絶好調アビスパ福岡に漂う暗雲・・・。怪我人と累積警告が残り3試合を左右する?

スポンサーリンク

鬼気迫る自動昇格争い

横浜 FC 戦を 4 – 0 で勝利。

14 時から試合開始だったアビスパ福岡。

16 時から試合のあるジュビロ磐田へプレッシャーをかける勝利。

一時は、ヴェルディが PK を獲得。DF 一発退場。

もしやこれは・・・、順位入れ替えが・・・!!

この時がついに来た・・・!

と、想像せざる得ない状況だったんですが。

ジュビロ磐田は退場で一人少ない中、3得点でヴェルディを撃破。

ジュビロ戦を観戦しましたが、ジュビロの底力は伊達じゃないっすね・・・。

どっちが 10 人だかわからない事態に。

ジュビロも昨年プレーオフで苦渋をなめているだけに気迫が半端ないです・・・。

残留確定させたい横浜 FC。

難しい試合になると思われた 39 節横浜 FC 戦を振り返ります。

鈴木惇は今シーズン絶望?

という話も聞こえてきたアビスパ福岡。

残り 4 試合を残してここまでの勢いに陰りが出かねない事態に。

おそらく代役は中原秀人。

個人的には、ロングボールの精度やゴール前への侵入に関しては鈴木惇が上だと思います。

しかし、状況判断や、気の利いたポジショニング、ワンタッチプレーでは中原秀人が上だと思います。

守備が軽い。

というのはお互い様。

鈴木惇のような「フィニッシュ」に絡むことは少ないかもですが、十分代役は務まると思っています。

唯一、やめて欲しいのは不用意な横パスのミス。

ただそれだけです。

攻撃的な位置で躍動

前節は鈴木惇の早い時間帯での投入。

急な事態ということもあってか、攻撃面ではあまり効果的なプレーはできなかった中原秀人。

この日は、前回の左ボランチではなく、右側で先発。

ボランチの位置で左右に大きな違いがあるかはよく判りませんが、右の中原は前半から攻撃面で存在感ありました。

nakahara-shoot_optimized

後半少し存在感が薄らいだ気も。

チームが点を決めたため、バランサーとしてプレーしたと見ることもできそうですが。

この辺をどう判断するかで評価が分かれそうです。

個人的には、この日のプレーは及第点だったのではないでしょうか。

圧勝だったとはいえ・・・怪我人続出

この日は横浜 FC の押し込みに受け身の時間が長かったです。

横浜 FC の大久保とパク・テホンを狙ったセットプレーは脅威でした。

yokohama-fk_optimized

結構いいボールがゴール前に入っていました。

横浜 FC のフリーキックや、コーナーキックに背筋が寒くなるシーンも多々・・・。

ただ、今のアビスパは相手に押し込まれていても、「一撃で仕留める」期待感があります。

蝶のように舞えずとも、蜂が突き刺した一撃。セレッソ大阪を下し3位浮上!貫き通したアビスパ福岡のスタイル
今シーズン初めてジュビロの後ろ姿を捉える シーズン第 3 節では最下位に沈んだアビスパ福岡。 しかし、そこから順位を上げついに今...

それでも一撃を突き刺して勝ってきたとはいえ、見ている方はヒヤヒヤですが・・・。

怪我人が心配

鈴木惇を怪我で欠いた今節・・・。

試合中更に怪我人が・・・。

まず金森・・・。

kanamori-trable_optimized

ハムストリングの怪我だと思われます。

この部位の怪我はたちが悪いことが多いので非常に心配です。

マイケル・オーウェンもこの怪我が慢性化して苦労してましたよね・・・。

これは、仮にプレーオフにアビスパが戦うことになったとしても間に合わないんでは・・・。

日本代表も難しいのではないでしょうか・・・。

金森の気持ちを考えると、こちらも涙したくなる・・・。

今は大事な次期ですが、無理はしないで欲しいです。将来のある選手なだけに。

そして、城後まで・・・。

jogo-trable_optimized

おそらく左肩から落ちて、肩を痛めました・・・。

その後走るときの肩の庇い方を見ていて、これ亜脱臼では・・・?

個人的にラグビーで似たような倒れ方で私もやったことがあるんで、そう見えてしまうんですが・・・。

こちらもかなり心配です。

二人とも軽傷を祈るばかりです。

シーズン中 DF 陣に怪我が相次いだ時期があったアビスパ。

ここに来て、攻撃陣に怪我人が続出。

DF の時は田村が台頭し、窮地を救いました。

アビスパの攻撃陣だって、控えからニューヒーローが出てきてくれるはず・・・。

途中出場の坂田の一撃

金森の怪我で急遽ピッチに入った坂田ですが、普段から途中出場してるだけあって心配はなし。

むしろ、この試合で J 400試合を達成したベテランだからこそ、こういった時にこそチームを支えてくれるはず。

と、思っていたらやってくれました。

sakata-goal_optimized

横浜 FC が押しこむことが多かっただけに、この一点は効きました。

前半で点をとれたというのも大きかったです。

圧倒的な運動量

非常に攻撃の調子がよいアビスパ福岡ですが、この坂田のゴールは今の好調さを象徴していたように思います。

堤からのロングフィードだったんですが、この時末吉が後ろから走りこみます。

坂田に付いていた大久保が、一瞬末吉の方を気にした分ボールが坂田に通ったような。

相手 DF に対して、3,4人でゴール前に入り込めている事がゴールに繋がっていると思います。

昨シーズン、サイドに展開したら中央に誰も居なかった・・・。

そんなシーンを何度見たことか。

そこから思えば大違いです。

鈴木惇がいなくとも

中村北斗の FK で 2 点目。

鈴木惇が離脱して、フリーキックは末吉頼みか・・・。

と、思っていました。

しかし、この男が居ました。

nakamura-hokuto-goal_optimized

無回転で落ちましたね。

前半早い段階で追加点をとれたのもまた理想的でした。

FK は末吉だけではないということを他チームにアピールできたことも良かった。

今後対戦するチームに FK でプレッシャーをかけられるでしょう。

ようやく、平井に今季初得点

ウェリントンが存在感を示す前線で、そのコンビとして活きるのではないか?

と、感じていた平井。

シャドーで入った時など、裏への抜け出しは城後と違って別の可能性があるようにも感じていました。

劇的勝利にアビスパ福岡の意地を見た。コンサドーレ撃破で4位浮上!自動昇格へ一歩前身!
クラブ20周年を勝利で祝えるのか? 今季、創設20周年を迎えたアビスパ福岡。 試合前のイベントでは、レジェンドマッチのイベントが...

コンサドーレ戦でも良い動きをしていたと思います。

この時は、まさかのゴール取り消しでノーゴール。

アビスパで最もゴールに飢えている男と行って過言ではないでしょう。

この日のアビスパの 3 点目はウェリントンの落としから、そんな平井が決めてくれました。

hirai-goal_optimized

一度 GK に阻まれたものの、ふたたび押し込んで 3 点差。

ガンバ大阪時代から、裏への巧みな飛び出しは評価されていました。

もうだいぶ前ですが、プシュニク政権下で城後と前線でコンビを組んだ時に良い動きをしていました。

確か、城後からスルーでパスを受けてゴールを決めていたはず(うろ覚え)。

そういったことを考慮すると、ボールを出してくれる優秀なポストプイヤーと組むのが最もフィットする形では?

と思っていました。

この日は、ウェリントンと 2 トップ。良い形で動けていたと思います。

ガンバ時代を彷彿させるような縦への突破でした。

金森が仮に居なくても、坂田と平井に期待できると思います。

4 点目は酒井

中央でウェリントンが競ったこぼれ球に素早く酒井が動きました。

sakai-goal_optimized

この日は、サイドで基点になることが多かった酒井。

徳島戦では、ゴール前に張りすぎていて守備のバランスを崩していました(酒井だけが悪かったわけじゃないでしょうが・・・)。

この日は、守備にも奮闘して黒子役に徹していました。

しかし、攻撃のタイミングを虎視眈々と狙ってましたね。

3点とっても集中力が切れていませんでした。

チームとしては非常に頼もしい限りです。

ちなみに、このクロスを上げたのは、中原秀人です。

アシストにはなりませんでしたが、しっかり前線に顔出してました。

ジュビロ磐田の強さ(意地)に唖然・・・

何となくですが、順位をひっくり返すなら今日だと思っていました。

根拠はないんですけど、ヴェルディのプレーオフ進出へかける想いも相当強いはず。

ジュビロが足をすくわれるならそこでしょう。

と、思っていました。

試合は、ジュビロが押しこむも、ヴェルディが得意のパス回しでリズムを取り返す一進一退。

そんな中、ヴェルディが迎えたビッグチャンス。

DF がシュートを手で防いでしまい、一発レッドで退場& PK 献上。

verdy-pk_optimized

これは、ジュビロ万事休すか・・・!

と、思ったんですが、カミンスキーが PK ストップ。

kam-pkstop_optimized

好きな GK ですけどこの時ばかりはまったく、喜べず!

椅子から転げ落ちそうでした。

その後もヴェルディが攻勢かけるんですけど、ジュビロが凌ぎ切り、ハーフタイムへ。

この時すでに、嫌な予感はしていました。

どちらかというと焦っているのはベルディに見えました。

攻撃しているのに、チャンスが作れない・・・。

後半、間違いなくジュビロは立て直してくると見てました。

引き分けでは順位がひっくり返らないんですが、この際引き分けでもいいわ!

ジュビロにダメージを与えてくれと願ってましたが・・・。

しかし、まさか 10 人の状況で 3 – 0 で勝ちきるとは・・・。

ジュビロの昇格への執念も半端ないですわ・・・。

そりゃそうですよね。

残り 3 試合・・・。

アビスパだって昇格への想いなら負けてません。

何度も繰り返しますが・・・。

全勝しかないです。

現在、最も危惧しているのは累積警告

2015-sec39-avispa-form

亀川、田村、中原貴、そしてこの、日末吉が警告を受けました。

このメンバーが累積警告が 3枚。

あと一枚警告を貰えば、次節出場停止です。

残り3試合ですが、怪我人と、累積警告による出場停止。

絶好調のアビスパに忍び寄る不安要素です。

この日、モイゼスが公式戦に初出場しました。

天皇杯の 2 試合では出場していました。

過去の試合を見る限り、正直なんとも言えません。

大学生相手では圧倒的な存在感を見せていました。

しかし、町田ゼルビア戦では、今ひとつ馴染めない?感じでした。

さて、どちらが本当のモイゼスなのでしょう?

この日は、出場時間も少なかったのでなんとも言えず。

相変わらず、相手がボールを受ける瞬間に仕掛けるボール奪取は秀逸でしたが・・・。

残り 3 試合簡単な試合はありません。

状況によっては、末吉、鈴木惇が不在という事態も想定されるのでは・・・。

もしかすると、モイゼスがアビスパの運命を握る存在かも知れません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク