 分ごろ、鈴木惇のロングボールから城後が左サイドでボールをキープ。

そこからゴール前に人数をかけつつ、右サイドに展開。

キム・ヒョヌンがボールを受けて、勝負の場面だったんですが。

kim-1on1_24-137_optimized

ゴール前に人数かけれていただけに、ちょっと簡単に取られすぎたかなと。

中村北斗、古部であればもっと上手く対応しただろうなと思ったり。

やはり、本職 2 人が離脱しているというのは痛いなというシーンでした。

ただ、守備面で言えば、キム・ヒョヌンの方がポテンシャルが高かった気もして、なんとも悩ましいことに。

それくらい、貢献度は高かったと思います。

チーム全体としても高い位置でボールをとれていましたし、ボールを奪うポイントも大宮アルディージャがボールをサイドに入れたところで人数かけてプレスしていました。

ボールを奪ってから、攻撃へ転じる切り替えも以前よりスムーズ。

FC 東京戦より、自信をもってプレー出来ているように感じました。

これはなかなか良いんじゃないの?と思っていたら・・・。

セットプレーで失点

試合への入り方が、非常に良かったので。

これは期待できるな・・・。と、おもった矢先。

まさかのセットプレーから失点。

avispa-lost_43-154_optimized

コーナーキックからフリーでヘディングされたところを、ボムヨンが一度は弾きましたが・・・。

相手の足元に落ちてしまい、押し込まれてしまいました。

得点が取れるチームではないので、先制点は許したくないところでしたが。

体格的に大きな選手の多いアビスパとしては、コーナーキックはゾーンで守ったほうが、効率は良さそうです。

ただ、このシーンではヘディングを競った選手が誰もボールに触れず、後ろで構えていた選手にヘディングされてしまいました。

誰が悪いというわけではないのですが・・・。

これまでコーナーキックでは安定して守れていたというのもありましたが、良い形で試合に入れていただけに・・・。

このところ調子の良いアルディージャとの差が出たということなんでしょうか。

それともこれが「相性」なのでしょうか?

前線との連携だと、鈴木惇

また気になる点としては、この日はダニルソンが欠場。

FC 東京戦の終了間際、太もも裏を痛めてしまいました・・・。

昨年の名古屋在籍時からずっとここのトラブルですね・・・。

本人的には、治るまで 1,2 週間くらいじゃないか?という情報もありましたが・・・。

ベストコンディションを早く取り戻して欲しいですが、ちょっとイヤーな予感も。

こうなってくると、鈴木惇の奮闘に期待したいところです。

この日の鈴木惇は前半は積極的に前に出たり、ボールに絡んだり気合十分と言った感じ。

前半 24 分頃に裏にスプリントした城後に合わせた長いパスは、鈴木惇らしいパスでした。

suzuki-pass_39-155_optimized

城後の落としが、金森につながればチャンスでした。

ダニルソンもパスの精度の高さはありますが、こういった前の選手の動き出しを捉えるのは鈴木惇が上手いかなと。

ボールの配給、ゴール前への上がりと攻撃面での動きが目立ちました。

守備でも果敢にパスカットを狙ったりと積極的でした。

守備で軽くなる傾向にあるので、今日のようなパフォーマンスに今後も期待です。

徐々にチームとして形にはなっているわけで

ただ、徐々にチームとしては前進しているわけでして。

この日の 4 – 4 – 2 にしてもそうですが。

ようやく、引いて守るだけでなく、守備でも前に出て勝負できるようになってきました。

これまでは、3 バックで、守備時には 5 バックで守っていましたが。

さすがにこれだとジリ貧に。

ボールを奪ってもなかなかボールを前に運べずにいました。

そこから攻撃へつなげるための守備を目指して、4 – 4 – 2 を導入。

前線からプレスをかけて、高い位置で相手のボールを奪ってそこから攻撃へ。

FW が 2 枚いるので、近いところでのコンビネーションも期待できます。

avispa-shortpass_57-223_optimized

こういった形は、3 バックの時はなかなか出なかった形だと思います。

攻撃時人を前にかけられているし、距離感も良い感じなのかなと。

守備でも家長不在の大宮アルディージャでしたが、アビスパ福岡は相手のストロングポイントを消していたと思います。

ムルジャ、ペチュニクに仕事させてなかったですし。

自分たちがやりたいことができていたのはアビスパ福岡だったと思うんですが・・・。

2 失点目は明確なミスから?それともムルジャのファインプレー?

田村が、チェックに来たムルジャをかわそうとしたところを突っかけられました。

tamura-lost_0-100_optimized

そこからクロスを上げられて失点・・・。

tamura-lost_169-270_optimized

前半にもチェックに来たムルジャを同じようなタイミングでかわしてたんですが・・・。

ムルジャも足を上げて飛び込む素振りを見せただけといった感じで、個人的には前のかわされたプレーを囮にしたムルジャのファインプレーにも見えました。

そうはいえども、田村にも油断があったんじゃないでしょうか。

前半せっかく自分たちの形を作れていただけに、同点に追いこうとしていたところの出鼻をくじかれる形に。

そういえば、ゴールした沼田選手。

どこかで聞いたことがあると思ったら・・・。

昨年はカマタマーレ讃岐に所属していました。

そして、アビスパが 3 – 1 で敗戦した試合で 2 得点していました。

落ち込む暇はない!アビスパ福岡が進んできた道は決して間違いじゃない!讃岐戦レビュー
無敗記録は11戦でストップ 12戦無敗に挑んだホームカマタマーレ讃岐戦。 決して力で劣る相手ではないので、12戦無敗を期待した方...

うーん。なんだか、去年の悪いイメージをもったチーム、選手にに一斉に襲いかかられたた感じでしょうか。

「やりたいこと」ができていたのアビスパ福岡

後半始めは、得点シーン以外にも大宮がアビスパのゴール前に攻め入るシーンもありました。

しかし、そこから押し返して攻め込めていたのはアビスパ福岡だったと思います。

そして、前半とトータルでみても「やりたかったこと」ができていたのはアビスパ福岡。

後半なんとか 1 点返したシーン。

高い位置で人数をかけて守備しつつ、ウェリントンの守備からボールを奪取。

avispa-press

逆サイドの亀川に展開。

kanamori-goal_79-207_optimized

ウェリントンが落としたところを金森が豪快に決めました。

金森が J1 初ゴールというのも喜ばしいのですが。

高い位置からボールを奪って、人数かけて前線に人が入って、ゴールをとれた。

という流れがつくれたことが良かったんじゃないかと。

このあと、中原貴之を投入してパワープレーでかなり押し込んだんですが、結局 2 – 1 で敗戦。

4 – 4 – 2 へ移行し、狙った試合運びが出来ていただけに、この日の敗戦は今シーズンで一番悔しい敗戦でした。

徐々にステップアップしているアビスパ福岡

現状最下位ですが、試合ごとにチームは良くなっていると言えます。

ただ、なかなか勝ち切れない。

悲観しなくて良いと思うんですが、気になるのは「ちょっとした差」から生まれる致命的な「結果」です。

リーグ戦を 第 10 節まで消化して「勝点6」。

名古屋戦が中止となっているので、試合数が 1 つ少ないのですが。

単純な計算ですが。

昨シーズン、松本山雅 FC が勝点 28 で降格し、アルビレックス新潟が 34 点 で残留していることを考えると、30 点ちょっとは勝点を取っておきたいところ。

そう考えると、単純に 2 で割ると、1st ステージで勝点 15 点以上が必要になります。

残り 8 試合で 9 点以上を獲得する計算になります。

非常に単純な計算ですが。

井原監督もおそらく、勝点の積み重ねに関しては予測を修正していると思います。

なかなか勝ち切れない

と、言っている余裕もあまりないという見方もできます。

そろそろ「本格化」してこないと再び J2 へ。

なんてことになってしまいます。

厳しい見方をすれば、単純なミスで自らのクビを締めているようでは勝ち残れないと思います。

徐々にチームは良い形に向かっていると思います。

井原監督のハーフタイムの指示で「球際をしっかり」という指示があったようですが。

いわゆる「インテンシティ」を高める必要があるのかと思います。

よく、激しさという訳され方をしていますが、個の面ではこの「激しさ」がもっと必要になるかと。

あと、インテンシティには「強度」という意味もあるそうですが、激しくプレーするための組織としての「強度」も必要なのかと。

4 – 4 – 2 を導入し、城後も「前から行ける」と言ってましたが、こうした意識をプレーに反映するためにはチームとしてのプレーのやり方、意識の統一があってこそだと思います。

こういうのを「規律」というのかもしれませんが。

こうした面の「インテンシティ」が上がれば、アビスパももうひとつ上のレベルに行けるのではないかと思います。

そして、「インテンシティ」の高いチームになる下地があることは十分に証明できたと思います。

個人的には、この敗戦が「アビスパ福岡」の今シーズンのターニングポイントになるのでは?

と、感じていますし、そうなることを期待したいなと思います。

次節、中 3 日でべガルダ仙台戦。そして湘南ベルマーレと続きます。

順位的にもすぐ上のチームとの戦いとなりますが、ここが正念場となるでしょう。

ぜひとも最高の週末になることを願っています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク