【第2節】アビスパ福岡vs京都サンガ戦の結果分析

スポンサーリンク

3月9日の対京都サンガ戦

前回、バトル オブ 九州「ロアッソ熊本戦」ですが、残念ながら1−2にて敗戦。

地元開幕戦ということで、なんとか勝ちたい1戦ですが、過去9年勝ちなしの「京都サンガ」

前回、個人的には

1、「高いライン」を保つも、サイドのライン裏などのケアが大丈夫?

2、城後が試合中消えてない?

という点がちょっと心配な点ですが・・・。

京都サンガの注目選手

今日の対戦相手から、確認。

要チェックなのは、今年から、加入した大黒選手。

kyoto-ooguro

昨年から参加している山瀬選手。

マリノス時代の活躍が、個人的には一番印象的です。

kyoto-yamase

ともに元マリノスの選手ですね。そういえば。

戦力は今年、J2の優勝候補にも上がっている以上、京都サンガが上でしょうか・・・。

今日のフォーメーション

開幕のロアッソ熊本戦とはガラッと変えてきました。

20140309-avispa

森村、平井といった新加入組が外れました。

代わりに前回良い動きを見せていた石津が先発。

それから、中盤に前試合はセンターバックだったパク・ゴンが入って、

センターバックには新加入の DF イ・グゥアンソンが入ってます。

今回も、予想フォーメーションと実際は違うのですが・・・。

今回、アビスパの攻撃陣はポジションチェンジが激しいので、何となくこんな感じ。

avispa-kyoto

システム的に表現すると、「4-2-3-1」でしょうか。

実際、流動的な面も多いですが、ボランチ2人の関係性は、パク・ゴンが、アンカーに入って、中原が一つ前というイメージ。

石津、坂田が左から右へ自由に動く中、右から城後がライン裏を狙うという展開です。

石津、坂田が右に来ると、城後は中央左寄り、完全にFWの位置に入るといった感じのスタート。

平井が居ない分、自由になった城後?

今回、前半からアビスパは京都サンガの裏を狙う戦略。

石津、坂田、城後が非常に連携が良かったです。

城後も非常に目立ちます。もしかして、平井とポジション被ってた・・・?

また、この3人を少し後ろから、中原がフォローする感じです。

関係性から言うと、攻撃時の DF はパク・ゴンを中心にした3バックに近い感じです。

守備に人を割いた分、サイドのケアも前節より遥かに安定した感じです。

京都サンガの戦略は?

京都サンガもラインの裏を狙う戦略。

大黒が頻繁に裏を狙う展開。堤との金髪マッチアップ状態です。

kyoto-sanga-tact

京都サンガ10番の工藤が、そこに長いパスを狙っている感じです。

あと、京都は右サイドからの展開が多い感じ。

アビスパは、京都サンガの右から押し込まれるシーンもありました。

そこも、パク・ゴン、中原が上手く人数かけて守れていた気がします。

クロスの質も良かった前半

アーリークロスが多かったですが、裏を意識したクロスは明確な意図があってよかったです。

GKとDFの裏に放り込むクロスは得点の予感がありました。

サイドチェンジでもしっかり、石津が城後を見ていて、「苦し紛れに蹴る」なんてこともありませんでした。

熊本戦よりだいぶ状態が良い感じです。

その中で課題をあげるなら、三島でしょうか・・・。

ちょっと、クロスの精度がいまいち・・・。数メートルずれてしまいます。

クロスと見せかけて、カットインなどは良かったんですが・・・。

京都サンガのちょっと変わったFK

全員集まって、一気にみんなで駆け出す。

というトリックプレー。

今年から、京都サンガにはブラジル人の監督、バドゥ監督が就任。

バドゥ監督

雰囲気あるかたです。

ブラジル監督は、こういうの好きなんでしょうか・・・。

後半はカウンター合戦

後半は、どちらも攻めに転じたためか、カウンター合戦に。

前半は、中央で裏を狙っていた大黒が途中から右を中心に、裏に飛び出す形が増えました。

前半最初のピンチもその形から。

後半、試合が動きました。

後半早々、右サイドの裏を大黒にとられて、そこからクロスをあげられて、どフリーでヘディングシュート。

という場面がありました。

ここでは、三島の戻りが遅かった。

開設の方も指摘していましたが、今日は攻守で三島のまずい場面が目立った気がします。

また後半、運動量も落ちてきているのか、京都の右サイド、アビスパの阿倍の裏を大黒が上手くとっていました。

前節の心配事項がここで、再発?なんて思っていたんですが・・・。

しかし、今日は、良くも悪くも「城後の日」でした。

  • 前半からの再三に渡る2列からの飛び出し
  • 後半、城後の飛び出しから、GKと1対1。GKに防がれるも、DFの手にあたってPK。
  • PK、坂田外すも、城後が詰めて、シュートはバー直撃。
  • 最後は平井に、決勝アシスト
  • と、良くも悪くも目立ちました(笑

    でも、前節より遥かに目立ってますよ・・・!
    (目立つだけじゃ駄目ですが・・・)

    思った以上にうまく行っていたワントップ平井

    後半、途中からプノセバッチに替えて、平井を投入しました。

    前半から再三、城後の2列目からの飛び出しが活きてました。

    ただ、これは「ターゲットマン」であるプノセバッチが作ったスペースがあるらこそかな?

    【前半の動き】
    avispa-tact

    と、観ていたので平井に替わってどうなるか興味あったんですが、試合から消えつつあったプノセバッチを替えて正解。

    平井が動くことで、城後との連携が活性化されました。

    城後が飛び出すというより、平井との関係性で攻撃を組み立てられていました。

    プニのワントップより、こちらのほうが理想的・・・?

    アビスパの1点は、城後から平井へのパス。

    得点自体は、平井のエリア内での上手さもありましたが、今日は、やっぱり城後の日でした。

    ホーム開幕戦で勝利のアビスパ福岡。

    今日の形が、すごく良かったきがします。

    次節は再びホームで愛媛FC戦。

    ぜひぜひ、2連勝と行きたいところです!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク