【大分県】九州温泉戦争がキャラ代理戦争へ?

スポンサーリンク

九州で繰り広げられる温泉戦争

現在、九州で「温泉」を武器に観光誘致を積極的に行っているのは、「大分」「鹿児島」そして「熊本」と。

この3県の争いを勝手に「九州温泉戦争」と呼んでいます。

温泉の名所、別府を擁する「おんせん県」大分。

新幹線開通に合わせ、「湧いてます!鹿児島!ゆ活」でその名を上げた鹿児島。

我々だって、おんせん県!九州源泉数3位の後発「熊本」と、九州3県がシノギを削っているわけです。

後発熊本県が擁する絶対エース「くまモン」

熊本のエースといえば、もはや疑いの余地もなく「くまモン」なのですが、温泉PRにもやはりくまモンは欠かせません。

実際、「ふろモーション課」という課を設立し、くまモンを起用しています。

これは、熊本県としては自然な流れではあるのですが。

絶対王者「大分県」が送り出した秘密兵器

そんな熊本県に対抗するかのように送り出されて来たのが大分県の秘蔵っ子、「キティちゃん」

「ハローキティ」 おんせん県おおいたの応援団として立ち上がる 順次展開する様々な企画!
-/prtimes.jp

大分県には「ハーモニーランド」という東京のサンリオピューロランドの姉妹施設があります。

大分とキティちゃんは案外縁が深い。

ということで、ついに温泉PRへ乗り出してきました。

キティちゃん vs くまモン?

徐々に温泉戦争が「キャラクター代理戦争」を兼ねはじめ、これは大変なことになって来たぞ!

と、思っていたんですが、実はどうもそういう図式ではないらしいということが・・・。

実は仲間はずれは鹿児島?だった・・・

キャラクター代理戦争を兼ね始めた温泉戦争かと思いきや、なんとこのキャラクターはコラボ予定だとか。

kumamon-kity

どうやら、「同盟」だったと。

そうなると、仲間はずれは鹿児島じゃないかと。

鹿児島は正直ゆるキャラ不毛の地・・・。(キティちゃんはゆるキャラではなさそうですが)

県内では圧倒的知名度を誇るも、全く他県への露出なしの「ぐりぶー」。

もしくは、こちらも県内では屈指の人気を誇るご当地ヒーロー「薩摩剣士隼人」

ちょっと、厳ついよなあ。

このままでは九州温泉戦争で立場の危うい鹿児島。

ぜひとも巻き返しの一撃を期待したいところです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク