落ち込む暇はない!アビスパ福岡が進んできた道は決して間違いじゃない!讃岐戦レビュー

スポンサーリンク

無敗記録は11戦でストップ

12戦無敗に挑んだホームカマタマーレ讃岐戦。

決して力で劣る相手ではないので、12戦無敗を期待した方も多かったんじゃないでしょうか。

さらに上位陣の結果次第では「勝てば首位」という状況ですから。

私も期待していました。

しかし、1 – 3 の敗戦。

これまで相手攻撃陣を抑えてきた守備陣が 3 失点。

そこにはこれまでのアビスパ福岡と何か違いがあったのか。

第15節を振り返ってみます。

実は、この試合観戦に行きました

12 戦無敗を見届けようと、レベルファイブスタジアムへ観戦に行ったんですが・・・。

結果は敗戦。

それだけに、ショックも大。

この日の対戦相手は「カマタマーレ讃岐」。

実は、讃岐はアビスパ福岡に一度も負けたことがないチームなんですね・・・。

今思うと、不気味な相手だったわけです。

ただ、もうひとつ理由を挙げると、昨年香川へ旅行に行った際に「讃岐ー湘南戦」を観戦。

昨年は降格争いをしていたカマタマーレ讃岐ですが、良いチームだなと感じていました。

なので、また見たかったんですよね。

【岡山・香川へ行ってきました】J2 第31節 カマタマーレ讃岐 対 湘南ベルマーレ戦を観戦しました!
香川県に来たので・・・ 基本はうどんを食べようとやって来た香川県ですが。 せっかくなら、なかなか行くこともができないところへ行こ...

ちなみにこの日、讃岐うどんの出張出店がレベルファイブスタジアムにやってきていました。

福岡ではなかなか食べられなこともあってか、長蛇の列が・・・。

sanuki-udon

うどん屋さんのお姉さん曰く、車で7時間かけてきたそうです。

こちらがその車。

丸亀市の観光大使の中野美奈子さんの顔写真がインパクトあります・・・。

marukame-nakano

この日の正式な入場者数がわからないのですが、かなりお客さん入ったんじゃないでしょうか。

ゲストの NMB48 効果じゃないよな・・・。

プレス関係者の方も多かったです。

press

FBS福岡放送の方には今のアビスパ福岡の MVP をアンケートされました。

ちなみに、「亀川選手」を上げさせていただきました。

地元の注目度も高かっただけに。勝っておきたかったですが・・・。

アビスパ福岡フォーメーション

2015-sec15-avispa-form

もう「いつものメンバー」と表現してもよいと思います。

気になるのは、未だに中村航輔が怪我でベンチ外ということ。

ジュビロ磐田戦のあと、ずっと外れています。

手首の捻挫で大事を取ってとのことでしたが、重症だったんでしょうか・・・。

カマタマーレ讃岐フォーメーション

2015-sec-15-kamatamare

昨年から J2 参戦の讃岐ですが、そんなにメンバーは変わっていないようです。

昨年最後に対戦したフォーメーションはこちら。

sec-36-kamatamare-form

10番の高木は出場停止。

先発ではありませんが、讃岐の11番、高橋 秦はもとアビスパ福岡ですね。

怖いのは、20番 アンドレア。

スピードがあるので、あまりスピードのないアビスパ福岡 DF 陣としては、しっかり先手を打って潰したい相手です。

会場だから判る違和感?

試合が始まってすぐ、会場で見ている限り結構違和感を感じたプレー。

フリースローからアンドレアに入ったシーン。

中村北斗がチェックに行きます。

ボールを取りに行ったのかわかりませんが、簡単にアンドレアに前を向かせてしまいます。

hokuto-diffence

さらにそのあと。

クロスボールに神山がパンチング。

kamiyama-miss

走りこんできた相手選手が気になったのかもしれません。

しかし、非常に中途半端な対応に見えました。

さらに、そのあと。

kamiyama-hi-boal_optimized

ファールで事なきを得ましたが、これも神山の対応が遅かったような気がします。

飛び出すときに躊躇するというか、いまいち判断が良くないというか・・・。

正直、この時から嫌な予感はありました。

アビスパ福岡の苦手な展開?

怖かったアンドレアにボールが入ると、厳しくチェックするアビスパ守備陣。

andorea-stop_optimized

とにかくアンドレアにボールが入ると厳しかったです。

しかし、このアンドレアに仕事をさせなかったおかげか。

アビスパはボール支配率で完全に讃岐を上回ります。

讃岐も守備が自慢なだけに、なかなか前線からチェックしてきません。

「まずは守備から」

というアビスパにとっては、相手が引いて守ってくるといまいち攻め切れないことが多いです。

前節のファジアーノ岡山や、栃木SC 戦とかですね。

どちらかというと、ジュビロやセレッソのように攻めこんでくれる方が相性が良いと思います。

アビスパ福岡の前半唯一のチャンス

nakahara-shoot_optimized

堤からのクロスに中原貴が合わせたんですが。

惜しくもクロスバー直撃。

これが入っていれば、全く違った展開だったとは思いますが・・・。

後半の 3 失点をどう見るか

相手の攻撃をしっかりブロックした前半戦。

しかし、アビスパは後半だけで3失点してしまいます。

まず最初の失点。

クロスでのポジション争いで亀川が負けちゃいました・・・。

numata-goal

讃岐の 4 番沼田にやられました。

ここは経験の差でしょうか・・・。

亀川はもっと競れたと思います。

海外からキャリアをスタートさせ、ガンバ大阪から期限付き移籍できた沼田。

完璧に亀川を押し込んでいました。

ここは、亀川自身の勉強になったんじゃないかと思います。

さらに。

numata-goal

堤にあたってコースが変わりましたかね・・・。

沼田の 2 点目。

サッカーに限らずこういったことはスポーツ全般で、こういう事があります。

アビスパはこういった形で、大分戦は点を取りました。

今日はこの恩恵をアビスパが受けることは出来ませんでした。

ただ、こうした幸運は「50:50」では訪れないと思います。

少しでもその確率を自分の方に引き寄せるためには、試合までの準備や、試合に入る意気込み等ほんのちょっとの差だと思います。

どこかスキがあったり、浮き足立ったりしてしまったところがないかはもう一度考えてもよい気がします。

点を取りにいく姿勢はあった

1 失点目からアビスパはだいぶ前がかりになっていました。

後半、攻撃に突破口が見えないとみるや、前半 15 分で中村北斗を阿部に。

さらに金森を酒井に交代。

2 失点目からはイ・グゥアンソンを前線へ。

さらに森村を投入。

選手をリフレッシュし、前線を厚くしてきました。

とにかく「勝つ」というスピリッツは強く感じました。

その結果、鈴木惇のゴール。

suzuki-goal

2 失点した時点で、個人的には「負けていいから、無得点はダメだ」と思っていました。

1 点取れれば、次につながると思っていました。

なぜなら、この日は戦う姿勢も十分でした。

これまでやってきたことも間違いじゃないはずです。

ただ、この試合はちょっと運がありませんでした。

そして、経験が足りませんでした。

ただ、自信を失う試合では決して無い。

そう思うためには、1 点あれば十分なはずと。

ちゃんと押し込めば、得点が取れるんです。

アビスパ福岡の 3 失点目

時間稼ぎに来た相手にボールを取りに行った結果、やられました。

kamiyama-loose_optimized

同点を狙った上での失点です。攻めに行った上での結果です。

悔やむことはないと思います。

相手のシュートが上手かった。

とも言えるかもしれません。

ただ、このシーンはシュートする選手のほぼ真横から見ていましたが、ボールが相手に入ったとき、神山のポジションがニアに寄り過ぎじゃ?

と、思いました。

かなり、ファーサイド側に大きくゴールが見えていました。

あ。と、思ったら案の定そこに決められました。

シュートはそんなにスピードもないし、サイドネットギリギリというわけでもないです。

止められたかわかりませんが・・・。

神山のスキが目立つ気が・・・。

最近、それも特に中村航輔のプレーを見た以後、神山のプレーに疑問を持ち始めてしまいっています・・・。

もちろん、セーブ能力の高さは素晴らしいとは思うんですが・・・。

今この1試合、1試合だけがあるだけだ

11戦無敗記録は止まってしまいました。

しかし、首位の大宮アルディージャまで勝点差は 4。

2 位のツェーゲンまでは 2 です。

まだまだこれからです。

これまた井原監督が理想とする、アトレティコ・マドリーの指揮官 ディエゴ・シメオネの言葉ですが。

今この 1 試合、1試合があるだけだ

シメオネが事あるごとに繰り返す言葉ですが、これはとにかく今目の前にある仕事をしっかりこなすべきだという意味で使われます。

そして、これは選手や監督だけがそう考えるのではなく、会長や、チームの用具係など関係するひとすべてが同じ思いであることが大切だと著書の中で話しています。

J1 昇格という目標はありますが、とにかくそこへ到達するためには「目の前の試合」に全力を尽くすしかありません。

もう次が始まっています。

首位、大宮アルディージャとのアウェー戦。

これまで続けてきたことができれば、負ける相手ではありません。

ジュビロにも、セレッソにも勝てたんですから。

まして、失うものなど何もないチャレンジャーなんですから。アビスパ福岡は。

自信持って行きましょう!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. たけ より:

    昨日の試合神山が不安定だったんですね
    3失点もして少し自信も無くしているだろうし
    アウェー磐田戦で素晴らしい活躍をした航輔選手に
    アウェー大宮戦でスタメンで戻って来て欲しい所ですね

    • ざかしんく より:

      たけさん

      コメントありがとうございます。はい、神山が不安定に思えました。

      これまで、幾度となくアビスパのピンチを救ってくれた神山だけに疑いたくはないのですが、今シーズンはちょっと精彩を欠いているように見えるんですよね・・・。