鹿児島の知られざるゆるキャラ「ぐりぶー」と「さくら」

スポンサーリンク

鹿児島人でぐりぶーを知らない人はいません

というくらい鹿児島での認知度は圧倒的なものを誇るぐりぶー。

11月に発売された「県民手帳(鹿児島版)」でも帯に登場しています。

熊本県で言うところの「くまモン」なわけですが、その違いといえば、圧倒的に全国での認知度がない。という点でしょうか。

県外の方でぐりぶーをさらっと、知っていた方は現状まだ「偉大なるみうらじゅん先生」以外に知りません。

県内での人気は鉄板です。(多分)

もう写真撮影会があるとなれば、長蛇の列です。

私も1回記念撮影しましたよ。

そんなぐりぶーとさくらが熊本へわずかに進出です。

「ぐりぶー」と「さくら」のラッピング電車運行

「さくら」は女の子?で「ぐりぶー」のお友達です。

隈之城(鹿児島県)—新八代(熊本県)間を走行する肥薩おれんじ鉄道で運行

ということで、八代の方にアピールです。

また、斬新な新企画も発表されています。

県はぐりぶーとさくらの恋を描いたPRドラマを制作中で、「愛・ふれあい・絆」がコンセプトのラッピング電車と合わせて、知名度アップを夢見る。

なんと、ユルキャラなのにメロドラマです!

だ、大丈夫か!それ!?

と、一瞬背筋が凍る感じもしましたが、新しいですよね?

これは、ゆるキャラ多しこの時代とはいえ、レアじゃないですかね!?

と、ちょっと興奮してきましたよ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク