アビスパ福岡来期 J1 での補強ポイントを勝手に考える

スポンサーリンク

J1 定着に向けて補強すべきポイントは?

めでたく J1 昇格を果たしたアビスパ福岡ですが、J1 での当面の目標は「残留」が妥当なラインでしょう。

ネルシーニョ時代のヘッドコーチだった井原監督からどうしても「レイソルの奇跡(昇格年即 J1 制覇)」を期待しちゃいますが。

まあ、さすがに前年までレイソルは J1 にいたので、アビスパとは状況全然違いますけどね。

とはいえ、J1 で毎年シーズン迎えたい。というのはサポーター共通の願い。

そこで J1 で残留するために補強すべきポイントを今シーズンを振り返って考えてみたいと思います。

ポジション的には、後になる GK から見て行きたいかと。

一旦今年の終盤に多かったフォーメーション 3 – 4 – 2 – 1 で検証します。

GK を考える

※※12月24日追記
一部報道で、ベガルタ仙台の GK 六反勇治 選手への獲得オファーあり。
中村航輔は柏復帰が確実とか。
さらに釜山 GK イボム ヨン獲得予定 とか・・・。


※※

※※1月4日追記
GK は イボムヨン獲得。

このたび韓国の釜山アイパークよりイ ボムヨン選手のアビスパ福岡への完全移籍加入が決定いたしましたのでお知らせいたします。尚、イ ボムヨン選手は1/23来福予定です。 イ ボムヨン(Lee Bum-Young)選手 ■生年
これはもう中村航輔残留はないか。

やはり残留なかったですね・・・。
【中村 航輔 選手 期限付き移籍期間 満了のお知らせ】

柏レイソルより期限付き移籍をしておりました中村 航輔 選手が、期限付き移籍期間満了となりましたので、お知らせいたします。 GK23 中村 航輔 (なかむら こうすけ)選手 [生年月日] 1995年2月27日 ( 20歳)
※※

※※1月5日追記
【兼田 亜季重 選手 モンテディオ山形より完全移籍加入のお知らせ】

この度、モンテディオ山形より兼田 亜季重 選手の完全移籍での加入が決定いたしましたのでお知らせいたします。 兼田 亜季重 (かねだ あきしげ)選手 ■生年月日 1990年2月26日 (25歳) ■身長/体重 184cm/
※※

まず、GK。

中村航輔残留なら、それがベスト。

もし柏レイソルに帰還するということになれば、早急に考えないといけないかと。

報道では、柏レイソルの新監督であるメンデス氏が復帰要請しているとのこと。

来期は現状不透明なこのポジション・・・。

神山がレギュラーに戻るという判断もあるかも知れませんが・・・。

落ち込む暇はない!アビスパ福岡が進んできた道は決して間違いじゃない!讃岐戦レビュー
無敗記録は11戦でストップ 12戦無敗に挑んだホームカマタマーレ讃岐戦。 決して力で劣る相手ではないので、12戦無敗を期待した方...

今シーズンの出場試合では、パフォーマンスが落ちている様に感じる試合がチラホラ。

2014年シーズンは神がかったセーブも多かったんですが。

今シーズン、特にハイボール処理の場面では不安を残すような気がします。

中村航輔次第ですが、今後柏レイソルからの獲得が難しいのであれば、来期は残留したとしても GK はこの数年をまかせれれる選手の獲得を急いだ方が良いポジションに思えます。

GK 笠川とは契約更新せず。

アビスパ福岡 契約満了選手のお知らせ

今シーズンの札幌戦での「相手へのパス」が最後のプレーになってしまいました・・・。

アビスパ福岡開幕 3 連敗もわずかな希望
この 1 敗をどう見るか?守備に拘た末の敗戦 U - 23 日本代表への招集でアビスパ福岡から 2 名選出されています。 SB ...

いずれ挽回できるチャンスあると思ったんですが。

これ以外のプレーは安定してましたからね・・・。

今にして思うと、この時点で井原監督の中で神山は絶対的な GK ではなかった?

と、考えることもできそうです。

笠川にチャンスを与えたということは、ここで安定したパフォーマンスを披露していたら・・・。

アカデミー出身だけに頑張って欲しかったですが、厳しい世界ですね・・・。

※※1月7日追記
GK はファーストチョイスがイボムヨン。
セカンドに兼田。
第 3 GK に神山?でしょうか。
神山の更新は発表されていませんが、今のメンバーだと出場機会を求めて出て行くんじゃないでしょうか・・・?
※※

DF(センターバック)

プレーオフ含めシーズン終盤は、堤、濱田、田村の 3 バックの布陣が多かったアビスパの DF ライン。

これにバックアップのイ・グゥアンソン。

※※追記
この記事を書いて数時間後・・・。イ・グゥアンソン退団・・・。
CB の補強は待ったなしになった感じですね・・・。
※※

こちらはあと一人欲しいのが正直なところ。

J2 の功労者だけに心苦しいのですが、堤の場所は J1 仕様の DF を入れたいところ。

堤の正確なフィードは素晴らしいんですが、DF としての軽量さと、時折見せる対応の悪さ。

というのは、気になるところ。

もう若くないだけに、補強のポイントとして挙げざるえないのかなと。

DF に関しては、

鹿屋体育大学から 下坂晃城 選手が内定。
マタニティ 冨安こと、冨安 健洋 選手もトップチーム契約が内定。

DF は若い選手が増えますね。

報道では、
柏レイソルから、U-22 代表の中谷進之介の獲得に乗り出すとか。

【福岡】柏のU22代表DF・中谷進之介獲得へ 井原監督が熱望

古賀も引退しましたからね。

センターバック一枚の補強はマストなのかなと。

※※1月4日 追記
川崎フロンターレから實藤 友紀を獲得。

この度、川崎フロンターレより實藤 友紀 選手の完全移籍での加入が決定いたしましたのでお知らせいたします。 實藤 友紀 (さねとう ゆうき)選手 ■生年月日 :1989年1月19日 (26歳) ■身長/体重 :179cm/

センターバック、サイドも出来るという事ですが・・・。
井原さんはどっちに期待しているのか・・・。両方?
※※

※※ 1月11日 追記
ジェフユナイテッド千葉から キム ヒョヌン を獲得
DF の補強は一旦完了かと思っていたら更に DF 獲得。
DF は競争が激しくなりそうです。
※※

DF(サイドバック)

実はこちらも問題が多いサイドの選手。

そもそも亀川が残留するのか、しないのか。
※12月30日追記
亀川が完全移籍。

※追記終わり

これで大きく変わります(残ってくれて、感謝・・・)。

さらに、バックアップの層が薄いのがこのポジジョン。

※※1月7日追記
【古部 健太 選手  長崎より完全移籍加入のお知らせ】

この度、V・ファーレン長崎より古部 健太 選手の完全移籍での加入が決定いたしましたのでお知らせいたします。 古部 健太 (ふるべ けんた)選手 ■生年月日 1985年11月30日 (30歳) ■身長/体重 180cm/7

V・ファーレン長崎から古部選手を獲得。

長崎での主戦場は左。

右でもプレー可能ということですが。

左右のサイドのバックアップでしょうか。

徐々に選手層厚くなってきましたね・・・。
※※

今期は右に中村北斗と、左に亀川。

バックアップは阿部と、三島。

プレーオフの同点弾で男を上げた中村北斗ですが。

今シーズン中盤を過ぎるまでコンディションがあがらず。

右亀川というゲームも多々。ただ、亀川は右より左が輝きます。

右サイドに亀川の際は、左に阿部が入ったりしたんですが。

阿部と三島では J1 は厳しいかと。

また、中村北斗の年齢と体調面を考えれば明らかに右に勢いのあるサイドバックが欲しいところです。

一部報道では FC 東京の松田陸を狙っているとか。
東京DF松田獲得へ、C大阪と福岡がPO延長争奪戦

個人的には、FC 東京は太田が海外移籍しそうですが、出すかなー?

とはいえ、阿部はともかく、三島の守備の軽さは J2 でも心配だった面を考えると、補強は必須かと。

J3 AC長野パルセイロに期限付き移籍している光永選手はどうなっていることやら。

DMF

いわゆるボランチ。

ここには、4選手がいます。

シーズン通して固定だったのは、末吉、鈴木惇。

バックアップとして、中原秀人にモイゼス。

ここをどう見るかはちょっと難しいところですが。

おそらく補強はしないのかなと。

むしろ、今シーズン「モイゼスをなぜ獲ったのか」という疑問が残ります。

積極的に起用したわけでもなく。

数試合守備固め的に起用しましたが、それは外国人である必要があったのか・・・。

そもそも来期契約するのか。

鈴木惇も、末吉も中原も守備的な面でいえば、軽量級。

球際に圧倒的に強いモイゼスはタイプが違うので使い方次第ではあるのかなと。

モイゼスが来期契約がないというのであれば、守備タイプの補強を考えても良いのでは?

という感じです。

※※追記
モイゼス「レンタル」終了で退団。レンタルだったのか・・・。
来るとき、いろいろ揉めたっぽいですが一体何を揉めたんでしょう。
最後まで獲得した理由が謎。

実を言うと、今シーズン街中でモイゼスと 2 回遭遇してるんですが・・・。
なにしてたんでしょうね?
※※

※※1月7日追記
徐々に来季の陣容が見えてきていますが、外国人枠が空いています。

J1 残留を目指すアビスパ福岡にとって外国人枠を空けるのは得策ではないと思いますけど・・・。
※※

※※2月1日追記
元名古屋グランパスのダニルソンを獲得。やはり外国人を獲得してきましたね。

OMF

オフェンシブなところですね。

ここには、酒井、金森、坂田、城後といったメンバーがいます。

酒井は、残留要請が出ているということで。
※※12月30日追記
酒井は期限付き移籍満了。アルビレックスに復帰です・・・。酒井は完全移籍すると予想してただけに残念・・・。

大分トリニータから為田大貴が完全移籍。

※※

ここは J1 でもひとまずは固定という感じでしょうか。

場合によっては、平井も入ってくるかもです。

残念ながら、牛之濵は来期契約せず。

アビスパ福岡 契約満了選手のお知らせ

プレシーズンではサイドで面白い動き見せていたんですが・・・。

【井原監督初勝利】宮崎まで見に行きました!New Year cup 福岡アビスパ vs 大分トリニータ
この試合は、宮崎まで観戦に行ってきました。 今日の試合は、宮崎県のハイビスカス陸上で行われたのですが。 せっかくの休日なので、宮...

厳しい世界です。

ここは特に補強はなさそうですかね・・・。

一番補強が必要ないと思っていた OMF に為田加入。

完全移籍と思っていた酒井がアルビレックスへ帰還。

結構予想外な状況ですね・・・(12月30日追記)。

FW

来期ワントップと言うことであれば、ウェリントンの動向が気になるところですが。

報道では残留ということで。
その代わりではありませんが、
※※追記
公式にウェリントン残留きました。
ウェリントン選手 契約更新のお知らせ
※※

となると、バックアップは中原貴之でしょうか。

そうなってくると、人数的には足りてるという感じですかね。

中原貴之は膝とかちょっと心配ですが・・・。

どちらかと言うと、チーム内で若手(金森以外)で前線の選手に出てきてほしい感じですが。

邦本は頑張っているのでしょうか・・・。

※※1月4日追記
邦本契約更新のお知らせ

アビスパ福岡は、下記の選手につきまして、2016 シーズンの選手契約を更新いたしましたのでお知らせいたします。 FW27 邦本宜裕 (くにもと たかひろ)選手 ■生年月日 : 1997年10月8日 (18歳) ■身長/体
※※

まとめてみると

GK 一人(中村航輔の残留が補強といえば補強)。

センターバック一人。

サイドアタッカー(サイドバック)一人。

※※追記
タカ派さんのご指摘通り、4-4-2 など 4 バックのフォーメーションを考えると
フォワード(ポストタイプではないスピードタイプ)も必要かと。
※※

といった感じでしょうか。

報道で判る範囲で言えば、獲得へ動いているポジションは妥当な補強と言えるかもしれません。

基準は、あくまで個人の視点ですけどね。

アカデミー出身の 2 人にエールを

笠川と牛之濱が来季契約しないということで・・・。

ユース出身の二人がチームを去ることになりました。

牛之濱は New Year Cup で良い動きしていたんですが・・・。

【井原監督初勝利】宮崎まで見に行きました!New Year cup 福岡アビスパ vs 大分トリニータ
この試合は、宮崎まで観戦に行ってきました。 今日の試合は、宮崎県のハイビスカス陸上で行われたのですが。 せっかくの休日なので、宮...

あの動きを見せていれば、きっと輝けるチームがあると思います。

笠川もコンサドーレ札幌戦はあのミスが大きかったですが、それ以外は安定したプレーでした。

活躍できる場所はあるはず。

牛之濱も、笠川も12月8日のトライアウトに参加しています。

ちょうどこの記事を書いている時に、ゲームに入っている様です。

良い結果が出ることを祈っています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. タカ派 より:

    まずは訂正を。
    永太のあのプレーは昨シーズンではなく、今シーズンです。

    永太に関してはGKということでなかなか出場機会が得られないというところがかわいそうでしたね。ミスをしても挽回する機会を得ることすらできないという。どこでもいいので、せめて出場機会が得られるクラブでシーズン通したプレーを見たいですね。J3の鹿児島とかどうなんでしょう。

    拓は今年は去年よりもチャンスはたくさん与えられたと思います。しかし、なんというか、周りのプレーについていけてなかった、という印象ですね。今シーズンのアビスパのレベルが高かった、というのもありますが、キャリアアップのためにはまだまだ力をつけていかなければ、というところでしょう。

    今シーズンはJ3で大ナタを振るっているクラブも多いので(琉球、盛岡、山口など)出場機会のあるクラブには移籍しやすいのではないかと思います。とにかく、プレーしないと上の人に発見してももらえないので……

    退団の話ですが、こちらにはまだ書かれていませんが、イ・グァンソンも退団だそうですね。韓国に帰国だそうですからおそらく兵役に備えてのことではないかと思います。今シーズンは田村が頭角を現し始めてから出場機会が減ってきたグァンソンですが、腐らずモチベーションの高いプレーを見せてくれていました。この先も活躍することを祈っています。
    ということで、CBの補強のマスト具合(?)はもう少し高いのではないかと。堤は確かにCBとしては守備が軽い印象があります。(失点のシーンを思い浮かべるとき、なぜか必ず堤が抜かれている感じがします(笑))堤については一列上げる、という可能性もありなんじゃないかな。(特にモイゼス退団ということになれば)そして、フィードのできるCBをぜひとも獲得したい。シーズン開幕までは時間がありますから、この際海外からでも可、ということで。

    他の補強としてCFをもう1枚というところでしょうか。酒井が結構前線でマルチに使えるのでごまかし使う、でもいいのかもしれませんが、4-4-2も選択肢に入れるのであればもう一人、と考えてしまいます。

    なんか長文になってしまってすみません。
    ですが、昇格して来季のことを以前より前向きに考えられるっていうのも幸せなことですね。

    • ざかしんく より:

      タカ派さん
      コメントありがとうございます!修正箇所のご指摘もありがとうございます!
      そうですね、あれは第3節でしたからね。「今シーズン」ですね。

      笠川も牛之濱も良いチームに恵まれて欲しいですね・・・。
      J3 の鹿児島ユナイテッドといえば、牛之濱は鹿児島出身(ほとんど福岡ですけど)なので、鹿児島は?なんて思ったりしたんですが。
      鹿児島ユナイテッドの監督は2011年に降格した時に篠田監督の後を受けた浅野哲也監督なんですよね。
      二人共その当時から在籍していますから、もしかしたりするかも・・・ですね。

      イ・グゥアンソン、ショックでした・・・。
      てっきり来季もアビスパだと思ってました。
      ベンチスタートが多くなって、モチベーション下がるかなーと思ってたんですけど、そんなこと全くなかったですね。
      あの姿をみて、来季もぜひ居て欲しい!って思ったのに・・・。兵役ですかねー。残念です。

      確かにこれで、CB の補強は重要性高まりましたね・・・。

      堤に関しては、プシュニクの時に右サイドをやったことがあったんですよね。確か。
      2014年の16節コンサドーレ戦です。その時の良かったイメージが・・・。
      一列上げるというのは、ありだと思います!
      むしろ、そちら方が堤にとっても案外フィットするのかも・・・。

      あと、FW なんですが、そうなんです。
      4 – 4 – 2 を考えると、違うタイプの FW が欲しいんですよね。

      そうなると、中盤で右に城後?左に金森?といろいろ考え始めてしまい、収集つかなかったので割愛しました。

      でも、本当に来季楽しみに迎えられるのは幸せです。

      来季どんなメンバーで迎えるか判りませんが、絶対残留して欲しいですね。