【宮崎県】九州に2つある新田原の読み方

スポンサーリンク

九州に2つある新田原

ひとつは、福岡県の「新田原」

もうひとつは、宮崎県にある「新田原」。

それぞれ読みが違うわけですが、宮崎県の読み方がなかなかハイカラです。

福岡県は「しんでんばる」

宮崎は「にゅうたばら」

え?ニュー?

この地域には新田原基地という基地があります。米軍基地なら英語繋がりで洒落が聞いてるわけですが、これは航空自衛隊の基地です。

この他にも新田原古墳群というのもあります。もちろん、「にゅうたばら」です。

その由来は?

地元で多い説は、「英語由来説」だそうです。

またややこしいのは、この基地があるのは、宮崎県児湯郡新富町大字新田。

これは色々読めない。その上に、「新」が多すぎ。

調べたところ、

児湯は「こゆ」

新田は「にゅうた」

新富は「しんとみ」そこは普通かい。

ここまでくると、いっそ、新富も「にゅうとみ」くらい振り切れていると、納得しやすいですが。

どっちかというと、新田原の「にゅう」の語源は「新田」の「にゅう」な気もしますが、では、それはどこが語源なのと、エンドレスです。

鹿児島の「鹿児島県志布志市志布志町志布志」級に混乱させられます。

実際、全国的にも「新」とかいて、「にゅう」と読むのはここだけだそうです。

wikipediaで調べた所、

新田原基地(にゅうたばるきち、Nyutabaru Airbase)

となっています。丁寧に「ローマ字表記」。そこはNewで良かったんじゃなかろうか。

参照:「新田原」、なんて読む? 宮崎の地名、英語由来の説も

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク