ウェリントンの存在にいよいよ姿が消える城後。井原監督はKINGにもメスを入れるのか。第 27 節 アビスパ福岡 vs 大分トリニータ戦

スポンサーリンク

負けなくて良かった試合なのか。痛いドローなのか

前節 V・ファーレン長崎に引き続き、この日は大分トリニータとの九州ダービー。

今シーズン 2 度目の対戦となるわけですが。

大分トリニータは今シーズン、まさかの下位低迷中。

なんとか、昇格圏争いに付いていっているアビスパ福岡としては勝点 3 をゲットしておきたい相手なのですが・・・。

しかし、監督が交代してから 7 月に入り徐々に本来の調子を取り戻しているだけに。

油断してしまうと、やられてしまう可能性も十分にある相手でした。

そんな相手に 1 – 1 の引き分け。

順位だけで見てしまえば、完全に「取りこぼし」な引き分けです。

ただ、アビスパ福岡の実情を考えると、「よく引き分けた」と言えるかも・・・。

そんな第 27 節大分トリニータ戦の振り返りです。

DF 陣はいまだ緊急事態

DF 陣に故障が相次ぐ、アビスパ福岡。

古賀もケガをしてしまい、ますます DF が不在の事態に・・・。

シーズン当初は、「DF 多いなあ」。なんて思っていたのがいつの間にやら・・・。

イ・グゥアンソンはベンチに帰ってきているものの。

先発でないところをを見ると、まだ完璧じゃないのかなと。

まさか、レギュラー落ちじゃないとは思いますが・・・。

しかし、田村が形になっているので、まさかそういうこと・・・?

とはいえ、亀川を 3 バックで起用しなくてはならない状況ということは、まだ万全じゃないんでしょう。

アビスパ福岡のフォーメーション

sec27-avispa-form

予想フォーメーションでは、右に亀川ですが、実際は左。

右には田村が入っています。

この時点で、左田村で右イ・グゥアンソンで良くない?

と、思ったんですが。

まだコンディションが万全ではないということでしょうか。

そして、ウェリントンがついに先発出場。

これまで途中出場でしたが、長い時間プレーしたときもっとできるのでは?

という良い予感も出てきたので楽しみなところです。

中村航がなんだかんだ、もう 4 試合連続先発。

これはもう、中村が正 GK と考えてよいですかね。

約束事なのか、焦りなのか、選手の傾向なのか、雑なビルドアップ

この日、ほぼ同じ時間。鳥栖にてサガン鳥栖 vs アトレティコマドリー戦があると聞いて実はそちらへ行っていました・・・。

もちろん、アビスパ戦があることも知っていたので試合経過は随時チェックしていたのですが。

会場でも、どこからともなく「アビスパ、先制されてるよ」なんて会話が聞こえてきました。

アビスパファンも結構こちらへ流れているなと・・・。

堤のミスから失点と聞いていましたが

そんな状況でアビスパの最初の失点が、「堤のミス」から生まれたことを知りました。

完全に小耳に挟んだ情報だったんで、正確なことは判らなかったんですが。

実際のプレーがこちら。

tsutsumi-loose

堤が完全にゴール前で相手にパスしてしまっているんですが・・・。

ただ気になるのは、この日の前半にこうしたパスミスをしたのは堤だけじゃないんですよね。

このちょっと前には末吉も相手にパスしてしまってるんですが。

前半のアビスパはボールを奪うとすぐ縦にボールを運ぼうとするんですが、焦ってなのか技術的な問題なのか、そもそも大分にそこを狙われていたのか。

味方じゃなくて、相手にパスというシーンが堤だけじゃなく多発。

堤のプレーが失点に繋がりましたが、同じようなことになりかねないシーンは他にもあった感じです。

堤のシーンは画像がからは判り難いですが、阿部にしても鈴木惇にしても、ボールを受けるというよりは、「堤がクリアするだろう」。という動きに見えました。

ボールを奪ったら、縦に運ぶ。

というお約束事はあったように思えるのですが、ボールを奪った人に対してフォローがない。その結果ドタバタしてしまうという印象でした。

苦手ダニエルに一撃

大分戦では毎度、ダニエルに中盤で良いようにされてしまうアビスパ福岡。

この日ダニエルは負傷退場してしまうのですが、それまで中盤で存在感を放っていました。

すごく良い選手だと思うんですが、この日が5月以来の先発出場なんですね。

ただ、そんなダニエルに一撃を加えたのが、ウェリントン。

毎度中盤のセカンドボールを奪われたり、攻撃に移ろうとしたところを的確に潰されてしまったりと、とにかくダニエルに中盤を支配されがちなのですが・・・。

avispa-d

パスカットに入ったダニエル。

あー、またやられた。

と、思いきやウェリントンがプレスバック。

強烈なフィジカルでボールを奪い返しました。

まさかダニエルからボールを奪い返せる日がくるとは!

ウェリントンには攻撃の期待がかかるのはもちろんですが、こうした守備での貢献も非常に大きいですね。

後半城後が引いてから攻撃が活性化

この日、試合前に城後の J 通算300試合出場のセレモニーがありました。

アビスパの功労者なので、できれば讃えたいのですが・・・。

残念ながら、今日の試合を見ていても攻撃のリズムを作れない1つの要因は城後だとみています。

そもそも試合から消え過ぎ。

また城後だけではないのですが、この日先発出場した阿部、中村北斗の両ウィングバックは比較的「受け」の選手です。

中盤でのボール回しに積極的に関わろうとはしません。

どちらかといえば、スペースでボールを受けたい感じです。

城後も同じで、今のポジションでは攻撃のタイミングでゴール前に入ることを狙っています。

金森も比較的高い位置にいます。

この結果、中盤との間に「溝」ができます。

この溝を埋めるために鈴木惇は前に出ようとしている様に見えるのですが、DF がボールを出しきれないパターンも多い。

その結果、DF はクリアする。もしくはワントップないし、裏を狙った城後やウィングバックにロングボールを出す結果に。

もちろん、そんなボールが毎回通るわけもなく。相手にボールをプレゼント。

というのが アビスパの悪循環のような気がします。

この日、偶然なのか指示なのか。この溝を時折埋めていたのはウェリントン。

ただ、局面を見て下がってきたというよりは、ボールを触りたがる選手のようで、タイミングを見ては中盤まで下がってきますね。

ただ、この役割をこなすのは城後なんじゃないかなと・・・。

井原監督としては、それもある程度織り込み済みのことかも知れませんが、組織的な役割というよりは、個人のプレースタイルのような雰囲気。

この辺の修正は後半から何か指示があるかなとは思っていんですが・・・。

後半も大分の高い位置からのプレスもあったかも知れませんが、アビスパの 3 バック にボールが入ってもウィングバックもボランチも相手の後で待つばかり。

後半も結局プレスを嫌がる形でクリアの繰り返し・・・。

相手に押し込まれる展開が続きます。

中盤の構成が増えると、押し込める

実際、アビスパの攻撃が充実するのは、この問題が解消されたときから。

後半、城後に代わって坂田を投入し、すぐさまイ・グゥアンソンを投入して亀川を左サイドにしてから攻撃がようやく繋がり出します。

坂田は横浜 F マリノス時代の印象が強いだけに、いまだに信じられないのですが。

坂田といえば、飛び出し。

なのですが、今は中盤のパスまわしにも顔を出します。

亀川は、ちゃんと DF からのパスを引き出して、自分も飛び出せます。

ウェリントンも下がってきます。

坂田や、ウェリントンが下がれば、金森がしっかり上がれます。

前線が動けば、中村北斗が上がるスペースができます。

その結果。

wellington-goal

ウェリントンがのアビスパ福岡での初ゴールで同点。

ここからようやくアビスパの攻撃が形になり始めます。

遅い。遅すぎる。

ただ、このボトルネックは、左に亀川を置かなかったこともありますが、中盤として機能しない城後だと思うんですよね・・・。

坂田くらい中盤の構成に顔を出してくれると全然違うと思うんですが・・・。

セカンドトップで、金森と城後はバランス悪い気がします。

金森も中盤下がり気味でボールをもらうということは、ときどきするのですが。

城後がそういったプレーに絡むのは、相手の CK 対応の守備から前線に戻るときにたまたまボールが来た。

と言う状況でしか見たことがないような・・・。

基本、常に裏へ裏へ抜けようとしているだけなきがするんですが。

井原監督は、どういった役割を城後に求めているのでしょうか。

個人的には城後のポジションに、中盤でのプレーが出来る中原秀人とか面白いと思ってるんですが・・・。

素人考えすぎますかね・・・。

状況把握や、パスのセンスを見る限り十分行けそうな気もするんですけどね。

ちょっと軽量級なところは気になりますが。

気になった井原監督の立ち位置

この試合で気になったのは、井原監督の立ち位置。

これまでずっと、ピッチサイドで声をかけていた井原監督ですが。

この日はほとんど、ベンチの中でホワイトボードを手にずっと何やら思案。

以前は細かな指示を出していたんですが、この日は静観していたと言っても良いかと。

ウェリントンのゴールの時もホワイトボードを見ているだけでした。

これまでもゴールでリアクションするタイプの監督ではなかったですが・・・。

ちょっと、これまでとは違った感じだったので、何か思うところがあるんだろうかと勘ぐってしまいます。

そういった意味では、徐々にチームもシーズン当初は違う局面に来ていると考えても良いのかも知れません。

まさか、暑いから。

とかではないはず・・・。

いよいよ正念場、上位陣との連戦

次節はいつのまにやら勝ち点で並んだ、金沢との対戦です。

そしてその次は、ホームでジュビロ磐田戦。

特に金沢戦は敗戦してしまうと、いよいよ昇格圏争いからも置いていかれる状況になりかねません。

濱田は金沢戦を目処に復帰を考えているようですが・・・。

これまでも山場はあったアビスパですが、ここ最近は「ここで勝てれば」という戦いを逃しています。

正直、まだ 6 位にいるんだ。

という感じです。

冷静に考えて、J1 に上がれるチームかと言われると、答えは「No」です。

いろんな面で、足らないモノだらけです。

ただ、それでも「J1 行けるチャンスあるなら、行ってくれ!」

というのがファン心理というもので・・・。

金沢戦、ジュビロ戦。夏の厳しい時期での試合ですが。

ゴールデンウィークの再現となることを願っています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク