アビスパ福岡は変わる時がきている。だからこそあえて提案したい「脱城後、脱井原」のススメ。2nd ステージ第2節横浜Fマリノス vs アビスパ福岡

スポンサーリンク

もう一度戦えることの証明を

2nd ステージ 2 戦目となる横浜マリノス戦。

前回の浦和戦で感じたのは「メンタルの弱さ」。

これから残留に向けて勝つためにアビスパ福岡は戦えるのだろうか・・・。

残留に向けて、大丈夫かだろうか?と、心配になる試合内容でした。

まだまだ、戦えるチームであることを証明したい横浜 F マリノス戦。

しかし、結果は 0 – 3 の敗戦。

これだけみると、非常に厳しい結果だと思います。

しかし、逆にいうとここまで勝ちが拾えない状況で「強気でいろ」というのは非常に難しいと思います。

むしろ心配しているのは「勝つ」というミッションを達成するために、チームとして「ブレ」が出ているんじゃないか?

というのが非常に気になるところ。

この点に関しては、他チームから来た三門、駒野の率直な意見を聞きたいところです。

ネガティブな意見でないことを祈りたいばかりですが・・・。

J2 を勝ち上がる中で、プシュニク政権時代に見られたようなひ弱さはある程度克服されたと思っていました。

さらに 3 位となりプレーオフを勝ちあがったことはチームとして大きな自身になったと思っています。

しかし、J1 で勝点が取れない中で、徐々に自身を失っていてもある程度仕方ないのかもしれません。

1st ステージが進むにつて、1 試合の失点量が増えているような気がしたので、まとめてみたところ。

avispa-point

確かに、シーズンが過ぎるにあたって、失点は増えています(グラフはナビスコカップも込み)。

ただ、これは今シーズンのアビスパの試合を見る限り「守備が崩壊」している訳じゃありません。

前半戦のように、亀のようなディフェンスをしても勝てないというところから、前に出始めた結果、副作用だと思います。

それにあわせ、点もそれなりに取れています。(ナビスコカップが多いのですが・・・)。

結果としては、この横浜マリノス戦 0 – 3 で敗戦したわけですが、1 点取られたあとアビスパはちゃんと攻めに出ています。

ただ、そこからカウンター気味に攻められ、失点しています。

完全に横浜 F マリノス相手に試合運びでやられた。という側面もあるでしょう。

果たして、 0 – 3 のスコアとして「相応しい試合内容」だったのかでしょうか。

個人的には、0 – 3 ほど離れるゲームではなかったと思っています。

残り 15 試合。

まだ、諦めるには早すぎます。

そんな 2nd ステージ第2戦横浜 F マリノス vs アビスパ福岡戦を振り返ってみたいと思います。

ボールの奪いどころを見つけられなかったマリノス

立ち上がりはアビスパ福岡ペースで始まったこの試合。

マリノスがボールの奪いどころを見つけられずにいました。

そこにビックチャンスが転がっていたんですが。

開始早々、セカンドボールを拾ったダニルソンからの展開。

金森がビックチャンスを得ました。

kanamori-shoot

城後も金森の位置を確認して、ヒールで上手く叩いたんですが・・・。

しかし、得点ならず。

アビスパ福岡のこの試合、序盤にして最大かつ唯一と言っていい決定機だったような・・・。

サイドさえ抑えておけば怖くない。マリノスの余裕?

最初はボールを奪うタイミングをつかめず、アビスパが優位にボールを運べたんですが・・・。

前半 15 分くらいからでしょうか。

マリノスが守備の形を変えてきました。

marinos-press

試合の序盤はこのくらいの位置でアビスパがボールを持っていても、そんなにチェックは厳しくありませんでした。

さらに、ウィングバックにボールが入っても。

marinos-press2

サイドバックもボランチも距離をおいて対応していました。

これが、最初アビスパの攻撃が上手く行った理由だったと思います。

しかし、マリノスは守備の位置を高く修正。FW がすぐにリトリートせず、DF がボールを持った段階である程度プレスをかけるようになってきました。

marinos-press3

センターライン付近からでもサイドバックがプレスに参加。

最終ラインにもプレッシャーかけられているので、ウィングバック古部、亀川もボールを受けるために下がらざるえない状況に。

そうなると、マリノスの狙い通り。ボールを落ち着いて回せなくなるアビスパ。

パスは精度を欠き、徐々に序盤のような攻撃ができなくなり、攻め自体が停滞し始めます。

さらに 24 分。

ダニルソンが負傷交代。

13分くらいに競り合いで倒れた時から、股関節を気にしていたので、嫌な予感がしていたんですが・・・。

dani

試合始まったばかりでしたが、セカンドボールを拾いまくっていただけに・・・。

これでいよいよアビスパ福岡が前を向く方法がなくなりました。

時折、サイドチェンジやパス回しで亀川が勝負しかけましたが・・・。

横浜 F マリノスのボランチ、マルティノスがしっかり見てるんですよね。亀川を完全に抑えてました。

サイドバックの小林がマッチアップした時はまだチャンスあったように思うんですが、マルティノスがチェックにくると厳しかったです。

この日はマルティノスが攻守にわたって存在感ありました・・・。

ダニルソン効果?

とはいえ、アビスパの試合の入りは良かったわけですが、こうもダニルソンがいなくなると、前を向けなくなるものかと。

やはりダニルソンの存在感は大きいのかもしれません。

マリノスも守備の対応を変更していた感じではあるんですが・・・。

ダニルソンが負傷したぐらいから、マリノスが元気づいてきたんですよね。

確かに序盤はボールが右サイドに入ったあと、ダニルソンがすぐカバー。

そこから素早くボールを展開していました。

中央に入れたボールに対しても、セカンドボールへのアプローチは存在感ありました。

もちろん、交代で入った末吉もそうしたプレーをしないわけじゃないですが、球際の存在感はダニルソンが上。

マリノスが高い位置でプレスをかけ、サイドに入るボールを素早くチェックし始めたことと、ダニルソンの負傷から交代のタイミングが同じだったのでその影響をはっきりとは言えませんが。

ビルドアップにダニルソン不在の影響があったのは間違いないと思います。

攻守にわたって存在感が大きいだけに。安定的にプレーしてくれないのが痛い・・・。

軽傷である事を祈るばかり。

ダニルソン不在も響きましたが、相手が対策を打つと、それに合わせて路線変更できればよいのですが、今のアビスパにそんな起用さはありません。

そこが厳しいところなのですが・・・。

最初の失点は、1st ステージ開幕戦鳥栖戦を思い出すような・・・。

キム・ヒョヌンが齋藤学に股を抜かれて、失点した場面。

ことの始まりは、サイドをカウンターで破られ、そこへキム・ヒョヌンと、ウェリントンがフォローへしたところから。

あっさり、股を抜かれて倒れるキム・ヒョヌン。

kim-d

この場面でやられるとゴール前まで一直線。

ここで思い出したのが、1st ステージの開幕戦でもキム・ヒョヌンが鳥栖戦で突破されてしまったシーン。

J1 開幕!いきなりの九州ダービー敗戦にアビスパ福岡とサガン鳥栖の間にある「差」を考える
キックオフから負けていた?九州ダービー J1 昇格の開幕戦。 否応なく期待が高まる一戦。 それが、九州ダービーの鳥栖戦とな...

カウンターで、ウィングバックの裏をフォローしに行って、金民友にワンタッチでやられたんですが・・・。

そのシーンを彷彿としました。

鳥栖戦では、ファールで止めてイエローをもらいました。

しかし、この前のセットプレーでイエローをもらっていたキム・ヒョヌン。

kim-yellow

セットプレーの守備をマンツーマン変えたアビスパですが。

失点するわ、不用意なファールが増えるわであんまり変えてよかったことが殆ど無いですが・・・。

DF が早い段階でイエローもらってしまうと、いざという時にこうなるという典型パターン。

最近失点に絡むことが多いヒョヌン。ちょっと空回りしてしまってないでしょうか・・・。

金民友にしても、齋藤学にしてもスピードのあるアタッカーにサイドで対峙するのは苦手なのかも。

前半から気になっていたアビスパの最終ライン

この日は前節から引き続き、3 – 4 – 2 – 1 を採用したアビスパ福岡。

avispa-form

前半終了間際の状況ですが、アビスパ福岡の最終ラインは、だいぶ我慢していたように思います。

3 バックではあるものの、守備時にはウィングバックの古部、亀川が下がってきて 5 バックに。

組織というよりは、人数で守っているので 4 バックより組織的ではないのかもしれません。

前節の浦和戦ではマンツーマン気味について守備しているところを押し込まれて、ラインが下がってしまいました。

今日は、ズルズル下がりそうなところを何とか踏ん張っているという雰囲気。

ややバイタルの緩さが気になるところではありましたが。

マリノスのボランチ、マルティノスがボールを持って前を向くシーンなのですが。

ちなみに個人的には、この試合、マルティノスにやられたと思ってます。

ここのプレスがゆるいので、中盤は前に行くんですけど、相手は前を向いてドリブルしてきます。それを見て、後ろはラインを下げ気味。

ぽっかりというレベルでバイタルを空けてしまうことはなかったんですが・・・。

この辺はだいぶ気を使っていたように思います。

1st ステージはこの辺 3 バックでもなんだかんだ潰していたんですが、4 バックを挟んでから、この辺が混乱しているのでは?という気もしています。

avispa-line

三門がこのへん後ろを見てバランスを取ろうとしている感もありました。

ただ、踏ん張っているなとおもいつつも。なんとなく、最終ラインが不安定だなとは思っていたら。

その最終ラインをあっさり攻略されて失点してしまいます。

失点は次のプレーへの準備不足ではなかろうか

後半始まってすぐ。2 失点目を喰らってしまったアビスパ福岡なわけですが。

堤がこの日の試合を振り返るコメントをブログに掲載していました。

堤俊輔さんのブログ「堤俊輔オフィシャルブログ「金髪日記」Powered by Ameba」です。最新記事は「明日はラジオ!」です。

後半開始早々の失点も良くない。シュート打たれる時に寄せがあまい。そこが今日出来ていなかった。

確かに、堤が寄せきれていれば失点は免れたのかもしれません。

ただ、個人的にはこの直前のプレーが気になるところ。

自陣でウェリントンが競ってルーズボールが相手に渡った時。

この時最終ラインはぐちゃぐちゃに。

ボールをバイタルに入れられて田村が飛び込んだんですが・・・。

この段階タイミングで、最終ラインは横ではなく、縦に並んでしまっています。

avispa-line2

キム・ヒョヌンは矢印の先、画面に映らない後ろの方にいます。

田村としては、最終ラインから飛び出してきたわけですし、完全に守備ラインがバランスを崩していたので、もっと厳しくファール覚悟で当たってよかったんじゃないかなと。

とはいえ、どうなんでしょう。マリノスの攻撃陣は、3 人が堤の近くに寄って攻撃態勢をとっていますが、それと比べてアビスパはバラバラなまま。

次のプレーへの対応の遅さを感じました。

次へのプレーへの意識や、その時の状況判断の甘さが「寄せきれない」状況を招いてはいないでしょうか。

2失点後、ようやくアビスパも攻めに意識を切り替えたのですが・・・。

マリノスのカウンターからあわやというシーンを作られることも。

点を取りに行こうというのは伝わってきたんですけど、いまいち自分たちのペースに持ち込めません。

やり方を変えてみないのか?

リーグ戦で全然点が取れていないアビスパ福岡。

この試合でも「攻撃」を意識した姿を見せることはできましたが、結果マリノスに完封されてしまいました。

エンジンかかったのも、2 失点してからでしたし・・・。

正直このまま同じことをしていても、点を取れるとは思えません。

やり方を変える必要があるようにも思います。

試合後の井原監督のインタビューでは「自分の力のなさ」を強調していた井原監督。

勝てないのは監督として、自分に責任があるということを言っていたのだとは思います。

勝てないと選手はどうしても弱気になりがちだとコメントしていましたが、それも含め自分の責任であると。

おそらく井原監督としては、様々な手を尽くしているのだとは思います。

現状のベストを尽くした結果なのかもしれません・・・。

しかし、そうであるなら、そろそろ思い切って方針を変えても良いようにも思うのですが。

チームを大きく変えるべき時に来ていないか?

ここまでやってきた、ウェリントンが前線で体を張り、そこに城後、金森が絡む。

という形では得点が見込めないのではないかと。

じゃあ、過去どういった形が上手く言ったかというと、「ナビスコカップ式」なわけです。

祝!ナビスコカップ決勝トーナメント進出。結果以上に大きな収穫を得たナビスコカップに残留の希望あり?
祝!クラブ史上初 ナビスコカップ決勝トーナメント進出 名古屋グランパス戦にてあまりよいの良いところが無かったアビスパ福岡。 ナビ...

ナビスコカップでは、城後、ウェリントンといった主力を温存しながらも、「得点」を取ることができていました。

特に、決勝ラウンド進出を決めた新潟戦の出来は秀逸だった思っています。

では、なぜリーグ戦では、このハマった戦い方をしないのか?

これは個人的にもっとも疑問の残るところではありますが・・・。

井原監督から見ると、あの戦いではリーグ戦では勝てない。

という判断があるのかもしれません。

縦へ入れる勇気を

とはいえ、ナビスコカップの戦い方を全く無視しているかというと、そうとも言えないのがアビスパの「模索」なのかもしれません。

ナビスコカップで得点を取れた要因は「ボールを前に運ぶこと」さらに言えば「ボールを縦に入れる」ことができたことが大きかったと思います。

新潟戦だけでなく、結果負けてしまったマリノス戦でもナビスコカップでは、平井がゴールを取れています。

リーグ戦では、点を取れていない平井ですが。

ゴールが奪えた要因は、ボールをゴール前にちゃんと入れることができたことにあったと思います。

じゃあ、この試合ではそれができなかったのか?

というと、そうでもありません。

「なんで、ナビスコカップのやり方をやらないんだろうなー」

と、思っていたんですがよくよく見るとそういった形が見えなくもありません。

アビスパは、出場している選手は違うものの、おそらくナビスコカップの成功を自分たちの中に取り入れようとしています(多分)。

実際、後半は積極的にゴール前への縦パスを狙っていました。

tamura-tatepass

ウェリントンに楔のパスが入って、金森が前を向ける展開。

相手のバイタルエリアでプレーする形を狙っています。

田村の良さはこういうところですね。後ろからグラウンダーで精度の高いボールを入れる事ができます。

もっと狙ってよいと思うんですが、最終ラインからは難しいか。

後半 2 点目をとって相手が下がったことも大きかったとおもいますが・・・。

しかし、後半 2 点取られてからではなく、前半サイドへのボールが有効じゃなくなった時こうしたパスを選択して欲しかった・・・。

ナビスコカップの戦いでは、平井 – 金森が 2 TOP として FW に入ると、どちらかがパスコースを作るためにボールを受けに下がりました。

ここに邦本が入ると、ポジションチェンジを繰り返して相手に掴まれない動きをするんですが・・・。

しかし、ウェリントンのワントップではなかなか、こうしたボールが入りません。

城後もそうですが、ある程度ゴール前に構えようとする分、流動性を失っているように見えます。

ロングボール一辺倒、外一辺倒じゃ崩せないですからね。

中央、足元で受けるパターンも工夫したいところなんですが。

そうしたなかで、駒野が絡んだプレー。

スローインから、駒野からの精度の高いクロスをウェリントンが胸で落としたシーン。

外 – 中 – 外でチャンスを作ったウェリントンのヘディング。

weli-head

GK のファインセーブに阻まれてしまいましたが、前半からこういう展開はできなかったのか・・・。

確かにマリノスが前から守備を仕掛けて、上手くボールを回せなくなったわけですが。

そこは、守備を一枚剥がして、ボールを受ける動きを城後あたりに実践して欲しかったですが・・・。

駒野獲得の目的は?

この試合で早速登場した駒野。

その獲得の目的ですが、報道当初から個人的には「亀川」の代理。

だと思っていました。

オリンピック期間中、J リーグは中断しません。

もし、日本代表が決勝まで進んだ場合、5試合欠場する可能性があります。

仮にそこから帰国したとしても、コンディションが整わないなどの状況になれば更に欠場が増えます。

もしそうなれば、亀川を残りの 15 試合の半分近くを不在で戦わなくてはなりません。

駒野の獲得の目的はその穴埋めなんじゃないかなと思っています。

仮に亀川がすぐに復帰したとしても、現状右サイドバックも固定しきれていない状態。

右サイドも、中村北斗、古部、實藤など絶対的な存在にはなりきれていません。

そういったところのフォローも十分に考えられます。

あとは、ウェリントンへの高品質なクロス供給でしょうか。

脱城後、脱井原を考える必要もあるのでは・・・

現状のアビスパ福岡はなんだかんだ、「城後」が顔です。

しかし、そろそろ城後を押しのけるような状況が出てこないと、上のレベルに行けないよう感じています。

よく組織論で「組織はリーダーの器以上に強くならない」と言います。

野球では元楽天イーグルスの野村監督がこういったことをいいますね。

アビスパ福岡で言えば、井原監督の器が試されているのかもしれませんが、正直城後の器も試されているのではないかと。

じゃあ、誰か城後の代わりになるような選手がいるのか?という話ではあるのですが。

今の状況を打破するためにはは半ば強引に金森、邦本の若さにかけてみるのもアリな気もします。

特に伸びしろが大きい邦本には期待したいところですが・・・。

個人的には、正直城後はキャプテンの器ではないと感じることも多いので。

しかし、城後がいらないとは思いません。

ただ、新しいアビスパの顔として君臨できる片鱗を、金森、邦本には見せてほしいと思います。

また、、城後は試合中に仕切るタイプじゃないでしょう・・・。

今回のように相手が自分たちの攻めに対応してしまったとき。

違うアイディアを出せる選手が必要な気がします。

本来であれば、いや、理想を言えばそれを城後が先頭に立って、できたら良いんですが。

その辺は、三門に期待しても良いかもと思っています。

思い切った戦いを

一言でそう言ってしまうのは、簡単なのですが、2 失点してからようやく攻撃の形ができました。

相手が、引いたこともありますが、ようやく形が出ました。

とはいえ、引き出しがまだまだ少ない。

どうして中央での縦パスを、前半から狙わなかったのか。

後半の攻めはおそらく井原監督の指示だったとは思うんですが、それを待っていては遅い事もあるわけです。

そうした「プレーを変えること」をグランドレベルで考えられる選手が必要だと感じました。

この辺が脱井原といっても良いかもしれません。

当初のプランがダメなら、グランド内で修正するしかない。

井原監督の指示を実行する事も大事だと思いますが、それが上手く行かなかったとき修正できる選手が必要です。

ハーフタイムまで待ってはいられない。

またおそらくですが、 2 失点してアビスパとしても、振りきれたところもあると思います。

試合開始位直後から、2 失点してからのような「チャレンジ」を期待したいところです。

そういったところをピッチ内でコントロール、または鼓舞できる選手に出てきてほしい。

少なくとも、今までのアビスパにはいませんでした。

ならば、やはり三門でしょうか。

浦和戦で失点したあと、三門がチームを鼓舞していましたが、そのキャプテンシーに期待です。

そして願わくば、ゲームプランもコントロールしてくれたら・・・。

というのは贅沢でしょうか。

駒野もその辺豊富な経験がるわけですから、是非チームに還元して欲しいところです。

さて、次節はそんなナビスコカップの決勝ラウンドが、7月13日に行われます。

間違えました。水曜は、リーグ戦の「FC 東京戦」ですね・・・。

おそらく、ナビスコメンバーによる試合になるでしょう。

この試合邦本などがベンチ入りしていませんでしたが・・・。

良い試合を見せてくれる事を期待しています。

男子三日会わざれば刮目して見よ

とは言いますが、また新しいアビスパを見せてくれる事を期待しています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. あびた より:

    何度もすみません
    次節はナビスコカップ(ルヴァンカップ)ではなく
    セカンドステージ第3節ですよ