【サッカー用語】間接フリーキックとは?

スポンサーリンク

主にゴールキーパーの反則に与えられるペナルティ

サッカーのフリーキックには、「直接フリーキック(direct free kick)」と「間接フリーキック(indirect free kick)」があります。

今回は、間接フリーキックについて解説したいと思います。

間接フリーキックがどういった反則をしてしまうと与えれるかというと。

基本的にはゴールキーパーが反則を犯したときに与えられるペナルティです。

しかし、それ以外にも時々プレー中に登場しているんですが。中には、直接フリーキックと区別されずに認識されている方もいらっしゃるかもしれません。

間接フリーキックを取られてしまう、ゴールキーパーの反則例をあげますと。

  • ボールを放すまでに、手で6秒を超えてコントロールする。
  • ボールを手から放した後、他の競技者がそのボールに触れる前にボールに触れた場合
  • ボールが味方によって意図的にゴールキーパーにキックされる(いわゆるバックパス)
  • 味方のスローインされたボールを直接受ける

以上の行為をゴールキーパーがしてしまうと、反則のあった位置で相手に間接フリーキックが与えられてしまいます。

間接フリーキックが与えられると、反則のあった場所からのリスタートになります。

ゴールキーパーの反則なのでゴールエリア内で起こることがありますが、この反則はPKにはなりません。その場所からフリーキックとなります。

間接フリーキックが「間接」と言われる理由

それは、直接ゴールを狙えないからです。

キッカーが間接フリーキックを直接ゴールに入れても「ゴールキックから再開」となります。

つまり、一度「キッカー以外の別のプレイヤーに触れてから」ゴールしなくてはなりません。これが間接といわれる所以です。

ゴールエリア内で起こりやすいため、非常にゴールに近い位置からのリスタートになりますが、一度キッカーとは別のプレーヤーが触れない限りゴールに入ってもゴールにはなりません。

触れるプレーヤーは敵でも、味方でもOKですので、相手にぶつけてゴールを狙うことも可能です。

ただ、敵に当ててゴールを狙うのはなかなか難しいです。

よって、間接フリーキックからゴールを狙う場合は「チョン」と一瞬触るだけの役割のプレーヤーと、シュートを蹴る役割のプレーヤー二人がボールの近くに立つことになります。

百聞は一見にしかず。

こうなります。

ちなみにですが。間接フリーキックを直接オウンゴールしてしまった場合

間接フリーキックを直接「自分のゴールに叩き込んでしまった」場合、これは「相手のコーナーキック」から再開となります。

レアなケースではありますが、自陣ゴール付近で得た間接フリーキックをゴールキーパーにパスしたところ、誤ってそのままゴールに入ったなどのケースが考えられるでしょうか。

その場合は、相手のコーナーキックで再開となります。

ただ、GKがちょっとでも触れてゴールに入った場合はキッカー以外の別のプレイヤーが触れているので、「オウンゴール」になります。

その他の間接フリーキック

ゴールキーパーの反則が主な間接フリーキックですが、通常のプレーでも「間接フリーキック」が与えられる場合があります。

その主なプレーは「オフサイド」です。

オフサイドの反則があると、相手のフリーキックから再開になりますが、これは「間接フリーキック」となります。

なので、オフサイドで得たフリーキックを直接相手ゴールに入れても得点にはなりません。オフサイドの反則自体がほとんど相手のゴールからは遠い位置で発生するので「直接ゴール」を狙うケースは殆ど無いですが。

その他にも間接フリーキックが与えられるケースとして

  • 審判が試合を止めたあとの再開時に与えられるフリーキック
  • 体に接触せず相手のプレーを妨害する行為

などが間接フリーキックが与えられる対象となります。

間接フリーキックの実例

通常の試合では、オフサイドの反則があったときが「間接フリーキック」です。

その時、審判の手の揚げ方を見ていると、直接フリーキックとの違いがわかると思います。

直接フリーキックと、間接フリーキックでは手の挙げ方が違います。間接フリーキックのときは、高く挙げられていると思います。

【出典:JFA サッカー競技規則2016/17】

間接フリーキックの実例

2017年J2 第37節 ジェフユナイテッド千葉vs松本山雅戦での実例です。

開始早々相手のシュートをキャッチしたゴールキーパー。

ガッチリとボールを保持しています。ここから反撃といきたいところ。

ボールを手放し、ドリブルしてパスコースを探します。

そして、もう一度ボールを持ってしまいました。

これは、先に書いたボールを手から放した後、他の競技者がそのボールに触れる前にボールに触れた場合に該当します。

よって、相手に間接フリーキックが与えられてしまいます。

審判を見ても手を真っ直ぐあげています。

間接フリーキックでも9.15m離れる

直接、間接関係なく、フリーキックの場合はボールから9.15m離れる必要があります。

このケースでも、審判が距離をはかって、壁の位置を指示します。

ここで、ふと疑問になることは「ボールから9.15m離れるだけのスペースがなかったらどうするの?」ということです。

その場合は、「ゴールライン上に並ぶ」事になります。

別の試合の様子ですが、こうなります。

こういうケースの壁役は嫌ですね。

このケースではキッカーも多いので…。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク