「あと一歩」が続くアビスパ福岡。アルビレックス新潟戦で見せた「守備の完成度」

スポンサーリンク

アルビレックス新潟にやりたい試合をされてしまいました・・・

ナビスコカップでだいぶまとまり始めたアビスパ福岡。

柏戦ではちょっと不運な形から失点してしまいドローとなりましたが。

川崎フロンターレ戦では、守備がガッチリとハマって 0 – 1 で勝利。

J1 復帰後初勝利を上げ、良い形でリーグ戦へ再開。

順位的にも近いアルビレックス新潟を破って、順位を上げていくキッカケを作りたかった試合ですが。

逆に、アルビレックスに 0 – 1 で敗戦。

リーグ戦は勝利&勝点ならず・・・。

そんな J1 第 5 節 アルビレックス新潟戦を振り返ってみたいと思います。

アビスパ福岡の守備「とにかくバイタルを消せ」

この日は、3 バックでスタートしたアビスパ福岡。

中央には堤が入りました。

川崎フロンターレ戦では守備面で傑出の出来だった堤。

そのへんが買われての出場でしょうか(それとも濱田に何かあったか?)。

そして、田村もリーグ戦初先発。

プロ初ゴールを決めただけでなく、この二人がこの数試合では守備の面で安定感をもたらしたと思います。

バイタルを消す

アビスパ福岡は守備時に「5 バック」になります。

5 – 4 – 1 で守備をするわけですが。

この時、中央の 3 バックに求められているのは、「バイタルエリアを消すこと」。

アルビレックス新潟の攻めは、1 トップの指宿を中心に、小塚、レオシルバ、田中、加藤といった2列目が 5 – 4 の間にできるスペースへ侵入してきます。

しかし、基本的にこのスペースに入ってくる選手には、アビスパの最終ラインからチェックを受けます。

試合が始まってすぐですが、このスペースに右の加藤が下がってボールを貰いに行くと、田村が最終ラインを離れてチェックに行きます。

後ろから小塚がスペースに入ろうとすると、末吉がついていきます。

avispa-d

ゾーンディフェンスなので、常に付いているわけじゃないですが。

こういった形でバイタルに入る選手にボールが入りそうになると、誰かがチェックしに行きます。

アビスパ福岡はここに入ってくる選手を自由にさせないし、パスも極力させないのが基本路線です。

これに対して、アルビレックス新潟はバイタルにボールが入らないので。

後方でボールを回しながら、前線が駆け引きしつつ、最終ラインへ飛び出す形を狙ってきます。

田中達也が抜け出たシーン。

ラインのギャップをついて飛び出してきますが、このへんは上手さが光りますね。

tanaka-atack_50-169_optimized

ただ、この形でもほとんど決定的なシーンは作らせませんでした。

危うかったのは、逆サイドへコルテースが張っている時に、ワンツーでコルテースへ出した?ボールが指宿に落ちたシーン。

ibusuki-kick_13-133_optimized

おそらく守備的に危なかったのはこのシーンくらい。

アビスパはこの 5 – 4 の間にボールを入れさせないし、入ってきたボールを徹底的に潰していきます。

川崎戦、それから柏戦でもこのやり方がかなり上手く行きました。

昨年からもこのやり方はそう大きく変っていないのですが・・・。

今シーズン序盤は、このエリアをポカっと開けることが多く。

ラインを下げ過ぎたり、またはサイドの守備に気を取られてか?中央にスペースを空けすぎてしまったり。

そのへんは、キム・ヒョヌン、實藤、といった新メンバーが戦術にフィットしていなかったのかなと・・・。

ただ、ヒョヌンは徐々にフィットし始めたように思います。

39分過ぎに城後が高い位置から守備に行くも、レオ・シルバにかわされ前を向かれた時。

kim-df

守備に詰めていた鈴木惇と、後ろに構えた末吉が対応しますが・・・。

バイタルのスペースにパスを出されてしまうんですが。

最終ラインと、中盤の間にスペースができたんですが、ヒョヌンがすぐさまスペースを詰めて対応。

kim-df2

鳥栖戦とかはこの形からズルズル下がってしまって押し込まれていたように思うんですが、しっかり対応できていました。

ここで絶対に相手を自由にさせないという守備は徹底されていました。

これが實藤は、なかななか安定せず。

田村がこのポジションに出て安定しました。

堤に関しては、川崎戦でこの動きがハマってました。

バイタルエリアを攻略したいフロンターレの動きを次々と潰してました。

この日、堤、田村を先発させてきたのは、そうした守備を今一番こなしてくれる選手である。

ということなんだと思います。

また、攻撃面でも堤、田村はキックが安定しているので、現状長いボールを蹴ってのビルドアップが主体のアビスパにとって、うってつけなのかなと。

アルビレックスの攻撃は完全に潰していたんですが・・・。

アルビレックスの攻めは、バイタルに楔を入れて、最終ラインを引き出して空いたスペースに FW、4人の MF の誰かが飛び出す。

もしくは上がってきたサイドバックが裏を狙う。

この攻めに対して、例えば指宿がスペースに下がれば、堤がチェックに入り、サイドから飛び出しを狙う加藤、田中達也をヒョヌン、田村がしっかりチェック。

外を駆け上がってくるサイドバックには亀川、中村北斗がしっかり見る。

逆に後ろから小塚や、レオ・シルバが入ってきた時は、鈴木惇、末吉がチェック。

avispa-df-nigata
・黄:ボールの動き
・青:DF の動き
・赤:攻撃の動き

完全なイメージで言うと、上記図の形アルビレックス新潟の攻撃を封じていました。

攻撃に関しては、この 5 – 4 の網にかかったところからのカウンターアタック。

サイドから亀川が上がったり、素早くウェリントンに入れて、叩いたところを城後、鈴木惇が拾って展開。

サイド攻撃もゴール前に人数かけることができていたんですが・・・。

と、前半は、この形が上手く行っていました。

一瞬の隙から、失点

こうした一瞬の隙を狙っている田中達也を褒めるべきなのでしょうか・・・。

ロングスロー気味のボールを指宿が倒れながら頭でパスを出したシーン。

avispa-lost_13-143_optimized

パスとしては、小塚を狙った?もののように思えたんですが。

その小塚にはヒョヌンがついていました。

しかし、田中達也はフリー。

ボムヨンも体を張ったんですけど、狭いところへ流し込まれました。

このへんは、さすが元日本代表ということなんでしょうか・・・。

あえて注文つけるなら。中村北斗がボールウォッチャーだったでしょうか。

この僅かなところ。なんですが・・・。

中村北斗もこのプレーの前のコルテースのワンツーをしっかり対応していただけに・・・。

もったいない。

後半 金森を投入して 4 – 4 – 2

おそらく、理想のゲームプランとしてはアビスパは先制点を上げて、そこから自慢の守備で相手を抑えつつ、カウンターから 2 点目。

というのがあったと思います。

しかし、この日はアルビレックス新潟にその形を取られてしまいました。

後半、アビスパは堤を下げて 4 – 4 – 2 へ。

前線に攻撃的なオプションを増やした形。

ジュビロ戦でも機能した形ですが、井原監督としては「4 – 4 – 2」は攻撃オプションとして考えているのかもです。

しかし、アルビレックスは後半は完全にリトリート。

そして、10番のラファエル・シルバを投入。

スピードのある選手でカウンター狙いだったと思います。

そして、何度かそのカウンターから危ない場面もありました。

それ以上に、アビスパも押し込んだんですが・・・。

あと一歩を詰め切れませんでした。

為田のシーンは・・・。

うーん。

リプレイで見る限り、GK の手が為田の足にかかっているように見えますが・・・。

tameda-pk

審判のレベルの問題というのは随所で言われておりますが・・・。

ここで、PK とれていれば全然違った結果だったはず。

ツキと言っていいか判りませんが、こうした「運」の面でも良い展開がないですね・・・。アビスパ福岡。

守備は J1 でも通じていると思います。

攻撃面も前半は、カウンターの形から攻め込めていました。

後半からの 4 – 4 – 2 の攻撃も相手がリトリートしていたとはいえ、あと一歩のところまでは行けましたが・・・。

あと一歩が届かないですね。

流れの中での攻撃のオプションが増えたら良いのかなとも思ったんですが・・・。

どちらかというと、最後の精度の部分の方が大きいでしょうか。

こればっかりは、一朝一夕には行かない部分だけに・・・。

このへんは、個人的には為田、金森というところに覚醒期待したいですが・・・。

苦しい展開が続いていますが、誇れる守備はあります。

攻撃もバリエーション豊富とは言えませんが、カウンターもあれば何より、セットプレーは武器になっています。

あとは、やはり「自信」の部分かなと思います。

川崎フロンターレ戦で勝利できたものの、まだリーグ戦未勝利。

そこはまず、リーグ戦初勝利獲りたいですね・・・。

ここで、勝ちたかっただけに、失望も大きいんですが・・・。

希望が見えないことは無いと思います。

まだまだ、諦めることは無いはず。

まずは、リーグ戦 1 勝。

そのためには、今の守備にどれだけ攻撃を乗せされるのか。

一人で相手を攻略できるようなスペシャルな選手がいないだけに。

どこまで、チームとして攻撃面での改善ができるのか。

守備面では、堤、田村と行った選手が良いプレーを見せてリーグ戦に出場しました。

攻撃面でも良い意味でサプライズを期待したいです。

次節 現在 5 位のヴィッセル神戸との対戦はこうした攻撃面の改善が課題になるのかなと。

リーグ戦でもそろそろ「最高の週末」を迎えたいところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク