アビスパ福岡の現在地。ニューイヤーカップは未勝利で終了も今はこれでよし?

スポンサーリンク

1日おきの過密日程で行われるニューイヤーカップ。

あっという間に最終戦、ロアッソ熊本戦です。

前回、レギュラークラスをほとんど使わなかったと言ってよかったジェフ戦では 5 失点。

結果を求める時期ではないですし、コンディションがキツそうでしたがファンとしては残念な結果でした

新しいコンセプトらしきものも見えましたが・・・。

まだ明確なコンセプトは見えてこないでしょうか。

ってそれはそれはそれで、不安にもなってくるわけですが・・・。

このロアッソ熊本戦ではできれば明るい材料かつ、試合である以上勝ちを見たいところですが・・・。

アビスパ福岡のフォーメーション

2016newyearcup-avispa-form

鹿島戦と同じスターティングメンバー。

今年もこの形がベースになるのでしょうか。

まだダニエルソンやイ・ボムヨンを試合で見ていません。

イ・ボムヨンは別として、ダニエルソンもこの形に落とし込むのか、それとも「新しいカタチ」があるのでしょうか。

そういったところも気になるところではあるんですが・・・。

やっぱりロングボール頼み?

試合開始直後はロアッソペースで入るんですが、徐々にアビスパ福岡がボールをキープする流れに。

しかし、ロアッソが高い位置でプレスをかけてくるのにビルドアップしきれていない展開。

ボールは福岡ですが、ペースはロアッソという印象。

ビルドアップの形が見えないすね・・・。

なんか、去年の今頃に戻った感じです。

昨年のニューイヤーカップでも「どう攻めるの?」という感じでした。

今年は、昨年の積み上げがあるはずなんですが、どこに行ったの?

という感じ。

原因のひとつとしては、鈴木惇の調子が上がってない?のかなと。

昨年は攻撃時にもっと前線に上がってきて、サイドで起点(金森、酒井)と絡んでビルドアップからゴール前まで顔を出していたイメージなんですが・・・。

結構後ろの方でプレーに終始しているイメージです。

前半、あわやゴール前で相手に渡りかねないパスもありました。

前の試合でも精度高いキックをまだ披露していません・・・。

後半始まってすぐのプレー。

ゴール前のクリアしたボールをウェリントンの競り合いからマイボールへ。

ここからビルドアップというシーンなんですが。

suzukijun-kick_32-119_optimized

相手にパス。

こういうミスが鈴木惇に限らず、頻発。

なかなか攻撃にリズムが生まれない原因かなと。

まだ調子を上げている段階ですかね。

キャンプとはいえ、ファンとしては昨年のプレーが記憶にあるわけでして。

それを見たい・・・。

ファンというのはワガママな存在ですね・・・。

ただ、キャンプとはいえプレーの精度が低い気がしなくもないのが、不安なところです。

攻撃の意識は裏?

ジェフ戦でもそうですが、前線は「裏」を狙うのが現状井原監督の指示でしょうか。

この日の、ウェリントン、金森、城後は中盤で良い形でボールが入ると3人が3人そのまま裏を狙ってました。

前半 18 分くらい。

古部がサイドで前を向いたシーンの前線3人。

一斉に3人が前に走って行きます。

avispa-atack

昨年もよく見たシーンと言えば、そうなんですけどね。

DF も一緒に走るだけですから楽ですよね・・・。

なんだか工夫がない感じ。

うーん。

なんか、昨年と比べて劣化していないか・・・?

まだ調整の時期、調整の時期。

と、頭の中で唱えてもファンとしては不安がこみ上げてきます。

メンバーが大きく入れ替わったジェフは鹿島にも勝利して調子良さそうだし・・・。

それに比べてアビスパはまだ手応えのあるシーンゼロだし・・・。

と、意識はダークサイドへ。

この辺は、解説の都並さんも指摘していましたが・・・。

前線の選手には前線の選手の悩みがあるんだとか。

ウェリントンが下がってダミーになるとかですね。

あると思うんですよ。

昨年も主力でやっていた3人だけに、形が見えないのは不安になってきます。

これで J1 大丈夫か・・・?

守備は、リトリート

ジェフ戦では 2 トップということもあってか、高い位置でチェックをかけて行きました。

しかし、第1戦の鹿島戦同様、リトリートしてから積極的に守備というスタイル。

とはいえ、鹿島戦ほどボールを支配されたワケでもなく。

その分、やや前目からの守備もありました。

このへんは安定しているような。

堅守といえば、アビスパ

というブランディングもできてきたような。

解説がおもしろい

サッカーの試合をみて、この感想は見も蓋もないかもしれませんが。

この試合で一番面白かったのは解説陣のガチサッカートーク。

試合そっちのけで話しているワケじゃないのですが、都並さんの経験談や選手しか判らないような目線での解説がひたすら続くのですが、それが面白い。

井原監督が各個人にどんな守備の意識を伝えているのかとか。

2対1 で守備をしたときのカバーリングの意識や、シューフェイントにかからない相手との距離感など。

アビスパの各個人が行っている守備の特長を解説。

素人目線では判らない点を事細かに説明していました。

普段の解説でもそのくらい話してくれた方が面白いともいますけど・・・。

ちょっと玄人向けでしょうか。

キャンプ中のプレシーズンだからできる事ですかね。

都並さんいわく、アビスパの特長は

攻められているようで、なかなか負けない、日本には珍しい南米のようなチーム」。

という表現もなるほどと思ってしまいました。

鹿島戦もつまらないミスで 2 失点しましたが、それ以外は守ってましたからね。

昨年同様J1でも、井原監督直伝の守備が、アビスパ福岡の生命線と言えそうです。

前半終盤は押し込んだ物の・・・

連続セットプレーでだいぶ押し込んだんですが・・・。

得点には至らず。

CK からのセットプレーから鈴木惇 – 末吉のサインプレーもありました。

鈴木惇、堤がゴール前詰めて押し込めそうなシーンもありましたが・・・。

ゴールには至らず。

酒井が抜けて、高さと強さが無くなりましたが・・・。

後半途中のシーンですが、キム・ヒョヌンが鈴木惇のコーナーキックに合わせたシーン。

kim_0-162_optimized

否応なしにイ・グゥアンソンを思い出してしまいました。

セットプレーはこれまで通り、武器になりそうです。

そう思っていいですよね?

もしかして酒井ロス?

昨年も時々あったんですが、金森が入るより、酒井が左に入ったほうがビルドアップがうまく行くことあったんですよね。

足元に欲しがる金森より、アバウトなボールでもフィジカルで収めてしまう酒井のほうが、そりゃ効果的でしょう。

あくまで、ボールを収めるという意味では。

そう考えると、今の左サイドは昨年と比べて、酒井、亀川が不在。

そこに古部がはいって、と考えるとビルドアップが滞るのもなんとなくわかる気が。

居なくなって判る酒井の存在の大きさ。

でしょうか。

徹底してサイドのスペースへ

前半でもその意識はあったでしょうか。

後半にはいって、鈴木惇が何度もサイドのスペースへ長いボールを蹴り込みます。

古部を走らせるというよりは、ウエリントンを走らせているイメージ。

中央に張ったウェリントンに入れるのではなく、サイドでウェリントンにボールを入れて起点をつくろう。

suzukijun-kick2_0-115_optimized

そういった意図のように見えました。

中央でウェリントン張ったとしても、鹿島戦に熊本戦でも徹底的にマークされます。

こうしたオプションもありですね(ちゃんとつながるとさらに良いですが)。

城後がサイドバックへ

前アビスパ監督であるプシュニク監督がサイドバックへの転職を勧めたとかいう城後。

サイドバックの適性があるということだと思うんですが。

この試合でも中村北斗に代わって、坂田が入ると、城後が下がってサイドバックへ。

ジェフ戦ではボランチで鈴木惇の代わりにプレーした城後。

井原監督の中でこの起用はシーズン中もあるよ。

ということなんでしょうか。

やはり、井原監督からみても城後の「サイドバック適正」は魅力的に見えるのでしょうか。

ジュビロ磐田時代には井原監督自身もサイドバックに入ったこともありましたが・・・。

そのへん聞けるものなら話を聞いてみたいですね。

ただ、サイドバックに入ってすぐのシーン。

jogo-defence_0-88_optimized

サイドの守備であっさり交わされてしまう城後。

個人的には、サイドの自陣深いところでの城後の守備にはあまりよい記憶がないんですが・・・。

大きく育って欲しい冨安

危うく、この日も失点に絡むところでした。

中盤でボールロスト。

tomiyasu_39-182_optimized

ショートカウンターからあっという間にピンチ。

堤の好プレーで失点は免れましたが、自陣でボランチがボールロストしたらどうなるか、よくわかります。

tsutsumi-clear_77-221_optimized

冨安に関しては、将来的には、センターバックとボランチでプレーできるようにしたい。

という意向があるようですが、まだまだ実践で見るのは先でしょうか。

鹿島戦でもそうでしたが、まだボランチは勉強段階ですかね。

でも、こうして実践形式で若い選手を試すことができるという意味でもニューイヤーカップの意義ってあると思います。

阿部と為田が入って左サイドが活性化

現状為田は井原監督の中では「サブ」という認識なのでしょうか。

終盤に投入。

しかし、ここからアビスパの攻撃が活性化したような。

為田のこの日のプレーを見たりすると、城後を後ろのポジションで使う。

という発想もありだなと思えてきます。

結構良い形で為田にボールが入ってました。

サイドで受ければ、突破 or クロス。

中央なら、突破からシュートまで。

ゴール前でファールを受けたりもできるので、城後よりバリエーションが増えます。

ウェリントンや、金森の攻撃陣とのプレーを先発で見たいところ。

鹿島戦で「馴染むまでに時間かかりそう」。という印象は、杞憂で終わりそうです。

古部より、阿部

アビスパでの経験の長さなのか、左サイドは阿倍のほうが攻撃にスピードが出ます。

古部は不慣れなのか、ボールを受けると足元で止まってしまって、DF ラインに返すくらいしか選択肢がないのが実情。

左足のキックも思ったほど精度が高くないです。

左右どちらでもいけるユーティリティは貴重ですが、現状左サイドは亀川と阿部じゃないかなーと。

ニューイヤーカップでの現出場機会は長いんですが、個人的には阿部を押したい。

守備面でどうなの?

という判断は残りますが・・・。

結局スコアレスドローで終了

ということで、今季のニューイヤーカップは未勝利のまま終了。

昨シーズンは大分に勝利したんですけどね。

ただ、最終戦の熊本戦では新しいカタチが見えたのかなと。

試合後の井原監督のインタビューの様子を見る限り深刻そうには見えませんでした。

かといって楽観的でもなく。

うーん、人の心のうちなんてわかりませんが、私はある程度井原監督のなかでは順調に来ているのだな。

と、感じました。

攻撃面では、既存メンバーより為田を絡めたほうが可能性はあるように見えました。

守備面では昨年構築した守備の継続。

というのが見えてきました。

城後のポジションや、ボランチからのビルドアップ、サイドアタックなど、良くも悪くも昨年とは違う要素も見えました。

これにダニルソンや、中原貴之、亀川、イ・ボムヨンなど未出場の選手が今後どう絡んでくるのかというのが楽しみですね。

昨シーズン井原監督はこのニューイヤーカップで試していた形とは全く違う形で開幕で試しました。

4 – 4 – 2 かと思いきや、いきなりのパク・ゴンをアンカーに置いたシステムですね。

このへんについては、別の記事を書いてみようと思うのでそちらで。

実際は、この形が全く機能せず、開幕3連敗しちゃったんですが。

今シーズンもダニルソンが加わるとなんかやってきそうだなという気も。

J1 開幕戦はいきなりアウェーでサガン鳥栖との九州ダービー。

本拠地開幕戦は井原監督の古巣でもある横浜 F マリノス戦と因縁浅からぬ試合が続きます。

今年は開幕からスタートダッシュかけたいところ。

開幕まであと一ヶ月切りました。

今年は順調な滑り出しを期待しています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. トニー より:

    2列目でキープできる、ポストプレーが出来る選手は重要だとノリヨシがいなくなってみて改めてその重要性がわかりましたね。
    ウェリが封じられても2列目でボールを収められるノリがいるとだいぶ攻撃の形の部分で違っていたんだと思います。
    今年ははまた違う新しい攻撃の形を作って早く見せて欲しいです

    あとこの日熊本戦は3バックで戦ったので北斗に代わって城後が入ったポジションは右のウイングバックだと思います

    • ざかしんく より:

      トニーさん
      コメントありがとうございます。
      そうなんですよね、見れば見るほど「酒井不在」が大きいんですよねー。

      とはいえ、酒井がレンタルバックされると判って、同じタイプの選手を補強しなかったということは・・・。
      攻撃に関しては新しいカタチを模索するということだと思うんですよね。
      そこは井原監督に期待したいですね。