アビスパ福岡に足らないものは、あと自信だけ?10人で鳥栖を押し込んだことは自信になるはず・・・

スポンサーリンク

もう一歩厳しく踏み込む必要があるんじゃないのか?

ナビスコカップの横浜マリノス戦、リーグ戦の柏レイソル戦と逆転負けを喫してしまったアビスパ福岡。

試合内容は悪くはありません。

狙っていることは形になっていると思っています。

そういった意味では、開幕戦時よりはるかに良いと思っています。

しかし、勝ち切れない。

勝ち切れない要因は、身も蓋もない言い方をすれば、個の力量差でしょう。

「ちょっとした差」で負けがこれだけ続いていれば、そこは認めるしか無いでしょう。

正直なところをいうと、もうちょっと「差」はないんじゃないかと思ってたんですけどね・・・。

思ってい以上に差がありました。

とはいえ、そこを何とかするしかないのがアビスパ福岡の現状なわけです。

個で対応できないなら、「組織」で跳ね返したいところなんですが・・・。

リーグ開幕戦では鳥栖の本拠地アメニティスタジアムでの対戦でしたが、この日はホームレベルファイブスタジアムでの対戦。

九州ダービーとなる鳥栖戦。

開幕戦の借りを返したいところでしたが・・・。

1 – 1 の引き分け。

どっちが良い内容だったと言われたら、個人的にはアビスパだと思うんですが・・・。

やっぱり勝ち切れない。

そんなナビスコカップ、サガン鳥栖戦を振り返ってみたいと思います。

前半立ち上がりは鳥栖ペース?

トゥーロンで亀川が怪我をしたということで。

ただでさえ、右サイドバックの人材難を嘆いたばかりだったんですが・・・。

今度は左サイドも選手が離脱することとなったアビスパ福岡。

柏レイソル戦では、阿部が先発しましたが・・・。

チーム全体で立ち上がりは非常に悪かったので、阿部だけを責めることはできませんが・・・。

守備の時の詰めの甘さ、一対一での守備の脆さはちょっといただけませんでした。

この日は下坂が先発。

亀川がしばらく不在となることを考えると、使えることを証明したいところですが・・・。

右サイドは、マリノス戦で脳震盪で途中交代となった實藤が復帰。

脳震盪は馬鹿にできないので、決して無理はしてほしくないのですが・・・。

レイソル戦で決勝点を献上した北斗の守備も疑問符が・・・。

中村北斗の奮起にも期待したいですが、コンディションがいまいちな印象も受けます。

現状、實藤のほうが安心して見られそうです。

フォーメーションは 4 – 4 – 2 。

最終ラインは、左から下坂、田村、濱田、實藤。

中盤は、左から為田、鈴木惇、冨安、三島。

前線に、金森、平井。

という形。

攻撃に関しては、金森、平井のコンビに期待です。

そろそろ、金森のビルドアップのポジショニングは相手もマークしてきそうですが。

ウェリントン不在の場合、前線はこの 2 人のコンビネーションが今のアビスパにとっては攻撃の生命線でしょう。

ビルドアップのポイントづくり。

フィニッシュまでのボール運び。

誤解が含まれることを覚悟の上での言い方になりますが、ウェリントンがむしろ邪魔と思えるくらいスムーズな攻撃ができます。

もちろん、ウェリントンの空中戦の強さ、プレスバックなどの献身性が必要ないわけではないのですが・・・。

以前から、金森はあまりウェリントンと相性が良いとは思えませんでした。

2 トップでこの 2 人のコンビネーションで崩すシーンは見たことがありません。

金森はポストプレーヤーとは案外合いそうで、合わないみたいなんですよね。

サイドでプレスが緩い?

柏レイソル戦ほど問題にはなりませんでしたが、この日もややプレスが弱いアビスパ福岡。

最近のアビスパ福岡は、サイドに入ったボールをプレスして奪うという形ができてきており、そこからカウンターが繋がる形が増えいています。

ボールを奪取したら、金森、平井、坂田といったところが上手くボールを引き出して、攻撃に反転するという形ができています。

この形ができるようになってから、アビスパはコーナーキックの獲得数が圧倒的に増えました。

一時期、相手に押し込まれて全然コーナーキックが取れないなんてこともありましたが・・・。

そこからだいぶ改善しているのですが、この日はかわされ気味。

おそらく鳥栖もそのへんはわかっているわけで、サイドに入ったボールは極力ワンタッチ。

もしくは、シンプルに前線にボールを入れたり。

アビスパの守備にかかる前にボールを動かすようにしているように見えました。

ここが上手く捕まらないので、やや押し込まれるシーンもあったアビスパの守備。

しかし、徐々に鳥栖の動きに慣れてきたのか?

サイドで奪ってカウンターという形でアビスパのやりたい形に持ち込めていたようにも見えたんですが。

その形が結実したのが、サイドを攻めあがって得たフリーキック。

一瞬ゴールかと思ったんですが・・・。

堤のフィードの正確さは魅力的ですが、フリーキックでの濱田の存在も大きいですよね。

hamada-shoot_0-76_optimized

ただ残念ながら、これはオフサイド。

逆サイドの守備

三島のところがちょっと守備が軽いかー。

と、見ていたんですが、平井もそう思ったのか指示なのか。

鳥栖の左からの攻撃にの際に、平井が深く追ってくるようになりました。

avispa-d

これで、三島が人につきやすくなり、ここから崩されることはなくなったんですが。

sidechange

サイドチェンジされてしまうと・・・。

side-change_226-321_optimized

守備のスライドが追いつかないのか・・・。

なんだか、鈴木惇と、為田がかぶり気味で守備。

この展開では、中に切り込まれないように相手のパスが外に出てからプレッシャーをかけるということで意思統一されているようですが。

ただ、チェックにいったあと、サイドで空いたプレーヤーに簡単にパスをだされて、やすやすと自陣深くへ侵入されてしまいます。

アビスパはサイドチェンジされる前まではきちっと守備がハマるのですが、サイドチェンジされるとルーズになることが多いんですよね・・・。

そこから、簡単に中央にボールを入れられてしまったり。

ゾーンで守備しているわけですから、逆サイドが開くのはある程度仕方ないのでしょうが。

ちょっと詰めが甘いような。

冨安の PK も同じようなシーンから

男子三日会わざれば刮目して見よ。

三国志の中で呂蒙が言った言葉と言われていますが。

冨安は見るたびに成長しているなと。

最初に見た時は、ずっと周りからポジショニングを支持されながら DF の守備をこなしていました。

プレシーズンでは慣れないボランチで慌ただしくプレーしていました。

しかし、この日は積極的に前に出てプレスをかけていました。

ボールを奪うと、素早く前線にボールを送り自らも走る。

非常に頼れる存在になりつつあると感じました。

ほんとに、将来は日本を背負うボランチになりそうな予感。

ただ、豊田への対応は良かったとは言えず。

対応が遅れたところを強引に体を入れに行きましたが、ファール。

toyoda_15-77_optimized

これが PK の判定となり 2 枚目イエローで退場。

冨安にとってはこれも成長の糧となるでしょう・・・。

しかし、アビスパとしては最悪の展開。

前半から、濱田にしろ冨安にしても厳しく行くことは良いのですが・・・。

前節のナビスコカップに堤がなんで出てたんだろうと思ったんですが、濱田は累積警告で出場停止だったんですね・・・。

激しく行くのは良いですが、簡単にイエローをもらってしまうと、後々影響出てきますね・・・。

PK は神山がボールには触れたんですが・・・。

豊田に決められてしまい 1 – 0 。

で、気になる箇所なのですが。

この時の展開も、一旦鳥栖が左で攻めを組み立てようとしたところを、右に展開してから。

tameda-d

スペースのある逆サイドで守備に走る為田。

あまり突っ込んで、かわされてしまっては元も子もないのですが・・・。

簡単に縦パスを入れられて、その後もパスを回されてしまいます。

side-d_0-147_optimized

そんなに早い展開でもないんですが、改めて見ると相手のリズムに合わせ過ぎじゃな気も・・・。

side-d_147-318_optimized

このあと、ルーズボールを収められなかった結果、ゴール前にボールを入れられて、PK。

冨安の若さもあったとは思いますが・・・。

逆サイドにふられた際、もうちょっと厳しく行けたと思うんですが。

サイドチェンジ後、どこで守備を詰めるのかが定まらない。

というのは、アビスパがこの数試合見せる弱点のような気がします。

失点後、三島のミドルシュートもありましたが、アビスパは無得点で前半戦を折り返します。

10人になった後半戦・・・毎回吹っ切れましょう

後半開始から三島にかわって城後を投入。

ボランチの位置に入って、金森が右サイドへ。

平井がワントップの位置に入る形で、4 – 4 – 1 で守備を形成したアビスパ。

さすがに押し込まれるシーンが増えましたが、邦本が出てきてから状況が変わりました。

投入直後は右サイドだったんですが、途中から城後と位置を交代。

中盤の中央に入ってから、アビスパの攻撃にリズムが出始めました。

前半は「居る」だけだった為田?

逆サイドの守備が上げてましたが、ちょっと為田の守備が相手に合わせた勝負しきれない守備じゃないかなーというのもありました。

右サイドで展開されると、簡単にボールが縦に入るので。

あんまり高い守備意識があるわけじゃないのかもしれません。

ならば攻撃で良い所を見せたいところですが、あまり前半は良いことはなし。

シーズン最初の頃は試行錯誤している雰囲気があったようにも思えたんですが。

この試合の前半は、どことなく「居るだけ」な雰囲気の為田。

なかなか先発がつかめないのはそういうところなんじゃー。

と、見ていたんですが。

後半人数が減って、やれることがシンプルになって吹っ切れたでしょうか。

ボールを持って仕掛ける場面が増えました。

tameda-shoot_100-179_optimized

同点ゴールの直前も、邦本のパスをワンタッチで落として相手の裏へ。

tameda-run_11-143_optimized

ゴール前直前でカットされますが。

前半からそのプレーをしようよ!

というか、したくても為田を活かせるようなボールが出なかったのか・・・。

鈴木惇のキックの精度の高さはありますが、パスに関しては圧倒的に邦本が上でした。

また、為田の裏への走りが活きたシーンを思い出すと、パスの送り手はダニルソンだったり。

中盤の低い位置からパスを供給できる選手がいると、10人でもアビスパの攻撃がここまで活性化できるわけです。

鈴木惇でも、末吉でもいきなりパサーの性質を得ることは無理でしょうが、やれることは多いんじゃないかと。

もちろん、鳥栖の DF のラインの上げ下げの動きが悪くなったというのも為田が前を向きやすくなったという面もあったかも・・・。

そして、平井の同点ゴール

平井がアビスパにやってきて、3 年目ですが・・・。

こんなゴールが飛び出すとは思いませんでした。

ガンバ時代に遡ってもそんなイメージ無いかも。

hirai-goal_0-100_optimized

素晴らしいゴールで同点。

このゴールも良かったんですが、この直前の鈴木惇からの縦パス。

相手の DF のスペースで楔のパスを受けて、城後へ。

hirai-jogo-pass

この数試合、この位置で金森、平井がパスをもらえるシーンが多いですね。

ここで前を向いてパスのコンビネーションを作れるとチャンスが広がります。

中央突破ではあるんですが、サイドを責めるだけでは守られてしまいますから。

人数多くても、勝負に行けたことが良かったかと。

下坂の評価は?

左サイドでアップダウンを繰り返し、運動量豊富でした。

攻撃参加もしていましたし、初先発としてはまずまずだったかなと。

個人的には、守備でもっと詰めた守備ができていたら良かったんじゃないかなと。

あと、後半スタミナが切れてからイージーなパスミス、自陣でのうかつなボールロスト。

と、ミスが続きましたが。

足が釣っているのをみて阿部と交代となりましたが、井原さんの「お前、足つってんだろ?」的な出迎えを見る限り合格点だったんじゃないかと。

shimosaka-change

試合内容が良かったのは、アビスパ福岡

退場で 10 人となりましたが、最終的に試合内容が良かったのはどっちだったかというとアビスパ福岡でしょう。

普通に考えれば、負け時合。10人になったほうがいい試合をするなんてこともまあ、よくある話ですけど。

アビスパ福岡にとっては勝ちに等しい引き分け。

試合後の両チームの表情を見てもそれは一目瞭然でした。

ただ、ナビスコカップを勝ち上がるという意味では勝点 3 が必須だった試合。

どこか勝ち切れない

という課題は残ったまま・・・。

若いといえ、冨安の前半 2 枚のイエローカードで、退場というのは残念ながら褒められたものじゃないです。

きっと今後の成長の糧にしてくれるとは思いますが。

もし、退場がなかったら試合結果がどうなっていたかは判りませんが。

すくなくとも、引き続きスケジュールが過密になる中、選手のやりくに負担が増えたことは間違いないでしょう。

しかし、10人で、鳥栖を圧倒できたこと、そして引き分けまで持ち込めたことには自信を持っていいと思うんですよね。

自信を持つという意味で一番いいのは「勝利」なのでしょうが。

次は再びホームでサンフレッチェ広島戦です。

今季はイマイチ調子に乗れていませんが、格上も格上の存在。

とはいえ、自信持ってやれれば全然遜色ないはず。

鳥栖戦の後半のような「吹っ切れた」戦いができれば、良い試合になるはずです。

守備でボールを奪うところも明確になっているし、そこからの組み立てのビジョンも共有されている。

試合内容はいいところも多いのだから、自信持って行きましょう。

心配なのは、「相手に合わせて受け身になる」こと。

広島に主導権渡さない試合への入り方を期待しています。

この記事、広島戦の当日 29 日の朝 6 時頃書いてるのですが・・・。

どしゃ降りの雨。

コンディション面も不安ですが、こういう時こそメンタルがものをいいそうです。

もう一度、強い姿を見せて欲しいところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク