アビスパ福岡のお手本はサンフレッチェ広島?サンフレッチェ広島に見るアビスパ福岡の未来

スポンサーリンク

今シーズン全く歯が立たなかったサンフレッチェ広島

今季、アビスパ福岡は J1 でほとんど勝てなかったので、どのチームに対しても「歯が立たなかった」といえるのかもしれません。

とはいえ、その中でもサンフレッチェ広島に対しては大敗続きでした。

1st ステージが 4 – 0 。

2nd ステージが 4 – 1 。

完敗としか表現しようがない。

誰が見ても現状、アビスパ福岡とサンフレッチェ広島の間には大きな差があります。

これはサンフレッチェ広島だけでなく、他の J1 クラブとの差でもあったりするのですが。

ただ、サンフレッチェ広島の選手を見ながら、アビスパ福岡の目指すべきクラブの形として近いのはサンフレッチェ広島ではないかと。

ふと、思ってみたり。

そんな J1 2nd ステージ 第 16 節サンフレッチェ広島 vs アビスパ福岡を振り返ってみたいと思います。

守備のスピード

サンフレッチェの特徴はやはりペトロヴィッチ監督から続く、最終ラインから「繋ぐサッカー」。

なのですが、この試合で個人的に印象的に感じたのはサンフレッチェの守備のスピード。

たとえば、アビスパ福岡の最終ラインからビルドアップ。

3 バックの左に入った田村にボールが入ったところ。

ボールが左よりにあるので、広島の守備もアビスパの左サイドによります。

avispa-buidup

ここから田村は逆サイドのキム・ヒョヌンへボールを回すのですが。

san-d

キム・ヒョヌンにボールが渡って、中村北斗にパスが入った瞬間には、守備がスライド。

すぐさまボールホルダーの中村北斗にプレッシャーが。

中村北斗もワンタッチで出すのがやっと。

受けた邦本も下げるのがやっと。

ボールを下げて、また左サイドにボールを展開するのですが。

san-d2

サイドにボールが入ると、すぐさま守備がプレッシャーに。

こうして、サイドに入るとサンフレッチェはアビスパ 3 に対して、4人でプレスを仕掛けてきます。

常に数的有利を作って確実に守る。

アビスパのリトリートも同じ考えがあるとお思うのですが、チームとしての成熟なのでしょうか。

広島の守備の危なげなさは完璧。

先制点をとってからはそのプレッシャーはやや緩みましたが、前半のアビスパにほとんど隙を与えませんでした。

佐藤寿人の巧さ

アビスパもブロックを作って守る守備でサンフレッチェ広相手にも攻撃のリズムを作らせませんでした。

しかし、徐々に高くポジショニングするウィングバックと、連動して最終ラインに攻め込む佐藤 – 柴崎ラインの揺さぶりに徐々に守備にズレが。

そんな隙を付くかのようにアビスパの1失点目、2失点目は佐藤寿人の巧さにヤラれました。

まず 1 失点目。

引いて守るアビスパに対して、広島も攻撃のポイントをつくれずにいたのですが。

ウィングバックが高くポジショニング。

中村北斗、亀川を押し込んでその空いたスペースにシャッドーが入り込みはじめると、徐々に危うくなってきます。

右は、森崎浩司。左は柴田と佐藤寿人の連携。

san-off

佐藤寿人は最初から前半だけというプランで投入されたのでしょう。

とにかく動く。

堤の前で激しくアップダウンし、堤を翻弄。

また、その動きを柴崎がよく見ていて、佐藤の動きにあわせてライン裏を狙ってきます。

その動きに釣られてか。中村北斗が内側に気を取られたところ。

外のウィングバックにボールが入ります。

佐藤寿人もそれに合わせて、ゴール前に入り込むんですが。ゴール前に入りながら堤の前に出たり、後ろに回ったり。

sato-goal

それに惑わされたのか、堤は落下点に入れず。

そのまま佐藤寿人が触ってゴール。

中村北斗も食らいついているものの、ワンフェイントで確実に相手がクロスを上げるだけの時間を作られてしまっています。

粘りが足りないという感じでしょうか。一歩踏み込みきれない歯がゆさがあります。

そして、2 点目も佐藤寿人のアップダウンから。

san-off2

佐藤寿人がスルスルっとボールを受けるように下がっていくと、堤もそれに釣られてしまったか(堤は佐藤寿人のマンマークというわけでもなさそうでしたが)。

佐藤寿人が空けたスペースを森崎浩司が狙ってました。

田村、キム・ヒョヌンが対応したんですが、森崎浩司の勝ち。

morisaki-goal-op

シーズン後半、濱田の出来が良くなかっただけに、堤には期待していたのですが…。

佐藤寿人に翻弄されすぎ。

今シーズン J1 でも最多失点。

DF だけの問題ではないかもしれませんが、センターバックには守備の要として厳しい評価をくださざる得ない…。

来季のセンターバックの補強は必須ではないでしょうか…。

城後のアクロバットプレイ

後半から入った城後のオーバーヘッドで アビスパが 1 点を返します。

jogo-goal-op

これが決まって 2 – 1。

城後は、このプレーのちょっと前に、右サイドを駆け上がってシュートを打ったり、積極的に前に出たり。

出てきてから、いつもとちょっと違うなという感じは受けました。

後半から出てきた分、飛ばしていたのかもしれません。

ウェリントンより前に入って、競り合いにも顔を出したり。

前への意識は強いなと感じていたんですが。

ただ。個人的にはこのシーンで別のことに感心していました。

広島のセンターバック、野上のプレー。

このとき、最初野上はウェリントンを見ていました。

san-dd

しかし、ウェリントンがファーに行くと、サッと、水上とマークを受け渡し。

san-dd2

逆にニアに入った城後へマークを変更。

さらに、城後が少し下がるとこちらもすぐにマークを外して、代わりに入り込んでいた金森へ。

san-dd3

結果、この判断が城後のゴールを生んでしまったわけですが。

非常に、マークの切り替えというかゾーンで守る感覚が徹底されているのかなと。

確実に自分の近くにいる選手に付いています。

城後はフリーにしてしまいましたが、非常に落ち着いた守備に見えました。

アビスパのセンターバックは同じようなシーンでマークがが被ったり、相手を見失ったりと、ちょいちょいバタつくのでこのスマートさは羨ましい。

こういったセンターバックがアビスパにもぜひ欲しい…。

残り 2 失点はセットプレーから

J1 で増えたのはこのセットプレーからの失点。

特にいつの間にかはじめた「マンツーマンディフェンス」から失点が増えたように思っているんですが…。

3 失点目は、こぼれたところをクリアする前に触られてアウト。

4 失点目は、マンツーマンのはずが、全員押し出されて広島に密集地を作られてしまう形に。

set-play-out

マンツーマンでコロッとヤラれているんですが。ゾーンはもっと悲惨ということなんでしょうか。

それともそれ以外にマンツーマンを採用している理由があるんでしょうか。

井原監督が「どちらも行けるようにしてある」という旨の発言をしている記事を見たことはあるんですが…。

この言葉が本当なら、ゾーンに戻しても良いと思うんですが…。

このセットプレーの失点は、来季の J2 でも場合によっては命取りになりかねない。

どういった改善を見せるのかはやはりセンターバックの補強でしょうか。

サンフレッチェ広島はお手本となるクラブ?

城後のファインゴールがなければ、またも 4 – 0 という結末になりかねなかったこの試合。

引退を発表した森崎浩司の姿を見ながら、アビスパ福岡はサンフレッチェを始め、J1 のチームとは何が違うのだろうと考えていました。

そして、ふと思ったのが、サンフレッチェ広島は非常にお手本としては教材のようなクラブじゃないだろうかと。

実際、アビスパ福岡とは似ている部分も多いですし。

地方クラブであること

まず、サンフレッチェ広島との共通点の1つは「地方クラブ」であることです。

関東圏のチームに比べ、アウェーでの移動距離負担や、スポンサー企業の少なさや、人口の違いなど。

地方クラブと関東圏のクラブでは、置かれた環境が違います。

どちらにもメリット、デメリットはあるとは思いますが。

地方クラブとして成果を上げているという点は、見習う点が多いように思います。

地元プロ野球人気球団があること

広島には「広島東洋カープ」が存在します。

今年は日本シリーズに進出したり、阪神から出戻った新井、メジャーから復帰した黒田などネームバリューの高い選手が帰還。

露出度も増え、全国的にも「カープ」の人気は高まっています(女性でカープ坊やが好き!なんて方も多いんですよね)。

広島カープを福岡でおきかえるなら、間違いなく「ソフトバンクホークス」です。

この数年お仕事の関係で広島に行くことが多いのですが、カープの露出は抜群です。

新幹線のおみやげ売り場はカープ一色。

それに比べてサンフレッチェの露出は少ないように思います。

というか、おみやげ売り場でサンフレッチェグッズを見つけるのはかなり難しい。

福岡も新幹線でアビスパグッズはなかなか見つからない…。

地元に絶大なる人気を誇るプロ野球チームがあるというのも、福岡と広島は似た環境にあると思います。

野球という日本においてはサッカーより歴史も長く、ファンも圧倒的に多いスポーツとどう差別化し、共存していくかは広島は福岡は同じような境遇と言えると思います。

お金のあるクラブではないということ

2016 年 4 月の記事ですが、J1 チームの入場料収入と広告収入を比較した記事です。

【J1クラブの「財政力」】クラブ収入の「2本柱(広告料、入場料)」をランキング!総合1位は果たして?

これを見ると、アビスパ福岡の収入は余裕で最下位なんですよね…。

これは判ってはいた事ですが、「資金力」ありきでスポーツを話したくはないという思いもあるので。

ここはあえて、考えずにここまで来たものの。

やはりこうして改めて見ると、J1 に残ることがどれだけ「チャレンジ」だったのかわかります。

昨年一緒に J1 へ復帰した大宮アルディージャ、ジュビロ磐田と比べてもアビスパ福岡はかなり少ない。

お金が全てではありません(というよりスポーツくらいそういった余地があっていいだろう!)が、この状況で J2 を 2 位の ジュビロ磐田に肉薄した 3 位まで押上げ、 J1 昇格を果たした井原監督、経営陣は限られた条件の中で成果を出していると思います。

それと比べると、サンフレッチェ広島は遥かにお金を持っていたりするのですが。

とはいえ、J1 のその他の「優勝候補クラブ」から比べると、規模は小さい方です。

それでも J1 を連覇できるチームを作り上げたサンフレッチェ広島の経営陣、スタッフ、選手たちから学ぶことは多いと思います。

実際サンフレッチェ広島も順風満帆だったわけではなく、経営難に直面し選手を多く手放すという経験もしています。

そういった経営難の渦中にあった経験もまたアビスパ福岡に似ているのかなと。

潤沢な資金があるわけではないとはいえ、有望な若手を育成し成長させているサンフレッチェ広島。

お金以外で、優秀な人材を惹きつける魅力。

こうした面も非常に参考になるはずです。

逆にサンフレッチェ広島と違うところは?

まずは似た部分を上げてみましたが、じゃあ、違うところってどこだ?

と、考えてみたんですが。

一番大きな違いは「歴史」なのかなと。

歴史と言っても、2012年にサンフレッチェ広島が 創立 20 周年を迎えています。

アビスパが 2015 年に創立 20 周年を迎えていたので、「歴史の長さ」はそれほど差はないです。

ただ違うのは、その間に積み上がった歴史や文化じゃないかなと思います。

端的にその傾向が現れているのが監督の数だったりするんじゃないでしょうか。

サンフレッチェ広島の監督、コーチには優秀な外国人が多い。

サンフレッチェの前身にからにはなるのですが、日本代表監督も務めたハンス・オフト。

規律の高いチームを率いるスチュワート・バクスター。

のちのアビスパ監督に就任する松田浩氏は、この両名に師事していました。

オーストラリア代表監督でハリー・キューウェルなどの才能を開花させたエディ・トムソン。

その後、ヴァレリー、ガジエフ、木村孝洋、小野剛、望月一瀬と短期政権が続いたあとにペトロヴィッチ、森保一と続いていきます。

トムソンの前にビム・ヤンセンを飛ばしましたが、前身のマツダ SC のハンス・オフトをいれてもサンフレッチェ広島の監督は過去 11 名。

一方のアビスパ福岡はというと…。

初代の清水秀彦から始まり松田浩、ピエール・リトバルスキー、篠田善之、現在 J3 鹿児島ユナイテッド監督の浅野哲也監督など代行まで入れると現在の井原監督で 17人目(1,2試合の代行まで含めると、19)。

3年くらい発足の遅いアビスパですが、サンフレッチェと比べて、6人も多い。

ここに「一貫した考え」があれば見方もだいぶ違ってくるのですが。

サンフレッチェ広島は、一貫して優秀な外国人監督を招聘し、戦えるチームをつくってきた印象があります。

もちろん、チーム事情も関わってくるので一概に監督の多い少ないで良し悪しは決まらないと思います。

とはえい、チーム事情が低迷するチームは監督を変えていくのがサッカーの宿命とも言えます。

実際、サンフレッチェ広島もエディ・トムソン監督の「守りのサッカー」からペトロヴィッチ監督の「繋ぐサッカー」への変遷途中は監督も多く交代しており、チームの変遷期としての苦悩が見て取れます。

しかし、その苦悩を乗り越え、ペトロヴィッチ監督との出会いからから森保一監督に至るにあたって現在の「サンフレッチェ広島のサッカースタイル」は確立されたように思います。

一方、多くの監督たちが就任しては去る中で「アビスパ福岡」の目指すサッカーというのは追求されたのでしょうか。

アビスパ福岡のスタイルとはどういったものなのでしょうか。

1996年から2001年と、2007年から2009年にアビスパ福岡で活躍し、現在スカパーで時折アビスパの試合の解説をしている久永辰徳氏が以前、アビスパ福岡のチームカラーについて

「前から積極的にプレスに行くチームカラーだった」

といった旨のことを言っていたと記憶しています。

アビスパ福岡の黎明期、別のクラブでプレーし再びアビスパ福岡に戻ってきた久永氏がそう感じるなら、チームとしてそういった「カラー」があったのかもしれません。

前から積極的にというと、プシュニク監督のイメージが強いですが、その気質はその以前からもあったのかもしれません。

とはいえ、現在の井原監督は真逆。

このまま井原監督は「守備」をテーマに突き進むのでしょうか。

アビスパ福岡の監督に就任後すぐ、アトレティコ・マドリードを理想のチームに掲げていました。

井原監督はアトレティコのように「激しさとインテリジェンス」を兼ね備えたチームをつくり上げるのでしょうか。

J1 で戦った松田、篠田監督とも井原監督が目指すところのイメージは違うように思います。

もちろん、監督だけでなく、アビスパ福岡も選手も大きく入れ替わっていきた経緯があります。

そこに「中、長期的」な展望はほとんど無かったと言ってよいでしょう。

広島は、ペトロヴィッチ時代に J2 降格した際に監督も選手もほとんどが残るという選択をしました。

J2 降格監督が残留するというのは、当時異例だったのを覚えています。

ただ、この結果サンフレッチェは今のチームの下地を作りました。

来季井原監督は継続する方針のようですが、アビスパ福岡が本気で「長期スパン」の観点で物事を考え始めた記念すべき時だった。

と、もしかしたら近い将来いえるのかもしれません。

井原監督も続投するのであれば、自身を持って続投して欲しいところです。

経営陣も入れ替わり、徐々にアビスパ福岡のやり方も変わってきていることに期待したいところです。

「物語」も必要なのかもしれない

サンフレッチェ広島戦の敗戦を受け、アビスパの一つの理想形はサンフレッチェ広島かもしれない。

と、思い始めてから一冊の本を読みました。

サンフレッチェ広島を追い続けたライター中野和也さんの著書です。

サンフレッチェ広島の現代までの歩みと、そこで起きたサンフレッチェ広島の喜怒哀楽をチームのすぐ側で見てきた著者が熱く書きあげた名作です。

アビスパ福岡にもこうした「物語」の視点が必要なのかもしれません。

こうしてブログを書いている私ですが、アビスパの歴史を語るには私は非力すぎます。

しかし、少しずつ歴史の集積を積み上げ、まとめていくことも必要なのではないかと感じています。

温故知新とはよく言いますが。

この書籍の中で何度か中野さん自身が「広島カープ」を取材したときのエピソードとともに、その経験が自身の取材にも役立ったと語っている記述が出てきます。

ホークスを語るにしても、アビスパを語るにしても「福岡のスポーツの歴史」という観点はいずれ必要になるように思います。

王監督が率いた弱かった頃のホークス。

「生卵事件」に象徴されるように、あの頃のホークスが迎えていた苦境は今のアビスパと重なるところがあるように思います。

当時のホークスの経験(成功も失敗も含めて)は、アビスパ福岡の未来において重要な指針となるんじゃないかと思っています。

そうした「知の繋がり」を福岡という土地の中で構築することができれば、ホークスやアビスパだけでなくこれに続く地元のプロスポーツに果たす役割は大きいのではないでしょうか。

できることなら城後に花道を

契約社会のスポーツ選手にとって、プロキャリアをスタートしたチームで最後までプレーできることは稀だと思います。

そういった意味では、怪我や病気で苦しい時期も多かっただろう森崎浩司選手がサンフレッチェ広島でキャリアを終えることができたのはとても素晴らしいことだと思います。

そして、アビスパでは多くの選手が去っていく中、チームを支え続けた城後がいます。

彼があと何年プレーするかは判りません。

厳しい話ですが、キャリアの最後がアビスパ福岡だとも限りません。

正直、城後のプレーに対しては懐疑的な目を向けてしまうこともあります。

ただ、森崎浩司の姿を見ていると、城後の最後もアビスパでと思ってしまいます。

できれば、その時はアビスパ福岡は J1 にいて欲しい。

そして、できれば 1 勝でも多く勝利をあげてほしい。

順位も 1 つでも上を狙って欲しい。

それがサポーターの願いなのではないでしょうか。

残りはホーム最終戦、柏レイソル戦。

どういった形で 2016年シーズンを締めくくるのでしょうか。

そして、どういった 2017年を迎えようとしているのか。

2016 年の経験を無駄にしない戦いを願うばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク