アビスパ福岡に誇りを。ホーム最終戦 柏レイソル戦で感じたこと。

スポンサーリンク

J2 降格、ホーム最終戦で 0 – 4 の敗戦。この結果を受け、選手は何を思ったのだろう

J1 に昇格を決めたセレッソ大阪とのプレーオフ決勝が昨年の 12 月。

今季のリーグ戦が終了したとはいえ、まだ 1 年過ぎてないんですね。

昨年の年末は幸せな気持ちで過ごせたんですが…。

今年は残念ながら真逆の形になりました。

J1 昇格したときはもっとスタジアムへ観戦に行こう。

そう思ったりしていたんですが。結局 1 度も行けずじまい。

なんとか最終戦だけは現地で観戦したいと思い、都合をつけてることができました。

今回、観戦するにあたっては様々な方にお力添えをいただきました。

ここで感謝の意をお伝えできればと思います。ありがとうございました。

しかし、レベルファイブスタジアムに到着できたのは 13:30 のキックオフとほぼ同時。

そして、レベルファイブスタジアムのゲートをくぐって、ピッチに入ったとき。

柏レイソルに 1 点を奪われてしまいました。

一瞬どよめいたスタンドの先で下を向いているアビスパの選手を見て感じたのは

辛そうにプレーしている

という印象でした。

最終戦までスタジアムで観戦できずにいましたが…。

久しぶりに目の当たりにした選手の姿はディスプレイを通して見る姿とは違い、思っていた以上に疲弊しているように見えました。

失点直後のシーンだったからもしれませんが、そのときとっさに感じたアビスパ福岡の印象はこの試合ずっと感じ続けることになってしまうのですが…。

危機感の欠如か、それとも油断か。はたまた両方か。

この日、アビスパが行った対柏レイソルへの対策は、三門を高い位置に配置して、相手陣地の深いところからプレッシャーをかけていく。

というものでした。

形としては湘南戦で功を奏したスタイル。

アビスパ完勝とは言い切れない 2 - 0 の勝利。三門の「+1」の守備にやや光が見えるも。組織としては湘南に完敗?2nd ステージ 12節 アビスパ福岡 vs 湘南ベルマーレ
ようやく訪れた勝利 まずは勝利できた事と、かろうじて残留に希望を残した事をまずは素直に喜びたい。 とはいえ、川崎戦の敗戦を見て、...

狙いとしては、相手陣地からの高い位置からのプレス。

高い位置で奪えたら万々歳。そこからショートカウンターでゴールを狙う。

仮に奪えなかったとしても、柏レイソルに簡単にビルドアップさせず、プレスを嫌がってロングボールを蹴ってくれたら濱田、田村で弾き返してボランチでセカンドボールを拾う。

そこからアビスパペースで試合を運べる。

そんな狙いがあったように思います。

その狙いを感じたのは奇しくも、試合開始早々失点した直前のシーンでした。

前線で金森、三門のプレスで相手のパスコースを消したシーン。

柏としては、前線に長いボールを蹴るしかない状況に追いつめられた言ってもよいでしょう。

kashiwa-avispa-press

金森、三門よりボールで遠いとことでプレーしている選手の動きも、GK へのパスをウェリントンが狙っていたり、末吉がボールを受けに戻る選手との距離を詰めたりと、柏がパスでプレスを逃れようとしたならばその場で「仕留める」狙いがあったと思います。

試合開始直後、この狙いはそう悪くはなかったように思えました。

このプレッシャーを受け、柏レイソルの DF は、ロングボールという形でボールを前に運ぶわけですが。

ロングボールに対して田村が競って、ファール。

tamura-foul

やや強引な競り合いだったと思いますが、アビスパ福岡としてはロングボールでの緩い対応は出来なかった。

ロングボールを誘っているのに、それを通してしまっては元も子もないですから。

ファールになったもののアビスパの選手たちにとっては狙い通りの展開だと感じていたんじゃないでしょうか。

その結果、「OK、OK。ファールだけど、まあ上出来」という雰囲気があったようにも感じました。

自分たちの狙っている形が出来ていると。

ただ、その雰囲気がそのまま油断に繋がってはいなかっただろうかと。

もちろんその後の展開で失点したということで、必要以上にこのシーンを悪く捉えているだけかもしれませんが…。

ファールのリスタートから、テンポ良くアビスパ陣地の後方でパスを回す柏レイソル。

この時、アビスパ全体がこのパス回しを見ている感じになっていました。

まだゴールまで距離があるし、ちゃんとブロックは作っているから、問題ないだろう。

そういった感じだったのかもしれません。

全体的に、ここから危ないシーンに繋がるという認識はなかったように思います。

危機感に欠けていたのでしょうか。それとも、自分たちの形が見えたことで生まれた油断だったのか。

それとも両方だったのか。

avispa-hole

最終的にラストパスを送ることになるクリスティアーノはこの時、一度最終ライン付近まで上がるも、そこからゆっくりとアビスパ福岡の DF と中盤の間のスペースへ下がっていきます。

最初は濱田がついていたんですが、クリスティアーノが最終ラインから下がるとマークを離します。

その結果、クリスティアーノはフリーに。

濱田の判断としては、いたずらにマークに付きすぎて最終ラインにギャップをつくりたくない。

という判断があったのかもしれません。

もちろん、自分が飛び出すにはまだ自陣浅い位置だという判断もあったかもしれない。

そこであくまでもリスクを冒さず、自分のゾーンを守るためにマークを外したのかもしれません。

一見、安全策。しかし、アビスパの守備の不安定さはここにあったように思います。

3バック、4バックでもアビスパの守備は DF と、中盤でブロックを作ろうとします。

選手の動きをみていると、帰陣してブロックを作ることは守備のなかでかなり優先度が高い約束事に見えます。

しかし、ブロックを作ったあとの動きは規則性に乏しいように思います。

もしかしたら、この部分は対戦相手によって対応の仕方を変えているのかもしれません。

ですが、「この部分」でシーズン中試行錯誤はあったけれども明確に「どうやっていくのか」というのを全員がしっかりと共通認識を持てなかったように思います。

サンフレッチェ広島戦においては、上下に動く佐藤寿人を CB に入った堤が追いかけた結果、そのギャップを突かれてやられてしまっています。

アビスパ福岡のお手本はサンフレッチェ広島?サンフレッチェ広島に見るアビスパ福岡の未来
今シーズン全く歯が立たなかったサンフレッチェ広島 今季、アビスパ福岡は J1 でほとんど勝てなかったので、どのチームに対しても「歯が立...

ここでの濱田の動きは全くその逆。

ボールをもらいに下がった FW を深追いしません。

ここはチームとして確認したやり方だったのか、濱田自身の判断だったのかはわかりません。

とはいえ、一度最終ライン付近で構えていた相手の FW が下がって DF と中盤の間に入る場合、フリーにしてよい。

というわけでもないと思います。

実際、DF ラインとボランチの間でフリーでボールを入れられて前を向かれては、DF ラインは下がるしかありません。

このときもクリスティアーノにボールが入ったとき、田村と濱田は下がるしかありませんでした。

結果、パスを通され失点するんですが。

このプレーをどう守るべきだったのか。

  • もっと前でしっかりチェックして、簡単に縦パス(クリスティアーノへのパス)を入れさせないべきでだったのか
  • 濱田が前に出てクリスティアーノに付くべきだったのか
  • ボランチでケアするべきだったのか

ここはもしかしたら、100% これが正しいというものは無いかもしれません。

チームのスタイルや状況によって最適な答えを考えるべきなのかもしれません。

もっと言えば、「個人の判断力」が試されるシーンなのかもしれません。

ただ、個人的には試合開始からすぐの時間帯。

クリスティアーノに「簡単にはやらせない」というメッセージを見せつける意味でも、濱田には厳しく詰めて欲しかった。

そういった駆け引きってあると思うんですよね。

もちろん、その時は右にいた中村北斗が内に絞って裏を狙っていた田中をマークするといった連動含めチームとしての共通認識も必要だと思います。

こうした守備をする上で「マークのずれをどう詰めて行くのか」というのが、シーズン通して定まらなかったように思います。

スカパーの解説にて中払さんはアビスパの守備の課題として、「ディフェンスリーダー不在」と言う点を挙げていましたが、そういうこともあるのかもしれません。

また、濱田はパスが出る直前に末吉(と、その他の選手?)にボールとは逆サイド、右サイドに向かってを指示していました。

ボールを見ていた末吉はそれに反応して、右(おそらく逆サイドに張っていたサイドバック)を見ます。

中村北斗も右をみたので、おそらくそういった指示を濱田がしたんでしょう。

見方によってはこの指示の裏をかかれたと見ることもできるかもしれません。

hamada-coach

ボールが一度下がって、確かに逆サイドへ大きく展開される可能性もなかったわけではないかもしれない。

こうした指示を出すことは悪くないと思います。

ただ、そんなに遠くを警戒できるのなら、目の前に放置しているフリーの選手に気がつけたのじゃないかと。

なぜ誰もそこをケアできなかったのか。

もちろん、ここは濱田だけでなく、他の選手も相手のパス回しを見ていただけの感はあります。

もっと周囲に気を配っていたら(この画像の中でもクリスティアーノを視界にとらえていたのは誰もいないような)。

濱田は外への展開を注意するよう指示したかも知れません。

しかし、目の前の状況から優先順位を判断して危ないエリアを潰す。

こうした動きがあってしかるべきだとは思うのですが。

この試合アビスパの選手にはそうした動きがなかったように思います。

守備時にブロックを形成するために、自分の付くべきポジションに戻る。

それができれば、自分の役割を終えているという印象がアビスパ福岡からはどうしても感じてしまいます。

降格が決まり、試合に臨むモチベーションも難しい試合において、ベンチから指示されたことをこなしている。

そんな印象に見えなくもない。

もちろん、選手にはそんなつもりはないのかもしれません。

しかし、失点のシーンを見てみると、自分の範囲内の(指示された)プレーはこなすものの、その先は思考が止っているようにも見えます。

その結果、相手に軽い対応をしてしまう。

特に人数が足りていないわけでもないのに、フリーの選手を作ってしまい仕事をされてしまう。

kashiwa-goal-op

状況は違うのかも知れませんが、今シーズンはこうしたシーンが多かったように思います。

この悪い形をリーグ序盤で修正できていれば、アビスパ福岡の状況は大きく変わっていたような気がします。

ただ、それがシーズン通してできなかった。

そしてこの日の 2 失点目も 1 失点目と同じような状況から招いた失点だったように思います。

後半も、20分近くまで 0 – 1 で粘っていただけに持ちこたえていれば、ホーム戦なだけにわからない試合展開だったとは思うのですが…。

柏レイソルの伊東が右サイドを駆け上がったところを、プレスバックしてきたウェリントンとサイドでポジショニングしていた亀川が対応。

ワンツーを狙う形でパスを出すもリターンが出てこず、伊東はオフサイドポジションへ。

kashiwa-goal2

この直後、ウェリントンは伊東から離れ、ボール奪取へ。

亀川はボールの奪い合いが起きている後ろのエリアをカバーへ。

オフサイドポジションへ行った伊東には、誰もついていません。

その間に、伊東はグルーッと内側へ回って、中央へ。

avispa-mark

このとき、少なくとも、末吉は伊東に付くことが、できたんじゃないかなと。

しかし、ずっと奪い合いが起きている場所にあるボールを見たまま。フリーでポジションをとった伊東に気がつかない。

GK の兼田、相手選手についていた中村北斗もクロスを警戒したのか、ボールを見たまま。

中央にポジショニングした伊東に対する指示はどこからも出なかったように見えました。

ここでも自分のプレーにしか意識が向いていない。

結果、フリーで待ち構えていた伊東にゴールを奪われることに。

3 点目はクリスティアーノの個人技にやられた感が強いですが…。

4 失点目は確実に油断というか、諦めというか、ファールからのリスタートに誰も動けていませんでした(オフサイドという見方もありますが、ちょっとセルフジャッジ気味かと)。

正直、3,4失点目については、アビスパに戦う力は残っていなかったかもしれません。

4 点目のゴール後、すぐさま試合終了の笛が鳴りました。

他の選手がへたりこむなか、三門だけがオフサイドのアピールを線審に行っていました。

三門のこうした姿は、頼もしいというか、チームを引っ張って行ってくれる存在だなと思います。

とはいえ個人的には、三門と他の選手とのプレーすることへの姿勢に温度差を感じたシーンでもありました。

なぜ、周囲の状況が見えないのか

降格が決まってからの試合では、勝利を目指すというコメントが井原監督、選手からも出ていました。

しかし、アビスパ福岡は「降格」という事実に落胆したと思います。

その状況からモチベーションを高るのは難しかったと思います。

ただ、降格の決まったあとのシーズン後半だけでなく、「どうしてケアできていなかったのか?」といった失点は、シーズンを通して見られた今シーズンの悪癖でもあったと思います。

その原因はもちろん、プレイヤーとしての質の問題もあると思います。

それと同時に、組織としての問題も抱えていたように思います。

選手たちの間に溝があるということを煽り立てたいわけではありません(とはいえ、人が集まってすること。多少なりあるのかもしれないですけど)。

アビスパ福岡がシーズン通して「組織」として出来なかったこと。

それは、アビスパの選手同士がディスカッションし、自分たちが何をすべきかを共有し実戦するという仕組みをつくれなかったことじゃないかなと感じています。

自分たちで考え、自分たちで行動すると言い換えても良いかもしれません。

アビスパの戦い方は、井原監督が決めていると思います。

しかし、実践するのは選手たちです。

実践するにあたって起こる問題は選手たちが話し合って解決することもあれば、監督と話しあって解決することもあるでしょう。

この試合においていえば、三門の高い位置での起用について、選手同士はもちろん、監督の間でディスカッションはあったのでしょうか。

そこでディテールはどこまで詰められていたのか。

試合開始直後は三門の高い位置からのプレスに柏の DF がやや慌てたシーンもありました。

しかし、その後柏レイソルの DF 人はボールを回すテンポを上げたように思います。

徐々に三門のプレスが間に合わなくなっていたと個人的に見ていました。

ならば、後半頭から、三門のポジションを代えてくるかも知れない。

と思っていましたが、実際代わったのは、後半途中から。

この作戦と交代のタイミングの是非というより、問題はこの作戦を選手がどこまで「突き詰めていたのか」。

もちろん、作戦を決めるのは井原監督です。

しかし、現場でこれは難しいと思ったら、即座にやり方を変えるぐらいの自主性があっても良かったんじゃないかと。

素人考えですが、プレスに行くのを金森がやってみるとか。あえてプレスをかけないとか。

もしくは、事前に「作戦が通じなかったときどうしたら良いのか?」

をどれくらい考えられていたのか。そして準備できていたのか。

相手に戦い方を悟られて、対応されても愚直に繰り返してしまうプレーもまたアビスパの弱点だったように思います。

シーズンを通してこうした組織としてのディテールをを詰めることができなかった。

その作業をするにはあまりにもミスが多すぎたのかも知れません。

そして、想定した以上に J1 のチームに歯が立たたず、負けてしまった。

そこで自信を失ってしまったこともまたチームとしての成熟を阻んだように思います。

その結果、勝てずに負けが続く状況の中で、知らず知らずのうちに選手個人が孤立していったのではないでしょうか。

自分だけのプレーにしか意識が向かわなくなった原因はそういったところにもあるんじゃないかと。

その状況をどうにかしようと孤軍奮闘していたのが三門だったように私は思います。

広島戦が終わったあとに、記事に対して広島サポーターの方から twitter にて「アビスパ福岡はやる気が無いように見えた」という趣旨のコメントをいただきました。

なるほど。他クラブのサポーターから見るとそういう見方もできるのかと。

確かに最終戦である柏レイソル戦も「やる気がない」という風に見えるかもしれません。

試合を観戦していたとき隣にいた壮年の男性は前半終了を待つことなく

「全然、ダメだ」

と言い残し、立ち去ってしまいました。

スコア的にはまだ 0 – 1 の状況。

なぜ、その方が「全然、ダメだ」と判断したのかわかりませんが、試合を見ていればその気持ちは判らないでもない。

確かに J2 降格が決まり事実上、消化試合になった残り 3 試合。

勝ちを目指したものの、勝てない。

前節の広島相手には大敗。

最終戦のホームとはいえ、モチベーションを上げることはかなり難しかったと思います。

ただ、そうした中でもアビスパの選手たちは選手たちなりに戦おうとしていたことは間違いないと思います。

この試合でも後半、邦本を始め前線の選手が何とかしようとしていたのも伝わってきました。

しかし、チームとしてまとまりは見えませんでした。

攻めることにおいてもアビスパの組織の中で「コミュニケーション不足」があるのではないかと感じてしまいます。

攻撃では、奪ったら素早く縦に出す。

という動きはチーム内で徹底されていましたが、精度の高いプレーは見られませんでした。

技術力の無さはもちろんあると思います。

何とかしようという思いは強かったとは思うのですが、どうもベクトルが個人同士が噛みあわない。

それが余計に「チーム」としての形を見失わせていたようにも思います。

その姿は、場合によっては稚拙さとして見えたかも知れません。

ただ、それを「やる気がない」というのも少し違うし、「諦めている」というのもなにか違うと感じていました。

そういうのを全てひっくるめて、「辛そうにプレーしている」というのが、アビスパ福岡の最終戦をスタジアムで観戦したときの最初の印象でした。

もちろん、勝利を求められるプロという立場にありながら勝てないというのは選手として辛い状況だと思います。

負けが込んでしまう中で、メンタル的に弱っていったという面もあるでしょう。

降格するということも、選手として平気なはずはありません。

ただ、柏戦において選手たちから感じる辛さというのは、そういう辛さとはまた別のもにも感じました。

なぜ、そんな風に感じるのか。

試合を見ながら考えていました。

そして最終戦のセレモニーを見ていて、ふと思ったことがありました。

選手の表情を見ていて感じたのが、悔しいという顔をしていない。

ふざけているとか、そういうことではなく。

悔しいというより、「なんでこうなんだろう」という「疑問」の表情をしている。

そんな風にみえました。

もちろん、完全主観の感想なのですが。

選手の表情から感じたのは「悔しい」というよりは、

「なんで自分たちって弱いんだろうな」

「なんでこんなことになったんだろうな」

「なんでこんなところに立ってんだろうな」

「自分の何が悪かったのだろう」

そんな自分自身の中にある「疑問」もしくは現実と理想のギャップからくる「葛藤」?

それを上手く、自分の中で消化しきれない。そういった表情だったように感じました。

ホームで 0 – 4 で敗戦しておきながら最終戦セレモニーとして、整列する姿は選手たちも居心地がわるかったということもあったのかもしれません。

ただ、試合中から感じていた辛そうにプレーしている様に見えた姿は「もう、どうしていいかわからない」というある意味パニックにも近い精神状態だったんじゃないかと感じるわけです。

柏レイソル戦でのアビスパの選手の気持ちを想像するにあたって、個人的にはその感情が一番しっくりくるような気がしています。

アビスパが降格した理由を選手自身が実は一番「わからない」のではないのか。

もちろん最下位という成績も、その結果の降格ということも現実としては理解していると思います。

ただ、なぜその結果に至ってしまったのか。

そして、これからどうして行ったら良いのか。

何でこうなんだろうな。原因は?何が悪かったのだろう。

最終セレモニーで並んだ選手たちが何を考えていたなんてわかりません。

完全に的外れなことを言っているかもしれない。

しかし、少なくとも私には選手たちの表情から想像したのはこういった「疑問」であり、そこから来る漠然とした「不安」であったように感じています。

最終セレモニーの挨拶の中に時折出てきた

「この悔しさをバネに」

といった言葉がどこか虚しく感じたのは、私だけでしょうか。

もちろん、選手に悔しさが無いわけではないと思います。

ただ、それ以上に大きい負の感情が選手のプレーの質を落としている。

私はそう感じました。

悔しさをバネにする前に、もっと解決すべき問題が残っているんじゃないだろうかと。

アビスパ福岡に誇りを

アビスパ福岡に足らないものは「知性」そして「言葉」だと感じていました。

一事が万事?アビスパ福岡に足らないのは「言葉」でありそれを支える「知性」じゃないだろうか?
アビスパに足らないのは、自分を表現する言葉? 3 - 1 で敗戦したフロンターレ川崎戦。 内容としては散々と言っていいでしょう。...

このことは、川崎フロンターレ戦でも感じて記事にしていたのですが、自分で書いた記事ながら忘れていましたが、このときも選手のプレーを見て「辛そうにプレーをしている」と感じていました。

J1 で選手たちが辛そうにプレーすることになってしまった最大の要因は一体なんだったのか。

この検証が必要だと感じています。

「敵は内にあり」

ではありませんが、私はアビスパ福岡が J1 で過ごした今シーズンの中で最も勝つことが出来なかったのは、案外自分たち自身だったのではないかと考えています。

具体的に言えば、チームが組織としてディテールを詰められなかったこと。

その結果、シーズンを通して自分たちの欠点を修正するどころか、最後は悪化すらさせてしまった。

もちろん、様々な要因が折り重なった結果だとは思いますが、これからはその1枚1枚を剥がすことが重要だと思います。

下手にかさぶたを剥がせば、もしかしたら血が噴き出すかもしれない。

それも覚悟すべきでしょう。

もし、これからアビスパ福岡が強くなるために必要なものを1つ上げるとしたら。

私は「誇り」だと思います。

威張って言えるほど経験があるわけじゃないんですが、人が意識を変えるために必要なのは「誇り」を持てるかどうかだと思っています。

アビスパ福岡でプレーすることの誇り。

今、選手たちはこの誇りをどれほど感じているでしょうか。

J1 に上がればすぐ降格する J2 が定位置のクラブというのがアビスパの実情です。

そんなチームで抱くことができる誇りとはどんなものなのか。

もしかしたら無いのかもしれないです。

しかし、誇りが持てなくても、無理やりにでも持とう。

そういう気概があっていいと思います。

アビスパ福岡にはクラブとして20年の歴史があります。

しかし、残念ながらそこに栄光はほとんどありません。

アビスパの歴史に「勝者」という言葉はほとんどないかもしれない。

でも、勝者らしく振る舞うことはできるはず。

最初から敗者のメンタリティでは、成せることも成せないと思います。

野球の話になりますが、万年最下位候補だった DeNA ベイスターズが中畑清監督、ラミレス監督と明るいキャラクターの監督の下、今季はクライマックスシリーズに進出できる 3 位まで順位を上げてきたことは偶然ではないと思っています。

ポジティブなメンタリティを構築することはアビスパ福岡にとって重要な事だと思います。

しかし、このメンタリティを構築することがどれだけ難しいか。

もちろん、根性論を説きたいわけではないです。

肉体を鍛えること、技術を身に付けることと同じように、メンタルを強く持つための理論があるはずです。

選手、チームが抱えている問題を明確にし、解決へ導く。

そのプロセス(ディテール)を描ける存在がアビスパ福岡には必要な気がします。

この記事を書いている最中、カルロス・エイキ・バプチスタ氏のチーフディレクター就任のお知らせがアビスパ福岡公式サイトより届きました。

ブラジルのクラブ運営において、大きな実績を残した方のようです。

カルロス氏がその経験をアビスパ福岡に還元してくれるのであれば。

願うことなら、「勝者のメンタリティ」をアビスパ福岡にもたらしてくれることを願っています。

そのことが今のアビスパには最も必要だと感じています。

そのメンタリティはいずれ、多くの優秀な若い選手たちを魅了するはずです。

「アビスパ福岡でプレーしたい」

そう思ってもらえるクラブチームにぜひなって欲しい。

今季の J2 降格も、その礎の始まりであることを願っています。

少しずつ、来期の陣容がわかってくるとは思いますが、来期の J2 は J1 経験チームが目白押しです。

厳しい戦いになりそうですが、その中で勝ち抜く強さを身に付けることができれば、アビスパ福岡は大きく成長できるのではないでしょうか。

それはある意味チャンスなのかもしれません。

これから来期に向けてアビスパ福岡がどういった準備を進めて行くのか。非常に楽しみです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク