今までに見たことのないアビスパ福岡を見た(一瞬だけど)。シーズンも佳境に迫り次のレベルが見えた気が。

スポンサーリンク

確かに、今までにないアビスパ福岡を見た気がしたんですよ

多分、気のせいじゃないはず。

後半の途中まで、これは本当にアビスパの試合だろうか。

確かにそう感じたんですよ・・・。

相性の良いとは言えない讃岐にアウェーで慌てず、堅実な試合運び。

これまでにない「落ち着き」を感じました。

これは、いよいよチームとして本格化してきたんじゃ・・・。

と、正直すごく良い意味で「信じられない」という気持ちで試合を見ていました・・・。

手放しで喜びたいところなんですが。

しかし、何故にそーなる!?

その思いは後半 30 分で一気にガタガタと崩れ去りました。

やっぱりいつものアビスパだよ!

と、ある意味負けた以上に悔しい思いをしてまいました。

そんなリーグ戦再開の試合となった第 31 節 アビスパ福岡 VS カマタマーレ讃岐の一戦を振り返ってみます。

モイゼスは先発では使ってきませんでしたね・・・。

sec31-avispa-form

一時中断していたリーグ戦の再開。

天皇杯でフル出場を果たしたモイゼスを使ってくるかどうか・・・。

という点が個人的に注目だったんですが、ベンチ入りするも先発ではありませんでした・・・。

ちなみに、途中出場もなし。

まだ、チームに馴染んでないという判断でしょうか。

ベンチ入りしているとうことは、試合に出れるということですがリーグ戦初出場はまた次回のお楽しみということで。

学生相手の試合でしたが、結構チカラあると思えただけに、「真剣勝負」になるリーグ戦でどの程度できるか見たいところです。

あと、濱田はいつ帰ってくるんですかね・・・。

徐々に田村がいることが普通になり始めましたけど・・・。

予想フォーメーションを見る限り「4-5-1」ですが、金森とウェリントンは縦というより、横並び。

「4-4-2」でしょう。

あまり現実的ではないと思いますが、「3-4-3」を天皇杯では試していたアビスパ。

攻撃の面でもリーグ中断前とは違う新しい面を見せて欲しいところですが。

膠着状態の前半戦

sec31-sanuki-form

4-5-1 で望んできたカマタマーレ讃岐ですが、がっちりブロックを作って対応してきました。

序盤ボールを支配していたアビスパですが、なかなかこのブロックを突破できず。

状況としては前節のファジアーノ岡山戦と似た展開に・・・。

ちょっと嫌な予感が・・・。

前節と違うのは右サイドから攻撃を組み立てることが増えたこと。

とはいえ、この攻撃に全く希望が持てず。

右で城後と中村北斗がボールを持ったところでこれといった打開策がない。

きっちり人数かけて讃岐が守りを固めていたというのもありますが。

プレスを受けるとすぐ下げてしまう攻撃では、これといった怖さがない・・・。

ボールを下げて、左サイドへサイドチェンジが一番チャンスになるという状況。

もうちょっと突っかけても良いと思うんですが、城後と中村が突破するイメージがないですね・・・。

avispa-side-atack

中村北斗も城後を追い越す感じでもないですし、城後もこのへんの位置でボール触りますし。

FW に前のスペースを開けている?

にしても、金森がこのスーペースに飛び出す感じでもなく。

あまり、右の攻撃が機能している感じではなかったです。

三島が城後の位置に入ると、攻撃面はもっと活性化する気もしたんですが・・・。

まあ、誰が守備するのという当然の課題が。

そのまま前半終了

ボール保持率からいえば、アビスパペースではあったんですが、これといったチャンスもなく。

カマタマーレ讃岐の狙い通りの試合展開だったのかなと。

結局そのまま前半終了。

見ている方からすると、ちょっと静かすぎる前半戦だったように思います。

後半別のいろいろと荒れることに

後半の入り、少しカマタマーレの攻撃のスピードが上がったような気がしました。

特にボールを縦に入れるタイミングが早くなったような気が。

相手がガッと試合のペースを上げてきたので、浮足立ってしまわないか心配してしまいました。

それでも焦らず試合を展開したアビスパ。

相手の攻撃を止めて、落ち着いてボールキープしていました。

以前だとロングボールを蹴り返すばかりで、攻撃どころではなかったんですが・・・。

そう考えると、非常にチームとして安定したと感じました。

今季失点の少ない讃岐相手に前半 0-0 はアビスパ側も想定内だったのかなーと、ちょっと頼もしく見ていたら・・・。

kanamori-goal_optimized

金森のヘディングで先制点。

あまり攻撃として効果的じゃないかなと感じていた右サイドの城後から、クロス。

酒井が中央に切り込み、DF を完全に引きつけてました。

酒井の後ろに回り込んだ金森がフリーでヘディング。

これは、練習した形でしょう。

酒井も、DF をとにかく巻き込むように動いてました。

相手が動いたところを動じず、自分たちの形で刺す。

その後も相手の動きを制して、自分たちのペースに。

kamekawa-shoot_optimized

金森と亀川のワンツーからの決定的なシーン。

さらに、ウェリントンが高い位置のプレスからボール奪取&ファウル獲得。

そこから、鈴木惇のフリーキック。

suzukijun-fk_optimized

今思うと、決めるところで決めないから・・・。

後々苦しむ結果に。

しかし、本当にこの時はアビスパかなりチームとして本格化してきたんじゃ・・・。

と、アビスパのレベルアップを確信しかかっていたんですが・・・。

それぐらい落ちつてい、相手の攻勢にも自分たちのペースを失わずしっかり攻撃に転ずる。

そんな強い戦い方ができていたように見えたんです。

たったワンプレーで、大ピンチ

先制点を奪われたあとから、徐々につなぐ形を捨て、ロングボールを入れてきたカマタマーレ讃岐。

最初アビスパはその攻撃を受けつつ、ボールをキープして自分たちのペースに落とし込もうとしていたんですが。

ワンプレーで様子が一気におかしくなります。

我那覇のとの入れ替わった選手のマーク

それまで、ディフェンスを背負ってのポストプレーをしていたカマタマーレの我那覇。

このタイミングだけではないと思うんですが、失点直前にだいぶ下がってボールを受けようとしていました。

ここで上手く我那覇にボールが入ることはありませんでした。

我那覇自身、ハーフウェイ付近まで下がってボールを触りに来ていました。

その我那覇がハーフウェイまで下がってきたすぐ後の展開で、ロングボールをゴール前に入れられてしまいます。

avispa-pk_optimized

この時のDFラインの動きは判りませんが、カマタマーレ讃岐の仲間は堤の背後から走りこんでいますが・・・。

ワントップの我那覇がかなり下がり気味で動いた直後でしたが、カマタマーレの前線の選手をちゃんと把握できていたんでしょうか・・・。

神様、仏様、中村様

堤のこのプレーで PK & 堤にはイエロー。

チャンスを 2 度決めきれなかった直後。

試合運びも悪くなかっただけに、完全に目の前が真っ暗になりました。

完全に引き分け覚悟。

しかし、救世主が。

nakamura-save_optimized

今日の勝ちは消えたとすら思ってましたが・・・。

中村航がやってくれました。

まさにビッグセーブ。

ここから歯車が狂ったアビスパ福岡

中村航のビッグセーブで勢いづくかなと思ったんですが、この直後から投入されたアラン、アンドレアの2人にボールをキープされます。

その結果、徐々に受けに回ります。

フレッシュな上に、アンドレアのフィジカルにアランのスピードに翻弄されます。

アビスパも「モイゼス」出そうぜ!

と、何度も思ったんですが・・・。

井原監督の選択は、金森に代わってイ・グゥアンソンを投入。

これまで DF の選手を代えたことはあった井原監督ですが、前線の選手を削って ディフェンダーを入れたのは初めてじゃないでしょうか?

「1点を守りきれ!」

ということだっと思うんですが・・・。

そのイエローは必要?

後半、堤の PK でイエロー。

ウェリントンが審判への暴言でイエロー。

さららに、FK の再開を邪魔して 坂田がイエロー。

そして、アフタータックルで坂田イエロー&退場。

坂田途中交代 10 分にして退場です。

確かに FK の場面は相手のリズムが続いて嫌な場面でした。

簡単に相手にプレーさせないというのは大事だったと思います。

しかし、イエローをもらう必要は無かったでしょう。

その 1 分後ファウルして退場て・・・。

もちろん、坂田が身を挺していなかったら、失点していたかもしれません。

とはいえ・・・。

これで次節、ウェリントンは累積警告で出場停止。

坂田も退場処分で出場停止。

次節はホームでコンサドーレ札幌を迎え撃つわけですが・・・。

勝ち切ったのは良かったですけど、ウェリントン不在も痛いですが、後半出てきて献身的に動きまわる坂田不在も痛いなあ。

今日勝つことは出来ましたが、次節チームに迷惑かけるわけですから。

不要なイエローは避けて欲しい・・・。

途中までの試合運びが思いがけず良かっただけに・・・

後半のドタバタ劇が悔やまれる一戦。

でも、前半から、後半頭にかけては完璧とは言い切れませんけど、かつて見たことがないくらいしっかりした試合運びをしたと思います。

試合を組み立てようという意志がしっかり伝わったように思いました。

本当にアビスパ福岡?

って、正直思いましたから。

今考えてみると、プシュニク政権では常に何かに(監督に?)振り回されているという印象でした。

井原政権下でもどこかずっと手探りだったように思いますが、ようやくチームとして機能してきたんだと思います。

ウェリントンや坂田が不在ですが、今日のような試合運びができればきっと悪くない結果が出ると思います。

2 位のジュビロとは勝点 6 差ついてますが、まだ逆転できると思います。

プレーオフ圏に残ることも大切ですが、できれば自動昇格。

首位の大宮アルディージャが水戸に敗戦した以外、上位陣は全て勝利。

なかなか順位を上げられませんね。

今後上位争いがさらに厳しくなると思いますが、今日のような試合展開を 90 分間できるチームになることを願っています。

そして、次節から大宮アルディージャが、セレッソ大阪、東京ヴェルディ、ジェフ千葉と上位陣との対戦になります。

さらにジュビロ磐田が愛媛 FC、V ファーレン長崎と対戦します。

つまり、現状上位2チームが、アビスパの順位の前後にいるチームと立て続けに当たるわけです。

次節からの、コンサドーレ札幌、ロアッソ熊本、そして「東京ヴェルディ戦」。

この9月の試合で順位が入れ替わりそうです。

次のコンサドーレ札幌戦。小野伸二が復帰し、稲本も復帰?したコンサドーレ。

不気味な存在ですが、前回 2 – 1 で敗戦した借りをしっかり返しましょう。


ロスジェネの逆襲 (文春文庫)

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク