ふりかけ、東南アに売り込み 発祥地・熊本の官民で協議会

スポンサーリンク

ふりかけ発祥の地の熊本県

ふりかけ発祥の地とは知りませんでした。

地元企業や金融機関、行政などが「国際ふりかけ協議会」を今月設立したそうです。

 ふりかけを東南アジアに売り込もうという取り組みが、ふりかけ発祥の地の熊本県で始まった。地元企業や金融機関、行政などが「国際ふりかけ協議会」を今月設立、タイなどに売り込みを開始した。日本と同じ米飯中心

協議会は県内の食品メーカーや農業生産者、金融機関、熊本県など約20者が参加して設立。
まず今月からタイで百貨店や見本市などに出展するほか、学校給食にふりかけを取り入れてもらうよう同国政府に働きかける。
ベトナムやミャンマーなど周辺諸国への普及活動にも同様に取り組む。

のだそうです。

5月には、ふりかけ選手権も開催されており、

通宝海苔の「海苔職人の百年ふりかけ 納豆」が優勝。

実際、現地の方にも評判が良かったらしく、本格的に売り込んでいくんだとか。

欧米の方にも「白米」が最初は苦手な方もいるみたいなので、そうした方にも
味がついているご飯は受け入れやすい?かも、しれません。

日本食が海外でブームになっている昨今、熊本からくまモンとは違うムーブメントが起きるかもしれません・・・。

そもそも、ふりかけの始まりは薬剤師の方が、大正時代にカルシウム不足を解消するために考案したんだとか。

薬っぽいと言えば、薬っぽいかもしれません。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク