ナビスコカップの戦い方で戦って欲しかったけど。甲府戦でみた井原監督の選択。

スポンサーリンク

これが井原監督の「ベストメンバー」というなら・・・

降格争いの「山場」。ヴァンフォーレ甲府戦。

混戦になっている下位争いにおいて、決して負けてはならない相手に敗戦・・・。

いよいよもって、降格の度合いが濃くなってきました。

ナビスコカップで結果が出ていただけに、見ている側としても「なぜ?」の先発メンバー。

アビスパ福岡の先発は、

最終ラインに左から亀川、濱田、キム・ヒョヌン、中村北斗。

中盤が為田、鈴木惇、末吉、城後

前線に金森、ウェリントン

という 4 – 4 – 2。

個人的には、ナビスコカップのメンバーが先発するだろうと思っていただけに・・・。

試合前から嫌な予感。

現状、ウェリントンへ当てて攻める形で良い形がほとんど作れていません。

点も取れていない。

確かにウェリントンは 4 得点していますが、シーズンが進むにつれ取れなくなっています。

当然ですが、相手も対策しているでしょう。

逆に金森、平井で構築するカウンターを中心にしながら、しっかりビルドアップする攻めがナビスコカップで結果を出していました。

相手もほぼフルメンバーで臨んだ新潟戦では 4 点を獲りました。

個人的には、後者の方が今は可能性が大きいのでは?

と、感じていたのですが・・・。

ロングボール vs ロングボール

J1 で最もボールを保持しないチーム同士の戦いになったアビスパ福岡 vs ヴァンフォーレ甲府。

まずは相手にボールを持たせて、奪ってから前線へ。

どちらも前線に当てて、リズムを作るスタイルです。

アビスパにしても、ヴァンフォーレ甲府にしても相手がボールを持ったらまずはブロック。

甲府は守備時に 5 – 4 – 1 状態ですので、以前のアビスパ福岡と全く同じ状態です。

アビスパとしては J1 に来てから初めてだと思います。このタイプとの対戦は。

だからこそ、ナビスコカップの戦い方の方がハマったんじゃないかなーと思ったんですが。

avispa-keep

前半始まって、5分。

アビスパがボールをキープ。

甲府は完全に自陣に下がってブロックを形成。

パスの出しどころがなかなか無い状態。

むしろこういう時こそ、ウェリントンめがけてロングボールじゃないのか?

と、思ったりもしたんですが。

どうやらアビスパとしてはある程度高い位置でボールが入らないとウェリントンへのロングパスはしない方針だったようです。

上の画像のような場所でボールをキープできてもウェリントンの選択はほぼなし。

ある程度相手陣地に入り込み、ゴールエリアでウェリントンが勝負できそうだとロングボールを入れるスタイルだったようです。

avispa-longpass

ウェリントンは画面見切れていますが、少なくともこのくらいの高さかつ、サイドでボールを保持したタイミングが、ウェリントンへのロングボールを狙うタイミングだったように思います。

ちなみに、左サイドの為田が中央に張っています。

これまで左サイドで出場してもあまり中央で顔を出すことは比較的少なかった為田。

というより、ここに入っていたのはどちらかというと右の城後。

バランスが多少悪かろうが城後が入っていましたが、この試合では為田が入る割合も増えていたような。

狙いとしては、ウェリントンが競ったあとを取りたいというのがあったのかもしれません。

また、相手陣地に進入できない時は、ウェリントンが下がった位置を取って、城後、金森が上がるという形も。

avispa-longpass-2

画像乱れていますが、競っているのが城後、赤丸がウェリントンです。

DF ラインにギャップを作るのが狙いだとは思うんですが、甲府の DF ラインはしっかり城後に 2 枚張り付いています。

この形もアビスパがよく使うパターンですが、甲府としては「対策済み」といった感じだったでしょうか。

左サイドへのサイドチェンジ

為田が内側にポジショニングをしていたのは、「亀川のスペース」を作る意図もあったかと。

右サイドで城後が低い位置で触って、鈴木惇に下げて左へ大きくサイドチェンジ。

普段は右であまりポイントを作らないアビスパ福岡ですが、この日は何度かこの形を狙っていました。

avispa-sidechange_23-213_optimized

チュカの対応

守備に関しては、久々にリーグ戦では先発した濱田。

キム・ヒョヌンとのセンターバックのコンビですが、甲府のチュカの対応できていました。

濱田の出場は、堤のコンディションがやや落ちているというのもあったかもしれません。

ロングボール入れるなら、堤の方が安定してますからね。

ただ、チュカのようなタイプは濱田の方が対応できるような気も。

実際この 2 人でチュカを確実に潰していました。

甲府の攻撃も封じていたので、守備面の出来もまずまずだったと思います。

全体的に見ても、前半この試合でやりたいことができていたのはアビスパ福岡だったように思ったんですが。

後半 40 分に失点

kofu-goal_0-174_optimized

反省すると、どこなんでしょうか。

相手のロングスローをクリアしたところからのセカンドボール。

金森の競り合いが足らなかったのか。

そこからのディフェンスが甘かったのか。

ワンツーの連続から失点。

一瞬の隙からと表現して良いものなのか。

そう表現してしまうと、毎回この失点パターンになるのですが・・・。

後半頭から平井を投入

為田に替えて、平井を投入した井原監督。

個人的にはナビスコカップで良い形ができていたのは、平井の好調だけでなく金森との関係性の良さがあったからと思います。

なので、同時にピッチに入るのも重要なんですが。

ツートップの方が良いんですよね。

とはいえ、関係性良さを重視するなら、先発からこの形でも良かったんじゃないかなと思ったり。

為田を選んだ理由としては、守備面での判断でしょうか。

なぜナビスコカップメンバーを選択しなかったのか

ウェリントンと、ロングボールという攻め手ではある程度形を作ることはできますが、結果という形に紐付かない。

ナビスコカップで確実に得点に繋がっていた、平井 – 金森をトップに置いた攻め。

ナビスコカップは相手チームもなかなかベストメンバーで来ないこともあるので、この形にはやや注釈付きの評価だったんですが、新潟戦ではほぼベストメンバーを組んだ相手でも結果を出しました。

その勢いをリーグ戦にもそのまま持ってくるんじゃないかな・・・。

そう期待していたんですが、ヴァンフォーレ甲府戦はこれまでのリーグ戦の戦い方を継続。

結果として、敗戦。

よって不満としては、ナビスコカップメンバーでやって欲しかったというのは残ります。

しかし、なぜ井原監督はこれまでのリーグ戦メンバーを選択したのでしょうか。

守備面の不安と高さ

まず最初に考えられるのは守備の点。

ウェリントン、城後を出場させなかった場合、低下するのは得点力よりも守備力だと思われます。

城後の献身的な守備、ウェリントンのプレスバックは確かに非常に頼りになります。

圧倒的な守備範囲を誇るダニルソンが不在の状況で、この 2 人も出ない。

と、考えると、確かに守備は不安です。

また、ウェリントン、城後がいなくなると高さがなくなります。

甲府はこの日、最終ラインの 3 バック全員がレギュラーメンバーではありませんでした。

高さとしても十分ではない状態。

そう考えると、高さを揃えたほうが有利だろうという判断もあったと思われます。

また、新潟戦での失点のうちひとつは高さがないためゾーンからワンツーマンに変えたコーナーキックの対応でした。

井原監督としては、使い分けができる状況と見ているようですが、なんだかんだ高さがあったほうが安心です。

そうした点を総合的に考えると、「これまでのリーグ戦の戦い方を継続」という選択は最も勝利できる可能性が高かったのかもしれません。

とはいえですね・・・。

前節甲府は鹿島アントラーズ相手に 4 失点してしまっています。

鹿島とアビスパを同じ視点で見ることはできないんですが。

2 失点は完全にミスなのですが。

2 失点はバイタルで守備が被ってしまい、相手を自由にしたり。

ボールを見るだけになったりと最終ラインでトラブルを起こしています。

人数をかけて守ってる分、それぞれの役割が整理できずに人が多いことのデメリットが出ていたような。

この状況を考えると、ウェリントンや、城後という明確なポイントを置くよりは流動的に動いて、バイタルを攻略する方法を考えても良かったのかなと。

例えば、甲府戦の後半 54分ごろ。

hirai-vital_0-146_optimized

平井が末吉から縦パスを受けて、バイタルで前を向くシーン。

甲府としてはこういったシーンを増やされる方が嫌だったのでは?

この時、金森は反対サイドで裏へのパスを待っていたんですが。

こういうシーンで、金森が近くにいて、城後とかが遠目に居たほうが良い気がするんですよね・・・。

この他にも平井が下がってボールを触ることでビルドアップしたり。

hirai-vital2_94-210_optimized

このシーンでも、平井がバイタルのスペースに入り込んでパスを展開。

後半の攻めは確実に平井が牽引していたと思います。

また邦本が絡むと更に良いんですが。

後半だいぶアビスパは押し込んだんですが・・・。

結局点をとれず。

最終的には邦本も投入したのですが。

ただ、交代したのは金森と。

できれば、最初から平井、金森、邦本で攻めたかったかなと。

確かに、リーグ戦で点を取っているのは、ウェリントン、城後といったところではあるんですが。

それが上手く機能していないのはこの数試合を見る限り明確な気もするのですが・・・。

1st ステージ残り 2 試合は

鹿島アントラーズと、川崎フロンターレ戦が残っていますが、優勝争いをしているチーム。

アビスパ戦は間違いなく 勝点 3 を取ることが当然のチームです。

ここで勝ちを拾うことはなかなか厳しそうですが・・・。

戦い方もおそらく、甲府戦と同じになるでしょう。

ボールも保持できないでしょうし、ビルドアップもままならない可能性が高いです。

そうなると、ウェリントンが必要になってきそうです。

この 2 チームにナビスコカップのスタイルをぶつけるのも面白いかもしれませんが。

井原監督の甲府戦の考え方を見ると・・・。

鹿島、川崎にもウェリントンをトップに入れた戦い方をしてきそうです。

だからこそ、この甲府戦ではナビスコカップの形、平井 – 金森 – 邦本の攻撃で挑んで欲しかったんですが。

個人的に思っている以上にダニルソンの存在が大きいのかも知れません。

あと、J2 から含めチームを支えてきた 2 人です。

チームの雰囲気や、選手たちのバランスを考えたとき監督としてこの 2 人をあっさり下げてしまう。

という判断はできないのかも知れません。

城後にいたってはチームの顔であり、キャプテンですからね。

降格をかけた戦いはこれからもまだ続くわけですし、長期的な視点で見たときに 2 人を先発落ちさせてしまうのは簡単な話しじゃないのかもしれません。

ここは、井原監督がどう考えているのか全く判りません。

少なくとも、今のままでいいとは思っていないはずです。

しかし、現状としては下位が混戦だっただけに。ここで勝てれば、残留への見込みが開けたんですが・・・。

いよいよ悲壮感が漂ってきそうな展開になってきました。

もちろん最後まで戦ってみないと何が起きるか判りません。

悲観することは無いはずなのですが。

ここまで来たらもっと大胆さがあっても良い気もしますが・・・。

鹿島戦、川崎戦でどういった戦いを見せるのか。

2nd ステージへ繋がる戦いを見せて欲しいところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク