【サッカー用語】ゴラッソってなんて意味?2016年 J1 1stステージ月間ベストゴールを振り返りつつ意味を調べてみる。

スポンサーリンク

最近日本でも聞く機会がふえてきたゴラッソって何?

最近、日本のサッカーでも「ゴラッソ」って聞く機会増えてきました。

日本初のサッカー専門新聞「エル・ゴラッソ」もゴラッソにあやかった名前ですね。

ゴラッソとは、スペイン語、ポルトガル語で「素晴らしいゴール」を意味する言葉だそうです。

素晴らしいゴールが決まった時に使う言葉のようです。

転じて、「すげえええ!」的な意味合いで使われることもあるそうです。

正直、スペイン語は全く判りませんが、以下使用例です。

ヘスス・マヌエル・コロナ のドリブル突破からのゴール。

解説の方が、「ゴラッソ!」と言っているのがわかると思います。

「ゴラーーーーーーーーーーーーソ!」

と、非常に長い雄叫びも。

こういったスーパープレイが出た時に使うわけです。

アギーレが日本代表監督に就任した時に頻繁にメキシコは日本がお手本にすべきチームと、言われましたが。

こういったプレー日本人にできるか・・・。

それはさておき、2016年 2月から5月までの月間 「ゴラッソ」たちです。

【2月 J1 ベストゴール 第 1 節 サガン鳥栖vsアビスパ福岡戦 鳥栖 豊田】

【3月 J1 ベストゴール 第4節 湘南 vs 浦和戦 浦和 興梠】

【4月 J1 ベストゴール 第7節 湘南 vs 浦和戦 横浜M 斎藤学】

【5月 J1 ベストゴール 第13節 名古屋 vs 鹿島戦 名古屋 田口】

リーグ戦じゃないけど、個人的な J1 前半戦のベストゴール

【ヤマザキナビスコカップ グループステージ第6節 福岡 vs 鳥栖 福岡 平井】

「ゴラッソ!」

と、日本人がわざわざ叫ぶ必要もありませんが、素晴らしいプレーに賞賛を送る気持ちは世界共通ということで。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク