内容が悪くても勝ち切る姿にかつてのひ弱さはナシ!?本格化し始めたアビスパ福岡の強さを見た第 33 節ロアッソ熊本戦

スポンサーリンク

中 2 日で迎えるバトルオブ九州

連休時期の過密日程。中 2 日で迎える試合をどう乗り越えるのか。

ロアッソ熊本の本拠地へ乗り込み、バトルオブ九州です。

前線からの守備でもあたりが厳しいロアッソ熊本。

ビルドアップがだいぶ良くなってきたといえ、絶対的な自信があるとも言えないアビスパ福岡にとっては嫌な相手です。

幸いなところといえば、アウェーながら隣県熊本。

移動の負担は可能な限り最小限で行けそうなところ。スケジュールが厳しい中、これは次節においてもプラスだと思いたいところです。

目下、4位争いをする東京ヴェルディが大宮アルディージャとの対戦。

ライバル同士も直接対決とあって、結果次第では上位争いが絞られてきそうな状況。

疲労の影響があったか、非常に厳しく、内容も良くない試合でしたが・・・。

かろうじて 1 – 0 での勝利。

そんな第 33 節アビスパ福岡 vs ロアッソ熊本の振り返りです。

過密日程のやりくり

中 2 日ということもあって、先発メンバーを入れ替えてきたアビスパ福岡。

また、前節出場停止だったウェリントンが復帰しました。

結果論ですが、日程のことを考えると、ウェリントンを前節使わずに済んだのは、ある意味良かったのかなと。

2015-sec33-avispa-form

とはいえ、入れ替えたのは中村北斗と、城後だけ。

中村北斗はシーズン中からお休みがち。

城後は正直この数試合以前以上に消えていましたらから・・・。

ここは、ちょっとリフレッシュの意味でも良いのかなと。

フォーメーション自体は 3 – 4 – 2 – 1。

欠場は、濱田、古賀。

CB 相変わらずいないですね。

そんな状況で、控えに阿部しか DF が登録されていないのも怖いですが・・・。

守備陣には怪我なく乗り切って欲しい・・・。

最後に付け加えると、右の三島が守備でやらかさないことを願うばかりです。

期待は、やはり平井ですかねー。

後半から坂田の代わりで出てきそうですが・・・。

前節良い形が見えていたと思うので、出場するなら結果を残して欲しいです。

ロアッソのロングボールに不安・・・

讃岐に PK を与えたシーンも、前節コンサドーレ札幌に得点されたシーンも、ロングボールの対応が遅れたり簡単に中に折り返されたりと今のアビスパの守備はロングボールの処理に問題があるような。

熊本もロングボールをワントップの斉藤めがけて入れてくるので、ちょっと心配。

スピードのある CB がいるわけではないので、DF のラインコントロールに期待したいのですが。

やっぱり軽い三島の守備

もうおなじみになりすぎて、取り上げなくても良いのかなと思ったりもしたんですが・・・。

とはいえ、相変わらず怖い守備をしますね・・。

前半早々、一歩間違えたら PK でしたわ・・・。

あげく、イエローカードもらうて。

展開次第では後半、交代を考えたいですが・・・。

サイドタイプの選手いましたっけ・・・。

下位熊本戦とはいえ、引き分けすら厳しい試合が続く中で、いきなりこういうミスというのいただけない・・・。

mishima-loose_optimized

不在を感じる酒井と、城後

どちらも「スピードタイプのサイドプレイヤー」ではない選手。

酒井にしても城後にしても、突破を仕掛ける場面が少なくボールを必要以上に足元で受けするぎるかなと感じていました。

タイプが違うので仕方ないのですが。

もっと、飛び出しやサイドでの突破を増やしてみたらどうだろう?

と、考えていたんですが・・・。

むしろそういった点では、三島の方が適任だったりすんじゃないか?

なんて思ってしまうんですが(攻撃面のみ)。

とはいえ、この 2 人がいなくなると、「サイドでポイントを作る」選手がいなくなるんですね・・・。

居なくて初めて判る。ってやつでしょうか。

城後などは、サイドで受けてもすぐボールを下げてしまったり、虚をつくヒールで味方と合わないとか。

あんまり効果的な仕事してないんじゃない?

と、思っていたんですが・・・。

もうちょっと裏を狙う時みたいにサイドにも飛び出したら良いのに。

と、思っていましたが「しっかりマイボールにしている&攻撃のリズムをつくる」

という意味では、機能していたのかもしれない。と、この試合を見ていて感じました。

ごめんなさい。城後選手・・・。

アビスパは、ウェリントンを狙ったロングボールがが上げるものの、ここでリズムを作るのは難しい感じです。

相手もここは人数かけてケアしてきます。

今日のアビスパは攻守にわたって、バランスが悪い気が・・・。

中 2 日の影響も大きいのでしょうか。

特に右サイドのバランスが・・・

前半 25 分くらい過ぎてから?

指示があったのか坂田の判断だっかわかりませんが、坂田が右サイドに開き気味にポジショニングするようになったようなきがしました。

ボランチからのボールの受けることをファーストチョイスしている感じに。

また、ウェリントンも右側で構えることが増えました。

右を基点にしようという狙いだったんでしょうか。

しかし・・・。

ちょっと選手が孤立気味。

ボールを持っても、選手との距離ができるんですよね。

おそらく三島は三島でロングボールに対するイ・グゥアンソンへのケアをだいぶ気にしていたようです。

こちらに引っ張られているのか、攻撃に移った時に上がりきれないです。

右サイドのバランスが良くない。

左においてもいつものような亀川の上がりが見られず。

ボールをキープできないから、なかなかサイドが上がれないのかもしれません。

亀川自信にもボールが入りません。

ロングボールを蹴って、簡単にロストして相手の攻撃。の繰り返し。

これは悪い時のアビスパ福岡だぞ・・・。

常にロアッソにボールを持たれて、受け身の形に。

決定的なシーンはありませんでしたが・・・。

アビスパもカウンター気味の攻撃や、フリーキックなどでシュートは打てていたんですが・・・。

リズムは作れず、終始ロアッソペース。

結局、そのまま流れを作れず。

完全にロアッソ熊本ペースで前半終了。

後半開始から左サイドを意識?

前半左からの攻撃がいつもより少なく感じていたんですが、後半は始まって早々左から良い形が。

左でキープして、開いた右サイドへサイドチェンジ。

avispa-sidechange_optimized

今季、アビスパが左からの展開で得意とする形ですね。

シーズン開始前の試合でも井原監督は「逆サイド意識して」というような指示を常に出していました。

おそらくアビスパのサイド攻撃の考え方の基本だと思います。

前半はこの意識が無かったような。

逆に、後半は修正ができているのかもしれないと感じました。

三島も、パス交換して飛び出すとか、前線の選手を追い抜くというよりこうしたフリースペースを駆け上がる時が一番輝くような。

バルセロナB との試合でもこの形から三島はチャンス作っていましたので、得意な形なんだろうなと。

バルセロナB vs アビスパ福岡 5失点に感じた「現在」と「未来」
「2軍に5失点って、アビスパ超弱くない!?」 と、レベルファイブスタジアムの帰りの道で似たような発言を何度も聞ききました・・・。 ...

もちろん、これだけが得意でも困るんですけどね・・・。

ハーフタイム中、おそらくなんだかの指示があったんだと思います。

修正した様子はあったんですが、前半同様ビルドアップがなかなか上手く行かず・・・。

スカパーの観戦では亀川の姿が移りませんでしたが、田村が縦にパスを出そうとして諦めるシーンがまま見受けられました。

画面の外の状況でよく判りませんでしたが、亀川へのパスはかなりマークされていたのかもしれません。

亀川にボールが入ると、アビスパの攻撃のギアあがりますからね。

結局ボールが出しどころがないまま、ロングボール&ロストの展開は基本的に変わらず。

後半 15 分で城後投入

城後が出るとしても、もうちょっと時間が経過してからかなと思っていたんですが。

坂田に代えて城後を投入。

井原監督にしては、少し早い選手交代だったように思います。

個人的には平井に期待したかったところですが、ビルドアップがなかなかできていない現状を考えると、ポイントになれる城後のほうが適任かも?

jougo-in

CB がドリブル

イ・グゥアンソンは一試合に 1 回くらい、クリアと見せかけてドリブルで相手を抜いて、上がったりするんですが。

この後半、田村も堤もボールを持って状況が許せばドリブルで上がってきました。

「おいおい大丈夫?」

というくらいドリブルでボールを運ぶシーンが。

田村は簡単に奪われたり、堤は、センターラインを越えるくらいまでドリブル。

tsutsumi-drible_optimized

イ・グゥアンソンはたまにやるんで驚きませんが、田村、堤はそこまでドリブルしてくるイメージがありません。

おそらくロアッソがパスコースを消してくるんで、CB がボールを運ぶことで、相手のマークを動かしたかったのかもしれません。

CB 3人 が 3 人とも狙っていた感があるので、このプレーも井原監督の指示かも?しれません。

こうした工夫が実ってか、徐々にアビスパが試合を作れるようになってきたような。

あとは、ロアッソが徐々に運動量が落ちてきたのかもしれません。

前半に比べて、中村航も目立たなくなりました。

三島に代えて、平井!?

出るとしたら、坂田の代わりだとばかり思っていたので、城後が出た時点で今日の平井の出番はないかなと思っていたんですが。

後半 30 分くらい。三島に代えて、平井を投入。

hirai-in

平井がウィングバックはないでしょう・・・。

まさか、城後を三島の位置に?

と、思ったらほんとに城後を下げてきました。

確かに、前節の動きを見ていたら、城後より明らかにシャドーストライカーとして良い動きしてたと思うんですよね。

でしょ?井原監督!

しかし・・・。

まあ、三島が良いとは言えませんでしたし、ウィングバックやるなら城後しか居ないか・・・。

偏りあって申し訳ないんですが、今の城後の状態なら平井をもっと試して上げて欲しいんですよね・・・。

セカンドストライカーとしての適正は城後よりある気も・・・。

あ!PK!?

アビスパだけでなくロアッソを見ていても、イマイチ決め手にかけるというか。

疲労の影響ありますかね。

やっぱり、中 2 日はキツイのか。

後半熊本の攻めも徐々に数が減り、精細を欠いていました。

これは引き分けかな・・・。と、思っていた矢先。

ウェリントンの落としたボールに走りこんだ金森が倒されて PK !

kanamori-pk_optimized

キタッ!

と、思いながら、「誰が蹴るんだよ?」と何故か不安になる複雑な心境・・・。

なかなか PK もらわないアビスパが2試合連続で PK もらった驚きもありますが、なんと言っても2日前の光景を誰もが思い出したはず。

nakahara-pk-miss_optimized

あ。ウェリントンなんですね・・・。

ポジション的に 9 番が蹴る決まりなんですかね・・・。

こちら、難なく決めて先制点。

wellington-goal_optimized

よ、良かった・・・。

外していたらと想像するだけで・・・。

危うく PK がトラウマになるところでした。

そして、残り時間逃げ切り、アビスパの勝利。

なんとかバトルオブ九州を制しました

試合の感想を言えば、「キツイ試合」でした。

やはり、疲労の影響が大きかったですかね・・・。

また、試合展開で言えば、ややロアッソに分があったように思います。

しかし、前回もそうですが内容が良くなくても、流れが悪くても「勝ち切れた」ことが大きいです。

勢いというか、運というか。

もう勝てれば何でも良いです。

他チームの状況ですが、ジュビロ磐田は群馬に勝利しました。

なかなか差が縮まりませんね・・・。

しかし、東京ヴェルディが大宮アルディージャに敗戦しました。

もしかしたら、2位争いはジュビロ磐田、セレッソ大阪、アビスパ福岡に絞られてくるかもしれません。

ジュビロ磐田とアビスパ福岡の勝点差は 4 。

届きそうで届かないこの距離を追いついて、追い越すためには勝ち続けるしかないです。

直接対決はもうないですからね。

次節は、ホームにヴェルディを迎えます。

愛媛戦、長崎線の結果によってはプレーオフ圏争いに巻き込まれる東京ヴェルディ。

今日の敗戦で、上位戦線に残るためには次の試合、アビスパ福岡戦はヴェルディにとって何としてでも勝たなくてはならない試合になりました。

前節、そして今日の試合ときわどい試合を勝ち切りました。

勝ち上がるためにはこうした「どう転ぶかわからない勝負を勝ち切る」事はとても重要だと思います。

しかし、「死にものぐるいでかかってくる相手」を確実に叩いて、いよいよ本物かと。

次節、東京ヴェルディ戦はもともと順位ですぐ下の相手だったので重要だと判っていましたが。

対戦相手がプレーオフ争いで追い詰め現状となり、さらに重要度と難易度を増したように思います。

長いシーズンも残り 10 試合を切りました。

ここまで来たなら、自動昇格。いただいちゃいましょうよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク