強豪と戦うたびに痛感する「メンタルの差」アビスパ福岡が変わるためには、選手が変わるしかない

スポンサーリンク

アビスパ福岡に足りないものはメンタルの強さ

2nd ステージ開幕戦。

J1 残留に向けて良い結果を期待していただけに非常にショックな敗戦となってしました浦和レッズ戦。

前半早々相手が PK を献上してくれた展開。

さらに一発退場で数的優位まで得て勝てないどころか負けるのだから、これは正直洒落になっていません・・・。

正直、残留は無理かもしれないなんてと思いがチラつき始めた方も多いかもしれません・・・。

はい、私もそんな思いがチラつき始めている 1 人です。

そんな自分のためにもう一度初心にかえって

このアビスパのブログを始めたきっかけの 1 つに「もっとサッカーの戦術とか、セオリーとか判ったらよりサッカーを楽しめるんじゃないか」?

というものがありました。

素人なりに考えて、観戦ポイントを見出してもっとサッカーを深く観戦してみたい。

ということを目指してスタートしました。

そうした時に「アビスパ福岡」を取り上げたのは、もちろん地元かつファンのチームということもありますが、強豪チームを見るよりも下位のクラブの試合を見たほうが、セオリー面は判りやすいんじゃないかと。

そして、強くなった時に「何が良かったのか」がハッキリとわかるんじゃないかという考えがありました。

海外リーグを見るのも勉強になるとは思うんですが、日本のサッカー界に何が足らないのかを知るためにも日本のサッカーを判ってないと、それもできないじゃないか。

という思いもありました。

なので、感情的な記事ではなくできれば「戦術」や「セオリー」の部分でどういったことがあったのかを見ていくように心がけてきたつもりです。

そして、そこから勝つために何が必要なのか、建設的に考えることができればもっとサッカー観戦は面白くなる。

そう思ってこのブログを続けています。

勝つことが最大のファンサービス

勝つことが最大のファンサービス」これは、野球の元中日ドラゴンズ落合監督の言葉です。

もちろん。そのとおりだと思います。

勝たないことには面白くないですもんね。サッカーに限らずスポーツは勝敗を争うものですから。

でも、個人的には「弱いチームなんか応援しがいもないし、つまらないから見ない」。

なんていう人を減らしたいという天邪鬼な思いもあります。

そりゃ、「負け試合みせられて喜べるか!」

というのは当然なのですが。

でも、チームの勝負へのアプローチがポジティブなものであれば、負けたとしてもそのチャレンジを讃えることはできると思っています。

チームが人気を得るために勝利は必須です。

しかし、勝利に至るまでの過程を理解して、そのチャレンジを応援することもスポーツの醍醐味だと思います。

そのためには、サッカーに限らずその競技を少しでも深く知ることが大事だと思います。

サッカーは非常に情報量の多く、状況の変化の激しいスポーツだと思います。だからこそ見ているだけで完全に理解するのはなかなか難しいと思います。

フィールドプレーヤーが状況に合わせて常にフォーメーションを変える複雑なスポーツですから、ボールを持っていないところでも複雑な動きや駆け引きが行われています。

自分の戦術、技術に対する見方が正しいとは思っていませんが、サッカーというスポーツを外からであっても少しだけ「深く理解できる」きっかけになれたら良いなと思っています。

だからこそ今回のような「ショックな敗戦」こそ、ポジティブな面を探していきたいわけなのです。

個人的に熱狂的にファンのチームを応援できるタイプではありません。

可能ならば、彼らのチャレンジを少しでも理解して、そのチャレンジが報われることを信じたい。

そういうスタイルでやっていきたいと思っています。

10 人の相手に逆転負け

今回の浦和戦の敗戦は、退場で一人少ない 10 人のチームに逆転負けというのはやはり、非常に厳しい敗戦です。

ここだけクローズアップしてしまうと、ポジティブな面はどこにもないようですが・・・。

まずは、今回のアビスパのフォーメーションから。

今回は、アビスパは 3 – 4 – 2 – 1 を復活させました。

「前線からの守備」と「攻守の切り替え」を良くするために 4 – 4 – 2 を導入したと思っていたんですが・・・。

残念ながら、その狙いはうまく行くこともありましたが、上手く行かない事のほうが多かったです。

前節 1 st ステージ最終戦の鹿島戦などのように「DF ラインと中盤の間」にぽっかりスペースを開けてしまう課題ありました。

ゾーンプレスなのに、選手同士が一定の距離を保ってで守れないのはちょっと致命的です。

1st 序盤のチームがやや上向きだった時期は、このエリアをなんとか潰せていたのですが。

1st ステージ終盤ではここを開ける傾向が強まる一方。

この日、3 バックにしたのは、ウィングバックを含め守備に人数をかけて「誰が誰をマークするのか」を明確にしてきました。

ゴール前はほぼ、マンツーマンの状態。

浦和の攻めは、前線の 5 人がほぼ一列で攻め込んで来て、裏を狙ったりバイタルでボールを受けるという状況でフリーの選手を作らせない狙いでした。

浦和の攻めのスタイルは、1st ステージで経験済み。

【第 3 節】アビスパが残留するための礎になるのか?浦和レッズ戦でみせた 5 – 3 – 2 を検証してみる。

この対策のための 3 バックということでしょう。

実際この日の 2 失点はフリーキックからで、流れの中では浦和に得点を与えませんでした。

しかし、対策をとったとはいえ、浦和も「はい、そうですか」と諦めてくれるわけでもなく。

urawa-atack

前半、ボムヨンのファインセーブで事なきを得たシーン。

中盤でフリーでボールをもたせると、浦和の前線が裏に走ると見せかけて 2 人がスッと下がってバイタルのスペースへ。

こぼれ球を確実に拾ってきます。

ゴール付近ではマンツーマン気味であるものの、ある程度距離のあるボールに対してはラインで対応しているアビスパ福岡。

経験豊富な浦和の攻撃陣に対してバイタルをシャットアウトするのは難しいのか・・・。

この日も苦戦するだろうと予感させられる試合の入り方でした。

新加入三門を先発起用

メンバーは最終ラインに、左から田村、濱田、キム・ヒョヌン。

中盤後方に左から、亀川、三門、ダニルソン、古部。

セカンドトップには金森、城後。

ワントップにウェリントン。

というスターティングメンバー。

横浜 F マリノスから完全移籍でやってきた三門を即先発で起用してきました。

あっさりベンチへ追いやられてしまった末吉ですが・・・。

そこまで井原監督の評価を得られていなかったというのも正直驚きではあります・・・。

中盤の底からチームにバランスを?

前半 15 分頃にウェリントンが、西川のところまでプレスをかけ、あわやボールを奪えそうなシーンがあったのですが。

前線でのプレスのタイミングを三門が指示していたように見えました。

相手が後ろでキープしようとしたところ、ダニルソンが高い位置でプレス。

それを見て、三門がスルスルと前に詰めながら、城後へ「突入」を指示したように見えました。

mikado-balance

三門の役割はこうしたチームの攻める、守るのバランスを取ることなのかもしれません。

確かに、末吉、鈴木惇の時に守備のタイミングを指示するようなシーンは見たことがない気がしますし。

これまでアビスパ福岡にはなかったシーンかもしれません。

また、亀川が攻め上がった時に、三門がフォローする場面も。

以前は金森がいないと、やや亀川が孤立気味に突破を選択することがあったんですが。

後ろの選手が近いところに来てくれるのは亀川はもちろん、金森にとっても良いことだと思います。

三門の貢献度

前回、三門のマリノス時代のプレーエリアを紹介したのですが、今回アビスパではちょっと狭くなっています。

【三門プレーエリア】
mikado-play-area

チームのやり方、そのなかでの役割の中で動くわけなのでこれが一概に悪いかどうかはわかりません。

ただ、走行距離はチーム全体で 3 位の距離。

mikado-run

特定のエリアの中で走りまわっていることがわかります。

また、三門の良さが出たと思うのは、試合終了間際、平井、邦本が入った時間帯。

ダニルソン、邦本とポジションを入れ替えながら、上手くビルドアップ。

mikado-pass

マークをずらしながら、パスを出したら、走ってスペースを開ける。

空いたスペースにダニルソン、邦本が動いて、相手を動かす。

最後は邦本の前が空いて邦本 – 末吉 – 邦本のワンツーで抜けるシーンまでつながりました。

kunimoto-atack

また、高い位置にポジショニングして、狭い場所でのプレーで前線での組み立てにも参加していました。

アビスパに来てまだ短い期間ながら、貢献度は高かったと思います。

今後のプレーにも期待できそうです。この試合の希望は、三門の存在だったと言えるかもしれません。

思いがけない形で先制点

試合は思いもかけない形で、アビスパが非常に有利な状況が訪れました。

金森がシンプルに縦へ抜けだして PK 獲得。手を使って倒してしまった槙野は一発退場。

kanamori-pk

これをウェリントンが冷静に沈めて、アビスパ福岡が先制。

おもがけない形で非常に有利な展開が転がり込んできました。

weli-goal

そして、人数的に優位にたったアビスパは前半は予想以上に、押し込む時間もありました。

ここまではもしや・・・。

という雰囲気あったんですが・・・。

セットプレーの守備はマンツーマン?ゾーン?

この試合で一番気になったのは、試合のかなり早い段階でアビスパがセットプレーの守り方を変えたように見えたことです。

一番最初のセットプレー、2 回めのセットプレーまではアビスパ福岡は明確に「ゾーン」で守備をしていました。

一列に並んで、ゾーンで守備をしています。

avispa-zone

しかし、それ以降のセットプレーはマンツーマン?に守備の方式を変えてきました。

avispa-onetoman

こちらコーナーキックのタイミングからウェリントンを余らせて、他の選手はマンツーマン。

結果論ですが、セットプレーから失点しているのでちょっと疑問に感じてしまうところ。

井原監督は「マンツーマンでもゾーンでもいける」的な話をしていますが、なんか中途半端にも見えたような。

1失点目

ここはゾーンぽい気もしたんですが、どちらかというとマンツーマン?

エリア内に入り込んでいる 3 人に対してダニルソンと、濱田、ヒョヌンがついていたんですが。

濱田が那須にあっさり剥がされて、失点。

nasu-goal

ここはもうちょっと戦って欲しかったですが・・・。

2失点目もマンマークなの?ゾーンなの?

2 失点のセットプレーもなんとなく、マンツーマンなんでしょうか。

とはいえ、興梠に対してマークが甘いですよね。

ゾーンの割には、人に寄ってる気もするし・・・。

korogi-goal

セットプレーの失点のあと、田村もダニルソンも「なんで?」というジェスチャーを見せるんですが、セットプレーの守備に選手の間でかなり認識の違いがないでしょうか?

失点後、守り方について再度確認する素振りはみえなかったような。

なんか、いつもと守り方が違ったような気がしてならないわけですが。

試合後、ダニルソンはこのシーンについて、「集中力の欠如」とコメントを残していますが・・・。

1st ステージもずっと、この一瞬の隙をつかれて来たわけでして。

この問題に対する解決へのアプローチはチーム内でどう取られているのだろうかというのは気になるところです。

また、どうプレーするのか、選手がちゃんと理解していたのかもちょっと気がかりです。

正直、そんなこと言ってる時期じゃないですからね・・・。

試合終了間際の問題のシーン

コーナーキックに GK ボムヨンも上がってきてのプレー。

邦本の肩を押して、後ろ守ってくれ!と指示するボムヨンにやや不満気に下がっていく邦本がちょっとかわいくみえたり・・・。

濱田が競って、ゴール前にこぼれたボールはゴールラインを超えたように見えたんですが。

avispa-lastplay

結果はノーゴール。

審判に問題もあるとは思いますが、問題はこの審判においてなぜアビスパ側に不運が転がり込んだかを考えるべきだと思います。

サッカーには運で試合の結果が大きく左右されます。

審判のジャッジによっても大きく左右されますが、もしあのシーンがアビスパリードで訪れていたら。

不満はあったでしょうが、ここまで大騒ぎにはなっていないはず。

やはり、問題はあのシーンで不満を爆発させなくてはならない試合展開に持ち込んでしまったことが元凶だと思います。

そう考えると、セットプレーからの弱々しい失点がこの結果を招いたと見るのが妥当のように思います。

また、ゴール前まで攻め込みながら決めきれなかったというのも響きました。

勝ちを拾いきった浦和の気迫

この試合で感じたのはアビスパ福岡が J1 でやっていくのに最も足りないのはメンタルの強さだということ。

先に自分たちを苦しい流れに持ち込んだのは浦和の方でした。

試合前半で、PK で先制点を献上した上に 1 人が少ない状況に。

しかし、その最悪の状況から浦和の鬼気迫る闘志というのは目を見張るものがありました。

阿部のチームを鼓舞する姿は鬼気迫るものがありました。

そんな浦和の荒々しさと、カードで試合をコントロールしたがる審判に対してアビスパは正しい対応ができていたでしょうか。

個人的には、自分たちのペースを見失っていたように思います。

そして、逆転されても浦和を超えるような鬼気迫るものは出てこない。

完全に、メンタルの面で浦和に負けていたように思います。もちろん、試合運びにおいて浦和のチームとしての経験値の高さもあったとは思います。

浦和は審判の判定に動じてなかったですし、1 人選手が少なかろうが、勝利への執念を感じました。

そして、最後まで自分たちのペースを貫いていました。

メンタルはコントロールできるはず

タイミングとして、試合終了直後と表現していいのかわかりませんが、濱田がレッドカードで退場しました。

気持ちはわからないわけじゃないのですが、不用意だったと思います。

また、残念だったのが城後の行動。

主審を睨みつけ、食ってかかり、三門に制されていました。

キャプテンなら、もうすこしふさわしい態度があったんじゃなないでしょうか。

その後、選手に戻るよう指示していたので、冷静さを取り戻したようにも思ったんですが、副審の視線に入らないところで、挑発するように人差し指を突き付け詰め寄るそぶり。

スカパーの放送でもしっかり映ってました。

映像で写っているだけなのでどういったやり取りがあったかはわかりませんが、正直見ていて褒められる姿じゃないよなと・・・。

もっと堂々とした態度を見せて欲しかった。

まして、先日来たばかリの選手がそれを制しているというのがアビスパというチームのメンタルを物語ってるとしかいえません。

後味は悪いし、不満も多い試合なのはわかります。

ただ、この難しいゲームでも結果を引き寄せた浦和のメンタルが上でした。

アビスパのメンタルはこの荒れた試合において、勝利に値する強さがなかった。

抗議する気持ちもわかるんですが、キャプテンの態度が大人気ないように見えてしまう・・・。

チームのメンタルの弱さを露呈した試合だったと思います。

だからこそ、再び提案したいのが、「メンタルトレーナー」をチームに帯同させてはどうでしょうという考え。

報道では、駒野選手のレンタル移籍が報じられています。

公式サイトでも発表出ました。

駒野 友一 選手 FC東京より期限付き移籍加入のお知らせ

非常に経験豊富なプレーヤーです。

勝つために必要なことを知っている選手だと思います。

そうした選手が、チームに伝えてくれるものは大きいと思いますが、個人的にアビスパ福岡に必要なのは選手以上に「メンタルを鍛えてくれる人」だと思っています。

それは鬼軍曹とかではなく、ちゃんとメンタルをコントロールできる術を教えてくれる人です。

【YOMIURI ONLINE】
ラグビー日本代表メンタルコーチを務めた荒木香織さん(1)

ラグビー日本代表のメンタルコーチとして活躍された荒木さんのインタビュー記事です。

この話の中に印象的な言葉があって

 「たとえば、プレッシャーの影響って見えないし、触れられない。自分がその環境をどう受け止めるか、どう認知していくかですよね。その認知を変えていけば、それに伴って行動が変わってドキドキ感がなくなったり、パフォーマンスが良くなったりしていきます。日本代表はこれまで、プレッシャーがあっても『どうしよう』、『どうしよう』と思うだけで、そのための対処・対応法をしてこなかったんでしょうね。『本番に弱い』というけど、そうではなくて、もともと何も考えていない(笑)。今回の違いは私の説明で、プレッシャーって(選手たちが)自分で作るものだと分かったことです」

アビスパの選手たちも「勝たなきゃいけない」という割に実は「じゃあどうやったら、勝てるのか」とか詳細に突き詰めていったら、実は全然突き詰めきれていないんじゃないかなと思っています。

正直そう見えるんですよね・・・。だから空回りしてるんじゃないでしょうか。

でもサッカーに限らず、日本のスポーツってこういった点が蔑ろにされていることって多いような気がするんですよ。

日本のスポーツ選手でメンタルコントロールをしっかりと学んだ人って少ないと思うんです。

でも、世界で活躍している人たちはここをしっかり突き詰められている気がするんです。

そういった意味で、メンタルを整理して成績につなげているのはテニスの錦織圭選手もそんな印象です。

J 創世記に強豪に上り詰めたチームの多くには、そうしたメンタルを外国人選手に叩きこまれたチームが多いのも事実。

鹿島であれば、ジーコ。

ジュビロで言えば、ドゥンガ。

浦和でいえば、選手時代、監督時代合わせてブッフバルトでしょうか。

アビスパは過去それをリトバルスキーに頼ろうとした感もありますが・・・。

ただ、今はそういった時代でもない気がします。

選手が自分で考え、自分で答えを出すしかない。

しかし、それは個人の問題で解決する話ではなく、ちゃんとその答えに最短でたどり着けるよう導いてくれる人が必要です。

アビスパはその道のりで遠回りしすぎている気がします。

またまた、荒木さんの記事ですが。

【正田佐与の 愛するこの世界】
躍進を支えたリーダーシップの変遷 ケアから主体性へーラグビー日本代表メンタルコーチ・荒木香織氏講演

メンタルは論理的にその改善を積み重ねることができるはずです。

今、アビスパ福岡は J2 から続いていた技術的、組織的な改善という形では踊り場に来ているように感じます。

これから、更に上を目指すには、選手たちが意識を変えていくしかない。

そのための環境づくりが必要なんじゃないでしょうか。

この取り組みは明日の勝利にはつながらないかもしれません。

とはいえ、この 3 年近く試合を見続けて感じるひとつの結論のような気もします。

アビスパ福岡としてどう勝ちにこだわるのか。

チームとして、勝利にこだわることも当然ですが、さらに大きなところで言えば、できるならアビスパ福岡には日本のサッカーの歴史を変えてほしいんです。

そういうチームになってほしい。

だからこそ、この敗戦をちゃんと振り返ってほしい。

そして、また新しいチャレンジを心から、応援させてもらえたらと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. アキ より:

    必要のない2つのファールから集中力がどちらも足りず相手のマークを外して失点してほんともったいない2失点だった
    セットプレーの時くらい1番集中して欲しい
    1点取って相手は1人少ないのにどうして怖がって下がった守備をするのか
    メンタルが弱いですね ビビりすぎです
    前からボールを取りに行けば相手はロングボールでクリアーするだけになって
    マイボールに出来るのに
    アビスパはそれをいつも相手にやられてばかり
    ボールホルダーに対するプレスがアビスパはほんと甘いですね

    前回、三門選手を分析したブログにもコメントしたのでぜひ見てください

    • ざかしんく より:

      アキさん
      コメントありがとうございます!マリノス戦もそうですが、試合運びに難がありますね・・・。
      メンタルが弱いというのもあると思うんですが、「心の準備」というか、プレーひとつひとつに対しても「準備」が足らない気がしています。
      一言で言ってしまうと、集中力なのかもしれません・・・。また、それが余裕のないプレーに繋がっているような。
      ひとつでも勝てると、また違うと思うんですが。最高の週末はなかなかきませんね・・・。

  2. あびた より:

    メンタルに視点をあてるのは大事かもですね
    2失点目の金森のファールなんかもメンタルでしょう
    あきらかに不要というか、イライラしてのファールでしたし
    相当嫌な予感がしてました

    あと
    ワンツーマン➡マンツーマン
    ワンマーク➡マンマーク
    です

    • ざかしんく より:

      あびたさん
      コメントありがとうございます。

      マンツーマンですね。マンマークですね・・・。ありがとうございます。修正いたしました。