【第4節】ジュビロ磐田戦vsアビスパ福岡の結果分析

スポンサーリンク

ついにきましたジュビロ磐田戦です

過去3試合は「京都サンガ」戦があったものの、昨年までJ1だった明らかに実力が上の「ジュビロ磐田」戦。

前回、勝っておきたかったホーム「愛媛FC」戦を引き分けで終了。

いくらジュビロ磐田とはいえ、ここは勝っておきたい所ですが・・・。

というか、負けてよい試合はないのです。

ジュビロ磐田のフォーメーション

iwata-formation

注目選手は多いのですが、やはり前田選手。

前節もロアッソ熊本戦で2ゴールあげており、実績も十分。怖い選手です。

iwata-maeda

もう一人注目選手をあげるなら、松井大輔選手「鹿児島実業サッカー部」出身。

出身は京都なんですが、鹿児島つながりで親近感いっぱいです。

久しぶりの日本復帰ということで、個人的にはすごくがんばってほしい選手です。

iwata-matsui

アビスパ福岡フォーメーション

avisoa-formation-iwata

ワントップ城後。

個人的には、平井で良くないかなという思いはあるんですが・・・。

昨年出場機会がなかった平井はまだベストフォームではない。

というプシュニク監督の話もあったので、そういうことでしょうか。

早く、フルタイムで出場見たいです。

ボール回しがスムーズだ・・・

J2降格したとはいえ、磐田のボールまわしは速いし、効果的に前向いてきますね・・・。

J2 とJ1 の違いはこの辺なのか!?

と、思わせるくらいスムーズというか、的確にパスをまわしてきます。

それと関係あるかどうかですが、開始5分で磐田の山崎選手に、駒野選手からクロス。

キレイにダイビングヘッドを決められて、失点・・・。

中原の山崎へのチェック甘くない!?

と、声をあげたいところですが・・・。

これまでとは戦い方がずいぶん違う?

これまでは、多い少ないはあるものの、前線はポジションチェンジを繰り返していたのですが、この日は坂田は攻撃のタイミングで動くものの、ほぼ右サイド。

左は武田が張り付くような形です。

最初のフォーメーション予想とはちょっと違う感じです。

守りの時は、城後がハーフラインまで下がってきています。

攻撃というよりは、守備で押されること前提で、城後のワントップ。

なのかもしれません。

プシュニク監督は城後の守備も買っているようなので。

セカンドボールが拾えない・・・。

磐田の強さでしょうか、セカンドボールが拾えないです。

守備にアンカーも吸収されてしまっているためか、中央のルーズボールに競る選手がいません・・・。

セカンドボールどころか、サイドへ展開するのもひと苦労な場面が

磐田が中盤に人をかけているためか、CBからサイドへボールを入れるのだけでバタバタ。

パス精度、ボールタッチ、から 差があります・・・。

DF陣はラインを高くして、コンパクトな陣形を引いてますが、この状況では、コンパクトにしても攻め手は裏にロングボールくらいしかとれない感じです。

パス回しで勝負しようとしてもチャンスは少なそうです。

前節から目立つ雑なプレーのイ・グゥアンソン

前節、愛媛戦から気にはなってましたが、イ・グゥアンソンの雑なプレーが・・・。

  • 鹿島戦、ペナルティエリア内のクリアを真上に。ダヴィに同点弾を受ける。
  • 愛媛戦、前半、無茶なカットから、ボールにタッチすらできず独走される。(堤のスライディングでことなきを得る)
  • 愛媛戦、前半、ボールホルダーへのチェックをためらい、スルーパスを通される。
  • 磐田戦、自陣深いところで、サイドへの精度の低いパスを磐田のポポに簡単にカットされる。
  • 磐田戦、微妙とは言われているものの、明らかに前田の背中に押して、PK。
  • 高さはすごく魅力的。ただ、ちょっと、CBにしては、イージーなミスが・・・。

    アビスパ1点目はそのイ・グゥアンソン

    まあ、こういうことなんですね。やっぱり高さは魅力なんです。

    i-goal

    頭一個、出てました。

    パスや、対応で精度が高まるともっといい選手なだけに・・・。がんばってほしいとこ。

    前半の後半は、カウンターからミドル締め

    前半の後半の時間帯は、アビスパはカウンターに活路を見いだした感じです。

    イ・グゥアンソンのセットプレーもカウンターから、ミドルシュートの流れから。

    得点も入って、2失点したものの、だいぶ良い形で終われたかもしれません。

    あと、磐田の攻撃も DF 4枚とアンカー2枚でなんとか抑えられるようになった影響かもしれません。

    後半から勝負をかけたプシュニク監督

    後半あたまから、パク・ゴンを平井に。

    オチョンヒャンを石津に交代。

    ポポ前半開始早々ルーズボールをミドル。

    今日はセカンドボールをこのポポに拾われてる気がします。

    攻撃では、左右に顔を出し、ルーズボールを奪取し、DF からのパスをチェックしまくっていたポポ。

    アビスパ福岡からすると、非常に厄介だったのがこのポポだと思っていたのですが、

    後半そうそう、山田と交代。

    確かに、前半で少しバテた感はあったんですが、これはちょっと楽になるんでは?

    石津の同点ゴール

    後半に入って、フレッシュな選手が入ったり。
    磐田が前半ほどプレシングできなかったり。
    前線で嫌な動きをしていたポポがいなくなったり。
    (といっても代わった山田に3点目クロスをあげられてますが)

    個人的には武田がパク・ゴンの位置に入ってだいぶバランスが良くなった気がする。

    ということで、サイド攻撃が生まれ変わったアビスパ。

    そのサイド攻撃から、石津のすばらしいゴール。

    ishizu-goal-mv

    香川っぽい!

    イ・グゥアンソンだけじゃないけど・・・

    3失点目の場面。

    あまりここだけでは語りたくないとこですが・・・。

    武田のパスミスから、イ・グゥアンソンがつぶされて、ピンチに。

    その後、外に開いた山田選手からのクロスの場面。

    i-lose-mv

    GIF左上の方から入ってくるのが、イ・グゥアンソン最終ライン戻ってるんですけど、多分、ボールウォッチャー。

    戻っているだけに・・・・。もったいない・・・!

    それでも武田の FK ゴールで同点に

    3失点目の失点にからむパスミス。

    あれが無ければ、個人的な MOM は武田しかないでしょ!

    前半から積極的なミドルや攻撃参加、後半はアンカーの位置でパスをさばいてばらんすとってました。

    さらに同点ゴール。文句なしだったんですけどね。

    3失点目のパスミスは頂けず・・・。

    avispa-takeda

    プシュニク監督、また武田使ってあげてください!

    でも、アンカーとしてのパク・ゴンの強さも魅力ではあるんですけどね・・・。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク