【第 3 節】アビスパが残留するための礎になるのか?浦和レッズ戦でみせた 5 – 3 – 2 を検証してみる。

スポンサーリンク

試合結果は完全に力負け

J1 屈指の強豪、浦和レッズ。

第 2 節の横浜 F マリノス戦では、中村俊輔に振り出しに戻されなければ勝ちを拾えるところまで J1 のチームと戦えました。

もし。

もしも、この試合で浦和に引き分けることができれば。

アビスパ福岡の J1 残留はかなり現実味を帯びてくるんじゃないかと。

そう期待しておりました。

しかし、そう甘くはありませんでした。

0 – 2 で手堅く勝利されてしまいました。

やはりスピードが違いますね。

J リーグは世界と比べてスピードが無いと言われますが、5 年も J1 から遠ざかっていたチームからすると、十分に速い。

そんな J1 の強豪チームとの差を見せつけられた試合でした。

とはいえ、この先まだまだ試合は続くわけでして。

ガンバ大阪、鹿島アントラーズ、サンフレッチェ広島とこの先も浦和レッズ級の強豪と戦って結果を残す必要があります。

さて、この先そういった相手から勝点を1点でも多く奪い取り、J1 残留を決めることができるのか?

浦和レッズ戦で見せた 5 – 3 – 2。

を分析しつつ考えてみたいと思います。

浦和レッズという「雰囲気」にすでに負けていたアビスパ福岡

前半は、正直動きが硬かった。

J1 競合の浦和レッズかつ、その本拠地埼玉スタジアム。

サポーターの雰囲気も独特のものがありますね。

その雰囲気に飲まれた感が否めないです。

浦和レッズは、アビスパが前線からあまりチェックをかけてこないと見越していたのか。

両チームのフォーメーションはこんな感じです。

sec-3form

浦和レッズは、工芸の際に実質5バックのアビスパに 5 人で仕掛けてきました。

ワントップ、セカンドトップ 2 人、サイドハーフの 2 人が一列に並ぶよう 5 バックに対して仕掛けていました。

urawa-atack

過去、J1 過去 2 戦でもこんな攻めをされたことはがなかったと思います。

狙いとしては、サイドバックとセンターバックの間のスペース。

ここに人数をかけることによって、アビスパの 5 バックにギャップを作ってきました。

これがちゃっかりハマりました。

アビスパはこれに対応しきれず、人を捕まえきれなくなります。

最初の失点シーン。

左サイドを責められ、全体的に最終ラインが左へスライド。

これにより内側へ中村北斗が吸収されます。

この時外側で関根がフリーで待ち構えています。

アビスパはゾーンディフェンスですので、基本「逆サイド」は捨てています。

関根がフリーであることはある程度、想定内。しかし・・・。

右側でボールを拾った森脇がクロス。

大外で関根がダイレクトで折り返し。

多分ダイレクトは無いと思ったのか、ちょっと北斗の詰めが甘い。

濱田もポジション的には優位にいながら後ろから入り込む興梠にスペースを明け渡しています。

動きも、ワンテンポ置いて行かれているんですね。

多分 J2 だと大きくゴール前を越えたクロスボールに対してワントラップでラストパスが入るというシーンは少ないと思います。

J1 と J2 の違いが出たシーンとも言えるかもしれません。

結果論ではありますが、その前のクロスを出す相手に対しても詰めが甘かったのかなと。

鈴木惇がもうちょっと詰めても良かったかも・・・。

suzukijun-d

ボールホルダーがかなり余裕持って蹴ってますからね・・・。

こうした甘さが失点につながっています。

これは、鳥栖戦でも感じられたことですが・・・。

解説者も「早くJ1 との戦いに慣れていく必要がある」とは言いますが・・・。

考えたくはありませんが、そもそも根本的についてこれないのか・・・。

とにかく、前半のアビスパはこういったシーンが多かったですね。

動きが悪い鈴木惇?

シーンは前後しますが、この日はちょっと鈴木惇が良い所なし。

試合始まってすぐ、バックパスをショートさせるミス。

あわや即失点という危ういシーンを作ったり、守備でイケてないところを見せてしまいました。

解説陣が、「アビスパの売りは固い守備」なんて話しているそばから、この状態。

うーん。

これは、きびしいなあ。

後半鈴木惇を下げ、ダニエルソンを投入

そんな感じで、調子悪いかなーと思っていたんですが、前半早々鈴木惇が交代。

ビハインドのタイミングで鈴木惇を下げてくるとは思いませんでした。

そして代わりに投入されたのが、ダニエルソン。

ダニルソンは出場までもっと時間かかると思っていたんですが・・・。

思ったより早く試合に参加できたのは喜ばしい限り。

そしてこのタイミングから、 5 – 3 – 2 に変化。

avispa-5-3-2

スカパーの放送では「4 – 4 – 2」では?

という指摘もありましたが、守備時は明らかに 5 – 3 – 2 でしたね。

また、4 – 4 – 2 に見えたのは攻撃時の形にあったかもしれません。

そこは少し後回しにして・・・。

今回は、この 5 – 3 -2 の布陣を中心にここからアビスパの「ステップアップ」があるのかを考えてみたいと思います。

なぜ、5 – 3 – 2 を採用したのか?

5 – 3 – 2 といえば、最近の有名どころで言うと「ユベントス」が採用していた布陣です。

正確に(?)言うと、3 – 5 – 2 かもしれませんが、守備のタイミングでは、5バックになります。

5 バックというとやや時代錯誤なイメージもありますが、ルイ・ファンハールがオランダ代表で 5 バックを採用し、スペイン代表から 5 点を奪って勝利するというセンセーショナルな事件がありました。

ということで、世界の強豪も取り入れている戦術ですので、理にかなっていれば全然古臭いものでもなんでもありません。

こういうフォーメーションの話は「ただの数合わせ」だという方もいらっしゃいますが、私はそのチームがどうやって、どう守るのかの基準となる話だと思います。

もちろん、フォーメーションで勝敗は決まらないとは思いますが、チームがどう動くのかを決める上では重要なものだと思いますので「単純な数合わせ」というのは賛同できない派です。

というわけで、今回浦和戦で見せたアビスパの 5 – 3 – 2 。

このフォーメーションの意義を考えるために、昨シーズンのアビスパを知っていた方が良いと思うので、少し過去をおさらいしたいと思います。

アビスパ福岡の守備

よく、DF の人数合わせ的に、

相手 FW が 2 トップなら、2人がマークして、フォローが 1 人(3 バック)。

相手がワントップなら、2 人で見る(4 バック)。

という話を聞いたりしますが・・・。

J2 での戦いを見る限り、相手 FW の枚数で守備陣系を選ぶということを井原監督がしているようには見えませんでした。

実際、守備のやり方を見ていても「ゾーンディフェンス」で守っていたので、

「危険なスペースをしっかり埋める」。

ということを重視して戦っていたように思います。

そのため、人数の問題というより、アビスパの 3 バック(5 バック)は、「スペースをいかに埋めるのか?」という観点でのディフェンスだったと見ています。

しかし、あまりそのゾーンディフェンスが洗練されているとも言えず。

その洗練されていない部分を補う戦術が「5 – 4」のほぼ選手全員で構築されるブロックだったように思います。

4 バックではゾーンディフェンスができなかった

昨年のアビスパは、4バックでシーズンをスタートしています。

しかし、ワントップ + 2 シャドーストライカーという相手に対してまったく守備ができなかったアビスパ。

シャドーの選手が、4バックの間に入り込むフリーランニングに全く対応できなかったんですね・・・。

昨年のニューイヤーカップの大分トリニータ戦では現在はチームメイトとなった為田にここをいいように使われていました・・・。

シーズン入ってからのコンサドーレ戦でも同じような状況でした。

つまりゾーンで守れなかったというのが当時の実態だったと今では思っています。

その問題を解決したのが、3 バックという実質、5 バック。

つまり、人を増やすことでカバーできるゾーンを最小化して守りやすくした。

というのが、アビスパの 5 バックと言えます。

さらにその前に 4 枚の壁があります。

こうなってくると、相手はパスの選択肢も狭まり、アビスパの守備の網にかかりやすくなる。

というわけです。

ただ、リスクも存在します。

当たり前ですが、前線に人数がかけられないので、「ビルドアップ」に苦戦することになります。

アビスパのビルドアップ

守備に人数を割くアビスパ福岡。

このとき問題になるのが、守備から攻撃への転換です。

ほぼ全員で守っていますので、ボールを奪って前を向いた時、前線にワントップの FW が一枚いるだけ。

というのが初期の頃は非常に多かったです。

そのため、選択肢はロングボールが増えます。

昨年の前半は中原貴之がそのターゲットマンとなり、後半からはウェリントンがその場所で存在感を示したわけです。

しかし、それだけでは非常に苦しくなってきます。

その時、アビスパの中で徐々に形成されたのが「左サイドアタック」。

その中で特に酒井の存在というのは大きなものがあったと思います。

基点、酒井

昨シーズンビルドアップの基点となったのが今季からアルビレックス大阪にレンタルバックしてしまった酒井です。

前線に張れば、ウェリントンの代わりのターゲットマンとなり、中盤ではそのフィジカルを活かして亀川、鈴木惇の上がりを待つ時間を作れました。

最終ラインの裏に飛び出すことも出来ました。

同じポジションに金森が入ることもあったのですが、ボールキープするタイプじゃない金森のときは亀川、鈴木惇などのパス交換が必要でした。

フィジカルで押さえ込めないので、パスが上手く行かないとビルドアップが滞ることもありました。

昨年の群馬戦のように相手が金森を自由にしてしまうなんてことがあると、ツボにハマることもあったんですが、そういうことはなかなかありません。

その時の守備から攻撃へのイメージはこんな感じ。

5back-old

右サイドにボールが入ると、右にスライドしつつ、逆サイドの亀川、金森(酒井)は攻撃の体制を考えはじめます。

場合によっては、鈴木惇も攻撃態勢をとります。

これが、J2 の時には結構ハマってました。

いま、アビスパが追い求めているのは、J1 におけるビルドアップです。

J1 でのビルドアップどうするよ?

守備は人数かけているので、J1 でも急激に劣化するということは無いと思っていました(その予想も危ういですが)。

しかし、酒井がレンタルバックしたことで、ビルドアップは苦しくなるのでは?

という予想はありました。

アビスパの守備の動きは人数は違うものの、オーソドックスな 4 – 4 – 2 の動きを踏襲しているように見えます。

例えば、右サイドにボールがある場合。

全体的に、ボールサイドへスライドしつつ、ポジショニングをとります。

まだ自陣浅い位置なら右サイドの選手がチェックに行きます。城後などですね。

その時、ボランチと、ウィングバックがサイドハーフへ寄る形でフォローに入ります。

このとき逆サイドの金森、亀川はやや攻撃のことを考えたポジションを取っています。

ボールがを奪った場合は、そのまますぐに駆け上がり、攻撃の基点となります。

この時、左サイドは酒井のほうが攻めの選択肢が多かったんですね。

先程もあげたとおり、ロングボールも放り込めたし、ショートパスでも相手を背負って時間を稼ぐなどなど。

しかし、これが金森になると、金森自信がドリブル突破するか、周囲の選手とのパス交換でビルドアップします。

残念ながらアビスパにそういった細かいパス交換でビルドアップできる選手が少ない。

実際、そこでの横パスを狙われたり、ドリブルが止められ、ショートカウンターのようになるというシーンが昨年はちょいちょいありました。

J2 でそうだったので、J1 では更にそうなのですが。

そもそも、J1 では押し込まれるシーンが目立つので、そもそも逆サイドが攻撃に備えて動くというシーンも限られてしまってはいるんですが。

とはえい、カウンターの体制をとれたとしても、パスミスで潰してしまう。

というシーンは、鳥栖、横浜、浦和戦と共通のシーンになりつつあります。

とはいえ、9人で守っていては、ジリ貧であるというのは井原監督自信も考えているんじゃないかなと思っています。

5 -3 -2 で考える新しいビルドアップ

ニューイヤーカップでもその片鱗は見せていたのすが、ボランチが最終ラインに入ってビルドアップする形です。

5失点大敗ながら、アビスパに感じる充実度?ニューイヤーカップジェフ千葉戦の敗戦を考える
5 − 1 の敗戦を冷静に考えてみますか・・・ さて、キャンプ中それも中 1 日で試合をするというスケジュールな New Year C...

avispa-build-up

ダニルソンが最終ラインに入り、實藤が大きく外に開きます。

その間にウィングバックの亀川と、中村北斗が高い位置を取る。

という形。

FW はやや中に絞りつつ、亀川や末吉とのパス交換ができる位置。

もしくは、裏への飛び出しを狙うという形です。

後半、この形を作るために平井が投入されたように見ているんですが、これがまた解説陣から大不評でした・・・。

實藤が開く分、サイドに人数がかけられます。

この時實藤の位置によっては、「4バック」に見えなくもないのがこの形です。

フォーメーションは違うものの、個人的には昨年の広島のビルドアップに似てるなと見ています。

実際この形は、ニューイヤーカップでも試されています。

鈴木惇がこの日のダニルソンと同じ動きをしています。

おそらく、シーズン前から準備されていた形であろうと見ています。

後半、この形でアビスパはやや盛り返すことになります。それはそれで希望のようにも見えたんですが・・・。

このフォーメーションは現実的なのか?

後半から採用されたこの 5 – 3 – 2。

果たして、現実的な選択なのでしょうか。

現状、私は「無理がある」と見ています。

誰が、3 のスペースを埋めるのか

5 – 4 – 1 から、中盤を一人前に置いて 中央を 3 で形成するこの形。

単純に一人少ないので、サイドにスペースが空きます。

ここを 3 枚のスライドで対応するので、逆サイドはがら空きです。

サイドチェンジが行われた場合、3枚がスライドしつつ対応することになります。

4 バックなら、ここは 4 枚で行われる守備を 3 枚でやるわけですから、中央の選手の負担が増します。

実際ボールホルダーがこのスペースに侵入した場合、ユベントスはまずウィングバックがチェックに行きます。

アビスパで言えば、中村北斗です。

そして、最終ライン全体がボールサイドへスライド。

通常、4 バックの逆サイドは攻撃の転換を考えてやや、高めの位置をとりますが、ユベントス式では守備に回ります。

浦和が相手ということもありますが、ボールが逆サイドにあっても亀川は最終ライン上で構えていました。

どうやら、ユベントスに近い形式を採用しているように見えるのですが・・・。

5-3-2-d

しかし、浦和戦の 5 – 3 – 2 ではこの「3」のサイドのスペースを城後が積極的にチェックしていました。

城後、どれだけ走ればいいんだろう。

実際、このフォーメーションで戦っていたユベントスも末吉、城後のポジションとなるビダルとマルキージオのスタミナ頼みと言われていたようなので・・・。

アビスパも末吉と、城後のスタミナに賭けるんでしょうか。

中央のサイドが守備に忙しくし始めると、ダニルソンとの間に大きくスペースを空けてしまう恐れがあるのですが・・・。

それを予感させる一例がこれ。

槙野がボールを持ったシーン。

城後は槙野の侵入に気を取られるんですが・・・。

5-3-2check

ダニルソンと、城後の間にパスを入れらます。

5-3-2space

あっという間にバイタルエリアに侵入されるという展開に。

アビスパがフォーメーションをかえても、すぐに隙を見つけてついてくる浦和のレベルの高さ恐るべし・・・。

と相手のレベルの高さに敬意を表すべきなのかもしれません。

しかし、こうした穴を見せられてしまうとアビスパの守備が 5 – 3 – 2 で本当に機能するか。

かなり疑問を感じざえるを得ないワンシーンでもありました。

ここ、誰が埋めるのでしょう。

ユベントス式で行くと、キム・ヒョヌンが積極的に前に出る。

というのがひとつの方法ですが・・・。

実際、前に出ようとしているシーンもあったんで、もしかしたら意識しているかもしれません。

まあ、それはそれでそのスペースを興梠に使われたりと、なんとも収まりきらないんですけどね・・・。

そして、ここでも相手をフリーにしてしまいました。

誰がどう守備するかも問題ですが、もっとコンパクトに守備を構築してラインを上げてあげないと、 リトリートの状態では 5 – 3 – 2 でも結局ビルドアップでそのツケを払うことになるような・・・。

うーん、この「5 – 3 – 2」 はまだまだ未完成のようですし、ちょっと戦術として高度なんじゃないかなーと。

なんか、昨シーズンと全く同じような展開になってないか?

ちょうど昨シーズンの始めの頃も守備に苦言を呈していたような・・・。

井原監督は今シーズンこのやり方を推し進めるんでしょうか?

ちなみに・・・

今回のアビスパの守備を「ユベントス式」と見た根拠はこちらの書籍の解説を元に見立てております。

kindle でしか配信がないのですが、ブログがあるので、そちらも良かったら参考にしてみて下さい。

とても勉強になりました。

美しいサッカーのセオリー

叩かれた平井の動き

金森に代わって、途中から入った平井。

しかし、平井の動きが解説者から大不評。

解説者の見方だと、「ウェリントンの近くにポジショニングしてフォローすべき」。

という論調だったんですが・・・。

平井は全然ウェリントンの近くでプレーしません。

そこを解説陣に叩かれたわけですが・・・。

ただ、私が見た感じだと平井が井原監督から受けた役割はビルドアップの構築です。

浦和が 3 バックの両サイド(槙野)が押し込んでくるので、そこの裏を狙ったりできたスペースで基点になるように平井は指示を受けていたように見えました。

ただ、平井が上手く基点になれなかったのは事実なんですが・・・。

平井も平井で、もう少し守備がしっかり良い形で奪えないとなかなか基点にもなりようがないよなと・・・。

同情の余地もあったかと。

結局ボールはウェリントンめがけて飛んでいくだけなので、解説陣からは「ウェリントンの近くにいればいいのに」となるわけですが・・・。

井原監督はウェリントンどうのこうのより、サイドからのビルドアップの構築を狙ったように思うんですが・・・。

このポイントをどう改善するかで今後のアビスパの状況が見えてくる気もします。

フォーメーションもさることながら、鳥栖戦と同じ失敗を繰り返していることが問題

鳥栖戦での反省点をあげるとしたら、カウンターへの対応が挙げられると思われます。

失点した場面以外にもカウンターから危ない場面を招くシーンがありました。

J2 とはいえ、そのへんの対応はできていただけに、余計な失点をしないためにもカウンターでの守備はしっかりしたいところなんですが・・・。

この日の 2 失点目もカウンターから失点。

ハイライト動画では、サイドアタックから崩されたみたいに見えますが、コーナーキックからのカウンターからです。

鳥栖戦の 2 失点目と似た形での失点。

ここは課題ですよね・・・。

またこの直前のダニルソンが緩慢にも見える戻りをしていたりして・・・。

アビスパの守備陣本当に大丈夫かよ?

というのが正直なところです。

試合内容によっては、希望が持てるはずだった浦和戦

0 – 2 で完敗。

守備も鳥栖戦と同じような形で失点。

5 – 3 – 2 も全く成熟度が足らないようですし・・・。

うーん、まだ全然チームとして固まってないじゃん。

というのが正直な感想です。

5 – 3 – 2 を今後追求するのか、もしくはこれまで通りのやり方を継続するのか?

今までのやり方ではビルドアップはどうするのか?

などなど。

今後を占うという意味ではちょっと不安になる一戦となってしまいました。

第 3 節で最下位となってしまいましたが、奇しくも昨年と全く同じ展開。

この後の展開も同じであることを期待したいところですが・・・。

次節リーグ戦は19日のジュビロ磐田戦。

そして、23日水曜日のナビスコカップ 柏戦へと続いていきます。

日程も過密化してきますが、どうチームをやりくりするのか。

井原監督の J1 での手腕が試されそうです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク