アビスパ福岡に新しい力を。若手、新戦力だけじゃなくこれまでアビスパを支えてきた選手にこそ後半戦のブレークスルーを期待

スポンサーリンク

今季アビスパ福岡は DF の整備が上位進出の要因といえど

今季何とか昇格圏争いを演じるアビスパ福岡。

その要因は、昨年と比べ、守備の再整備ができたことだと思います。

しかし、徐々に攻撃へ意識を向ける中で、攻撃のリズムがなかなか作れないことも多々あるように感じています。

これは「守備を意識しすぎて、攻撃に移れない」。

というわけでもなさそうです。

攻撃のことを考えられるようになったのは、守備が整備されたから。

しかし、攻撃がうまく行かないのは、守備がうまく行かないから。

という禅問答のようなジレンマを抱えているように見えます。

どこか停滞感を感じてしまうアビスパ福岡の第26節 V・ファーレン長崎戦を振り返ってみます。

DF 陣はいまだ緊急事態

濱田とイ・グゥアンソンが引き続き欠場。

怪我の具合が心配ではありますが・・・。

濱田はスカパーのカメラに試合観戦中スマホを触っているところを抜かれてましたが、別の意味で大丈夫でしょうか・・・。

中村北斗もホームなので出場するかなと思ったんですが、ベンチスタート。

三島の方が現状は良いということなんでしょう。

中村北斗は体調面が良くないのかもしれません。

しかし、この試合ようやく左のウィングバックへ亀川を置くことが出来ました。

非常に器用な選手ですが、ストッパーはちょっと荷が重いかも。

左から、堤、古賀、田村

で 3 バックを形成したものの。

大宮戦を見る限り、古賀では不安いっぱい。

しかし、センターバックの控えは「なし」・・・。

この試合、後半40分から古賀に変えて阿部を投入。

亀川を再び 3バックに組み込むというなんとも苦しい対応。

DF 陣に不安の残るアビスパ福岡。

2015-sec26-avispa-form

ただ、前節で田村がいけることがわかったのは収穫でした。

この日もしっかり守備をこなしていました。

勝手ながら、個人的な序列はすでにイ・グゥアンソンより上です。

三島、古賀への不安

この試合久しぶりにアビスパ福岡が立ち上がりから「押し込まれずに」試合を展開。

相手チームとの力量もあるんでしょうが、ロングボールを選択しなくてもなんとか前を向けるようになりました。

このへんはボランチ経験のある田村の安定感も貢献していたように思います。

イ・グゥアンソンであれば、おそらく力いっぱいタッチラインの外に蹴り飛ばすだろうなー。

というボールを周囲を見て、クリアせず、パスを選択できます。

ただ、怖いのが三島と古賀。

良い感じで試合には入れたのですが、その中で信じられないミスをこの2人が犯します。

まず三島。

相手のパスミスをカットしたまでは良いのですが。

スライディングかわした相手にボールとられるんかい!と。

mishima-loose_optimized

もちろん、この位置、この体勢で取られたら即ピンチです。

幸い失点にはつながりませんでした。

この他、右の高い位置で攻めているのに三島のパスミスからロストなんてのも・・・。

三島はやっちゃいけないところで、やっちゃいけないミスを軽率に犯す事が多いんですよね・・・。

さらに古賀は DF からビルドアップのパスを相手に。

koga-loose_optimized

ほぼノープレッシャーでそれはないでしょう・・・。

せっかく、良いリズムを掴みかけていただけにみすみす、相手にボールを渡すどころか、チャンスまで与てます・・・。

ベテランなんだから、もうちょっとしっかりしてほしいところですが。

あと、長崎の新生、上形への対応。

ロングボールが DF ラインの裏に入って、よーいドン。

古賀がポジション的には、有利だったんですが危うく抜けられるとこでした。

下手な対応していれば、PK も・・・。

古賀のスピード不足は以前から指摘されていますが相手チームから見れば、狙い所ですよね。

koga-loose_optimized

昨シーズン、DF の裏へのボールの処理を失敗して、相手を掴んで押し倒して、退場してしまうシーンが思い起こされますが・・・。

【第17節】アビスパ福岡 vs ジェフユナイテッド市原 試合結果と分析
前試合で安定していた3バックへ さて、まだまだ城後や坂田といった主力組が帰ってこないアビスパ福岡ですが・・・。 前節安定感を見せた3...

裏への抜け出しは怖いですね・・・。

前半長崎を押し込めるチャンスは多くあっただけに。

DF でリズム作りきれませんでした。悔やまれます。

三島にしても、古賀にしても昇格圏争いをしているチームとしては、緊張感の無いミス。

ここは、チーム内でも厳しく見てほしいなと思います。

左サイド亀川はやはり魅力

ようやく左サイドで機能し始めたと思った矢先、今度は 3 バックでストッパーをやることになった亀川。

この日は、また左サイド。試合終盤は再び 3 バックへ。

とはいえようやく、「本職」への復帰ですが、やはり魅力ですね。

左サイドアタックが活性化しました。

カウンターアタックの時の飛び出しはやはりピカイチですね。

kamekawa-atack_optimized

アビスパの攻撃も左からチャンスが多かったです。

sakai-shoot_optimized

このシーン、酒井はフェイント入れたら完全にフリーだったと思うんですが・・・。

強引に打つ以外の選択肢覚えてほしい・・・かも。

攻撃面は悪くなかっただけに・・・

これまでのアビスパ福岡の「引き分け」パターンは

  1. 勝ちながら追いつかれる
  2. 攻撃が形をなさず守備一辺倒

まあ、一概にはいえませんが、大きく分けてこの 2 パターン。

よくよく考えてみると、「攻撃が立てば守備が立たず」。

守備が立てば攻撃が立たず」。

ということの繰り返しとも言えそうです。

相手のあることなので、対応の仕方にもよるのかもしれませんが・・・。

今、アビスパに感じてしまう停滞感のようなものの原因はこのへんにあるかもしれません。

この試合はどちらかというと、「攻撃面」の方が立っていたような気がします。

ただ、ゴールまでいけませんでした。

ゴールといえば、期待されるのはウェリントン

現状、後半途中から出場のウェイリントン。

ゴールを期待されての登場ですが、どちらかというと「後半苦しい時の頼もしいターゲットマン」という役割が結果的に大きいようです。

ウェリントンは独力でゴールをこじ開けるタイプの選手ではありません。

昨年の湘南での20ゴールはキャリアの中でも異様に高い数値です。

ウェリントンが加入してアビスパ福岡は守備が強くなる?
ウェリントンがアビスパ福岡に合流 6 月 9 日に来日するという元湘南のウェリントン。 昨年の湘南で20ゴールを上げて、J2 得...

「チームへの適応」がカギとなる選手だと思います。

そういった意味ではまだ途中出場が 2 回ですが、徐々に良い形というのはできている気がします。

avispa-cobination_optimized

ウェリントンへの縦パス一本を鈴木惇に落とすシーン。

このあと、なぜかゴール中央にいた亀川とワンツーでチャンスに。

相手が密集したエリアでのプレーも精度高いですね。

それから、裏への飛び出し。

wellington-freerun_optimized

今日の対戦相手の長崎に所属する韓国代表のイ・ヨンジェもワントップを張るタイプの FW ですが、こうしたサイドへ流れてボールを引き出すの上手いんですよね。

中原貴、酒井のワントップで少ないのはこのプレー。

どうしても、ボールが入るのを待っているので苦しくなることが多いんですが。

こういうプレーを見ると、「ああ。ワントップ張れる選手なんだな」と感じます。

後半苦しい時間帯ではあったんですが、この動きに シャドーの金森、城後が遅れているのがもったいない。

今後、先発出場するようになると、こうしたプレーが増えてくると思います。

そうなってくると攻撃面でもっと良いシーンを作ってくれそうです。

城後、J 通算 300 試合出場達成

最後になりましたが、この試合で城後が J 通算 300試合出場達成です。

おめでとうございます。

なのですが、今日も確かに頑張っているんですが、「ベストの選手」ではなく、「ベターな選手」止まり。

前節でも感じたのですが、城後が出場する理由が薄くなっていないかなと。

もちろん、頑張っていると思いますし、献身的な守備もわかります。

ただ、それは城後でなければダメなの?

というのは疑問をどうしても感じざる得ない。

試合中消えることも多いですし。

ウェリントンを先発ワントップで使うなら、城後の位置に酒井。

というのもありなんじゃなかろうかと・・・。

素人の見た目ではわからない貢献とかあるのかもしれませんが。

本人も一番感じているとは思うのですが、前線にいる以上「結果」を問われるのではないでしょうか。

キャプテン末吉もあり?

城後が坂田と途中交代したとき、だれにキャプテンマークを渡すのかな?

と、思っていたんですが・・・。

末吉に渡していました。

個人的には、今後は城後でなく、末吉もありなんじゃないかなと。

こればかりは完全に想像なのですが、城後のキャラクターがキャプテン向きに思えないんですよね。

本人も責任感から受けているのだと思うんですが。

負担になっているとは感じないんですが、適材適所ってありますよね。

タイプ的にも「自分のプレー」だけに集中させてあげた方が良い気もするのですが・・・。

リーグも折り返し地点を過ぎました

現在かろうじて昇格圏争いを演じているアビスパ福岡。

しかし、上位に食い込むにはどこか、突き抜けきらないアビスパ福岡。

なにか「ブレークスルー」が必要な気がします。

個人的には、城後のブレークスルーに期待したいです。

決してもう若い選手じゃないんですが。

ベテランとして成熟する中でもう1つ選手として上に行けると思っています。

もしくは、城後を控えへ押しやる新たな存在がいても良いと思います。

話が飛躍しますが、U-18 の代表を怪我で離脱してしまった、邦本とか。

怪我の具合が心配ですが、城後のポジション奪うくらいで挑んで欲しいところです・・・。

もうちょっと現実味のありそうなところで言うと、中原秀人も面白いんじゃないかと。

今のアビスパは明らかに今季新加入の選手が引っ張っています。

しかし、これからのブレークスルーは今までのメンバーから起こしてほしいです。

それがあってこその「チームの活性化」だと思います。

夏の連戦も一段落。

とはいえ、環境的には厳しいとは思いますが。あとは DF 陣の 1 日でも早い復帰を願うばかりです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク