ジュビロ磐田相手に理想的ともいえる内容で完勝!これはまさかの自動昇格もあり得る!?第 29 節 アビスパ福岡 vs ジュビロ磐田

スポンサーリンク

ジュビロ磐田を再び撃破

シーズンも徐々に終盤へ向かい始め、頭ひとつ抜けた大宮アルディージャ以外は未だ混戦模様。

そんな中、ツエーゲン金沢、ジュビロ磐田と上位陣対決を連勝したアビスパ福岡。

ジュビロ磐田、セレッソ大阪を撃破したゴールデンウィークのまさに再来。

負けると自動昇格争いから完全に引き離されてしまうかつ、プレーオフ圏も危うくなりかねない状態。

セレッソは絶好調とは言えないものの、地力があります。

ヴェルディはこのところ調子が良さげですし。

後から来ている愛媛も勢いがあって怖い。

その下のV・ファーレン長崎、ジェフ千葉も実績のあるチーム。

と、非常に混戦状態かつ、気の抜けない状況です。

そんな状況で、先のシーズンを左右する大一番での会心の勝利。

目下のライバル東京ヴェルディと、セレッソ大阪がそれぞれ敗戦、勝利するも順位は5位のまま。

とはいえ、勝点が縮まりシーズン終盤に向けて大きく期待のできる勝利でした。

愛媛が大宮に大勝してますね・・・。愛媛の存在がちょっと怖い。

昇格争いが混沌としてきた第 29 節 福岡アビスパ vs ジュビロ磐田戦を振り返ってみたいと思います。

ついにきた!4バック

今シーズン事あるごとに、「井原監督はどこかで4バックを仕掛けてくる」。

と言い続けたものの、その気配がなさすぎて最近はもうやらないんじゃないかと思い始めていた 4バックをこの大一番でぶつけてきました。

2015-sec29-avispa-form

予想フォーメーションは3バック。

酒井を左のウィングバックに置いていたので、また思い切ったことをするなー。

なんて、思っていたんですが・・・。

実際試合が始まると、亀川が結構高い位置に飛び出してくるので、3バックの一角としてはおかしいなと思ったんですが。

よくよく見ると、4バック。

左から、亀川、堤、田村、中村北斗。

今日のスカパー解説の戸田さんも試合の早い段階で指摘されていましたが、完全に4バック。

しかし、堤、田村で CB を構成することになるとは・・・。

この日は、累積警告でイ・グゥアンソンが出場停止。

濱田、古賀が怪我で離脱。

3バックでは完全に CB 不足。

亀川がまた、3バックの一角にになるのは仕方なし。と思っていたんですが、4バックをジュビロ戦でぶつけてくるとは。

古賀が J 400試合を達成

ちょっと話変わりますが。

怪我で離脱中の古賀ですが、どうやら怪我をしてしまった試合が J 400試合目の試合だったようです。

koga-400

この日の試合前にセレモニーが行われました。

もう大ベテランの古賀。

昨年引退も考えた。なんて話も聞きました・・・。

正直、来年も続けるのかはかなり微妙な気もします。

おそらく本人も引退のタイミングと、その後のことは頭にあるでしょう。

もし引退となれば、チームスタッフとして残って欲しいなと思います。

経験も豊富ですし、良い指導者になる気がするんですが・・・。

試合はジュビロ磐田ペース

さて、試合のほうですが。

4バックで望んだ試合ですが、やはり不慣れな面もあるとおもうんですが・・・。

以下、前半アビスパが招いたピンチです。

これはゴール前で、ウェリントンがプレスバックしてきたのは良かったんですが、ボールを奪って油断しましたかね・・・。

すぐに奪い返されてゴール前で危ないことに。

jubiro-atack1_optimized

原因はウェリントンがボールを奪われたことにあるんですが、この日アビスパの DF ラインがアダウイトンのスピードへの対応に苦慮していました。

ここでもアダウイトンのスピードに対応が後手になった感もあったので・・・。

さらにアダウイトンが後ろのほうから、前線へ飛び込んでヘディング。

jubiro-atack2_optimized_optimized

中村北斗の守備の軽いところが出てしまいました。

というか、アダウイトンのスピードとパワーが半端ない。

さらに、以下のシーンは、昨シーズン同じようなミスをイ・グゥアンソンがやってました。

監督が違うので、なんとも言えませんが、アビスパが 4 バックを敷くとこうした、

CB が守備で飛び出すのか、我慢するのか。

というところで、迷いやミスが多い気がします。

jubiro-atack3_optimized

ルーズボールが、相手に有利に出たんですが・・・。

堤の軽すぎる守備。

そのあと、またアダウイトンのスピードで裏に抜けられ大ピンチ。

しかし、この日も前回のジュビロ戦同様、中村航のビッグセーブで無失点で切り抜けました。

まさに中村航さまさまです。

アビスパに見られたいつもと違う攻撃

4バックにしたことで攻撃にも違いが見られました。

違った点を挙げると、

  • 2トップ
  • すぐにクリアではなく、キープを考える
  • 田村からのビルドアップ
  • 鈴木惇の飛び込み(攻撃参加)

2トップについて

4バックの時点でもわかっていたんですが。

この日の FW はワントップではなくウェリントンと金森の 2トップでした。

これまでも金森が前線に残って2トップのような形は模索していたんですが、どうしても 5バックになる守備のフォローを考えると中盤のサイドの守備に回ることが多かったでした。

この日は、ウェリントンー金森ラインで良い形は見られませんでしたが、ポストプレーからの展開が期待できそうです。

また、守備の話になりますが。

金森と、ウェリントンで前線から相手を挟み込んでプレスするシーンもありました。

これまでどうしてもワントップの形では効果的なプレスはほぼ皆無だったので、ここも大きな違いだったかと。

ボールキープについて

以前なら間違いなく「クリア」優先だった自陣ゴール前でのプレー。

最近では徐々につなぐ意識が出ていましたが、この日は間違いなく「パスしてキープ優先」でした。

ゴール前であっても明らかに選手はパスコースを探してキープしようとしていました。

中には相手のプレスにかかって奪い返されていたこともありましたが、みすみす相手にボールをプレゼントするようなクリアはほぼなくなりました。

その結果か、前回はとにかく押し込まれていたジュビロとの対戦でしたが、この日は押されてはいたものの、キープして攻撃まで持って行けました。

さらには、しっかり「アビスパの時間帯」も作れていました。

田村からのビルドアップ

田村が出場し始めてから、その一端はすでに試合中に見られていたのですが。

DMF 出身の田村。

現在は、CB での出場が多いですが、さすがにパスの能力が高いです。

後方から長い縦パスを入れることができます。

また、CB の中央でプレーすることでパス回しにも積極的に参加できます。

3バックの一角として見ていた時は、緊急時の非常勤のように見ていました。

しかし、実際 4バックの CB としてみると非常に近代的な CB なのではないかと。

確かに田村がはいってからビルドアップは改善が見られている気がするんですよね・・・。

もちろん、田村だけでなくチーム全体の意識も変わってきていると思います。

後半終了間際ですが、ウェリントンに入れた縦パスは秀逸でした。

tamura-pass_optimized

鈴木惇の飛び出し(攻撃参加)

これまでも鈴木惇が流れの中でゴール前に顔を出すことはあったんですが、この日は非常にその回数が多かった。

やはり、ボールをキープしてしっかり攻撃を構築して攻めているから可能だったと思います。

鈴木惇がゴール前に侵入してからの、ヘディングシュート。

suzukijun-atack1_optimized

さらに後半始まってすぐ。

左サイドの攻撃から、鈴木惇がニアサイドに飛び込んだシーン。

suzukijun-atack2_optimized

こまでこういうシーンが無かったわけではないのですが、1試合にワンシーンあれば良い方でした。

しかし、この日は鈴木惇がこの位置でプレーする機会が非常に多かったです。

そして、先制点はそんな鈴木惇から生まれます。

多分カウンターからのゴールでは今シーズン一番?

ボールを奪って、亀川からウェリントン。

ワンタッチ落としたところに、鈴木惇。

サイドの金森に流すんですが、その間にウェリントンと、城後が猛然とゴール前へスプリント。

サイドを駆け上がった金森にも酒井と、亀川がフォロー。

6人がゴール前まで駆け上がっていました。

avispa-counter_optimized

ゴール前に侵入した、城後、ウエリントンに引きずられて DF が開けたスペースにフリーの鈴木惇。

このカウンターは今シーズン一番の出来だったと思います。

suzukijun-goal_optimized

後ろから大勢の選手が走りこんでくるあたりとか、欧州サッカーみたいでした。

カウンターサッカーファンですが、このカウンターは完成度高かった。

後半、ジュビロ磐田は良い形が見えたものの・・・

後半、押し気味で試合を展開できたアビスパ福岡ですが、一時レンタル移籍でアビスパに在籍していた松浦が途中出場すると、流れが一変。

後半から停滞気味だったジュビロ磐田の攻撃が明らかに活性化。

これまた、終了間際までアビスパファンとしては、胃の痛い展開を覚悟したのですが・・・。

しかし、その松浦がイエローカードの判定に対して、意義。

ジェスチャー的には、「ちゃんと見てるのか!?」と、審判に食って掛かったようにも見えましたが、それが原因なのか、2枚目のイエローでレッドカード退場。

アビスパとしては、非常に助かる展開に。

攻撃を活性化していた選手が退場した上に、人数的にも優位に。

逆にジュビロ磐田としては、ようやく反撃の兆しが見えていたところで、完全に自滅してしまった形に。

アビスパ追加点

1 – 0 の試合が多いアビスパ福岡。

試合を楽に終わらせるためにも、追加点というのが課題なのですが。

なかなか追加点がとれず・・・。

まして、相手に追いつかれてドローなんてことも。

しかし、この日は相手が 10人になってしまったこともあったとは思いますが、しっかり相手にトドメを指す追加点を獲得。

sakata-goal_optimized

金森のクロスにしっかり坂田が走りこんでいました。

ジュビロ磐田に理想的な試合展開で勝利

勝つとしたら、前回と同じような展開での勝利を考えていました。

しかし、ジュビロ磐田と堂々とやりあって、2 – 0で勝利。

試合開始早々は押し込まれましたが、確実に自分たちのペースを作って勝ちにつなげました。

この勝利は大きいと同時に、4バックがハマりました。

開幕では全然ダメだった4バックですが、調子は下降気味とはいえジュビロ相手に通用したことは大きいです。

急造とはいえ、成果は大きかったのではないかと。

次節は、アウェーでファジアーノ岡山戦ですが、この4バックは続くのでしょうか。

おそらく、中村北斗次第かもです。

単純に、右の守備を三島に任せるのは辛いんじゃないかなと・・・。

この試合も中村北斗の守備の場面は一歩間違えれば即失点の場面ありましたからね・・・。

荷が重い気もします。

開幕当初も、3バックと4バックは使い分けると井原監督は言っていたようなので、併用もあるかもです。

また、中村航も充実感が底光りするくらい、雰囲気に出ていますね。

この日もビックセーブ連発でしたが、徐々に「守護神」としての風格ありです。

欲を言えば、城後に結果がでると・・・。

もっとチームに勢い出てきそうですが。

とはいえ、4バックの不安な箇所も

アダウイトンに押された DF ライン。

アダウイトンの「個」の力にやられた感はありますが、裏を簡単にやられたり、飛び出してかわされたりと、不安な箇所もありました。

ジュビロ相手に理想的な勝ち方をしたと思いますが、ぜひ、今回の DF ラインの問題はちゃんと確認して欲しいところです。

単純なシステムだけの問題ではないと思いますが、3バックでやるよりはるかに今後にも希望が見えた気がします。

この日の試合は非常に良かったと思います。

ぜひ、このままこの調子を継続していけたら・・・。

これはほんとに、「自動昇格」見えてきましたよ・・・?

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク