【第4節】J1 未だ勝利なしのアビスパ福岡。ジュビロ磐田戦で見えた、「良くなっていること」と「不安要素」を整理してみる

スポンサーリンク

現在も試行錯誤?ジュビロ戦に見た光と影

J2 昇格組の対戦となったジュビロ磐田 vs アビスパ福岡戦。

2 – 2 の引き分けとなりました・・・。

昨年全勝した相手であったジュビロ磐田。

ファン心理としては勝利したいところでしたが・・・。

これで 4 節を終了し、依然 J1 勝利なしですが、アビスパの現状の良い点悪い点を整理してみたいと思います。

アビスパ福岡の良い点

明確に良い点というのはちょっと難しいのが現状です。

現実勝てていないですからね・・・。

ただ、徐々に良くなっている点もあります。

まずは守備。

第 1 〜 3 節までは、格上相手を想定& J2 からの継続した「3 – 5 – 2」のフォーメーション。

ただ、事実上アビスパのフォーメーションは、「5 – 4 – 1」。

完全にブロックを作って「リトリート」して組み立てをします。

しかし、この 3 試合確かに格上相手の試合が続きました。

鳥栖戦は比較的「前目」でしたが、横浜戦、浦和戦と完全に押し込まれた展開。

ビルドアップの点でも明確な形は見えませんでした。

ジュビロ相手に仁王立ちで殴り合い

しかし、今回同じ「J2 昇格組」ということもあったのか。

ジュビロ相手に「真っ向勝負」を挑みました。

昨年の J2 での対戦は完全にリトリートしてそこから一発カウンターで勝利したという感じです。

ジュビロも内容で負けていたとは思っていないでしょう。

ただ、いつまでも「リトリート」からの「カウンター」では J1 では厳しいと感じさせるにはこの 3 戦は十分だったかもしれません。

井原監督がそのあたりをどう見ているかは判りませんが、このジュビロ戦で投入してきたのは「4 – 4 – 2」でした。

ジュビロ磐田 アビスパ福岡 先発フォーメーション

sec4-avispa-jubiro

この日の先発予想フォーメーションはこんな感じ。

鈴木惇にかえて、ダニルソンが先発出場。

浦和戦では途中出場で 5 – 3 – 2 の「3」の中央に後半の頭から入りました。

しかし、機能したとはちょっと言いがたい感じ。

フォーメーション的にもちょっと完成度が低く、いくら浦和戦で押し込まれることは想定されていたとはいえ、心配な状況でした。

正直、この日も 5 – 3 – 2 で試合入ってきたらどうしようと思っていましたが。

とりあえず、その心配は杞憂でした。

ダニルソンは、コンディションが上がってないようでしたが・・・。

この日のスカパーの放送内でも「コンディションが万全でない」という情報ありました。

確かに、見ていて出場はもうちょっと先なんじゃないの?

という感じはしていたんですが、あながち間違いではなかったようです。

それでもダニルソンを先発させるということは、現状のやり方で鈴木惇がフィットしていないということなんでしょう。

確かに、ニューイヤーカップでも存在感なかったですし、J1 開幕してからもなんだかイマイチでした。

昨年も開幕時は先発しない試合が多かったんですが、鈴木惇もコンディションは良くないのかもしれません。

これまでで最も自然だった 4 – 4 – 2

アビスパは開幕から、J2 と同じフォーメーション 3 – 5 – 2 (5 – 4 – 1)かつ、同じ「リトリートからのカウンター」という形を採用。

昨年の形を踏襲していくと思っていましたし、メンバーが数人代わってもそれは揺るぎないのかな?

と、思っていたんですが・・・。

この日のアビスパ福岡は、「4 – 4 -2」でスタート。

ですが、過去の試合の中でもっとも選手の動きが「自然」な感じがしました。

特に、キム・ヒョヌンと、ダニルソンが自然な感じに思えました。

キム・ヒョヌンはキャリアの中で 3 バックをやったことが無いということでしたが、やはり 4 バックがやりやすいんですかね。

非常に動きがスムーズになったように見えました。

DF ラインからボランチのボール交換や、GK が足元へ入ってから、パスが展開される際の集散のタイミングが非常にしっかりしていたように思います。

磐田の攻撃の中心である、ジェイ、アダイウトンといったところとマッチアップすることも多かったんですが、まずまず対応していたような。

ただ、アダイウトン、ジェイにそれぞれルーズになってしまったシーンもあり、そのうちひとつは失点につながってしまったのは残念。

それからダニルソン。

浦和戦は動きが重そうで、どうなんだろうという不安がつきまとっていたんですが、この日は浦和戦よりはだいぶコンディション上がってきた感じ。

少し動きは重そうな感じもしたんですが、パスカットや、球際の競り合いなど、要所で顔を出すのは流石だなという印象持ちました。

フル出場しましたしね。

後半 52 分に為田に通した(オフサイドでしたけど・・・。)ロングパスも秀逸でした。

アウト気味で、為田に向かってスライス気味に届くパス。

dani-pass_42-143_optimized

さらに後半 82 分ごろ、もう一回やり直しのようなアウトにかけたパス。

dani-pass2_96-242_optimized

鈴木惇をベンチへ下げてしまうのも頷ける内容。

もう少しコンディション上がってくると、もっと存在感出てくるかもしれません。

前からの守備

この日アビスパは前線から守備をしていました。

過去 3 試合は「リトリート」してからの守備だったんですが、この日の 2 トップは積極的に前線から守備をしていました。

その分、後ろの 4 – 4 もリトリートせず、DF ラインから前線までをコンパクトにしてジュビロ磐田と真っ向勝負していました。

リトリートしてのカウンターも戦術として悪いとは思わないんですが、J1 のチームに全然通用していませんでした。

そこからオーソドックスな 4 – 4 – 2でジュビロと「がっぷり四つ」で戦えたというのは勝てなかったとはいえ、進歩だと思います。

その形でアダイウトンにほとんど仕事をさせなかったですし。

ここは、城後、中村北斗、キム・ヒョヌンの守備面の貢献は大きかったと思います。

4 – 4 のラインのスライドも安定してました。

攻撃面で復活した城後

過去3試合ではほとんど守備に追われ、攻撃での活躍が少なかった城後。

しかし、この日は積極的にゴール前へ侵入。

実際、1 点を決めているわけですが、J2 でもチームが調子の良い時は、城後のこの中への侵入の動きがありました。

得点シーンではないのですが、前半 25 分。

為田が潰されたところをアドバンテージから、末吉、亀川が飛び出したシーン。

jogo-free-run

ボールが逆サイドにあるときなどは、アダイウトンが城後を見ていたりするのですが、結構城後はフリーでした。

ここでも、金森、ウェリントンの後ろからゴール前に侵入。

jogo-free-run_56-112_optimized

金森のところで止まってしまいましたが、後ろに流れていれば、城後、ウェリントンがフリー。

この動きは、ジュビロの脅威になっていました。

守備でもだいぶ貢献していました。後半やや消えましたが、アビスパの中では MOM かなと。

ビルドアップでも中へ切り込み、末吉、中村北斗が右サイドでパスをもらえるスペースを作っていました。

金森が前線に残る

2 トップの一角で出場した金森。

これまでは、左サイドでの出場が多かったわけですが。

やはり、FW の方が動きが良いよなーというのが正直な感想です。

これまでウェリントンが一人カラダを張るしかなかった前線。

金森が裏へ走ることで、ジュビロ磐田の最終ラインに「ウェリントンの高さ以外のプレッシャー」をかけることができました。

ウェリントンより前で構えることで、ウェリントンが比較的自由に動けたこともアビスパのビルドアップにはプラスだったと思います。

リオ五輪の招集されたことは非常に喜ばしいのですが・・・。

チームを離れてしまうことが惜しい・・・。

ここからはアビスパ福岡の不安要素

ここからは逆に不安だけど、大丈夫かなー?という点です。

まず、気になったのは為田。

ニューイヤーカップで見ている限り「イマイチ馴染みきれてない」という印象だった為田。

大敗してしまったニューイヤーカップでは唯一の 1点を決めたあたりの動きは徐々に慣れているのかな?

と、思ったんですがそうでもなかったようです。

亀川との連携不足?

そんな為田ですが、前半はいまいち存在感が出ず。

右で城後が上手く動いていただけに、右からの攻撃が中心に。

とはいえ、ダニルソンがボールを取ると、為田を見ていました。

2度、アウトにかけたいいパス送ってましたし。

おそらく「裏」へ飛び出すという動きは、指示として受けていたのかもしれません。

ただ、足元に入れようとした濱田と裏へ抜けようとした為田で意思疎通ができず、ボールロストするシーンもあったり。

tameda-pass_13-87_optimized

為田がボールを受けるフェイントを入れるんですが、濱田も騙される感じに・・・。

後半は指示があってか、かなり攻撃面で為田側でビルドアップを試みることが多くなりました。

効果的な動きができればよかったんですが、ボールを運ぶときに亀川と動きが被ったり。

tameda-kame_0-135_optimized

為田は最終的にシュートを選択したようですが、この場面もうちょっと良い展開出来たような・・・。

むしろ、FW に平井が入って坂田が左サイドに入った時のほうが亀川が良い形で前くというシーンが出てきたり。

亀川の上がるスペースを作るという意味では坂田の方がコンビネーションとして成熟しているのかなと。

左サイドではパスもワンタッチ、ツータッチが多かったんですが、素早いというよりは、焦っているようなパス交換で効果的な形はできず。

ドリブルが売りな選手なだけに。

もうちょっと自分の色をだしても良かったのかなと。

亀川も五輪招集のためチームを離れてしまいます・・・。

この左サイドが活性化すると面白いと思うだけにこれまた喜ばしいながらも残念です・・・。

成熟させる時間が欲しいですね。

フリーキック、ロングスロー、コーナーキックからのカウンター

鳥栖戦で問題が露呈し、浦和戦でもカウンターから失点するなど J1 にきてから、フリーキック、コーナーキック、ロングスローからのカウンターを受けてしまうアビスパ福岡。

この日も、何度か危ない場面が。

アダウイトンが独走しかけた場面は、末吉が上手い寄せでなんとか回避したものの、一瞬ヒヤリ。

sueyoshi-d_0-138_optimized

一番危険だったのは、ジェイをほぼフリーでヘディングさせてしまうところまで行かせてしまったプレー。

セットプレーからのカウンターじゃないんですが・・・。

中村北斗が簡単に競り負けているのが・・・。

hokuto_0-192_optimized

イエローカード多かったです。

この試合「イエローカード」が多かったんですが。

両チーム J2 昇格したチームということあったと思いますが、かなり熱くなるシーンも。

気持ちはわからないでもないですが・・・。

ただ、濱田が戻りながら焦って強引にファールしてイエローをもらったシーンなど。

カウンターを止めるのに強引になりイエローというシーンも。

鳥栖や浦和にやられているので、「カウンターを喰らわない」という意識はかなり高かったと思うんですが・・・。

奪い返すという気持ちが出るのも良いんですが。

もう少し、スマートに対応しないと後々の累積警告などシーズン終盤の大切な時期に出場停止なんてのが怖いかも・・・。

とはいえ、やってる方はそんな余裕ないというのも実情かもしれませんが。

右サイドは實藤?

この日はベンチスタートだった實藤。

後半、中村北斗に代わって出場したんですが。

中村北斗はこの日、PK を与えてしまっていますが・・・。

だからというわけじゃないんですが、後半クリアミスがあったり、ジェイに簡単に競り負けたりとアダイウトンの守備は頑張ったといえば頑張ったんですが、結構大きいミスがありパフォーマンスに難ありなシーンも。

特に後半落ちた感じが。

ここも不安な箇所。

實藤のプレー時間が短いのでなんとも言えませんが、4 バックを継続するなら、右サイドに實藤という選択は増えるかもしれません。

一撃必殺

初戦の豊田。

2 戦目の中村俊輔。

3 戦目の興梠。

そして 4 戦目のジェイ。

と、こうしてみると確実に対戦相手のキーマンにやられてしまっているアビスパ福岡。

J1 では「ワンチャンス」で仕事を決めてくる選手が J2 にくらべるとはるかに多いと言いますが。

豊田も、中村俊輔も、興梠はちょっと違うかもしれませんが、ジェイのゴールシーン(2 点目)も「ワンチャンス」を確実に決められてしまっています。

豊田の巧みなポジショニング。

中村俊輔のフリーキック。

ジェイの一瞬の隙へ蹴りこむ精度。

多分、J2 の試合であれば、上記のシーンはおそらくなかったでしょう。

やはりある程度上のレベルになってくると、どんなに集中して守っていてもそこを打破してくる選手がいます。

どう対応するのかは非常に難しいかもしれませんが、ここを防がないことにはこの 4 戦で勝ち切れないところを見ていると、今後も続いてしまいそうだなと。

実は、ここが一番対処が難しいところなのかもしれません・・・。

勝てる試合だったはず

横浜 F マリノス戦同様、勝てた試合だったかなというのがやはり大きいですね・・・。

ただ、どうしても一歩。詰め切れない。

こうして、勝ちを逃し続けると、結局自分たちのクビを占める結果になるわけで。

早く一勝したいところですね。

個人的には、現状うまく行きそうな 4 – 4 – 2 の精度を高めていくのがベスト

だと感じています。

不安な点はありますけど、ここは良さげなところを伸ばしていった方が、チームとしてもストレスが無いでしょう。

来週はナビスコカップということで、ホームで柏戦。

そして、アウェーで現在首位のフロンターレ川崎戦となります。

4月に入ると、再びホームでアルビレックス新潟と対戦となります。

カップ戦が続きますが、アビスパの最優先課題は「残留」。

正直今のアビスパ福岡にはカップ戦の成績は後回しという考え方もアリでしょう。

とはいえ、ここで勝つことはチームとして間違いなく「自信」になるはず。

確かに早く「J1一勝」なのですが、個人的には選手には「J1でもやれる!」という自信というか、手応えを持って欲しいんですね。

もちろん、それには勝利が必要不可欠なのですが。

それには、まずはカップ戦もリーグ戦も無いのかなと。

特にカップ戦とはいえ、相手は現状同じ勝ち点で並ぶ柏レイソル。

そして、井原監督が指導者としてキャリアを積んだチームです。

五輪代表組が抜けてしまいますが、ジュビロ磐田戦で見せた良い流れは維持したいところ。

良い流れをつくって、リーグ戦の弾みにして欲しいところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク