【優勝はマルチョンラーメン】鹿児島ラーメン王決定戦!ついに「鹿児島ラーメンならこれは喰っとけ!」が決定

スポンサーリンク

予想通りマルチョンラーメンが初代チャンピオンに!

昨年から追いかけてきた「鹿児島ラーメン王決定戦」。

ついに、2 月 22 日に最終日が終了し、初代チャンピオンが決定しました。

初代チャンピオンはマルチョンラーメン

以下、結果となります。

1位:マルチョンラーメン

2位:薩摩思無邪

3位:豚トロラーメン

という結果でした。

予想通り優勝は「マルチョンラーメン」でした。

他のラーメン店より、頭ひとつ抜けて美味いと思っていたので、ある意味この結果に一安心です。

【鹿児島ラーメン王決定戦】志布志のマルチョンラーメンがウマい!

2位は、「薩摩思無邪」。ここは残念ながら、食べる機会がありませんでした・・・。

というか、今回この鹿児島ラーメン王決定戦が行われていた会場のすぐ近くにある「薩摩思無邪」。

鹿児島市内だし、いつでも食べれるだろうと油断していました。

次鹿児島に帰省した時は、是非行こうと思います。

3位は、豚トロラーメン。

正直、「え?ほんとに?」と、失礼ながら思ってしまいました。

個人的にはそんなに評価が高くありませんでした。

予選2位は伊達じゃないと。

【鹿児島ラーメン王決定戦】予選2位の豚とろラーメンを食べてみた

2日目の会場にも行ってきました

朝から小雨がふる天気。

桜島もほとんど見えなくなるくらいに雲がかかっています。

sakurajima-rain

屋外イベントだったため、どれくらいの人が集まるだろうと思っていたら。

朝10時からスタートだったんですが、開始30分過ぎですでにこの状況。

kagoshima-ramen-second-reg

初日も 5 万人が訪れたということでした。

集客だけで、いくと鹿児島ではこれほどの集客力を持ったイベントはそうそうないですので、成功だったんじゃないでしょうか。

1食目は Noodle Laboratory 金斗雲

鹿児島ラーメンは、とんこつベースのラーメンですが、金斗雲のメインは「味噌」です。

この日は、10時30分位から参戦したのですが、すでにこの混雑。

kagoshima-ramen-kintoun-retsu

こうして、とんこつベースといわれる鹿児島ラーメンのジャンルに「味噌ラーメン」が普通に認知されているのが面白いところです。

もちろん、アイアイラーメンや、麺’s ら・ぱしゃなどの塩ラーメンも鹿児島ラーメンです。

金斗雲の味噌ラーメンは、濃いめな味噌の味だったんですが、野菜がたっぷり入っていてそれらが絡んで美味しかったです。

kagoshima-ramen-kintoun

福岡のお店となりますが、有名な味噌ラーメンのお店といえば、「すみれ」というお店があります。

【第5回】すみれで食す、上品な味噌ラーメン -福岡 味噌ラーメンをめぐる旅-

こちらのラーメンと比較して味が濃いのですが、どことなく似た味だと思いました。

「すみれ」の本店は札幌ですが、そういった意味では北海道の味噌ラーメンと似ているのが、金斗雲の味噌ラーメン。

と、いえなくもないのかもしれない・・・。

という感じです。

その他、鹿児島で味噌ラーメンといえば、「みゆき」があります。

「みゆき」はご夫婦が小さな店舗で運営されているので、隠れた名店といった感じです。

逆に、メジャーなところで言えば、この金斗雲や和田屋があげられると思います。

え?鹿児島ラーメンってとんこつじゃないの?

鹿児島ラーメンの特徴は、実は特徴がないというのが特徴だったりします。

老舗の店舗では王道的な「鹿児島ラーメン」を味わうこともできますが、味噌や醤油、塩といったラーメンも普通に食文化として根付いているところがあります。

実際、鹿児島ラーメンという名目であがっていますが、決勝の会場にもとんこつはもちろん、醤油とんこつ、味噌、塩と、多彩な味が並んでいます。

今回の鹿児島ラーメン王決定戦で思ったのはそうした玉石混交な状況が鹿児島ラーメンなんだな。

ということを実感しました。

もう一品は塩ラーメンの「麺’s ら・ぱしゃ」

この日のもう一品は、塩ラーメンの「麺’s ら・ぱしゃ」。

men-s-rapasya

こちらも、大隅地方(鹿児島の東側)にあるため、今回の大会会場がある薩摩半島(鹿児島の西側)のラーメンファンとしてはなかなかすぐに食べに行くことができない存在です。

鹿児島ラーメン王決定戦予選のあとに、同じ塩ラーメンの「アイアイラーメン」を食べています。

味においては優劣つけがたかったのですが、個人的には今日食べた「麺’s ら・ぱしゃ」のほうが好みでした。

【参照リンク】
【鹿児島ラーメン王決定戦】第7位 アイアイラーメン を食べてみた

ポイントは、ラーメンの中にトッピングで梅干し。

この酸味が塩味とすごくマッチしていて美味しかったです。

今日もローカルアイドル「サザン☆クロス」がフル回転

昨日もライブを行っていたローカルアイドル「サザン☆クロス」。今日も朝一番からライブで会場を盛り上げていました。

southerncross-kagoshima

相変わらず、並ぶのに精一杯なお客さんたちが多い状況でしたが・・・。

今日はサザン☆クロス目当ての方も結構多かったようです。

会場に華を添えていたことに間違いはないですよ。

鹿児島市内の有名店には厳しい現実?

鹿児島市内に店舗のある有名店としては、豚トロラーメンが 3 位(予選 2 位)なりました。

しかし、予選 1 位だった「ざぼんラーメン」。

予選 5 位 「十八番らーめん」14 位だった「我流風」と、鹿児島市内側の有名、チェーン展開をしている店舗には厳しい現実が・・・。

kansan

他の店舗が行列を作るのに対して、行列のできないお店もあるわけで。

普段身近にあるお店はいつでも行ける(ここに来てまで食べなくても・・・)という判断がされやすいのか。

チェーン展開しているために回避されてしまったと思われる状況が見られました・・・。

並んでいる途中、いくつかのお店の人と話したところ

どのお店の方も、「初めてのことで、どれくらい材料調達をして良いのか判らなかった」とおっしゃっていました。

また、値段ですが。今回、当日券が 700 円、前売り券が 600 円という値段設定でした。

お店によっては、これが普段より安いところもあれば、高いところもあります。

そのため、量を調整したり、いつもは付けないトッピングを入れたりと、商品構成に頭を悩ませたりもしたようです。

そして、最後に共通してかならず出た言葉が「すごく、大変です!」。

とのこと。

いや、見ていても本当に大変だったと思います。

できれば、「売上」という形でお店に還元されたら良いなと思います。

この日だけでなく、後々のお店での売上としてもですね。

今回、第 1 回 と、銘打たれた「鹿児島ラーメン王決定戦」ですが、おそらくそうした以上第 2 回もあるんだと思います。

今回、集客的にはすごくうまく行ったと思いますが、第 2 回から「もう、ウチは勘弁してください」。

というお店が出てこないことを祈るばかりです。

お客さんも、お店も、運営側も良いことがあってこそ長続きすると思います。

どこか一箇所に無理がかかってしまう構造では長続きしないと思うので。

ぜひとも、次回。

来年?なのかそのうちなのかわかりませんが。実施されることを期待しております。

その時は食べに行きたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク