【2016年 J1第2節】痛み分けのドロー。アビスパ福岡vs横浜 F マリノスに見たアビスパの希望と課題

スポンサーリンク

J1 ホーム開幕戦 横浜 F マリノス戦は痛み分け?

鳥栖戦で敗戦してしまったアビスパ福岡。

できれば早いうちに 1 勝しておきたいアビスパ福岡。

第 3 節はアウェイで浦和レッズ戦。

非常に厳しい戦いが予想されます。

ここは横浜 F マリノスとはいえ、「勝ち」をとりに行きたいところ。

マリノスはマリノスで開幕戦で敗戦。

こちらも早く 1 勝しておきたいのは同じ。

J2 から昇格したばかりのアビスパ福岡なら、アウェイといえど最低でも「勝点 3」を狙ってくるでしょう。

そうした開幕を落としてしまった同士の対決は「1 -1 のドロー」。

ホームで勝ちきれなかったアビスパ福岡。

格下に勝ちきれなかった横浜 F マリノス。

痛み分けといったところなのでしょうか・・・。

そんな J1 第 2 節アビスパ福岡 vs 横浜 F マリノスの一戦を振り返ってみたいと思います。

アビスパ福岡のフォーメーション

鳥栖戦から全く同じメンバー、同じフォーメーションとなりました。

sec2-avispa-form

井原監督の中では今のベストのメンバーなのかもしれません。

昨シーズンだと、金森と酒井が交互に出ていたりして井原監督の試行錯誤のようなものも感じられて面白かったのですが。

現状は、不動なんでしょうか?

現状控えのメンバーには、もっと先発メンバーを脅かして欲しい気もしないでもないような・・・。

狙い通りの前半?アビスパが握った主導権

この試合のポイントは、間違いなく「セットプレー」 だと思っていました。

マリノスには、中村俊輔がいます。

止まったボールを蹴る精度は現在でも世界クラスでしょう。

また、中澤といったヘディングの強い選手がいます。

アビスパ福岡も鳥栖戦での得点はセットプレー。

昨シーズン J2 でもセットプレーからの得点が多かったチーム。

ウェリントンをターゲットにしたボールが入れば十分得点できるでしょう。

勝敗を分けるとしたら、セットプレーだと思っていました。

前半早々ウェリントンが中澤に勝利

前半早々、左サイドで金森が受けたファール。

末吉のプレースキックに中澤と競ったウェリントンが頭で合わせました。

wellington-goal_15-96_optimized

ウェリントンの強さが光りました。

J1 でも十分に通用しますね。

また、2 試合連続ゴール。

ウェリントン乗ってきそうですね。

気になるのは 3 バックの再調整?

前節の鳥栖戦で気になっていたのは、3 バックの距離感。

實藤が中央にスペースを開けるのが非常に気になっていました。

J1 開幕!いきなりの九州ダービー敗戦にアビスパ福岡とサガン鳥栖の間にある「差」を考える
キックオフから負けていた?九州ダービー J1 昇格の開幕戦。 否応なく期待が高まる一戦。 それが、九州ダービーの鳥栖戦とな...

3 バックというより、やや 5 バックになりがちなアビスパ福岡ですが。

しかし、鳥栖戦ではウィングバック、特に亀川の方が高いかつ、實藤のポジションが難しいところだったのかなと。

しかし、今日この日は井原監督のコメントにもありましたが「サイドの攻防」がポイント。

とのこと。

ボールポゼッションでもマリノスには敵わないと割り切った上だったのか、かなり亀川のポジションが低め。

DF ラインも 3 バックの場面より圧倒的に 5 バックのシーンが多かったです。

人数が多い分、距離感も詰まっていて良い感じだったように思います。

マリノスの攻撃では中村俊輔が自由に動き回ります。

その中村俊輔に實藤がついて飛び出したシーン。

zenhan8-dfline

最終ラインに中村北斗が残ってしっかり實藤が飛び出した後スペースにスライドしていました。

鳥栖戦ではこの時にサイドバックが守備より攻撃への意識が強かったような気がします。

そのため、どうしても守備陣の距離が開いてスペースができていたイメージです。

こうした点が前節から比べるとかなり変わったのではないかと、感じました。

一言でいうと、「かなり守備的」。

というくらい、守りに気を使っていたように思います。

マリノスはこの守備に前半はほとんど有効な攻撃を見いだせませんでした。

完全にアビスパ福岡が主導権を握っていました。

さらに、先制点まで奪ったわけですから、アビスパ福岡にとっては「出来すぎ」といっても良いくらいの前半だったんじゃないでしょうか。

ポゼッションは完全にマリノスでしたが、試合の主導権はアビスパ福岡が完全に取った前半戦だったと思います。

J2 だったらウノ・ゼロで勝ち試合だったはず

後半戦が始まっても、前半と全く同じ展開。

完全にマリノスのポゼッションですが、主導権はアビスパ福岡。

このままのペースだと、アビスパはどこで「守り切る」という判断をするか。

ベンチにはダニルソンが入っていましたが・・・。

どこで逃げ切りの判断を井原監督が下すのかがポイントなのかなと。

ポゼッションとカウンターのせめぎ合い

後半 10 分経過、マリノスが圧倒的なポゼッションから攻める隙を狙っていました。

後半からマリノスの攻めのポイントは仲川。

前半は、前田がサイドにいたんですが、ボールを受けてもそう怖い存在ではありませんでした。

しかし、仲川が入ってから右サイドで起点になり始めました。

後半、15分過ぎぐらいのシーン。

前線のスペースへ常に動いていて、アビスパの DF 陣がなかなか掴みきれません。

球際も上手くて、なかなかボールロストしません。

marinos-nakagawa_0-317_optimized

前半戦からマリノスの攻めで大きく違うのはこうした「基点」がつくれるようになったこと。

確実にアビスパの脅威になりつつあるなあと。

逆にアビスパの場合、こうした「違い」を生み出せる選手が今のところいないのかなと。

昨シーズンは酒井がその役割を担っていたように思うのですが・・・。

私個人的には、試合を見るたびに「酒井ロス」の大きさを感じてしまいます・・・。

そういったところもあってかが徐々に試合展開に不安に感じる時間帯・・・。

井原監督も試合の劣勢を感じたと思うんですが、この状況への対応?として、坂田を投入。

sakata-in

マリノス出身だった坂田も期するところもあったと思います。

できれば、一発カウンターで坂田が抜け出す・・・!

なんてシーンを思い描きたかったんですが、坂田にはなんとかマリノスの右サイドをフォローしてくれと願ってました。

このまま仲川にいいようにやられていれば、いずれ失点する気がしていました。

これで守備が安定すれば・・・。

ウノ・ゼロが見えてくるんじゃないかと感じていたんですが。

実際、仲川を坂田がマークしたわけじゃないんですが。

その前のパスの提供元だった小林(坂田が入る直前に三門に変わりましたが)そこを坂田が押さえ込めていたので・・・。

これは・・・。行けるんじゃないかという希望もありました。

しかし・・・。

ワンプレーで試合を決める選手がいるということ

これが J2 との大きな違いなのかなと。

時間前後しますが、斉藤がゴール前飛び込んだシーン。

saito-head_29-111_optimized

ポストに当たって事なきを得ましたが・・・。

ほとんどこの日、アビスパの守備は斉藤には仕事をさせませんでした。

しかし、ワンプレーで決定的な場面を作ってきます。

城後の背後からスーッと入ってきてポジション取りで勝ちました。

城後がもっとしっかりつくべきだったのか・・・。

それともボランチが捕まえるべきだったのか。

フリーの状況を与えてしまいました。

こうした隙を確実に付いてきますよね。

アビスパ視点でもうちょっと言えば、この展開は自陣でやや強引なドリブルで金森がロストした結果だったりもします。

この試合の前半、カウンターの起点としてアビスパの攻撃を牽引していた金森。

プレー自体は良かったと思うんですが、このシーンは正直褒められたものではなかったかなと。

でも、こうしたところを詰めていかないと、今のアビスパは J1 で勝っていけない気がします。

斉藤もそうですが、中村俊輔にも決定的な仕事はほとんどさせなかったアビスパ福岡の守備。

相手の攻撃のキーマンに仕事をさせるチャンスを与えなかった。

という意味では、合格点なのかもしれません。

しかし、トップクラスの選手はワンチャンスで決定的な仕事をしてきます。

そのことを見せつけられたのが、中村俊輔のフリーキック。

そりゃ、中村俊輔がどれだけすごい選手か知っていますよ。

しかし、こうして実際対戦して判りますが、これが世界クラスなんだろうなと。

敵ながらこのプレーには尊敬しかありません。

nakamura-goal_28-87_optimized

前節の豊田もそうでしたが、キープレイヤーと呼ばれる選手には、ワンチャンスでも与えてはダメなんですよ。

それが、J1。

厳しいです。

世界であればもっと厳しいはず。

そこをどう詰めていくのか?

なかなか厳しい課題です・・・。

また、このシーンにあえて、注文つけるなら。

キッカーが蹴るタイミングで、「ジャンプ」してしまっているイ・ボムヨン。

ジャンプした分、対応が遅れました。タイミングを取った?のかな・・・。とは思うんですが。

イ・ボムヨンですが。

うーん、2試合しか見てないんですが、ちょっと GK として甘い気がしてきています・・・。

なんだかポジショニングとるときとかバタバタするんですよね・・・。

大丈夫か・・・。

おそらくJ2 であればこの試合はアビスパが得意の「ウノ・ゼロ」で勝っていたでしょう。

しかし、勝ち切れない。

まだ J1 で勝ちきるためにはアビスパには何かが足らないということなんでしょう。

その 1つは、この「ワンチャンス」で決める力のような気もしています。

逆にいえば、そのワンチャンスを相手に与えてはいけない。

そうしたプレーが求められているように思います。

そうした観点から見れば、J2 で鉄壁を誇った守備に置いても、まだスキがあるわけです。

鳥栖では豊田にチャンスを。

マリノスでは中村俊輔にチャンスを与えてしまいました。

試合を通してほとんど仕事をさせなかったとはいえ、代表クラスの選手はたったワンチャンス決めてくるんです。

思っていた以上に J1 で勝つって難しいですね・・・。

マリノスも勝ちたかったゲームだと思いますが・・・。

そう考えるとやはり痛み分けの試合だったのかもしれません。

徐々にチームとしての整理はついている?

勝点1はなんとかゲットしたアビスパ福岡。

しかし、2試合連続で勝利を逃しました。

J1 で勝つ難しさを痛感させられているわけですが・・・。希望が無いわけではない。

と、思ってます。

シュート4本と、攻撃としては物足りなさを露呈してしまいましたが・・・。

鳥栖戦でバランスを崩しているように見えた守備陣はだいぶ整備されたように見えました。

守備からリズムを作るスタイルなだけに、このへんは良かったかなと。

鳥栖戦で見られた相手からのカウンターで後手になるシーンもなく(アビスパが攻め込んだシーンがそもそも少なかった?)。

前節で心配に感じていた点が解消されていました。

そういった点では、今後も期待できるんじゃないかなと思っています。

メンバーが変わった守備陣も徐々にフィットしてきているのかなと。

攻撃面でも、前節の鳥栖戦ではなかなか前線で「基点」が作れませんでした。

昨年だったら、酒井がフィジカルを使って基点を作ってくれたのに・・・。

と、酒井ロスを感じていたいました。

しかし、この日は随所で金森が基点に。前半は特に金森が基点になってましたね。

ただ、まだこの「基点づくり」は物足りなすぎます。

昨年もこのビルドアップの構築にはかなり時間をとられました。

シーズン前半を使ったように思います。

今日のマリノスの仲川の動きはすごく良かったと思います。

金森も参考にしてくれたらなと思ったり。

守備から攻撃へ切り自体はスピードがありました。

ただ、その時のパスの精度や、攻め上がったときの最後のクロスの精度など高められたらよいのですが・・・。

J2 と同じことをしても勝てない

今日の試合で突きつけられたのは「J2 と同じことをしていても勝てないよ」。

ということだと思います。

この日出番のなかったダニルソン。後半残り時間わずかで登場した為田。

こうした新戦力に新しいカタチを見せてほしいなと、期待したいところですが・・・。

あと、若いながら邦本にも頑張って欲しい。

昨年もそうでしたが、こうした「新戦力」がチームにフィットしてその個性を出せてくると、チーム力あがりますよね。

次節、浦和レッズ戦。

厳しい戦いになると思います。

ただ、この浦和戦でアビスパがどこまで戦えるのか。

仮に勝てなかったとしても、内容次第ではチームの上昇のキッカケを作れるんじゃないか。

そう思っています。

昨シーズンは、磐田戦でいきなり中村航輔を起用し、ジュビロに勝利した井原監督。

格上に対して、結構思い切った采配をとるイメージがあるんですが・・・。

アウェー浦和に乗り込む第 3 節。

この 2 戦からは想像できない、更に進化したアビスパの姿を見せてくれることを期待しています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク