ファジアーノが示したアビスパへの勝ち方。昇格争いから一歩後退。今後の課題をつきつけられた【第30節】アビスパ福岡vsファジアーノ岡山

スポンサーリンク

昇格争いは混戦状態。引き分けでも厳しい戦いが続きますが・・・。

ジュビロは徳島戦に勝利。

ヴェルディは愛媛に敗戦(この愛媛が不気味な存在に)。

セレッソは大分トリニータに勝利。

アビスパ福岡もファジアーノ岡山戦。

ジュビロと、セレッソが順当に勝点を伸ばし、ヴェルディは敗戦も後ろから追いかけてくる愛媛が非常に不気味な存在に・・・。

独走の大宮アルディージャの連勝をストップするなど、このところ上り調子。

ツエーゲン金沢に代わってリーグの台風の目になりつつあります。

そんな勝って何とか昇格争いで優位に立ちたいところが、敗戦で一歩後退・・・。

そんな第 30 節を振り返りです。

第 30 節 ファジアーノ岡山 vs アビスパ福岡のスターティングメンバーです。

GK23 中村 航輔
DF18 亀川 諒史
DF19 堤 俊輔
DF26 田村 友
DF22 中村 北斗
MF10 城後 寿
MF33 鈴木 惇
MF15 末吉 隼也
MF20 酒井 宣福
MF 7 金森 健志
FW17 ウェリントン

sec30-avispa-form

予想フォーメーションは、4-2-3-1 ですが、個人的には、4-4-2 だと思ってます・・・。

金森はトップ下のポジショニングかなあ・・・。

ウェリントンとどう見ても横の関係のように見えますが。

ファジアーノ戦は 3 バック復活もあるかなと思っていたんですが、4 バックでした。

シーズン前半戦はアウェーではベンチ入りしないことも多かった中村北斗ですが、前節ジュビロ戦に引き続き先発。

シーズン前半通りなら、一回休みのところですが今日も先発です。

ファジーの岡山の先発メンバーです。

GK 1 中林 洋次
DF39 篠原 弘次郎
DF35 岩政 大樹
DF 6 竹田 忠嗣
MF21 加地 亮
MF24 矢島 慎也
MF17 島田 譲
MF25 田所 諒
FW19 片山 瑛一
FW13 久保 裕一
FW14 押谷 祐樹

sec30-fagiano-form

前回の対戦時は、中原貴が岩政とかなりやりあってましたが、今日はウェリントンが相手です。

ここも注目です。

イマイチ攻撃にリズムが出ないアビスパ福岡

あんまりファジアーノ岡山と相性が良くないのか・・・。

ボールを落ち着かせて、ビルドアップを試みるんですが。

岩政を始め、球際で激しくあたってくる岡山の守備になかなかペースがつかめません。

毎回アビスパはこの守備に苛つかされているように見えるんですが・・・。

どちらかというと、ビルドアップから打開を図りたいアビスパと、カウンター、ロングボールのこぼれ球を狙いたいファジアーノ。

という展開。

守備の時のファジアーノは、ほぼ 5 バック状態。

ファジアーノの戦い方は、どことなく前のアビスパ福岡を見るような戦い方です。

徹底したウェリントン対策

もう判っていたことですが、岩政がウェリントンを徹底的にマーク&挑発。

岩政以外との競り合いでも、ウェリントンが強引に前に出るとだいたいファール・・・。

厳しいというか、主審の仕切りを含めてあんまり上手くない・・・。

そこをうまく岩政が利用してきました・・・。ホント嫌な選手です。

前半、シュート数ではアビスパが上回っていましたが、攻撃らしい攻撃の形を作れませんでした。

ウェリントンも、痛がったりして駆け引きしてましたが・・・。

このへんの駆け引きは、完全に岡山がペースを握っていました。

アビスパはサイドを潰せば怖くない

ファジアーノ岡山がこの徹底していたように見えたのは、サイドのケア。

守備のタイミングでは 5 バックを敷いていました。

この守備で、亀川が仕掛けるスペースを完全に消していました。

足元で亀川に入ってもそう怖くありません。

金森、酒井とのコンビネーションで崩そうにも、数的優位も作れませんでした。

リズムに乗れなかった要因の一つだったと思います。

サイドにスペースが無いので、中央に切り返すんですが、良い形が作れず。

後半大きな変化もなく

少し攻め方を変えてくるかなと思ったんですが、アビスパの攻め方は変わらず。

外で攻めて、スペースが無いので、内側へ入り込むの繰り返し。

岡山の狙いとしては、そこで奪ってカウンターです。

焦りだした後半

後半時間が立つに連れて、焦っていたのはアビスパでした。

このへんから嫌な予感はしていたんですが。

確かに、今日勝たなければジュビロ戦でせっかく勝利した意味がほとんどなくなります。

ジュビロもセレッソも下位との対戦。

確実に勝ってくるでしょう(実際勝利)。

今日勝っておくことが、今後の昇格争いの展開で重要なことくらい選手も判っていたと思います。

とはいえ、焦ってどうする・・・!

明らかに前掛かりだったアビスパ

後半終了間際のまさかの失点という今シーズンの大きな課題を改善できないことを露呈し、敗戦したアビスパですが、これはあかんで!と、思ったのはこのシーン。

avispa-atack_optimized

亀川も、前線に残ったまま。

左に酒井と代わって入った坂田もボール奪取を期待して、高い位置にポジショニング。

中央の末吉も攻撃に飛び出し。

ボールロストしたところで、鈴木惇が飛び込んでかわされてしまいます。

このとき、鈴木惇がもっとバランスを取る守備をしていれば、アビスパは「冷静」だったと言えるでしょう。

しかし、簡単にかわされてカウンター。

正直、このときから嫌な予感がしていました。

つんのめるくらい前がかり。

完全に焦ってました。アビスパ福岡。

その後、3 対 3 を作られ、ポスト直撃のシュート。

avispa-pinch_optimized

正直、この時やられたと思いました。

結局、前がかりで得点できずミスで撃沈

最後は、田村のミスで撃沈。

DF が緊急事態の中、フォーメーションも 3バックから、4バックへ。

何もかもが緊急事態のなかで、高いパフォーマンスを見せていた田村。

しかしここで、致命的なミス・・・。

tamura-loose_optimized

そこは触っておこうよ。

ただ、ここまでの貢献を考えたら・・・。

このミスだけで責めたくはありません。

ここまでボールを運ばれるまでの守備の軽さ。

亀川はこのプレーの前に、坂田を飛び越えてチェックに行きました。

その分、サイドのケアが遅れたのも事実。

坂田もその分、ポジションを下げられたらよかったのですが、サイドのケアを亀川に任せました。

どれもほんの一瞬の判断の遅れ、一瞬のタイミングの遅れです。

この隙を生んだのは、「攻めへの焦り」だったのではないでしょうか。

ここは、アビスパのチームとしての未熟さが出たとしか・・・。

ファジアーノ岡山が突きつけたアビスパの弱点

  • サイドのスペースを埋めてしまえば攻撃を止められる
  • 中央突破に怖さはない

チームのやり方もあると思いますが、もし、私が別のチームの監督でアビスパと戦うとき「どうしても勝ちたい!」。

と、思うならファジアーノ岡山のやり方を真似るでしょう。

サイドに人を増やせば、アビスパのサイドアタックはそう怖くない。

そう感じさせる試合でした。

打開策はあるのか?

打開策として妥当かはわかりませんが、可能性があるとすれば、ウェリントンと金森の連携でしょうか。

ジュビロ戦でもそうでしたが、ウェリントン-金森ラインで良い攻撃が見られません。

近いポジションなのですが、この 二人が絡む攻撃が見られません。

金森が左サイドアタックに絡むことも理由の一つだとは思うんですが・・・。

中央でこの 2 人が絡むことがあれば、中央攻撃もオプションが増えるのではないのでしょうか。

右サイドにも攻撃のオプションを

現在の 4-4-2 になってから、城後が中盤(右サイド)でビルドアップの際に顔を出すことが増えました。

3-4-2-1 では消えることが多くて個人的に不安だったんですが。

ウェリントンの存在にいよいよ姿が消える城後。井原監督はKINGにもメスを入れるのか。第 27 節 アビスパ福岡 vs 大分トリニータ戦
負けなくて良かった試合なのか。痛いドローなのか 前節 V・ファーレン長崎に引き続き、この日は大分トリニータとの九州ダービー。 今...

これはすごく良い傾向だと思っています。

ただ、今の 4-4-2 でもゴール前に侵入することも多く、右サイドに開くことは稀です。

また、中村北斗も守備を重視しているのか、守備のタイミングで中央に絞ることも多く、積極的に上がっては来ません。

仮に上がってきても中に切れ込むことが多い。

右からのクロスが無い訳じゃないのですが、もうちょっと有効活用できないものかと。

右 → 左サイドのサイドチェンジはあるんですが、

左 → 右サイドというサイドチェンジはあまりないんですよね。

まあ、これは左サイドアタックのほうが強力ですから・・・。そのバランスもあるとは思うんですが。

ゴール前の城後に課せられた役割とは?

あと、中盤の構成で姿を見るようになった城後ですが、ゴール前ではあまり存在感なし。

全くないわけじゃないんですが、城後へのパスで相手が「怖い」と思うような攻撃が無いんですよね。

以前は、中原貴とのコンビネーションが良くて、ゴール前で得点の「ニオイ」がするプレーもあったんですが・・・。

第6節の水戸戦で見せた中原貴とのゴール前での連携。

jogo-shoot_optimized

今のところ、クロスのターゲットでもなし、飛び出しと行っても強引なパスしか来ませんし。

こぼれ球を待っている人。くらいにしか見えないのですが・・・。

今日の敗因は、攻め切れないこと

結局、ファジアーノ戦の問題点は左サイドアタックが有効でない時の攻撃オプションがないということです。

左がダメなら、中央からといっても特に有効な崩しもなし。

壁に跳ね返さえれたボールをミドルで打ち込むも、精度も欠けていました。

結局ここで、リズムを作れず、ジリジリと焦りだし、最後はミスで自滅。

まあ、力不足。と言われたらそれまでです。

もう一度、シメオネの言葉を

理想のチームは「アトレティコ・マドリード」と言っていた井原監督。

そのアトレティコの監督であるシメオネの哲学の代名詞とも言える「パルティード・ア・パルティード(一試合、一試合)」。

これは、バルサやレアルに 90分間勝つのは難しい。

ならば、半分の45分だけ。

もしくは、10分だけ。

それでも難しければ、球際のぶつかり合いだけなら、そんなに差はないのでは?

と、一瞬、一瞬だけなら、バルサやレアルに負けないんじゃないか。

それを積み重ねることができれば、勝てるかもしれない。

という、信念のもと「一試合、一試合をどうやって相手より優れたパフォーマンスを発揮するのか」を突き詰めるだけだという考え方です。

サッカーに学ぶ仕事術?シメオネ超効果に「考える」アイディアをもらう
何かを信じるのが難い時代? シメオネ超効果 リーダーの言葉で今あるチームは強くなる 他人を見たら、泥棒だと思え。 ...

今日のアビスパは正直、攻撃面がふるいませんでしたが、総じていえば相手よりよいサッカーをしていました。

しかし、局面、局面、一瞬、一瞬を常に相手より優れることを意識していたか?

と言われると、決してそうでなかったと思います。

局面の勝負で強い気持ちを出したのは、ファジアーノ岡山だったと思います。

この課題は、ずっとプシュニクが訴え続けてきた課題です。

自動昇格圏の 2 位は遠のき、6位 愛媛 FC が勝点 1 で迫ってきています。

まだ、試合はあります。

ただ、連敗はもう許されない時期です。

次節、前回 3 – 0 で敗戦したカマタマーレ讃岐とアウェーで対戦です。

負ければ、昇格圏争いから脱落しかねない一戦になりそうです・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク