【鹿児島ラーメン王決定戦】29 位 ラーメン天天有 を食べてみた

スポンサーリンク

個人的には一番オススメだったりするラーメン店

この「天天有」は長崎の思案橋にも同じ名前のラーメン店があります。

先代の方が、長崎のお店にお願いして名前の使用許可を得ているのだそうです。

どうやら、支店とかいうわけではなく、完全に別のお店のようです。

よって、鹿児島に存在する「オリジナルのラーメン店」。である天天有さん。

昭和 36 年から続く老舗のラーメン店です。

今日は、こちらにお邪魔してみました。

鹿児島の姶良市加治木町にある天天有。

このあたりは大きな観光名所があるわけでもなく、ちょっと観光客の方が来るには中途半端な場所です。

できれば、

「鹿児島ラーメンって・・・ねえ。」

なんて思っている県外の方には食べて欲しい逸品なんですが。

鹿児島ラーメンぽくない

この天天有ですが、鹿児島ラーメンぽさがありません。

鹿児島にある老舗の店舗ではあるんですが。

tentenyu

鹿児島によくあるキャベツも入ってません。

ネギ、もやし、チャーシューという非常にシンプルな構成。

味も「甘い」傾向にある鹿児島ラーメンのなかでも「スパイシー」です。

正直最近思っているのは、私は鹿児島ラーメンが嫌いなんじゃないかと(笑)

だからこそ、鹿児島ラーメンらしくないこの「天天有」をおすすめしてしまうのかもしれません・・・。

ちなみに、博多系ラーメンとも全然違います。

鹿児島ラーメンでは安い

安ければ良いというわけじゃないですが、天天有のラーメンは、

・特大 1,200円
・大  700円
・中  600円

です。

ラーメンのメニューもこれだけです。

「大」で結構な量があります。

これは鹿児島ラーメンの中では「安い部類」だと思います。

単品で1,000円近いラーメンはやはり高いと思う・・・。

チャーシューもスパイシー

チャーシューは別のお店では「あまがらい」感じの味付けが多い鹿児島ですが、こちらはスパイシーさが前面に出ています。

tentenyu-cha-syu

麺がおいしい

食べた時に他のラーメンとちがうなと感じたのは、麺の美味しさです。

鹿児島ラーメンの麺は、中太麺?が主流です。

博多系は細麺が多いですが、鹿児島は太いのが特徴です。

天天有は若干、ちぢれ麺になっています。

やわらかい感じですが、ちゃんと腰があって「味」がしっかりとついてる感じです。

そのへんも、個人的には美味しいと感じるポイントです。

味噌をあとのせできる

あとのせと言って良いかわかりませんが。

こちらが後からトッピング(無料)できる味噌。

味噌ラーメンになるわけですが、これがまた美味しい。

はじめは、オリジナルの味を味わって、後から味噌を混ぜる。

という楽しみ方ができます。

tentenyu-miso

基本味噌ラーメンはそんなに好きじゃないんですが、この味噌はどうしても入れたくなります。

味がマイルドになります。

後味もさっぱりで、スープも美味しく飲み干せてしまいます。

現状、鹿児島で「また行きたいなあ」と思うのは、現状ここだけです。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク