若い力に新しい希望あり。とはいえ、目の前の課題は大きく。3試合連続無得点のチームの起爆剤は?

スポンサーリンク

若い力にアビスパの攻撃の未来あり?

なかなか勝ち切れない試合が続いているアビスパ福岡。

震災の影響でリーグ戦を 1 試合中止として迎えたナビスコカップ「ベガルタ仙台」戦。

結果は 0 – 0 のドロー。

全くのノーチャンスというわけではないだけに惜しい試合と言えるかもしれませんが・・・。

この数試合こういった展開ばかりですね・・・。

こうした「届きそうで届かない」。というのが実は案外埋まらない差だったりする。

と、シーズン開始時から最も恐れていたパターンではあるんですが。

そんなベガルタ仙台戦を振り返ってみたいと思います。

スターティングメンバー

名古屋戦が中止となったため、やや試合間隔が開きました。

とはいえ、土曜はガンバ大阪戦が控えている関係か。

主力の多くを温存してきた井原監督。

そこは、ベガルタ仙台も同じといった感じでしょうか。

中原貴の前所属チームだけに先発もあるかなとは思ったんですが・・・。

ワントップは平井。

2016-4-20-avispa

現状、新潟、神戸戦と点が取れていないので、邦本など若い力に期待したいところ。

もちろん、平井にも頑張って欲しいなという思いはありますが・・・。

ワントップというポジションでどういった動きを見せてくれるのかは楽しみです。

ウェリントンと同じことを求められているとは思わないので。

何か新しい形が見えると良いのですが。

裏へのアプローチ

開始早々のプレーなのですが、平井が左サイドに寄せて、中央にスペースを作ったシーン。

ウェリントンも献身的に動くプレーヤーですが、攻撃時はその役割上中央に張ることが多いです。

なので、開いたサイドの選手の近くでプレーすることは少ないのですが。

この日の平井はウェリントンのように中央に出ることは少なく、状況によってサイドに寄せたり、下がってボールを受けたりと細かく動いていました。

そうすると、中央にスペースができるのでそこを邦本や、ボランチの位置から冨安がこのスペースを狙っていました。

avispa-atack

二人共同じスペースを狙っていたので、どちらかが流れるとかあるともっと効果的な形ができていたかもしれません。

もちろん、ウェリントンや城後が出場している時もこの動きはあるのですが、なかなかボールが出てこない。

このシーンでも、結局ボールは出てこず為田のロングシュートという形で終わりました。

狙いとしては悪くないとは思うんですが、ややボールホルダーから遠い位置で裏を狙っているので、パスを出す側としてはプレッシャーがあると出しづらいのかもしれません。

このへんの視野の広さとセンスは、邦本がチームでもトップクラスだと思うんですが。

邦本がパスの出し手側にまわるというのも面白いかもしれません。

オフサイドにはなったものの・・・

中原秀が奪ってからの(正直ファールと思いましたが・・・)冨安のスルーパス。

hirai-shoot_42-284_optimized

こういったところで裏へ反応できているのは、今のアビスパで言うと坂田、平井といったところだと思います。

城後は裏を狙うこともあるんですが、どちらかというと中央に入って張る方が多いように思います。

ウェリントン、中原貴には無いアピールポイントなだけに。

本人のアピールもそうですが、今後のアビスパのためにも、決めておきたかったシーンですが・・・。

この時、邦本も反応していました。

こうした裏への意識というのは、この日のメンバーはリーグ戦のスタメンより期待度は高かったように思います。

結果がついてくると良かったんですが・・・。

バイタルエリアを潰す

現在、リーグ 17 位ということで、厳しい状況とはいえるアビスパ福岡。

しかし、現状リーグ戦では失点 8。

これは、J1 の中でも少ない方になります。

これまで J2 へ降格してしまうチームの 1 つの特徴は「守備が崩壊」してしまうこと。

その点に関しては、アビスパはいまのところ心配はなさそうです。

この守備をベースに上積みを作りたいところなんですが、気になるのは 3 バックの真ん中。

この日は、濱田が 3 バックの中央に入りました。

アビスパの守備は、とにかくバイタルエリアで相手を自由にさせないことを重要視しています。

バイタルに人が入ってくると、センターバック、ボランチが選手にチェックをかけます。

もしボールが入っても、最終ラインから素早くチェックをかけて自由にプレーをさせない。

というのがアビスパの守備。

このプレーに関して、高いパフォーマンスを見せたのが、川崎フロンターレ戦の堤。

ここからセンターバックの序列が完全に入れ替わったような。

堤は神戸戦でも先発しました。

そういった意味では濱田がどういったプレーを見せるのかなというのは気になるところだったんですが。

濱田はこのバイタルエリアに入った選手、ボールを素早くチェックしに行くというやり方があまり得意じゃないのかもしれません。

J2 昇格年のときも、始めはチェックに行っていいのか悪いのか。

試合の中でかなり迷ったプレーをしていることもありました。

しかし、この日は積極的に前に出てプレーしていたように個人的には感じました。

ベガルタ仙台の奥埜が中央に入ってくると積極的にチェックしていたように見えましたが。

井原監督にはどう見えたんでしょか。

いつもより多い?ワンタッチパス

そうはいってもやはり気になるのは、攻撃面です。

ウェリントンに収める。

セットプレイ。

だけでは、やはり心もとないです。

サイドアタック。

カウンター。

といったところの精度をもっと高めたいところですが・・・。

この日は意図的にか、ワンタッチパスが多かったように思います。

特徴的だったのは後半、64分。

邦本に入ったボールをワンタッチで後ろの平井へ。

onetouchpass_0-128_optimized

そこから一気に逆サイドの亀川へ。

kamekawa-shoot_38-111_optimized

亀川のシュートの精度が低かったのが残念でしたが・・・。

この日、亀川は積極的にサイドを駆け上がってましたが、クロスにしてもシュートにしても最後の精度を欠きました。

「優秀なサイドバックは点も取っている。だから自分も点を取りたい」。

と、以前なにかの取材で答えていた亀川。

うーん。そろそろこの辺は一皮むけたいところですが。

とはいえ、いつもとは違う攻めに対する形が見えました。ウェリントン頼みになりがちな攻めにこういった攻めが加わると良いのですが。

この辺は邦本に寄るところも大きいですが。

思いきったチャレンジかもしれませんが、城後を別のポジションに置いても良いのでは・・・。と思ったり。

いきなりガンバ大阪戦で先発はないかもしれませんが、徐々にリーグ戦での登場もあるかもしれませんね。

冨安も頑張ってましたね

プレシーズンでは冨安のボランチというのはまだまだ試行錯誤といった感じでした。

しかし、この日はだいぶボランチというポジションにも慣れたんじゃないかなと。

危ういシーンもありましたが、前半は積極的に攻撃に顔を出していました。

後半はやや押し込まれたシーンもあり、やや消えた感じもありますがプレー内容としては冬から比べると劇的な成長なのではと感じます。

現状、ボランチはダニルソン、末吉、鈴木惇、中原と選手層ありますが、どんどんチャレンジして欲しいですね。

希望はあるものの

結果としては、無得点。

守備も、後半ベガルタの三田が出てくると押し込まれるシーンが増え決定的なシーンを作られたりと、楽観できる内容ではありませんでした。

邦本にしても、冨安にしても、若い力は魅力的ですが、現状「目の前にある課題」を克服する存在として期待するのは酷なのかなと。

ウェリントン頼みになりがちな攻撃に、今日のようなワンタッチのパス交換や、裏をスピードで突破する動きなど。

攻撃に変化をつける選手が出てくると面白いと思うのですが。

そこでいうと、金森に期待してしまいますが・・・。

邦本と絡むと面白い攻撃ができそうですけどね。

まずは、土曜のガンバ大阪戦に期待したいと思います。

ぜひ、最高の週末になることを願っております。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク