ついに確信をもって言える「アビスパ福岡は強くなりました」。激化する自動昇格争い

スポンサーリンク

アビスパ福岡は闘うチームへ

開幕戦の情けなさに今季は J3 行きすらあり得ると感じました。

【アビスパ福岡】ついにJ2開幕!アビスパ福岡vs京都サンガ あまりの情けなさに今シーズン残留争いすらちらつく
ついにJ2開幕です。井原監督公式戦初陣 ということで、今日は可能ならスタジアムへ行きたかったんですが、行くことができず・・・。 ...

多くのサポーターが集まった開幕戦で全く覇気のない戦いを見せたアビスパ福岡。

ただ、この試合だけを見てそう思ったわけではなく。

開幕前のプレシーズンマッチなども観戦して感じたのは「覇気の無さ」。

試合中プレーに対して、お互いに話し合うこともなく。

【第6節】スタジアムで見て感じたアビスパの伸びしろ
今季初のレベルファイブスタジアム この日はようやくスタジアムに行って観戦しました。 プレシーズンマッチはなぜかよく行くんですが。...

良いパスにサムアップすることはあっても、「パスをここにくれ!」といった主張が全くない。

井原監督が就任したことへの期待感はありましたが、

「これは大丈夫なのか?」

という不安がずっとありました。

その不安が的中したのが開幕戦でした。

最も疑問だったのが城後

背中で語るキャプテン

と表現された城後のキャプテン象。

私は正直この言葉を「皮肉」と受け取るべきだと思っていました。

試合中チームに声をかけているイメージが全くありません。

その所以の表現がこの表現だったと思います。

しかし、言葉をかけない限り「伝わることなんてあるわけがない」。

私はそう思います。

お互い意見することすらできないチーム。

それが「アビスパ福岡」であり、その象徴が「城後寿」でした。

城後の見せた変化

一応、今シーズンアビスパの試合で観戦していないのは、天皇杯のジュビロ磐田戦だけ。

その他は、スタジアムで観戦ないし、スカパーで観戦しています。

その中でおそらく初めて見たました。

城後がパスに注文を付ける姿を。

不満なジェスチャーを見せるのを。

jogo-discontent_optimized

チームが強くなったのは、形ができたからだけじゃない

この日のジェフユナイテッド千葉戦も得意の「ウノ・ゼロ」。

今季のアビスパ福岡は「守備」の整備をその躍進の一因に上げられます。

これは、井原監督の手腕も大きいと思います。

それと同時にチームが「勝利」にこだわる事ができ様になったのではないかと。

3位まで浮上してきた自信もあるでしょう。

それと一緒に選手が「勝ちたい」。と思う気がかなり強くなったんじゃないでしょうか。

プロである以上、勝ちたくない選手はいないと思います。

ただ、その気持ちと実態が伴ってきたんじゃないでしょうか。

鈴木惇の華麗な一撃

城後のプレーから数分後。

jun-goal_optimized

ウェリントンの落としからワントラップで相手をかわして、ゴールキーパーの横を突き抜ける一閃。

ウェリントンへロングボールを入れた末吉もよく見ていました。

正直、この時点で勝ったと思いました。

前回の対戦時は 2 失点を喫していたジェフ戦ですが、おそらく今日も「ウノ・ゼロ」だと。

欲を言えば、ジュビロが水戸にリードされたまま試合を終わらせてくれた良かったんですが・・・。

終了間際に同点ゴール。

ジュビロにも意地がありますよね。

メンタリティの充実

とはいえ、引き分けたジュビロ磐田との差は「勝点2」。

一試合の結果次第で順位が入れ替わるところまで来ました。

上位には、上位のプレッシャーがある」。

この日の解説の戸田さんの言葉ですが、まさにその通りで心配しているのは「プレッシャー」。

これまでメンタル的な弱さが目立ったアビスパ福岡にとって上位争いのプレッシャーに勝てるのか?正直、難しいんじゃないか?

と、感じていました。

期待を裏切られることも多いんですが、不安を吹き飛ばしてくれる瞬間があるから、ファンというのは辞められなくなります。

残り6試合。

ジュビロが先に折れるか、アビスパが先に折れるか。

ここまで来たら、絶対自動昇格ですよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク