PKの判定は厳しいが。それもアビスパ福岡自身が招いた結末か?第21節東京ヴェルディ戦

スポンサーリンク

最近のアビスパ、いまいちツキがないというか

まさかの終了間際、PK で追いつかれて引き分け。

PK の判定も微妙だよなー。

というものの。

PK という可能性を作ってしまったアビスパの「試合運び」に問題があったんではないかと。

良くない流れを自分たちで呼び込んでないか?

と、感じてしまった第 21 節東京ヴェルディ戦を振り返ってみます。

代表戦で活躍した金森、亀川。

亀川は、先制点をアシスト。

金森は、「アビスパでも見せてくれよ!」

と言いたくなるような、豪快なミドルで決めるなど、アビスパ福岡の 2 人が目立った試合ですが・・・。

中 2 日でヴェルディ戦。

アウェーということもあって出場しないかもと思ったんですが二人共途中出場。

2015-sec21-avispa-form

この日は、末吉もスタメンから外れています。

こちらは、アウェー戦が続いているので、ターンオーバー的な意味合いもあるでしょうか。

徳島戦から勝てていないアビスパ福岡。

アビスパでも核となる選手がスタメンに不在。

ビルドアップに不安があるなと思っていたんですが。

その不安が的中。

攻めの形が作れないアビスパ福岡

序盤はボールを保持して、サイドチェンジからクロス。

という形が作れていたアビスパ。

お、意外にいけるじゃん。

と、最初は不安な予想を覆していたんですが。

ただ、徐々にロングパス一辺倒に・・・。

DF、ボランチが自陣でボールを拾ってもロングパスしか選択肢がない。

金森、亀川が居てもその傾向はあるんですが・・・。

攻め込まれると、坂田と城後が積極的に守備に参加するため完全に中原貴が孤立。

ここにロングボールを入れても、なかなかマイボールになりません。

攻めになっても、城後、坂田がすぐに相手の最終ラインに入り込もうとするので、選択肢が少ない感じ。

酒井の先発のほうがバランスが良かったんでは?

と思わなくもない展開。

徐々にヴェルディにボールを持たれる時間が長くなります。

悪い予感が徐々に現実に。

先制点はビルドアップから

攻撃面に活路がみえないなーと思っていても、ゴールが生まれるのがサッカーの魅力でもあるんですが。

前半の終了間際、アビスパが鈴木惇のゴールで先制。

shoot-suzukijun

鈴木惇にとしては、珍しく右足で狙ったシュートは相手にあたってコースが変わりました。

攻撃で良い形がつくれていなかったアビスパでしたが、先制ゴール。

サッカーはよく、こういった押されているチームがあっさりゴールということがあります。

しかし、「不思議のゴール」。

とも言えないプレーが、ゴールのちょっと前にありました。

城後が低い位置でボール交換

ロングボールに「逃げる」傾向のあるアビスパの攻撃。

攻撃のタイミングになると、城後は相手の最終ラインに入りたがるのですが、このタイミングでは低い位置でボールをコントロール。

jogo-pass

こぼれ球を拾いに来た結果、この位置でボールを持った形ですが。

城後がこの位置で持てたことで、三島、中原秀、鈴木惇が楽に前に進めた様に思います。

その結果、三島が一度サイドでボールを持つ。

中原秀がボールを受けてフリーでクロス。

こぼれたところに高い位置をとれた鈴木惇がシュート。

と、後ろ側の選手が攻撃にからみました。

その間、城後はゴール前まで走って、DF を引き連れていました。

これも、ゴール前でこぼれ球を拾えた一因に思えます。

この中盤からのビルドアップをちゃんと出来た結果、ゴールにつながったんではないかなと。

どうしてもビルドアップが「雑」になりがちのアビスパ。

城後がこういった下がったプレーを意識的にできると、アビスパの攻撃の質は変わると思うんですが・・・。

後半の入り方も良かった

後半入ってすぐ、城後ではなくビルドアップに関わったのは、坂田。

前半は中盤でボールにからむシーンは多くなかったんですが、拾ったボールを坂田に入れることでビルドアップができていました。

ハーフタイムにおそらく役割をもう一度整理されたんではないかと。

その結果、鈴木惇の城後への長い縦パスがあったり、三島へのサイドチェンジが復活したりと、攻撃が活性化。

これは、後半期待できるのでは?と思ったんですが。

城後に変わって金森が出場したものの。

結果的にじょじょに良い形は消えていくことに。

この辺が、もっと試合を通じて継続できると良いのですが・・・。

攻撃は最大の防御

個人的に、ポゼッションサッカーは好きではありません。

どちらかというと、モウリーニョや、クロップ、シメオネのようなカウンター主体のサッカーが好きです。

とはいえ、カウンターサッカーだからといって、ビルドアップできないチームは、かなり問題ありです。

ポゼッションサッカーやれよ!

とは思いませんが、少なくとも必要最小限のビルドアップは必要だろうと。

ちゃんとしたビルドアップができれば、みすみす相手にボールを渡すようなロングボールの回数は減るはずです。

よく「ボール支配率」という指標で試合の流れを捉えることがあります。

しかし、個人的にはボールを支配することより、「ボールを相手に渡した回数」というのが重要な気がしています。

仮に渡しても「悪い形で相手にボールを渡さない」というのが大事なんじゃないかと。

逆に言うと、いかに相手から「良い形でボールを奪うか」が今のサッカーでは重要なんではないかと。

時間が経過したり、相手に押し込まれると単純な選択肢へ

前半も、後半も試合に入ったばかりの時は、「狙ったプレー」ができているアビスパ福岡。

しかし、時間が経過したり、相手に押し込まれると、徐々に「狙い」を忘れて安易なプレー選択肢しがちに思えます。

その結果、相手に簡単にボールを渡しているんじゃないかと。

あえて言えば、「悪い形で相手にボールを渡している」のではないかと。

この日も最後 PK を与えて同点となりますが、後半の時間の使い方は疑問が残りました。

相手にボールを預けすぎた終了間際

1点ビハインドで相手が前がかりになって居る状況で縦パス一本。

というのはわかるんですが。

どうして時間をつかわなかったのか。

ビルドアップできそうな場面でも、確率の低いロングボールを選択したり。

その中でも疑問だったのは酒井のプレー。

確かに、スペースに抜け出しているんですが・・・。

sakai-loose

抜けた瞬間キープするかなと思ったんですが。

勝負に行くとこだったのでしょうか。味方も守備的になっていて、前線に居たのは酒井だけ。

sakai-zatsu

シュートで終わっていればまだ良かったのかもしれませんが、勝負に行った上に雑なパスでロスト。

こういったところが、最終的に PK という事態を招いていないかなーと。

サッカーは運に左右されることがしばしば

この日のアビスパの先制点も、相手に当たってゴールとなりました。

これも、ある意味「運」でしょう。

ただ、シュートを打ったり、相手陣地に攻め込んだりしなければ訪れない「幸運」です。

逆に相手にとっては不運ですが、この不運を意図的に避けることは出来ないかもしれません。

しかし、相手陣地に1回でも多く攻め込んだり、シュートをうつことで、運に左右される場面を自分たちに有利にする努力はできると思います。

女子サッカーのイングランド戦も

最近では、日本女子のW杯決勝進出を決めたイングランド戦でのオウンゴールが話題ですが。

これも「運」が大きく関わった結果だったと思います。

しかし、日本が最後まで攻めきったからこそ起きた幸運でもあります。

アビスパはヴェルディ戦の終盤、守り一辺倒でしたが最善の努力はできていたでしょうか。

攻めてくる相手に受け身になっていただけではなかったでしょうか。

最善の策を尽くすなら、「時間を稼ぐ」という手段があったはずです。

しかし、時間を使ったシーンは殆どなかったです。

同点になった PK も自陣でプレーせず、可能な限り相手陣地でプレーする努力をしていれば。

こういった結果を招かなかったかもしれません。

逆に攻め続けた、ヴェルディに幸運が転がり込んだとも言えるかもしれません。

本当に勝ちにこだわれている?

リーグ戦も中盤戦を迎えていますが、疲れがでている面もあるかもしれません。

ちょっと相手の流れに合わせ過ぎているような場面もしばしば。

この数試合、特にビルドアップの課題が解決できないアビスパ。

ウェリントンが起爆剤になってくれればよいですが・・・。

ただ、このビルドアップは全く出来ない。

というなら、技術、戦術の問題でしょう。

ただ、試合時間や展開で消えていくところを見ると、意識の問題も大きいのかと。

城後のキャプテンシーに期待したいところですが・・・。

メンタル面の弱さはプシュニク時代も指摘されていましたが。

メンタル面の改善を見たいところです。

開幕前に井原監督は「勝ちぐせをつけよう」と言っていました。

それはこうした「メンタル面」を説いているんだと思うんですが・・・。

次節、ホームでギラヴァンツ北九州を迎えます。

バトルオブ九州となりますが、そろそろ勝ちきりたいですねー。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ミル より:

    終了直前で勝ち点2を落としてほんともったいなかったです
    酒井のプレーはアディショナルタイムに入る時間ということで勝つためによく考えてプレーして欲しかった
    前に大きなスペースがあったからコーナー付近まで持っていって時間を絶対に稼ぐべきでした
    なかなか勝てなくなってきている現在、勝つためにはそういう細かい所が大切ですね

    • ざかしんく より:

      ミルさん

      コメントありがとうございます。
      酒井は以前の試合で、率先してキープしていたので余計残念というか・・・。
      選手にも勝てていない焦りがあるのかもですね。
      7月8日(水)のホームでギラヴァンツ戦、勝ちを期待したいですねー。