【アビスパ福岡 J1 昇格!!】一本のカウンターに賭けた亀川、北斗のスプリントが生んだ終了間際の同点劇。

スポンサーリンク

諦めることができない。それが今のアビスパ福岡

昨シーズンの終わり、正直このチームはどうなるのだろうと思いました。

2014年のシーズン最終戦、バトルオブ九州であるロアッソ熊本戦。

すでに昇格プレーオフ圏への進出の可能性もなくなった試合。

消化試合と言ってしまえば、それまでですが・・・。

しかし、開幕戦で敗戦した相手。

2度は負けないという意地を見せてくれるんじゃないか。

バトル・オブ・九州。同じ九州勢の試合。それも隣県。

絶対負けないという闘志で来季につながる試合を見せてくれるんじゃないか。

負ければ、九州勢では「最下位」となってしまう試合。

選手は意地を見せてくれるんじゃないか・・・。

そう期待したサポーターの方は多かったはず。

しかし、あっさり敗戦。

DF の組織はめちゃくちゃ。

攻撃も形にならない。

そんな姿に、本当に残留争いが来季は待っているんじゃないか・・・。

そう予感しました。

井原監督も初めての監督というキャリアを本当にこのチームで始めて良いのか?

柏レイソルで培った経歴を一瞬にして無かったことにしてしまいますよ!?

そう思ってしまうくらい「ドン底」のチーム状態。

【最終節】アビスパ福岡 vs ロアッソ熊本 アビスパの衰退を見た最終戦。JFLへ行くことを提案するレベル。
さよなら マリアン さて、最終節。 ついにマリアン最後の試合がやって来ました。 とりあえず、2年間お疲れ様でした。 ...

およそ一年前、我ながらボロクソに書いてますね。

ただ、本当にひどかったと思います。

そして、選手から危機感が全く伝わってこない・・・。

そのことに絶望しました。

以前のアビスパ福岡だったら・・・

以前のままのアビスパだったら・・・。

もちろん、このプレーオフ決勝の舞台にいなかった可能性がかなり高いんですが・・・。

あの頃のチーム状況なら、先制点を奪われた時点で諦めていたかもしれません。

いや、確実に私はスクリーンの電源をオフにしたでしょう。

なぜヤンマースタジアム長居なのか

プレーオフ決勝戦はまさかの「ヤンマースタジアム長居」での開催となりました。

「アビスパ福岡が昇格したから良かった」で終わらせてはいけない理由。プレーオフ決勝「ヤンマースタジアム長居」開催問題。
本来なら、アビスパ福岡の試合後は試合の振りかえり記事書くのですが・・・。 その記事を書いてる途中で、「ヤンマースタジアム長居」での開催...
※この問題に関して詳しくはこちらに書いています。

非常にモヤモヤした状況で、スカパーの放送を待ちました。

放送は 15:00 からスタート。

間違いないなく、大勢のセレッソサポーターが集結しているはず。

と、案の定ピンクの大観衆が・・・。

cerezo-suporter

しかし、アビスパも負けない多くのサポーターが集結・・・。

avispa-supporter

事前に西鉄の応援ツアーが満席とは伝え聞いていたので少ないなんてことはないだろうと思っていました。

現地まで観戦に行った方お疲れ様でした。

TV 観戦組としては非常に心強かったです。

しかし、スカパー解説陣を見て倒れそうになってしまいました。

川勝良一さんにジュビロ磐田名波監督。

川勝さんは、2006年降格時の監督。

名波監督は言わずとも知れた最終戦まで自動昇格を争ったジュビロ磐田の監督ですね・・・。

なんでしょう、どこかアビスパファンとしてはテンション上がらない人選・・・。

V・ファーレン長崎のプレーオフでは、水沼貴史さんが解説で来ていましたが・・・。

井原監督の日産〜マリノス時代のチームメイトですから、全く縁のない方でもないんですが。

水沼さんが悪いわけじゃ決してないんですけど・・・。

正直、普段明らかにアビスパ福岡を見ていない人を解説に呼ぶのはやめてくれ・・・。と、思いました。

中払さんをピッチレポーターにせず、解説でよかったじゃないかと。

水沼さんの「〜だと思うんですよねー」。と、暗に普段見てないから推測なんですけどー。という解説はちょっと寂しかったです。

せっかく、多くの人が注目してくれる試合。

それもアビスパ福岡がホームならいつもの中払さんに熱く解説して欲しかったなと・・・。

と、そんな感じで 2 試合連続で解説陣に拍子抜け。

スコアレスドローで後半突入ならアビスパ不利?

結果次第で、J1 へ行くか、もう一年 J2 で過ごすのか。

たった一戦で天国か地獄かが決まってしまうプレーオフ決勝。

解説からは「普段通りのプレーがカギ」というフレーズが何度も出てきました。

先にどちらが普段のペースに持ち込めるのか?

この問い対して、J リーグ経験者かつ、代表経験者の多いセレッソ大阪が優位じゃないのか?

と、見ていました。

セレッソ大阪に比べ、比較的若い選手が多いアビスパ福岡。

また、こうした大舞台を経験していない選手が多いのも事実。

事前の分析だと「勢いはアビスパにあり」という論調が多かったようですが、それなら前半戦での先制点が鍵になるかと。

後半にもつれ込むと経験豊富なセレッソ大阪が有利なのじゃないかと見ていました。

「アビスパの時間」ではない試合展開

リーグ戦でセレッソに勝利した第 35 節の試合。

この試合、アビスパ福岡はセレッソ大阪に押し込まれる展開でした。

蝶のように舞えずとも、蜂が突き刺した一撃。セレッソ大阪を下し3位浮上!貫き通したアビスパ福岡のスタイル
今シーズン初めてジュビロの後ろ姿を捉える シーズン第 3 節では最下位に沈んだアビスパ福岡。 しかし、そこから順位を上げついに今...

しかし、アビスパが守勢に回ったとしても、それは「アビスパの時間」であると感じました。

ポゼッションで負けていても、相手の攻撃を想定の中で抑えている以上、アビスパに必ず勝機が来るという予感がありました。

それだけアビスパの守備を観ている方も自信を持てました。

しかし、この日の試合は「アビスパの時間」ではない時間帯が続きました。

観ている方も、緊張感が否応なく高まる試合。

一瞬のピンチが大きく不安に見えてしまうわけですが・・・。

酒井の負傷退場

前半ターニングポイントになったのが、酒井の負傷退場。

ゴール前、相手と競った瞬間、観ている方としても「あっ!」と思いました・・・。

sakai-kega

ボールロストもちょっと多かったですが、左サイドで基点になっていた酒井。

ゴール前にも果敢に入ってセレッソの山下、茂庭といった CB と互角の競り合いが期待できただけに・・・。

攻撃の基点を失いました。

さらに前半 20 分過ぎに交代カードを切らざる得ない展開。

ここから、徐々にセレッソに押され始めたように思います。

avispa-corner_optimized

セレッソ大阪、玉田のコーナーキック。

田村がフォローしていなかったら、直接入っていたかもしれません。

さらにゴール前でパブロに仕事をさせてしまう DF 陣。

pablo-atack_optimized

さらに、玉田のコーナーキックから。

tamada-corner_optimized

こちらも一瞬入るんじゃ?というような弾道。

もう一度パブロ。

pablo-atack2_optimized

いつもなら、もうワンプレー前で対処できていた気がするんですが・・・。

フィニッシュ直前やあわやのシーンが多い・・・。

  • ヤンマースタジアム長居プレーオフ開催問題(結局アウェー)
  • アビスパに良いイメージを抱かせない解説陣
  • 酒井の負傷退場
  • 徐々に攻撃のリズムをつかみ始めたセレッソ大阪

主観的な印象もありますが、どうしても「良くない流れ」に陥っていた前半戦。

スコアレスドローで折り返したなら、「いつも通り」なら「アビスパペース」と言えたかもしれません。

しかし、この日は守備が「アビスパの時間」になっていませんでした。

そこから有効なカウンター攻撃も生まれず。

後半、できればこの流れを断ち切りたいところだったんですが・・・。

後半も前半を引きずった流れに・・・。

前半からの流れを引きずったというより、完全にセレッソがリズムを掴んだような・・・。

いよいよもって、これは厳しくないか・・・。

アビスパ福岡に良い要素が見当たらないまま、セレッソに良い形でボールが収まった瞬間。

中原秀人が守備で飛び込んでかわされた時すでに、「まずい」という予感はありました。

nakaharas-loose

堤が、ボールの受け手をチェックするためか、玉田のドリブルに対応しようとして釣りだされたところをワンツーで突破。

tsutsumi-loose

堤はまったく有効な動きはできず。

cerezo-goal_optimized

長崎戦で唯一のポイントとして挙げていただけに

シチュエーションが一緒というわけではないのですが、堤がボールを受けようとして下がった選手に付いて行って、釣りだされた形で裏のスペースをやられるというのは、V・ファーレン長崎戦でもあったんです。

【あと一勝で J1】アビスパ福岡九州ダービーを制してプレーオフ決勝へ
今シーズン 2 引き分けの V・ファーレン長崎 J1 進出をかけた大一番。 プレーオフ第一戦は「バトルオブ九州」V・ファーレン長...

「ほら、言わんこっちゃない!」

なんてことが言いたいわけじゃないんです。

あまりにも、予想していたとおり、そのギャップを付かれて失点しただけにショック倍増。

本当にこの時、心が折れそうになりました。

ああ、ダメなのか。

J1 はまだ早いのかと。

以前のアビスパ福岡なら。

そっと、スクリーンの電源をオフにしました。

あーこれは、もう無理だな。失点の仕方が悪すぎる

そうやって見切りを付けてしまったかもしれません。

そして、結果をだけをみて「ああ、やっぱりな」。

そうやって、終わったかもしれません。

しかし、今年のアビスパ福岡は「諦めきれなかった」。

ここまでこれた強さは偶然なんかではない、アビスパ福岡が自分たちの力で勝ち上がってやってきた場所です。

サッカーの神様がいるなら、こんな展開でもでっかいチャンス用意してるでしょ?

この日のアビスパを良いか悪いかで言えば、「出来は悪かった」。

そう思います。

攻撃も有効な形をほとんど作れたとは言い難いです。

アビスパのサイドアタックをセレッソが 2 人がかりで丁寧にケアし、アビスパに攻撃させませんでした。

守備も押し込まれ続けていました。守備から攻撃につなげる形も良い形が出ませんでした。

試合内容では、セレッソが勝っていたと言っても過言じゃないでしょう。

ただ、ワンチャンス。

必ず守備を意識し始めたセレッソ大阪相手に、おっきなワンチャンスが来るはず・・・。

V・ファーレン長崎戦と逆の展開が必ず来る。アビスパが押し込める時間帯が。

そのワンチャンスをものにできるかどうかの確率はそう高くはないかもしれない。

でも、そのワンチャンスを信じさせてくれるには今年のアビスパ福岡は十分すぎました。

試合前から良くない展開続きだったけど、それくらいアビスパに良いことがあってもおかしくないでしょ?

どちらかというと、疑い深くネガティブな思考に走りやすいんですけど、自然とそう思えました。

期待通りだったアビスパ福岡

後半残り15分ほどになったところで、井原監督が動きました。

中原秀人に変えて、坂田を投入。

さらに 10 分後堤を下げて、中原貴之を投入。

3 バックから 4 バックを展開。

一気に前掛かりな体制に切り替えました。

シーズン終盤間際、堤、濱田、田村の 3バックがハマっていたアビスパ福岡。

4 バックでの試合はちょっと遠ざかっていたんですが、この試合の終盤にきて 4 バックへ切り替え。

単純に、DF を FW に切り替えただけだとは思うんですが、井原監督の亀川と中村北斗への「上がれ」というメッセージだと感じました。

そして、中原貴之とウェリントンのツインタワー。

ウェリントン獲得が決まった時からどうしても点が欲しい時、この形が来るだろうと思っていました。

ウェリントンが加入してアビスパ福岡は守備が強くなる?
ウェリントンがアビスパ福岡に合流 6 月 9 日に来日するという元湘南のウェリントン。 昨年の湘南で20ゴールを上げて、J2 得...

その時がついに来ました・・・。こんな土壇場で。

必ずサイドの展開から中央の中原貴之で何か起きる!

中原貴之がピッチに入った瞬間、アビスパファン全員がそう思ったんじゃないでしょうか。

nakahara-t

【第18節】中原貴のプレーに涙が止まりません・・・。まさかの同点劇で勝点1を死守。アビスパ福岡 vs ジェフ千葉戦
負けなかったことはすごく良かった・・・ このジェフ戦からツエーゲン金沢、V・ファーレン長崎と、上位陣との連戦となるわけですが。 ...

本当に起きた土壇場の同点ゴール

残り 5 分切るな・・・。

time

そう思いながらも、何かあるという予感にゆらぎはありませんでした。

後半 42 分。

セレッソに持ち込まれる展開も・・・。

avispa-4back

中村北斗がパスを受けた瞬間に相手をチェック。

nakamura-check

ボールを奪った中村北斗からのパスを、中原貴之がヒールで坂田へ。

nakahara-pass

そして金森へ。

kanamori-drivre

金森のドリブル。

一番奥を亀川が最終ラインから疾走。

kamekawa-sprint

亀川のこの走りが今シーズンアビスパファンの希望でした。

亀川のクロスに中原貴之。

ここで勝負あったと思いました。

avispa-finish

中原貴之はあわせられなかったんですけど、その後ろにはアビスパの選手しかいませんでした。

自陣でボールを奪った中村北斗が、ここまで上がってきていました。

nakamurahokuto-goal_optimized

亀川にしても、中村北斗にしても、最終ラインからここまで駆け上がってきました。

最後は、中村北斗がズドン。

角度がない位置から、振りぬきました。

最後まで諦めずに走り続けたアビスパ福岡。

今のアビスパなら絶対やってくれる。

そう信じることができたのは、最後まで走りぬく選手を一年間観てきたからです。

金森がドリブルを仕掛けた時。必ず、亀川が来てくれる。

亀川がクロスを上げた時、必ず誰か走りこんでいるはず。

そう思っていたからこそ、決まった瞬間、喜びよりも、「ほら、やっぱり!だろ!?」という気持ちの方が大きかった。

そして試合終了。

嬉しい以上に、ホッとしました。

来年を大きな希望を持って、迎えられることに安心しました。

2位と勝点差なしの 3 位が報われたことが何より。

アビスパ福岡は、2012年に J2 降格し、J2 でも順位が低迷。

経営危機もありました。

いろんな方に支えられてきたアビスパ福岡。

ローカルクラブとして、愛されるクラブとして少しずつ成長してきたと思います。

その力が今ようやく、結果となって形になりました。

2015年の長いシーズンがようやく終わりました。

J1 昇格という最高の形で、最終戦を終えることが出来ました。

来季に向けて、クラブを去ってしまう選手もいるでしょう。

そして、新たにクラブへやってくる選手もいるでしょう。

来季どんなチームで J1 を戦うのか今から楽しみです。

昨年の今頃、来季こんな結末を迎えるとは想像すらしませんでした。

今度は、J1 で我々に驚きを与えてくれることを期待しています。

最後に

ブログを読んでくださった皆様、一年間ありがとうございました。

ツイッターでツイートしていただいたり、Facebook で「いいね!」して頂いたり。

ブログにコメントを頂いたり、中には「毎週楽しみにしています」とお声がけ頂いたり感謝しております。

また、稚拙な文章かつ、誤字脱字も多くご指摘いただいた方、本当にありがとうございました。

皆様に読んで頂けていると実感するだけでもとても嬉しい一年でした。

アビスパ福岡の来季の公式戦は、おそらく昨年も参加した New Year Cup がスタートとなりそうです。

それまでオフシーズンとなりますが、移籍情報などありましたら更新したいと思います。

正直、こんなに早く J1 で記事が書けるとは思いませんでした・・・。

来季もまたよろしくお願いいたします。

読んでくださった皆様、本当にありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. あびた より:

    一年間お疲れさまでした!
    画像も多くて毎回楽しみにしてました
    去年の最終戦は、あそこまでボロクソに書いてたのですね(^-^;
    来年もっと厳しい戦いになるでしょうが、成長に期待して応援していきましょう!

    • ざかしんく より:

      あびたさん

      コメントありがとうございます。

      毎回楽しみにして頂けると言って頂けるだけで、感無量です。
      来年は厳しい戦いになると思いますが、今のアビスパならもっともっと強くなれると思います。

      「残留」というのが大きなキーワードになると思いますが、井原アビスパならジャイアントキリングを起こしてくれると信じています。

      ジュビロだって、セレッソだって退けたんですからね。

      来年も応援して行きましょうー!

  2. 井原アビスパ最高 より:

    アビスパやってくれましたね
    アビスパ5年ぶりのJ1昇格ほんとにおめでとうございます!!!
    プレーオフ2試合もシーズン42試合の続きだという考え方で、選手は戦っていたので
    前半も無失点で終われたしいつも通りの戦い方はしていたとは思います
    まあ多少はいつもより緊張はあったでしょうが

    1点先制されましたけど、残り30分まだあったし、
    焦らずに戦い、最後まで誰1人あきらめる事無く、走り抜きましたね
    だから得点に結びついたと思います
    両SBの亀・北斗があの時間帯に良く走りしっかり上がってきましたね
    北斗の劇的なゴール、振り抜いて魂がこもった素晴らしいスーパーなシュートでした
    あの角度に突き刺したのは凄かったです

    今年のアビスパの戦い方がプレーオフ決勝でもしっかり出来たのでこういう結果になったんだと思います
    2位ジュビロと同じ勝ち点82のアビスパがJ2残留にならなくてほんと良かったです
    試合後はほっとしましたね

    そして表彰式、アビスパが表彰式で表彰される日が来るなんて感激でした
    1年前はそうなると、誰も予想できなかったでしょう
    城後キャプテンがプレーオフ優勝盾を掲げてチーム全員みんな笑顔で万歳
    ほんとこの瞬間は嬉しかったですね。アビサポを今までやっていて最高の場面だったなと思います

    アウェーでしたがこれだけお客さんも入ってアビスパがこれだけ注目された試合も相当久しぶりだったと思います
    その試合でしっかり結果を出してJ1昇格、井原アビスパならJ1でも変わらずハードワークする戦い方が出来ればJ1残留してくれるんじゃないかと期待させてくれます
    来シーズンJ1の井原アビスパの戦いを楽しみに待ちたいと思います

    ざかしんくさんも今シーズン1年間お疲れ様でした

    • ざかしんく より:

      井原アビスパ最高さん

      コメントありがとうございます。
      最終戦は、勝つことはできませんでしたが、一年間の集大成として素晴らしい試合になりましたね。
      多くの方がアビスパを祝福してくれて、本当に感激しています。
      あとは、J1 定着を目指すばかり。

      選手の去就もまだまだ判らないことも多くて来季どうなるかドキドキですが、こんな幸せな気分で来季を迎えられるのは本当に嬉しい限りです。

      J1 で活躍できるアビスパを記事にできることを期待しています!

      来年もアビスパを全力で応援しましょう!