弱者のメンタリティすぎる。なぜリードして弱気になるの? 2nd ステージ 第 5 節 アビスパ福岡 vs サガン鳥栖

スポンサーリンク

不運は弱気のチームに訪れる

サッカーは運が試合を左右するスポーツであると思います。

丸いボールを蹴り合っているわけで、そのボールがどっちに飛ぶかなんて判りません。

おもいもよらないことが起こるのがサッカーだと思います。

その運を引き寄せるのは、「不測の事態が起きても致命傷に至らない試合運び」が必要だと思っています。

この日の鳥栖戦、アビスパはオウンゴールによる先制点に至るまでこの「運」を味方につけていました。

ただ、点を取ってから、その運を手放したのも、アビスパ福岡でした。

個人的には、この「運」の領域には、審判も入っていると思っています。

主審:山本 雄大

と、知って、嫌な予感はしていました。個人的には笛が不安定な審判だと認識しています。

鳥栖と、福岡の九州ダービー。

荒れる試合を予想していましたが、審判でもいろいろと疑問が起きそうだなと。

この試合を制するには、精神力のほうが強いほうが勝つと。

そして、鳥栖が勝ち切ったこということは、鳥栖のほうが高いメンタルを持っていたということだと思います。

そんな 第 5 節 アビスパ福岡 vs サガン鳥栖戦を振り返ってみたいと思います。

戦術的な心配事から

前節のガンバ大阪戦。

鳥栖戦直前、第 4 節ガンバ戦の戦いができればそうそう負けないはず!アビスパ福岡のストロングポイントを改めて確認してみる。
ガンバ大阪相手に見せた戦う姿。価値あるドローに拍手 ガンバ戦の興奮もすっかり一段落、鳥栖との九州ダービー直前となりました。 横浜...
気にはなっていたのですが。

ガンバの攻撃を防ごうとして、ゴール前を固めるのはいいのですが、サイドのスペースを簡単に空けてしまうシーン。

endo-cross

これが心配でしたが、鳥栖戦ではある程度修正でいているかなと。

と、見ていたんですが、あまり修正されておらず。

というかこれは、多少サイドにボールが出てしまうことは仕方ないと割りきって中央で跳ね返す算段なのか?

この鳥栖戦でもサイドへのボールをある程度しかたないという形で守備をしているように見えるアビスパ福岡。

詰める選手がいないので、ほぼフリーでクロスを上げられるのは怖いのですが…。

結局、これはが致命傷に至るのですが…。

この 1つの原因は、4 – 4 – 2 のゾーンプレスの弱点なのですが。

ガンバ戦でも、ガンバがサイドから攻めてきた場合。アビスパの守備は基本ゾーンプレスなので、そのサイドによります。

極端ですが、相手が左サイドから攻めてきた場合、こういった形で全体が相手から見て左によります。

zonepress

逆サイドが開いていしまいますが、これは 4 – 4 – 2 のゾーンプレスでは織り込み済み。

仮に、サイドチェンジされてフリーの選手に渡ったとしても、サイドの選手がスペースを詰めて対応する形になります。

zonepress

ただ、相手が波状攻撃を仕掛けてくると、アビスパはこのサイドチェンジに上手く対応できなくなる傾向があります。

これは、なにもガンバ戦にあった特徴ではなく、1 st 湘南戦でもその傾向がありました。

サイドチェンジ後、サイドのアタッカーに詰め切れず守備が甘くなる傾向です。

【祝ホーム初勝利】勝点 3 は喜ばしいけど、勝って兜の緒を締めよ?課題の多い勝利に井原監督は何を思う!?
素直に勝利は喜びたい!しかし・・・ 14:00 kick off だった第 12 節 湘南ベルマーレ戦。 連日福岡では良い天気が...

ガンバ戦だけでなく、この傾向はずーっとあるんですよね。

旧ナビスコカップの鳥栖戦でもこの辺は指摘しています。

アビスパ福岡に足らないものは、あと自信だけ?10人で鳥栖を押し込んだことは自信になるはず・・・
もう一歩厳しく踏み込む必要があるんじゃないのか? ナビスコカップの横浜マリノス戦、リーグ戦の柏レイソル戦と逆転負けを喫してしまったアビ...

この日の同点弾も懸念された形。

右サイドから中央を経由して、サイドへボールが展開。

この段階で城後も實藤もほぼ中央まで詰めていました。

avispa-side-space

實藤は完全に、CB のような動きになっており、このタイミングで城後だけで厳しくチェックに行くのは結構きつい。

avispa-side-space

実はアビスパのウィークポイント。

やや、ガンバ大阪との状況とは違うかもしれませんが、「ゾーンで守っていたところを大きく振られると案外弱い」のです。

旧ナビスコカップの時にもサイドでは簡単にプレーされていただけに、気をつけておきたいところだったとは思うんですが。

3 失点目は、サイドチェンジというよりは、簡単にサイドの選手をフリーに。

これは、もう集中力の欠如としか言えないような・・・。

tosu-goal2

そもそも単純なミスが多かった

この失点も金森が低い位置からパスをつなごうとしたところをカットされて、始まったわけですが。

このひのアビスパは、単純なミスが多かったです。

金森は、カウンター途中で、横パスをカットされて、逆カウンターのきっかけを作ったり。これは、豊田のシュートまでつながりました。

邦本も簡単に取られてカウンターなど、前線が精細を欠くことが多かったです。

その分 0 – 0 で折り返した前半も、やや押し込まれた印象になってしまったように思います。

なんとか守っていたんですが。

駒野いわく、「最後の精度が足らない」

こちら、スカパーの放送の中で紹介されたのですが、駒野のアビスパの印象だそうです。

この試合でもそこは、ハッキリと出ていたような。

前半、金森が仕掛けて折り返したところ。

田村は絶好のチャンスだったんですが、こういったところは本当に甘い。

kanamori-cross

先制したあとも、良い形を作ったりもしてたんですが。

avispa-pass

これはオフサイドになるんですが、せっかくボール運べてるんですからね…。

駒野の言葉を受けると、「最後の精度が甘い」と言えるのかもしれません。

そして、このプレーの直後に失点しています。

ここも最後のフィニッシュに持っていける丁寧さがあっても良かったようにも思います。

先制点後、ただでさえ負けていたセカンドボールが更に取れなくなる

後半早い時間でオウンゴールで先制したわけですが。

その後、受け身になったんでしょうか。

動きが悪くなったのはアビスパだったように思います。

なんか、点を取ったことで、「守らなきゃ」というプレッシャーに自分たちから潰れていったように見えました。

ガンバ戦のように前から守備できなかったですかね。

ポイントは「センターサークルの頂点から」だと思ったんですが。

前半はやや、リトリート気味だったんですけど。

後半同点になってからは、結構高い位置で守備していました。

相手がセンターラインの頂点に入ったくらいから FW がチェックをかけていたんです。

avispa-press

あとは、後ろが連動するだけなんですが…。

前と、中盤は相手がボールを下げたので一気にラインを上げているんですが、DF 陣はあっという間に後ろに下がってしまいます。

FW の前線が怖いのは判るんですが・・・。

實藤だけが人について詰めているんですが、最終ラインはダダ下がっています。

avispa-press2

ここから、なんとか相手を押しこむんですけど、GK からのロングボールで裏を取られてしまいます。

tosu-longpass

ここは、もっと最初から DF がラインを上げていれば、鳥栖の選手にここまで簡単にヘディングに走りこまれなかったと思うんですよね…。

この辺からドタバタしてるようにも見えましたし…。

後半に入った疲労もあるかもしれませんし、メンタル的に受け身になったのもあるかもしれませんが…。

前から行こうとはしているものの、それが良い方向に言っているようには見えませんでした。

戦いを挑んだ人間に幸運は転がり込む

金森がオウンゴールを誘い込んだ時、ブログにこう書こうと決めてました。

これまでアビスパには不運が多いです。

ただ、これはサッカーの定石だと思っています。

受け身になり、相手に前を向かれ、攻めこまれた時。

不確定要素がおきれば、それは守る側に不利に転がることが多くなるのは自然の流れです。

攻撃側に不利にでたとしても、それは試合の中で何度もあり得る「攻撃の失敗」です。

しかし、守備側は「即失点」の可能性につながります。

自陣に近ければ、近いほどでの予想外のトラブルは、失点につながりやすいわけですから。

そういった観点で言えば、金森が引き込んだオウンゴールは、積極的にドリブルで勝負を仕掛けていた金森が起こした「幸運」です。

金森があそこまで切り込んだからこそ、相手は後ろ向きになって、不運に陥ったわけです。

しかし、そこから、あっさり自分たちの優位を手放してしまったアビスパ福岡。

逆転ゴールになった起点になったシーンは、ファールでしょう。

足の裏見せてスライディングしてるんですから。

tosu-faul

ただ、審判は Jリーグの試合を見ていれば、「あ、あの山本さんか」と思う人です。

ファールでもセルフジャッジしたらダメでしょう。

このシーンの瞬間アビスパの選手は止まってしまいました。

tosu-faul

私もずっとスポーツはやってたんで多分そうだと思うんですが。

セルフジャッジしちゃうのは大体集中力切れている時です。

その原因が疲れなのか、押されてしまったことでの混乱のためたのか、受け身になって弱気になているためかは判りませんが…。

その後もオフサイド臭いですが・・・

ここからドリブルでゴール前まで侵入されて失点してしまうんですが・・・。

フォローに帰っていた田村のサイドの選手へのフォローもやや遅れていましたし、そもそもセルフジャッジで足が止まってましたし。

後手を踏みすぎていたアビスパ福岡。その失点に言い訳はできないとは思いますが。

tosu-goal

ただ、豊田はオフサイドの位置でGK とシュートする選手の間に入っていたので、プレーに関与していると見られてもおかしくないでしょうね。

toyoda-offside

とはいえ、これ取ってくれる審判が Jリーグに何人いるでしょうか。

寂しいところではありますが…。

とはいえ、その前のアビスパのプレーが悪すぎました。

田村もしっかりと、外を見ていればフォロー遅くなって簡単に切り返されるということもなかったでしょう。

2点目を返して意地は見せたものの…

avispa-goal

2 点目を流れの中で取れたのは良かったですが…。

為田の粘りから、ゴールまでこぎ着けた形ですが。

このアシストもありますが、この試合と、前試合だけで比較してしまうと為田の方が邦本より安定しているような。

左サイド金森はやはり守備が薄い。

まだ、為田のほうが守備に対して安定感がある気がします。

この試合平井がイマイチ良さを出せませんでした。

これも何度も個人的には主張してますが、平井と 2 トップなら金森じゃないと良さが出ないです。

CB に奮起を

この日の 3 失点は、CB が鳥栖の FW に押し込まれてしまったことが原因だったと思います。

もっとラインを自信持って押し上げられてれば…。

ゾーンで守ってるんだから…。もっと周りと連動して欲しいところです。

味方のポジションとボールの状況で守備位置が決まるのがゾーンプレスだと言いますが・・・。

ヒョヌンと、濱田の守備は相手の FW に対して属人過ぎやしないかと。そこだけマンツーマンという見方もできなくもないですが…。

さすがにそれはないか…。

どれだけ次節盛り返せるか

徐々に、降格チームがアビスパと、グランパスに絞られてきました。

甲府が勝点 20 に乗せてきました。

いよいよもって、危うくなってきたわけですが…。

崖っぷちになればなるほど、「メンタルの弱さ」が出てしまうアビスパに「メンタルの強さ」を期待することがいかに矛盾しているか。

降格争いでも少しでも上に行くためには、落とせない鳥栖戦だったわけですが…。

次節さらに勝利が求められるわけですが。

井原監督に策はあるんでしょうか。

鳥栖の荒々しさは時として問題にもなりますが、個人的には非常に羨ましいです。

アビスパ福岡もあそこまで闘争心をむき出しにできないでしょうか?

もう、あとは無いんですから。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク